浮世絵学01/落款(吉田博)よしだ_吉田/総目録 2016-04-08吉田博展レセプション/千葉市美術館 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]
ホーム > 浮世絵学01/落款(吉田博)よしだ_吉田/総目録 2016-04-08吉田博展レセプション/千葉市美術館 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学01/落款(吉田博)よしだ_吉田/総目録 2016-04-08吉田博展レセプション/千葉市美術館 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

2016-04-08現在

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

近代版画の雄、吉田博のモノグラフ展である。本来、展覧会はモノグラフである。つまり一人の画家の全作品、全生涯、伝記を網羅して、俯瞰したものでなければならない。しばしば、◯◯とその時代の展覧会名で、モノグラフの画家以外の作品を多く展示して、羊頭狗肉の展覧をしていることは誠に遺憾である。これらは展覧会の名に値しない。

吉田博は版画で有名である。その他、日本画、水彩画、油絵など本格的な画業の修行をしている。特に水彩画に素晴らしいものがある。吉田博は、直接、筆で絵の具を筆彩する日本画、水彩画、油絵とは別に、木版の透明な色彩感に感動したようだ。筆彩したものは、水彩画を除き、色が黒くなり、実感と違ったものになる。その点、木版は鮮やかな透明感の色彩感が維持され、筆彩よりも遥かに素晴らしい出来の作品になる。このため、大正後期から、木版が主流となっている。

河合正朝館長はじめ、安永幸一先生(福岡市文化政策)、村田哲郎先生(町田市立国際版画美術館)らのご挨拶があり、見所を紹介していた。吉田興文先生にも再会できた。隆志先生は、いらしていなかった。穂高先生のお子さんもいらして、雑談をした。その奥様はハーピスト、吉田清子さんとも僅かな時間であったが歓談した。

吉田の版画は、色違い、朝、昼、夜など、同版を利用して各種、製作しているが、最初の感動は何れであったのだろうか。ぜひ、吉田画伯が感動した当初の作品が何れかを知りたい。その他の作品は派生したもので、最初の感動が無いように思うが…

ざっと図録を拝見して、その出来の素晴らしさを伝えるため、西山純子女史(学芸員)にも声を掛けた。モノグラフとして、もっとも優れた作品図録、論文である。

IMG_20160409_0001

私は以前、浮世絵学で、吉田博/作品目録を作成したので、御覧戴きたい。

1987吉田博/総目録 259点 *版画のみ、吉田博自身は、H. Yoshidaと署名、押印。

吉田博が、筆彩画だけならば、それほど注目されることは無かったと思う。

版画で、微妙な色彩の水彩の濃淡を鮮やかな透明感で表現したから、近代版画の最重要の人物となった。

 

IMG_0172

IMG_0173

IMG_0174

IMG_0175

IMG_0176

始まったばかりであるが、ぜひ、御覧いただきたい。この後、全国4カ所を巡回する。

何か御気付きの点があれば、御教示いただきたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]
[浮世絵学]文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション