浮世絵学01/落款(英山)赤木美智ほか/菊川英山展(展覧会図録)太田記念美術館 
ホーム > 浮世絵学01/落款(英山)赤木美智ほか/菊川英山展(展覧会図録)太田記念美術館 

浮世絵学01/落款(英山)赤木美智ほか/菊川英山展(展覧会図録)太田記念美術館 

2017-12-05現在

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

————————————————————————————————————–

没後150年記念として、菊川英山作品が、太田美術館で展覧された。

赤木美智氏ほか、よく研究されていて、多くの作品が紹介されている。

各年度の英山落款を表示し、年度別に掲載している。

版画は、問題ない。

肉筆は、すべて問題ある作品(偽筆)が散見された。

版画を研究して、更に肉筆の真偽も究めて貰いたいと念願する。

各博物館、美術館は、何時、誰が何の様に鑑定したか法的根拠のある鑑定書を確認する必要がある。

作品の経歴証明(プロブナンス)から、ここ30年以前に遡るものは無いようだ。

何点か実物を見たが、絵の具が真新しい。

版画を写した技術も拙く、英山の品格が全く感じられなかった。

つまり平成になってからの作品であることが判明する。

DB、やっと作成した。

2017赤木美智/菊川英山展

◯これまでに整理した伝記、総目録を添付する。

英山/伝記集成8項目

2017英山/総目録_2168項目

*なお落款「重九齋」は文字通り、九+九=十八歳の作品と考えているが、如何であろうか。

この落款は、後年代に位置付けられているが、かなり若書きにも思える。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂 [HP: ukiyo-e.co.jp]
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

 



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション