浮世絵学*1/ukiyo-e oldest gallery: Your PURCHASES Support the oldest ukiyo-e gallery [浮世絵学・複製] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [ http://www.ukiyo-e.co.jp] 
ホーム > 浮世絵学*1/ukiyo-e oldest gallery: Your PURCHASES Support the oldest ukiyo-e gallery [浮世絵学・複製] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [ http://www.ukiyo-e.co.jp] 

浮世絵学*1/ukiyo-e oldest gallery: Your PURCHASES Support the oldest ukiyo-e gallery [浮世絵学・複製] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [ http://www.ukiyo-e.co.jp] 

1982-04-25現在(2018-05-28更新

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) [http://www.ukiyo-e.co.jp/1809]

酒井 雁高(がんこう)学員 curator

酒井 邦男(くにお) 学芸員 curator、副代表
浮世絵・酒井好古堂
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678  Fax03-3591-4678

ご来店を心より御待ちしております。

Your PURCHASES Support the oldest ukiyo-e gallery.   Thank you !

浮世絵学**    [http://www.uiyo-e.co.jp/16738]←ここをクリック

浮世絵学 – 酒井好古堂

————————————————————————————————————————————————————–

◯版本の全図紹介

浮世絵学04/外題(書名) 版本 全図紹介 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)[http://www.ukiyo-e.co.jp]

————————————————————————————————————————————————————–

*ここは好古堂の複製など宣伝、および研究報告などを紹介しています。

目次)

1)浮世絵学*1   酒井好古堂[http://www.ukiyo-e.co.jp

2)浮世絵学*3 1941小島烏水/浮世絵類考(序文)

3)復刻、複製などの御案内

4)浮世絵学*9 書誌

5)浮世絵学*5 日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会 図録など

6)最近の展覧会(浮世絵関連)

7)浮世絵学* 御案内

8)吉原遊廓  書誌

9)歌舞音曲

10)偽筆 肉筆浮世絵

11)最近の研究・投稿

11a)名数 源氏物語 五十三帖説

11b)廣重/東海道五十三次 刊年(文政13、年末に、保永堂+僊鶴堂合板で、合板分が刊行された)

12.a)北齋/北齋漫画 1、2、3、4、5、6、7、8*、9*、10、11、12、13、14、15 全図紹介

12.b)1816墨僊/墨僊叢畫 全図紹介

http://www.ukiyo-e.co.jp/21351

12.c)1818戴斗/傳神畫鏡   *本図、これまで全部が掲載されていない

http://www.ukiyo-e.co.jp/21321

13)北齋/富嶽百景 全図 紹介

14)冬至、新年、春分ほか

————————————————————————

1)酒井好古堂 [http://www.ukiyo-e.co.jp]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*みゆき座はクリエと改称。ブロック角、ホテル・レムが建築された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*Uki-yo does not mean “floating” “world”.  It means “feeling of excitement” “people and society”.

So “ukiyo-e” means exactly “the pictures for feeling of excitement”, not “floating world”.

Ukiyo-e never floats but sinks under the water.

浮世は、浮いている世の意味ではなく、むしろ「浮き浮きした」という意味です。

従って歌舞音曲、吉原遊廓、江戸文学、狂歌、川柳などが生まれています。

 

2)浮世絵学*3 1941小島烏水/浮世絵類考(序文)

浮世絵学*3/ukiyo-e oldest gallery in Japan: 1941小島烏水(1873-1948)/浮世絵類考(序文)[浮世絵学・複製] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [ http://www.ukiyo-e.co.jp] 

 

3)復刻、複製などの御案内

[浮世絵学・複製] また、下記のURLを御覧下さい。 *Reproduction by traditional handmade

浮世絵学・複製01/歌麿 うたまろ_歌麿/浮世絵美人絵の最高峰 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学・複製02/北齋爲一 ゐいつ_爲一/冨嶽三十六景 爲一(ゐいつ)期の世界で尤も有名な作品 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

 

 

浮世絵学・複製03/廣重 ひろしげ_廣重/東海道五十三次 全55枚 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学・複製04/カラーシート 浮世絵の三枚続、文明開化絵を縮小 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学・複製05/短冊など 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学・複製09/一筆箋(大揃、一作品)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学・複製10/ 一筆箋 (大揃、単品) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

 

4)浮世絵学 書誌

浮世絵学*9/ 浮世絵書誌 (bibliography, reference books, illustrated catalog …) [浮世絵学・複製] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [ http://www.ukiyo-e.co.jp] 

[浮世絵学] ほかの基本的な浮世絵学・情報362も表示されます。

[浮世絵学**][浮世絵学*1][浮世絵学*2]…

[浮世絵学01][浮世絵学02][浮世絵学03]…

 

5)日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会 図録など

博物館関連の図録、展覧図録は、画像と共に、下記に表示されています

 

6)最近の展覧会(浮世絵関連)

◇北齋とジャポニスム(国立西洋美術館) →北齋漫画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過日、東京都内で講演があったので、拝聴した。図録に先生のご署名を戴いた。大変、光栄です。

この展覧会は、これまでの日本美術の影響、つまりジャポニズム(英語)を広く工芸品などにも注目して、詳細に論じたものである。馬淵明子先生はじめ、袴田紘代、池田祐子らの永年の研究成果が取り入れられている。

影響は、フランスでジャポニスム、ドイツではヤポニスム、オーストリアではユーゲントシュティル、イギリスでは、建築、工芸などジャポニズム、アメリカでは工芸デザイン関連で、ジャポニズム。

人物、動物、植物、風景、波と富士(水の変態)などに分類して、多くの図版を掲載して比較している。

画家だけに限らず、工房なども詳細にアルファベット順に略伝を書いてある。

参考文献も、実に詳細を極めた書誌。

作品リストは220+H(版画の意、浮世絵)41+HB(版本の意、BOOK)38

馬淵先生の御話よると、油絵など原画を借りることが出来なかった作品も多かったが、図版でも充分、双方を比較でき、理解できる。

浮世絵が西欧に与えた影響:主要な論点を私なりに四項目を採り上げ、纏めてみた。

1 主題:大衆、庶民が中心

元来、西欧の美術は貴族、王族に属していたため、殆どが教会の宗教絵画、また肖像画であった。庶民が絵画の題材になることなどなかった。浮世絵を見て、初めて庶民、大衆が題材となっていることに改めて気付かされた。マネ(1832-1883)、ドガ(1834-1917)、モネ(1840-1926)、ゴーギャン(1848-1903)、ゴッホ(1853-1890)など、その衝撃が作品に活かされ、表現されている。

2 構図:前面に物体を配置し、後面との奥行きを現す

これまでの西欧画法では、奥行きを演出するため、画面の前面に物を配置しなかった。日本の絵画は、前面に物を配置した。全く別の捉え方であった。北齋だけでなく廣重などの構図も、特に俯瞰図法、垂直線描法(画面前面)、装飾性(略画、省筆法)などが、西欧に衝撃を与えた。

3 描法:物の形を全て、線描、略画で表現

特に的確な人物、動物、植物、景色の描写は、真行草の略画、線描など、それぞれの持ち味が充分、活かされていた。北齋(1760-1849)は、むろん蕙齋(けいさい)(1764-1824)の線描、略画を更に発展させたことは間違いない。省筆による適確な素描(スケッチ)が色々な藝術家に衝撃、影響を与えた。

つまり西欧は、物の描写を面(めん)で捕らえる。しかし日本は、書画双絶、書画同一と称するように、線描で把握する。

4 藝術(artの訳語):詩、つまり文学が最上位に位置づけられる。

日本の絵画は、源氏物語を初めとして、全て文学に関連していると云っても過言ではない。

連歌、俳諧、和歌、狂歌から俳画、狂画、つまり略画が生まれた。

ヴァザーリ(1511-1574)を引用するまでもないが、文学の一つ、詩歌が最高の位置にある。次は建築(美術用語は殆どが建築用語である)、彫刻(大理石など巨大なもの、建築にも関連する)、絵画の順列になっている。この点、日本美術は浮世絵に限らず、すべて文学作品に関連している。

詳細については、図録(400ページ余)を御覧いただきたい。

浮世絵学04/東京美術倶楽部 2017-12-09 馬淵明子先生(国立西洋美術館館長)の講演 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [ http://www.ukiyo-e.co.jp] 

 

◇春信(千葉市美術館_MFA所蔵)

*150点の内、45点は別の絵師。105点ほどが春信であった。少し残念!!

浮世絵学01/春信_2017MFA_春信(千葉市美術館)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

2017MFA_春信       2017MFA 春信.xlsx

◯キヨッソーネ東洋美術館 版画

◯赤木美智ほか/菊川英山展、太田美術館

2017赤木美智/菊川英山展

 

7)浮世絵学* 御案内
浮世絵学*1       http://www.ukiyo-e.co.jp/1809     *酒井好古堂
浮世絵学*2       http://

*酒井好古堂(English)
浮世絵学*3       http://

浮世絵学*3/ukiyo-e oldest gallery in Japan: 1941小島烏水(1873-1948)/浮世絵類考(序文)[浮世絵学・複製] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [ http://www.ukiyo-e.co.jp] 

*酒井好古堂(小島烏水)
浮世絵学*4       http://

*浮世絵学DB
浮世絵学*5       http://

*日本浮世絵博物館
浮世絵学*6       http://www.ukiyo-e.co.jp/7780   *日本浮世絵博物館 浮世絵展覧会(国際)
浮世絵学*7       http://www.ukiyo-e.co.jp/***   *新聞報道

浮世絵学*8/ukiyo-e oldest gallery in Japan: 浮世絵学データベース DB編(原画また画像の文字情報を浮世絵学に沿って入力)[浮世絵学・複製] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [ http://www.ukiyo-e.co.jp] 

*DB入力方法
浮世絵学*9       http://

浮世絵学*9/ 浮世絵書誌 (bibliography, reference books, illustrated catalog …) [浮世絵学・複製] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [ http://www.ukiyo-e.co.jp] 

◯版本の全図紹介

浮世絵学04/外題(書名)  http://www.ukiyo-e.co.jp/22447 

8)吉原遊廓  DB 書誌

浮世絵学  http://www.ukiyo-e.co.jp/5995

吉原01 書目 http://

浮世絵学04/外題(吉原関連書目)(文化、風俗)(reference books of Yoshiwara, pleasure district) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原02 年表 http://

浮世絵学02/刊年(吉原年表)1912朝倉無聲/武江年表ほか 412項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原03 参考書目 http://

浮世絵学04/外題(吉原参考書目) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原04 細見 http://

浮世絵学04/外題(吉原細見)(諸書より引用) 1640s左縄から1916 新よし原細見  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原05 吉原本 http://

浮世絵学04/外題(吉原本)1936渋井清/吉原本 編年順 1442点  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原06 語彙 http://

浮世絵学06/内題(吉原語彙)2014吉原語彙 五十音順 6645項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原07 細見年表 http://

浮世絵学04/外題(吉原細見年表)(編年)1996八木+丹羽/吉原細見年表 1698項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原08  http://

浮世絵学04/外題(吉原遊廓) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

*吉原遊廓
吉原09 細見 http://

浮世絵学04/外題(吉原細見)(五十音+編年)総目録 1531項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原10 細見ほか http://

浮世絵学04/外題(吉原細見ほか)(編年順)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原11 語彙DB http://

浮世絵学06/内題(吉原語彙DB)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

 

9)歌舞音曲 DB

浮世絵学04/外題(歌舞音曲)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

歌舞音曲* 出典別 DB  http://http://www.www.ukiyo-e.co.jp/16073
歌舞音曲00
歌舞音曲01
歌舞音曲02
歌舞音曲03
歌舞音曲04 外題
歌舞音曲09 DB 役名(役者)  http://

浮世絵学04/外題(歌舞音曲)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

 

10)偽筆 肉筆浮世絵
浮世絵学01/落款(北齋)/偽筆*01  http://www.ukiyo-e.co.jp/4166
浮世絵学01/落款(北齋)/偽筆*02  http://www.ukiyo-e.co.jp/4367
浮世絵学01/落款(北齋)/偽筆*03  http://www.ukiyo-e.co.jp/4246
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*04  http://www.ukiyo-e.co.jp/3660
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*05  http://www.ukiyo-e.co.jp/1764
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*06  http://www.ukiyo-e.co.jp/1776
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*07  http://www.ukiyo-e.co.jp/13131
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*08  http://www.ukiyo-e.co.jp/4420
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*09  http://www.ukiyo-e.co.jp/2016
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*10  http://www.ukiyo-e.co.jp/2011

浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*11  http://www.ukiyo-e.co.jp/10024
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*12  http://www.ukiyo-e.co.jp/4400
浮世絵学01/落款(應挙)/偽筆*13  http://www.ukiyo-e.co.jp/12529
浮世絵学01/落款(春章)/偽筆*14  http://www.ukiyo-e.co.jp/10946
浮世絵学01/落款(廣重)/偽筆*15  http://www.ukiyo-e.co.jp/10586
浮世絵学01/落款(廣重)/偽筆*16  http://www.ukiyo-e.co.jp/12102
浮世絵学01/落款(絵師)/偽筆*17  http://www.ukiyo-e.co.jp/11808
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*18  http://www.ukiyo-e.co.jp/4213

11)最近の研究・投稿

11a)名数 源氏物語 五十三帖説

浮世絵学04/外題_源氏物語序説 五十三帖説(名数)尾州家河内本を底本とする 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

11b) 廣重/東海道五十三次(保永堂+僊鶴堂) 刊年について

*1830文政13、年末に、保永堂+僊鶴堂合板で、合板分の版下画が製作されていた。

*廣重が1830文政13.03、東海道の桑名、四日市から、笠を追いかけて(廣重の洒落)、伊勢へ出掛けている。

京師へは出掛けていない。石薬師以降は名所図会を見て、描いた。

*文政13.12.10改元(天保1)となる。実際21日間のみ。刊記は殆どが文政13年のままとなっている。

保永堂版(僊鶴堂合板)東海道五十三次の刊年、確定的なものが無かった。

1981浮世絵聚花14/103-008、廣重総目録に記録したが、気が付かなかった。

1834天保5に四方瀧水の序文が附されて全て刊行された。

浮世絵学02/刊年 廣重/東海道五十三次(保永堂+僊鶴堂)1830.03-12(文政13)に版下画成る。酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

◯春信 千葉市美術館 2017MFA  http://

浮世絵学01/春信_2017MFA_春信(千葉市美術館)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

◯北齋とジャポニスム *ジャポニスムはフランス語、英語ではジャポニズム

浮世絵学04/東京美術倶楽部 2017-12-09 馬淵明子先生(国立西洋美術館館長)の講演 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [ http://www.ukiyo-e.co.jp] 

12.a)北齋/北齋漫画 1、2、3、4、5、6、7、8*、9*、10、11、12、13、14、15 全図紹介

*手もとに初版が無いので、吉川半七版を紹介。

http://www.ukiyo-e.co.jp/20858

◯第一冊目(初編)これは北齋落款 *題簽に初編と刻記されていない。

http://www.ukiyo-e.co.jp/20319

◯二編 戴斗落款 *従って、本来、戴斗漫画と称するべき理由がある。

http://www.ukiyo-e.co.jp/20452

◯三編  戴斗落款

http://www.ukiyo-e.co.jp/20497

以下、同様

12.b)1816墨僊/墨僊叢畫 全図紹介

http://www.ukiyo-e.co.jp/21351

殆ど、北齋漫画かと思う程、似ている。もともと、北齋漫画の企画は、墨僊が言い出したものかも知れない。その意味で、北齋漫画は、墨僊漫画と称しても良い。

12.c)1818戴斗/傳神畫鏡 全図紹介

http://www.ukiyo-e.co.jp/21321

秀画一覧の改題本という。版面は同一であろう。珍しいので、全図を紹介する。

13)1835-1836、1849爲一(ゐいつ)/富嶽百景 全図 紹介

浮世絵学04/外題(富嶽百景1.2.3)1835、1836、1849前北齋爲一(ゐいつ)筆 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

14)冬至、新年、春分ほか

(好古堂営業時間など)

開店  Open 10.00-18.30   *Please call and come !

原画は、ご来店戴き、直接、お手元で御覧になるのが一番です。

各種の検索でも下記のように入力すれば、色々な情報が表示されます。

*[浮世絵学**][浮世絵*1][浮世絵学*2][浮世絵学*]…

*[浮世絵学][浮世絵学01][浮世絵学02][浮世絵学03][浮世絵学04][浮世絵学05][浮世絵学06]…

*3-20は春分、真東から太陽が昇り、真西に太陽が沈む。昼と夜の長さが、ほぼ同じになる。秋分も同様である。古代中国、日本(500年代)で は、このため春分、秋分と2年と計算していた。当時の100年は、50年である。日本の奈良王朝の寿命が100歳を超えているので、津田左右吉など戦前の 学者はデタラメと批難した。現在では、倍暦という術語が定着して、その半分であるから、ほぼ合理的解釈ができる。神武と崇神の幼名がハツクニシラス、つま り初めて国を作った意である。二人いるのは妙である。これは同一人物と考えられる。考古学の継体、応神、崇神の王朝は、奈良王朝とは全く無関係であるにも 拘らず、720、編纂した日本書紀に付加して、歴史を長く見せかけたのである。倍暦を考えると、考古学の記録では紀元前後、つまり九州王朝の金印、57が 基準となる。503隅田八幡、531稲荷山鉄剣など、奈良王朝は九州王朝を滅ぼした662以降、白村江以降、成立したことが分かる。

*2-11、 旧暦で1月15日、逆算して建国記念日。しかし、2600余年前の年月日時、確たる暦法は無く、干支も逆算によるもの。一体、誰が國?を作ったのか。中国 でも、前103以前に暦法は確立されていない。奈良王朝より古い、九州王朝でも、57AD前後しか確定できていない。

節分(2017-2-03)を過ぎて、これから厳寒の時期、健康に留意しましょう。

*冬至、世界中、冬至を祝う。冬から春へ、日が長くなる。ヘブライ? キリスト?、イスラム? 季節の通過儀礼

In front of The Imperial Hotel Tower at Ginza Tokyo !
Everybody Welcome !
Professional adviser of ukiyo-e* (“pictures for feeling of excitement”, everyday life in old Edo period Japan)
So ukiyo-e are never ’floating, no, sinking off.
Curator during almost 50 years.
SAKAI_gankow
酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人、学芸員)(前々日本浮世絵博物館理事長) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

酒井邦男(酒井好古堂副代表、学芸員)(前日本浮世絵博物館理事長)

E-mail: gankow@gmail.com

*Uki-yo: does not mean “floating” “world”.  It means “feeling of excitement” “people and society”.

So “ukiyo-e” means exactly “the pictures for feeling of excitement”, not “floating world”.

Ukiyo-e never floats but sinks under the water.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Your Purchase supports the oldest gallery of Ukiyo-e.

Ukiyo-e” means the pictures of everyday life in old Japan.

It’s the pictures of feeling of excitement in Edo, Tokugawa Shougunate.

 

As you know the pictures in Europe, they are all religious paintings, such as angel flying.

And another are the portraits of kings or queen, not for the people.

“Ukiyo-e” pictures deal with people everyday life, not for the kings or angels.

 

European impressionists found that the subjects for paintings should belong to the people.

And they finally go out from the studio and sketched the people’s life. such as Manet (1832-1883), Monet (1840-1926), Vincent van Gogh (1853-1890) and Toulouse-Lautrec (1864-1901) etcs.

 

Your Purchase supports the gallery.

Thank you !

 

Sakai Gankow, curator and connoisseur

Sakai Koukodou Gallery

Oldest ukiyo-e gallery in Japan, Est. 1870

1-2-14, yuurakuchou, chiyodaku, Tokyo

phone 03-3591-4678

*Everyday open.   10.00-19.00

Please contact with me before your visiting.

—————————————————————————————————–

◯浮世絵・酒井好古堂 [http://www.ukiyo-e.co.jp]

浮世絵の老舗、浮世絵・酒井好古堂(こうこどう)でございます。

幕末の開明思想家・佐久間象山(しょうざん)(1811-1864)によって、好古堂の書齋号を命名されました。

象山は、京都で暗殺されました。門下に勝海舟(1823-1899)、吉田松陰(1830-1859)らがいます。

酒井義好(よしたか)は象山より一つ年長、信州松本の紙問屋で、狂歌号を松園千鶴(まつぞのちづる)と云いました。

◯酒井好古堂、日本で最初の画廊

1870、酒井好古堂は、高村光太郎の書廊に即応して、日本で最初の画廊を東京神田淡路町に創設いたしました。

父・酒井藤吉は、神田のミニコミ誌に三回に亘り、掲載しています。

 

rn018-10-01-01-バージョン-2-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明治初期、酒井好古堂。日本初の画廊

 

rn018-10-01-01 - バージョン 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明治初期、琅玕堂(ろうかんどう)。高村光太郎の書廊(しょろう)。

当時、日本で中国書跡の人気が高く、中国から多くの作品が招来されていた。

浮世絵の酒井好古堂、専門家は無論、初心者の方も大歓迎です。

 

img_20161130_0003-%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%a7%e3%83%b3-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1915-1920、祖父・酒井庄吉、文助、忠吉らは、此花(宮武外骨)、此花(朝倉無聲)の風俗研究を継承し、浮世絵専門の学術雑誌「浮世絵」(55冊)を発刊、研究、鑑定の普及を行いました。小島烏水、井上和雄など錚々たる第一線の収集家、研究家を集め、浮世絵の啓蒙に努めました。(図版は「よみがえる浮世絵」より転載)その後、浮世絵の研究は、錦繪(相場七二)、浮世絵之研究(井上和雄)、浮世絵志(小島烏水ほか)、浮世絵藝術(1)(坂戸哲舟)、浮世絵界(藤懸静也)、季刊浮世絵(鈴木實)、浮世絵藝術(2)(宮尾しげを)など多くの研究書が続刊されました。これらの詳細目録は、1997酒井雁高/浮世絵学(販売価格6,600円)に掲載されています。

