浮世絵学04/外題(活字本)デジタル *全頁を影印で掲載  1926野崎左文/狂歌集目録ほか 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/30083
ホーム > 浮世絵学04/外題(活字本)デジタル *全頁を影印で掲載  1926野崎左文/狂歌集目録ほか 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/30083

浮世絵学04/外題(活字本)デジタル *全頁を影印で掲載  1926野崎左文/狂歌集目録ほか 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/30083

1982.05-25現在(2018-12-12更新)  ✓検索 浮世絵学 ◯◯  http://www.ukiyo-e.co.jp/
酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)   http://www.ukiyo-e.co.jp
SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e
Sakai Kohkodou Gallery, the oldest gallery of ukiyo-e in Japan

1926野崎左文/狂歌集目録  その他、書目など中心に活字本を転載する。

*書目、索引など簡単に検索できるので、便利である。

・野崎左文(1858-1935)戯作者、明治期の新聞記者。狂歌書を蒐集、書誌を集成した。

*私の見た明治文壇 魯文に入門、当時の小新聞、江戸が変わり行く姿を追っている。江戸期の京伝、馬琴の勧善懲悪から、新しく小説神髄が覚醒される。

・仮名垣魯文(1829-1894)左文の師。細木香以(さいき こうい)に愛され、花笠文京の弟子となる。山々亭有人(戯作者、滑稽本作者であるが、劇評家として優れたものがある。

・花笠文京(1785-1860)合巻、歌舞伎作者。菊五郎の代作をする。儒学者、東條琴台の兄。晩年、窮迫し、深川の辻番所で窮死。

1904野崎左文/江戸狂歌書目/新群書類従7

1926野崎左文/狂歌集*目録、1904を増補集成した本書が、当時、もっとも充実していた。*書名は、狂歌集。

1936菅 竹浦/狂哥書目集成として、ほぼ完全な形で大成した。*菅野楯彦(すがの たてひこ)、大阪の医師

http://www.ukiyo-e.co.jp/30274 1936 菅(すが) 竹浦/狂哥書目集成 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

反町(そりまち)とあるのは、弘文荘主人であろうか。このような書目に注目する研究者は限られている。

何か御気付きの点があれば御教示ください。
酒井 雁高(がんこう) 浮世絵・酒井好古堂主人 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂 浮世絵鑑定家 [浮世絵学] 検索 http://www.ukiyo-e.co.jp
SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e
文化藝術懇話会
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678
gankow



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション