浮世絵学01/落款(英泉)えいせん_英泉/総目録 大1(外題)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]
ホーム > 浮世絵学01/落款(英泉)えいせん_英泉/総目録 大1(外題)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学01/落款(英泉)えいせん_英泉/総目録 大1(外題)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

2016-07-01現在

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

◯英泉(1790-1848)の研究は、これまで尾崎久弥、今中宏、大沢まこと氏らが、熱心に収集、整理してきた。最近では、松田女史が、詳細な目録を整備している。本目録は、それらを含む、諸図録類から、浮世絵学に沿って、入力、整理した総目録である。英泉の作品は、後ほど、かなり外題を削除して、外題替えをして全く別のように見えるが、図柄を見ると、同一のものがある。特に無外題のものは、再利用されていることが多いので、注意を要する。

◯木曾海道(実際は難しい表記)で、「英泉また溪齋」落款のある作品は間違いなく英泉が制作した。

また、無款(削除されている)作品は、全部、外題を木曾海道…と廣重様式で墨板を入れ木して、再版していた英泉作品である。

過日、アメリカから招来されて、日本の画商に帰属した木曾海道作品が公開された。

2006「東海道・木曾海道 廣重 二大街道浮世絵展」(實ハ英泉も含んでいる)

「英泉また溪齋」落款が削除されていない稀覯作品、桶川(「英泉が」)と本庄(「溪齋画」)を初めて図録で、見る機会があった。

木曾海道を永年、研究してこられた稲垣進一・学兄が展覧会を担当していた。

当時の版権は、墨板だけを購入する意であることも確認できた。

廣重画とある作品のみが、英泉を引き継いで制作した廣重作品である。(2014.06.13酒井雁高・識)

 

2014英泉/総目録 大1 ここをクリック

2014英泉/総目録 大1(無外題) ここをクリック 外題替えがあるので注意

2014英泉/総目録 大横

2014英泉/総目録 大幅 *竪二枚継

誤記、誤認、遺漏も多々あるものと思う。お気づきの点を御教示願えれば、ありがたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator

浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]

文化藝術懇話会

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

 

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678



コレクション

新着情報・新着コレクション

すべての投稿