海外へのお土産にも、軽くて嵩張らず、最高の贈物になります。

[浮世絵学・複製◇] *ここのサイトに複製(木版、カラーシート、一筆箋など)の画像があります。御覧下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SAKAI_gankow, 2017-07-26

どうぞ、お気軽に御出掛け下さいませ。

各種、ご相談、鑑定に応じております。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator、浮世絵鑑定家  connoisseur

浮世絵・酒井好古堂   [http://www.ukiyo-e.co.jp] 

*酒井好古堂(こうこどう)は浮世絵専門の鑑定、復刻業

10.00-18.30 毎日営業(祝日、祭日を含めて)しております。

*DBなど、Googleなど、ひらがな で絵師名を入力すると表示されるよう改良。むろんDBの原則、原画に刻記されている文字で検索しても従来通り、表示されます。

例:ほくさゐ  *ゐハ仮名表で表記されますが、三文字、「ほくさ」だけでも大丈夫だと思います。

例:北齋 *齋は、当時の原画に刻記されている通りに入力 「北斎」では不可。

*所要で出掛けていることもございますので、ご来店の前にご一報を戴ければ御迷惑を懸けません。

*何か御気付きの点がございましたら、御教示ねがいます。

東京、銀座また有楽町、帝国ホテル・インペリアルタワーの前

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

—————————————————————————————————–

Ukiyo-e, often mistranslated into pictures of floating world.
But “uki-uki” means never “floating” but feeling of excitement.
So ukiyo-e means ‘pictures for feeling of excitement’, everyday life in old Japan.

酒井雁高(酒井好古堂主人)SAKAI_gankow,  curator,

浮世絵・酒井好古堂  [http://www.ukiyo-e.co.jp]*

*2018-02-22、18.00-20.00、淡路町ワテラス、パーティルーム(2011号)にて文化藝術懇話会(52)伊勢物語(2)

現在、雨ですが、夜には雪になる。まだまだ春分までは三寒四温、寒いです。

*2017-09-23、15.00-16.00、ラズ大森にて源氏物語「五十三帖説」 *「名数」 これらについてザット御話をいたします。

諸先生がたの難しい論文、業績を簡単に話すことは難しいですが、何とか一般の方々に対して、初めての紹介になります。

合わせて、ukiyo-e.co.jp/16158 を御覧下さい。

*本日、2017-10-04、15:00- 美術倶楽部(会員制)にて、馬淵明子先生(国立西洋美術館)の「北齋とジャポニズム」の講演会があります。楽しみです。拝聴いたします。二回目の講演もあります。本日、私の纏めた簡単な資料をお渡しする予定です。

*2017-12-09、美術倶楽部(会員制)にて、馬淵明子先生の最後の講演がありました。北齋とジャポニスム図録に署名を戴きました。マネ(1832-1883)、ドガ(1834-1917)、モネ(1840-1926)、ゴッホ(1853-1890)など多くの油絵画家が北齋などの版本(挿絵)、一枚絵などから影響を受けています。ブロンズ彫刻家のロダン(19840-1917)は、浮世絵の略画法、一筆法などに感銘を受け、浮世絵を蒐集しました。版画家リヴィエール(1864-1951)は、版画でエッフェル塔36景の連作を描いています。

Google検索で、[浮世絵学]*簡単に情報を見ることが出来ます。ある情報は、downloadも出来ます。
◯浮世絵学[半角数字][半角数字] 検索

浮世絵学**    アステリスク  JUM、好古堂関連
浮世絵学*1/Your Purchases Support the oldest ukiyo-e gallery in Japan
浮世絵学*2/Sakai koukodou gallery (In front of the Imperial Hotel Tower)
浮世絵学*3/1941小島烏水/浮世絵類考(序文)
浮世絵学*4/DB記述編
浮世絵学*5/japan-ukiyoe-museum.com 日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会
浮世絵学*6/Mr.SAKAI_toukichi and his brothers had 65 world ukiyo-e exhibitions.
浮世絵学*7/No. 1 of Japan: japan-ukiyoe-museum.com
浮世絵学*8/DB編(原画また画像の文字情報を浮世絵学に沿って入力)
浮世絵学*9/浮世絵書誌編

◯浮世絵学[半角数字][半角数字] 検索
以下、浮世絵学も参照

浮世絵学00/浮世絵専門博物館
浮世絵学01/落款(浮世絵師)絵師別目録
浮世絵学01/落款(人名)(浮世絵師)(役名)ほか

*[ひらがな 総目録][はるのぶ 総目録][うたまろ 総目録][ひろしげ 総目録][北齋 総目録]ほか
浮世絵学01/落款(偽筆)
浮世絵学01/落款(肉筆)
浮世絵学02/刊年(年号)
浮世絵学02/刊年(影印)(極+改)
浮世絵学03/判型形態(浮世絵と版本)(大きさ)
浮世絵学04/外題(名数)
浮世絵学04/外題(日本文学)(江戸文学)(狂歌)(川柳)
浮世絵学04/外題(吉原遊郭)
浮世絵学04/外題(歌舞音曲)
浮世絵学04/外題(日本美術)(絵巻物)(奈良絵巻、奈良絵本)
浮世絵学04/外題(絵本)
浮世絵学04/外題(笑本)
浮世絵学04/外題(文様)(紋帳)(定紋)
浮世絵学04/外題(長崎絵)
浮世絵学04/外題(横浜絵) *横濱絵
浮世絵学04/外題(硝子絵) *硝子繪
浮世絵学05/版元(板元)
浮世絵学06/内題(→外題)
浮世絵学07/出典(浮世絵書誌)(天地人)
浮世絵学07/典拠
浮世絵学07/発行図録

◯浮世絵学(◯◯) *文字を入力すれば、検索できます

浮世絵学(日本文学)

浮世絵学(江戸文学)

浮世絵学(文様)

浮世絵学(歌舞音曲)

浮世絵学(吉原遊廓)

浮世絵学(狂歌)

浮世絵学(文化藝術懇話会)
浮世絵学(シルクロード) 中央アジア 東西交渉史 西洋 東洋
浮世絵学(中国古典文学)
浮世絵学(西洋古典文学)

12)冬至、新年、春分ほか

新春 1/01 *以下、1975内田正男/暦と日本人、1991内田正男/暦のはなし十二ヶ月

*2018-1-02、何回も、新春を迎えたが、暦について確たる知識がなかった。詳細について、2007浮世絵超名品図録/日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会を御覧いただきたい。

旧暦(太陰太陽暦)の1月1日(春節は、太陽暦の日附で、早い時は1月21日、遅い時は2月20日くらいになる。太陽暦の1年と太陰太陽暦の1年との差が11日ある。太陽暦の1月1日の初日の出は、真東より右手(南)約28度から出る(東京地域)。従って、個人の誕生日は祝わなかった。何故なら、29日、30日の月がほぼ順番に廻り、30日が無い月(つまり29日)が生ずるからである。太陽暦でも、閏年(うるう)の場合、2月29日は4年毎にしか廻って来ない。厳密な意味で、誕生日は不可である。

*以下、二十四節気は1788(天明8)/暦便覧による

立春(正月節)春の気、立つをもってなり。

春分(二月中)日天の中を行て、昼夜等分の時なり。

春分、天の赤道と太陽の通る黄道とが交わる2点のうち、太陽が天球の南から北へと過(よぎ)る点を春分点という。最近では2月20日、また2月21日に決まっている。4年毎の閏年および翌年は2月20日、あとの2年は2月21日である。春分の日、太陽は真東から出て真西に沈む。これは日本各地、同じで、昼間の時間は約12時間10分くらい。冬至では10時間30分(那覇)、9時間45分(東京)、9時間1分(札幌)。

*春分を3月21日に固定しようとする目的は、キリスト教にとって尤も大切な祭日である復活祭を3月22日から4月25日の間に納めようという意図に基づいている。年によって、一日ずれる。復活祭は、春分後の最初の満月のあとの日曜日というふうに決められている。復活祭用の数表を利用する。

*ここでも満月が使われている。紀元前1世紀-2世紀、ローマ暦で曜日が定着した。古代アッシリアでは紀元前7世紀ころ、毎月、7、14、24など7の倍数は働くことを禁じていたという。古代、曜日は無く、日にちで休日、縁日などを決めていた。日本でも四日市というように、毎月4日にイチが開かれていた。

太陽暦では3番目の月(3月)からが春である。だから最後の2番目の月(2月)を閏月として処理して調整。

彼岸(春分、秋分)

彼岸の中日は昼夜半分の日ではなく、真西に太陽が没する春分、秋分の日となる。

西暦紀元は教会の復活祭の日付を計算するに必要な数表から割り出されている。

この数え方は、紀元は1年から始まり、その前年は0年ではなく西暦紀元前1年である。したがって第1世紀は、西暦1年の1月1日に始まり西暦100年の12月31日に終る。

しかし、天文学の計算では、計算し易いように0年を置くから、紀元前2年がマイナス1年となる。グレゴリオ暦で遡って計算するような場合、西暦前1年が0年であり、その0年が閏年であるから西暦前の場合、前4年は閏年ではない。

夏至(五月中)陽熟至極し、また日の長きに至りなるを以てなり。

立秋(七月節)初めて秋の気、立つがゆへなればなり。

秋分(八月中)陰陽の中分なればなり。

立冬(十月節)冬の気、立ちて初めて、いよいよ冷(ひ)ゆればなり。

冬至(十一月中)日南の限りを行て、日の短きの至りなればなり。

*2017-12-22、 今日、冬至である。昼が最短、この日から徐々に長くなる。いわゆる冬至カボチャ。キリスト教では、イェスの生誕日として祝った。しかし、全く科学的根拠はない。冬至は、ヨーロッパ、中東地域で、ストーンヘッジを初めてとして、3,500-4,000年以上前、つまりイェス以前から確立していた。世界中、気象を観測して、春になる、暖かくなる節目として祝っていた。しかし、実のところ、冬至から節分までが厳寒の時期である。

太陽太陰暦では、この日を新年の一日とした。月の満ち欠け、つまり新月、満月を見て、生活していた。その冬至を含む月を11月としていた。前年の冬至(天正冬至)の日時、月齢を求めることから始めた。朔旦冬至といって、冬至が11月1日に当たると特別に儀式が行われた。冬至には日中の時間がもっとも短くなる。しかし、日の入り時刻は12月6日ころが尤も早く、日の出時刻は1月5日ころが尤も遅い。

原因は、太陽が赤道上でなく黄道上を動き、黄道が円でなく楕円であることによる。

年初は約束ごとである。現在では冬至の約10日のちというのは、春分を3月21日に決めるために、そのようになった。古代ローマ暦では3番目の月が年初であった。その名残で、2番目の月末(2月)に閏日が置かれている。本来は年末であった。日本の旧暦では平均すると立春が1月1日になる。実際、立春は12月15日から1月15日の間で移動する。旧暦では閏(うるう、門構えに「王」)月は中気(ちゅうき)のない付という規則があり、計算しなてみなとと、どの月が閏月になるか決まらない。この暦法は中国では紀元前7世紀頃、既に考えられたと云われる。

閏(うるう)の字、告朔の礼、天子毎月宗廟に居る。ただ閏月は門中にいる。

このため、門がまえの中は「王」でなければならない。壬の字の場合、誤りである。古文書では、閏の字を略して、王と書く場合がある。しかし、王では閏(うるう)の略字にならない。

*月の朔望日は元嘉暦(443制定)で29.5305851063日儀鳳暦(664制定)では29.530590149日

現在の天文学では29.5305882日。驚くほど正確である。(藤原有氏の計算による)

太陽暦よりも年、10日ほど短いので、閏月(うるうづき)を計算により配置した。一ト月、余分に加えて調整した。(これらの計算など、故藤原有氏に御教示いただいた)

*詳細について、2007浮世絵超名品図録/日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会。

*692(持統6)-1181(明治5)、この期間、太陰太陽暦が使われていた。日常、月の満ち欠け、明るさで行動していたのである。新月の日、真っ暗で、提灯など灯りがなければ歩けない。浮世絵に月が描かれたのも、月明かりで歩いていたからである。

何か御気付きの点があれば、御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂  [http://www.ukiyo-e.co.jp]
文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678
SAKAI_gankow, professional special adviser of ukiyo-e, curator

[http://www.ukiyo-e.co.jp]
*You might also see japan-ukiyoe-museum.com
Google検索で、[浮世絵学]+[人名][日本美術][書誌]など必要な項目を入力すれば、必要な情報が表示されます。

 



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション