浮世絵学** 英泉/大巾(おおはば) 雲龍紋裲襠(うちかけ)立美人* 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]
ホーム > 浮世絵学** 英泉/大巾(おおはば) 雲龍紋裲襠(うちかけ)立美人* 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学** 英泉/大巾(おおはば) 雲龍紋裲襠(うちかけ)立美人* 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

2017-5-21現在 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

本図は大巾(おおはば)絵の最高度の作品である。大巾絵は、狭い柱絵に対しての名前で、竪二枚継である。これほど保存の良い作品は見たことがない。公共の博物館に世界で3点、所蔵されているが、本図は摺りが初摺(英泉の意図がそのまま反映されている意)で、かつ保存も最良である。恐らく、今後も、これ以上の摺り、保存の作品が市場に現れないと思われる。

英泉の美人画は癖があるが、本図はスラリとした雲龍紋裲襠(うちかけ)姿の花魁である。しかも豪華な刺繍で龍紋が描かれている。

ゴッホ(1853-1890)は全く日本文化、日本美術について知らなかった。しかし、本図はゴッホに相当のインパクを与えたものであろう。油絵で、本図を模写している。

IMG_0025 - バージョン 2IMG_0026 - バージョン 2

浮世絵学に沿って、記録しておく。

落款:溪齋英泉画(1790-1848)

刊行:文政(1820s)*帯に蝙蝠の連続文様が描かれている。また文政後半期の笹紅が施されていない。文化後期(1810s)か。

判型形態:大巾(おおはば) 竪二枚継(つなぎ)を専門家は、このように呼ぶ。狭い柱絵に対して、大きい巾の意。

外題:(雲龍紋裲襠立美人)

版元:記載なし

内題:雲龍紋裲襠(うちかけ)立美人*

*内題が刻記されていないので、いろいろな表記があるが、これが一番、妥当な内題と思われる。龍の爪は三本。五本は中国王朝の王だけが使える。恐らく浮世絵美人画の中でも、屈指の名画であることは間違いない。

*享保(1730s)の懐月堂(但し、墨の一色)を第一とすれば、この英泉の大巾絵も、また美人絵の最高傑作である。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]
[浮世絵学]文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

 

 



コレクション

新着情報・新着コレクション

すべての投稿