浮世絵学04/外題(奈良絵本)1979反町茂雄/奈良絵本私考 酒井雁高 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]
ホーム > 浮世絵学04/外題(奈良絵本)1979反町茂雄/奈良絵本私考 酒井雁高 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学04/外題(奈良絵本)1979反町茂雄/奈良絵本私考 酒井雁高 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

2015-11-04現在 酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]

酒井好古堂主人 SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser

酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]

酒井好古堂主人 SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser

酒井雁高(酒井好古堂主人)SAKAI_gankow,  curator,  

浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]

professional adviser of ukiyo-e, sakai koukodou gallery  

2015-03-19[ukiyo-e.co.jp]  *You might also see [japan-ukiyoe-musem.com]

反町茂雄(1901-1991)さんの重要な業績の一つである「奈良絵本」の全項目を入力した。

これは弘文荘目録に限らず、諸外国の主要な叢書、ライブラリーをも含む広い範囲の知見である。

奈良絵巻、奈良絵本を多く売買している反町さんならではのお仕事である。奈良絵本に関しては、もっとも信頼にたる内容である。室町期の土佐派から画風も推移し、江戸初期の絵屋(民間工房)つまり奈良絵巻、奈良絵本の需要が増えるに従って、仕込み絵、仕込み絵本が多く制作された。紙背(反故)紙などの数から、恐らく1,000種類以上もあったと考えられる。むろん奈良で制作されたのではなく、文化的にも新興の堺あたりというのが反町さんの考えである。筆者(筆ハ)、画者(えハ)の如く、筆者(「ひっしゃ」ではなく、ふでハ)は親王級、画者(えハ)五位あたりである。原本の副本を作り、それを大量に筆写し、地方の武士階級の求めに応じた。室町期であるから、大半は御伽草子である。

1979反町茂雄/奈良絵本私考

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator

浮世絵鑑定家 professional ukiyo-e adviser

浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]

文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678



コレクション

新着情報・新着コレクション

すべての投稿