浮世絵学◇07浮世絵を飾りましょう(廣重/亀戸天神境内) !  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]
ホーム > 浮世絵学◇07浮世絵を飾りましょう(廣重/亀戸天神境内) !  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学◇07浮世絵を飾りましょう(廣重/亀戸天神境内) !  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

2016-01-01現在

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

◯お部屋に、浮世絵を飾りましょう。

思い出を作りましょう

また、国内、海外など贈答用にも最適です。

複製、復刻以外にも、当時の原画もございます。

浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]  2014.04.10     sakai_koukodou_gallery

*You might also see japan-ukiyoe-museum.com

 

IMG_0000

 

廣重(1797-1858)/名所江戸百景・亀戸天神境内

浮世絵をお部屋に飾りましょう。

子供の時に見た、部屋の浮世絵、これは生涯、忘れることはありません。

そのために、思い出を作ってあげる必要があります。

———————————————————————————————————————–

2014.03.20

 謹啓

 “お部屋に、一枚の浮世絵を飾りましょう。”

 *好古堂は浮世絵の老舗。額も、ご用意して、そのお手伝いを致します。

とても、心が豊かになり、楽しい気分になります。

*江戸時代へタイムスリップして、楽しい江戸時代の日常が再認識しましょう。

四季折々の各地の植物の開花、園芸などが、誹諧、和歌などに関連して、歳時記(さいじき)のように生活を潤しています。

 

美人画は、現代のファッション、実にいろいろな洒落た意匠(デザイン、パターン)です。

特に吉原は、流行の最先端、仲ノ町の櫻見物、俄(にわか)など老若男女が出掛けて行きました。

役者絵は、映画スター。ここからもファッションが生まれました。

顔見せから春狂言、夏狂言、秋狂言と、やはり四季に合わせて楽しみがありました。

歌舞伎の戯曲により、一般に実際と違った固定観念が植え付けられました。 

浄瑠璃(音曲)は、武家娘は箏曲、町家娘は三味線など

風景画(景色)は、北齋、廣重を始めとして、日本各地へのトラベルガイド。

琴棋(遊芸)の棋(き)は、武家。町人はもっぱら将棋。

書画は、書画双絶というように、文人としての男の嗜み。

 

好古堂主人敬白

 

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator、鑑定家  connoisseur

浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]  *酒井好古堂(こうこどう)は浮世絵専門の鑑定、復刻業

10.00-18.30 毎日営業(祝日、祭日を含めて)しております。

*所要で出掛けていることもございますので、ご来店の前にご一報を戴ければ御迷惑を懸けません。

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

◯浮世絵学[半角数字][半角数字] 検索

浮世絵学+アステリスク  JUM、好古堂関連
浮世絵学00/浮世絵専門博物館
浮世絵学01/落款(浮世絵師)絵師別目録
浮世絵学01/落款(人名)(浮世絵師)(役名)ほか
浮世絵学01/落款/偽筆
浮世絵学02/刊年(年号)
浮世絵学02/刊年(影印)(極+改)
浮世絵学03/判型形態(浮世絵と版本)(大きさ)
浮世絵学04/名数
浮世絵学04/外題(日本文学)(江戸文学)(狂歌)(川柳)
浮世絵学04/外題(吉原遊郭)
浮世絵学04/外題(歌舞音曲)
浮世絵学04/外題(日本美術)(絵巻物)(奈良絵巻、奈良絵本)(文様)
浮世絵学05/版元(板元)
浮世絵学06/内題
浮世絵学07/出典(浮世絵書誌)(天地人)
浮世絵学07/典拠
浮世絵学07/発行図録

浮世絵学11 文化藝術懇話会
浮世絵学12 シルクロード 中央アジア 東西交渉史 西洋 東洋

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]
文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

(英文)

2014.03.22

 

Your Purchase supports the oldest Ukiyo-e gallery in Japan.

Ukiyo-e” means the pictures of everyday life in old Japan.

It’s ”the pictures of feeling of excitement” in Edo, Tokugawa Shougunate.

Ukiyo-e is often mistranslated into “picture of floating world”, but

it was quite nonsese.  “Uki” means “uki-uki”, feeling of exicitement, not floating.

Ukiyo-e, made of paper so it never floats but sinks off the water.

As you know the pictures in Europe, they are all religious paintings, such as angel flying.

And another are the portraits of kings or queen, not for the people.

“Ukiyo-e” pictures deal with people everyday life, not for the kings or angels.

 

European impressionists found that the subjects for paintings should belong to the people.

And they finally go out from the studio and sketched the people’s life. such as Manet (1832-1883), Monet (1840-1926), Vincent van Gogh (1853-1890) and Toulouse-Lautrec (1864-1901) etcs.

 

Your Purchase supports the gallery.

Thank you !

    

Sakai Gankow, curator and connoisseur

Sakai Koukodou Gallery 

Oldest ukiyo-e gallery in Japan, Est. 1870

1-2-14, yuurakuchou, chiyodaku, Tokyo

phone 03-3591-4678 

*Everyday open.   10.00-19.00

Please contact with me before your visiting.

 

 



コレクション

新着情報・新着コレクション

すべての投稿