浮世絵学01/落款(政演、京傳)まさのぶ、きょうでん_酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]
ホーム > 浮世絵学01/落款(政演、京傳)まさのぶ、きょうでん_酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学01/落款(政演、京傳)まさのぶ、きょうでん_酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

2016-08-16現在
酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

◯政演(まさのぶ)
政演(1761-1816)について纏めてみた。
北齋(1760-1849)より一つ下、ほぼ同時期に生まれた。
江戸期の平均余命50歳前後、政演が常態。
浮世絵を重政(1739-1820)(82)、そして
俳諧を谷素外(1734-1823)(90)に学んでいる。

1791寛政3まで、浮世絵師として政演、
1792以後、戯作者として京傳(きょうでん)。もっとも京傳は、京屋傳臧の略の他称で、後、自称で京傳。
浮世絵は少なく、版本が500点ほどある。*入力済み

1 価値観の転倒:見立て、略し、韜晦(とうかい)、揶揄(やゆ)などの手法による
下記の滑稽本に、京傳の本質が現れている。
1783(天明3)元杢網/狂文宝合之記
1784(天明4)京傳/小紋裁(こもんざい)
1784(天明4)京傳/手拭合(たなぐいあわせ)
1786(天明6)京傳/小紋新法*(こもんしんぽう)小紋裁後編  *古文真法(こぶんしんぽう)を捩ったもの
1787(天明7序)京傳/百人一首和歌始衣抄(はついしょう) これは京傳の真骨頂である。
*始衣抄は、遊女の初衣裳のゴロ合わせ。
1790(寛政2) 小紋雅話*(こもんがわ) モモンガのゴロ合わせ
これには思わず、漢文の素養があり、教養豊かな武家も笑ってしまったに違いない。
教養の深さ、質にまで及んでいる。
武家の滑稽は、本歌、和歌を見立てにより本末転倒の可笑しさに中核を置いた天明狂歌にある。
町家の滑稽は、和歌、狂歌ならぬ、中国古典の揶揄、惚(とぼ)けた肩すかし、置き換えである。

京傳に刺激を受けたものか、武家の菅江も、堂上家を揶揄した。
1785(天明5)朱楽菅江(1738-1798)(61)/故混馬鹿集。
これが天明狂歌の出発点で、原点である。古今和歌集を側面から揶揄した作品。
その本質は、堂上(どうじょう)家が独占していた古今伝授などに対する揶揄。
幕臣の朱楽菅江の著作である。勅撰集を揶揄した御咎めがあったのかなかったのか、直後、狂言鶯蛙集と改題している。
戦前には、幾らでもあったと云われているが、現在では。初版の原本は稀覯(きこう)本で、殆どが改題本である。

武家の学んだ支那古典、いわゆる漢籍、それらも揶揄している。
小紋新法。古文真宝の捩(もじ)り。
文選。

いわゆる藩校では7-8歳から、下記の主要な漢籍の素読を実施していた。
四書:
大学
中庸
論語
孟子

五経:
易経
書経
詩経
礼記(らいき)
春秋(しゅんじゅう)

史書:
春秋左氏伝
史記
資治通鑑(しぢつがん)
左国史漢
十八史略

兵書:
孫子
呉子

唐詩選

1783(天明3)元杢網/狂文宝合之記
お宝を見立てで、方向転換している。
これは寺宝、堂上、武家、茶道などの権威に対する痛烈な見立てである。
宝合わせ
奇妙図彙


2 考証癖
考証癖も相当なもので、京伝は骨董集と心中したと云われている。
町人でありながら、その教養の深さに対して、武人も京傳に一目、置いていたことが分かる。
中国古典から、臧(おさむ)という名を使っている。これは並の町人が出来ることではない。
武家に限らず町人も、中国古典から、引用し、表徳としている。

◯政演/伝記集成 *京傳を含む 

2016京傳/伝記集成_32項目

2016政演(京傳)/伝記集成_32項目

◯政演/総目録   *京傳落款は極めて少ない。*現在、入力中

2016政演(京傳)/総目録_674項目

2016政演(京傳)/総目録_588項目

2016政演(京傳)/総目録_488項目

◯政演(京傳)/総目録 五十音順
2016政演(京傳)/総目録_五十音順

◯政演(京傳)/総目録 編年順
2016政演(京傳)/総目録_編年順

何か御気付きの点があれば、御教示ねがいたい。
酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂 [HP: ukiyo-e.co.jp]
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション