浮世絵学04/外題(初期浮世絵*)/千葉市美術館 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]
ホーム > 浮世絵学04/外題(初期浮世絵*)/千葉市美術館 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学04/外題(初期浮世絵*)/千葉市美術館 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

2016-01-15現在

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

◯初期浮世絵195点が掲載されている。186-195は春信で、初期浮世絵とは云い難い。

やはり、墨摺、丹絵、紅絵、漆絵、紅摺を初期と考えた方が分かり易い。

絵師解説、画姓を冠称しているが、浮世絵師は本来、画号、雅号である。

俳諧でも、俳号だけの芭蕉で、松尾芭蕉と云わない。

◯浮世絵学では、落款、印章など、原画の通りに入力する。

画、畫、筆なども重要な術語である。

また生没年が不明の場合、? だけでは全く年代の検討が付かない。

刊年、-1720s−1730s− 表示した方が後日のために参考になる。

これらは浮世絵学の記述法である。

◯200点弱で、図版、簡略目録を確認しながら、浮世絵学に沿って、DB一覧表を作成した。

2016初期浮世絵/千葉市美術館 ←ここをクリック

なお2005武藤純子先生のDBも参照して下さい。ukiyo-e.co.jp/10431

初期役者は評判記などを丹念に調べる以外、演目の実際の内容、定紋など分からない。

歌舞伎年表なども、元々初期の資料について入手できず、未記入である。

最近は膨大な数量の評判記が第1期、第2期と刊行されている。

まだ、完全な浮世絵学に記述法になっていない。

◯豊信の琴棋書画を発見。正確に琴棋書画を四人の子供に分担して描いてある。

その後、琴棋、書画、それぞれ名数としての纏まりを欠くようになる。

FullSizeRender - バージョン 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◯取り敢えず、図録を掲載する。

IMG_20160109_0001

◯最近、入手した清満の細紅(細絵、紅摺絵の略)を紹介する。

寶曆-明和(1750s−1760s)景清(四代目市川団十郎)である。

清満の紅摺絵の総数、約500点、総目録が出来ても良い頃であるが、未だ出来ていない。

IMG_0015 - バージョン 2本名 悪七兵衛景清 團十郎が女方であるのは、四代目團十郎(1711-1778)である。

*本名というのは妙な書き方である。

浮世絵学

1 落款:鳥居清満画

2 刊年:1745寶曆9

3 判型形態:細紅(細絵紅摺)

4 外題:記載なし

5 版元:山城屋

6 内題:悪七兵衛景清(市川團十良)

7 出典:酒井好古堂所蔵

四代目襲名期間は、寶曆4-明和7(1754-1770)。

紅摺絵であるから、寶曆-明和(1750s-1760s)であるが、外題が特定できない。

清満(1735-1785)(51)の生没から考えると、寶曆末期(1750s)であろうか。

武藤純子先生の調査によると、清満 No.71、1745寶曆9、外題は不明。山城屋

*刊年は、どのような根拠で特定したのか判明しない。

何か御存知の方は、御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]
文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

 

 



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション