浮世絵学03/判型形態(紅摺絵)(初期浮世絵*) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]
ホーム > 浮世絵学03/判型形態(紅摺絵)(初期浮世絵*) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学03/判型形態(紅摺絵)(初期浮世絵*) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

2016-01-15現在

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

—————————————————————————————————

紅摺絵は、紅、黄、草など三色を色摺木版で制作した最初の色摺木版である。

それ以前、墨摺、丹絵(丹で筆彩色)、紅絵(筆彩色)、漆絵(膠を使い漆のような光沢を演出)、そして紅摺絵、錦絵となる。

刊年の明確な役者絵を中心に武藤純子/初期役者絵から摘記する。

清信、清倍、各々初代は墨摺絵、丹絵で紅摺絵はない。

———————————————————————–

清信2 296点の内、1742-1761 紅摺絵

清倍2 363点の内、1742-1766 紅摺絵

清満 508点の内、1745-1776 紅摺絵

清重 55点の内、1750-1763 紅摺絵

清廣 151点の内、1752-1760 紅摺絵

清經 149点の内、1757-1777 紅摺絵

一覧表を点検すると、紅摺絵は1742-1770sに制作されていることが判明する。

錦絵は1765-以降

何か御存知の方は御教示下さい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]
文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678



コレクション

新着情報・新着コレクション

すべての投稿