浮世絵学01/落款(雪鼎) せってい/雪鼎 肉筆浮世絵 羽根突き図 本姓、画号 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]
ホーム > 浮世絵学01/落款(雪鼎) せってい/雪鼎 肉筆浮世絵 羽根突き図 本姓、画号 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学01/落款(雪鼎) せってい/雪鼎 肉筆浮世絵 羽根突き図 本姓、画号 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

2016-7-24現在

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

月岡雪鼎(1710-1786)(77)せってい、大坂の浮世絵師である。専ら肉筆であるが、版本(寶曆ころ)、版画では笑絵を得意としている。品の良い上方の女性を描いている。月岡は本姓でなく、生まれの大津絵で有名な大谷近くの月岡山に因むという。本姓は木田。法橋(ほっきょう)の資格を受けた後、理由は不明であるが、年齢を加算しているという。詳細について、後考に俟つ。

2016雪鼎/総目録

◯伝記集成を御覧いただきたい。

2016雪鼎/伝記集成

◯雪鼎/肉筆

2016雪鼎/肉筆目録

今回、紹介する作品、二ヶの印章が確認できる。

浮世絵学に沿って記録する。

1 落款:法橋月岡雪鼎戯筆 印 印

2 刊年:製作年月

3 判型形態:

4 外題:美人、羽根突き図

5 版元:該当なし

6 内題:羽根つき美人

*本姓:木田氏、画号:信天翁 これはアホウドリの意

着物も華やかで、しかも気品がある。戯筆の意は、法橋に相応しくないの意か。当時の大坂の羽子板の図柄も

面白い。画面、最上部に羽根が飛んでいる。

IMG_0017 - バージョン 2羽根は、羽子板で打たれ、かなりの速度である。そのためかどうか分からないが、ボケている。

 

IMG_0016 - バージョン 2

娘さんが、羽根つきをしている図である。軸は朱漆で金泥で装飾されている。

実に品の良い画風である。左手で右手の袂を托し上げている構図も上手い。

右手の指、そして両足指の白い足袋も、しっかりと描かれている。

雪鼎の名品といえる逸品である。

何か御存知の方がいれば、御教示ねがいたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]
[浮世絵学]文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

 



コレクション

新着情報・新着コレクション

すべての投稿