◯お部屋に、浮世絵を飾りましょう

◯お部屋に、浮世絵を飾りましょう
IMG_0011.jpg

2014.03.20

謹啓

“お部屋に、一枚の浮世絵を飾りましょう。”

 *好古堂は浮世絵の老舗。額も、ご用意して、そのお手伝いを致します。心が豊かになり、楽しい気分。

*江戸時代へタイムスリップして、楽しい江戸時代の日常が再認識しましょう。

四季折々の各地の植物の開花、園芸などが、誹諧、和歌などに関連しています。

  • 美人画は、現代のファッション、実にいろいろな洒落た意匠(デザイン、パターン)です。

特に吉原は、流行の最先端、仲ノ町の櫻見物、俄(にわか)など老若男女が出掛けて行きました。

  • 役者絵は、映画スター。ここからもファッションが生まれました。

顔見せから春狂言、夏狂言、秋狂言と、やはり四季に合わせて楽しみがありました。

歌舞伎の戯曲により、一般に実際と違った固定観念が植え付けられました。 

  • 浄瑠璃(音曲)は、武家娘は箏曲、町家娘は三味線など
  • 風景画(景色)は、北齋、廣重を始めとして、日本各地へのトラベルガイド。
  • 琴棋(遊芸)の棋(き)は、武家。町人はもっぱら将棋。
  • 書画は、書画双絶というように、文人としての男の嗜み。

好古堂主人敬白

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator、鑑定家  connoisseur

浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]  *酒井好古堂(こうこどう)は浮世絵専門の鑑定、復刻業

10.00-18.30 毎日営業(祝日、祭日を含めて)しております。

*所要で出掛けていることもございますので、ご来店の前にご一報を戴ければ御迷惑を懸けません。

 

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14 電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678


コレクション

新着情報・新着コレクション

すべての投稿