浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*12_うたまろ/歌麿_福岡市美術館_中国の仙女? ? 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]
ホーム > 浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*12_うたまろ/歌麿_福岡市美術館_中国の仙女? ? 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*12_うたまろ/歌麿_福岡市美術館_中国の仙女? ? 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

2016-11-10現在 酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]

酒井好古堂主人 SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser

原画を未だ見る機会がないが、図版を熟覧した限り、偽筆の判断を変わらない。*ある方から、実際に原画を見てから発言すべきであるとの御忠告を受けたので、この一行を加えておく。

http://www.ukiyo-e.co.jp/4400 歌麿? 中国の仙女

http://www.ukiyo-e.co.jp/4420 歌麿の肉筆 真筆は世界に数本

http://www.ukiyo-e.co.jp/4246 明治期の肉筆鑑定

http://www.ukiyo-e.co.jp/4213 偽筆 外国向け 明治期

http://www.ukiyo-e.co.jp/2011 歌麿? 女達磨? 鍾馗? 三福神角力?

http://www.ukiyo-e.co.jp/1776 無款 歌麿? 深川の雪?

2015-04-28現在 酒井雁高(酒井好古堂主人) 浮世絵鑑定家(浮世絵専門) 学芸員

FAKE !  FAKE !   FAKE ! 正真正銘の偽筆

2015-04-14

Recently some newspaper showed a Chinese Lady?by UTAMARO ?

Unfortunately this is FAKE !    GENUINE FAKE !

これは偽筆。歌麿の技量、画技が全く表現されていません。

(掲載略歴)プロブナンス

経歴(かつて展覧され図録に掲載されている)も無く、極く最近の偽筆。絵のバランスが全体に右に傾いていて、しかも落款、印章の位置も妙?

ある方が、「新種の」「珍しい」という言葉で逃げを打っていると。

新種でも、珍しくも、何でもありません、これは偽筆。

歌麿は、実際の市井の美人、吉原の遊女などをリアルに描いています。

神話、空想の世界の人物を描きません。描こうにも描くことが出来ないからです。

(西王母)

西王母なら、まだしも、ただ「仙女」などという外題(げだい)は有りません。

どのような画題辞典類にも出て来ません。画題に無いような絵は描けません。

もともと西王母、202BC-8AD山海経(せんがいきょう)によると、崑崙山に住む半人半獣。尾は豹のよう、歯は虎のようで、頭に飾りを、青い鳥が食事を運ぶという。220-265魏晋以後、道教で不老不死の女神として祀られるようになる。

磚*(セン)25-220AD後漢、西王母 下に蟾蜍(ひきがえる)が立って踊っている。*磚、丸く平な瓦の意

頭上に「玉勝」を広げ、龍虎の上に座している。

左:西王母が貪(むさぼ)り食うための三足鳥と戈を握った大行伯が描かれている。

右:瑞祥を表す九尾狐と霊芝を持った白い兎が描かれている。

龍と虎の下:蟾蜍(ヒキガエル)が直立して踊りを舞っている。

左下隅:冠をかぶり幅広の帯を締めた人が、両手で笏を持ち俯(うつぶ)せになりながら祈祷している。

その右の二人はおそらく仙人であろう。

この磚(セン)は雲気を「線」で表現している。

(偽筆の典拠)

恐らく下記の浮世絵を参考に、偽筆したのでしょう。

これは見立(みたて)です。

落款(らっかん):哥麿筆

刊年:寛政 1790s

判型形態:大判一枚絵

外題(げだい):艶中八仙

版元:商標[蔦屋]

内題:西王母 扇屋内瀧川・をなみめなみ

出典:1964渋井/ウキヨエ図典13 歌麿 p134

よく見ると、香炉は六脚の台に置いてあります。六脚ですから安定しています。

こちらの版画では、禿(かむろ)が三千年に一度、実るという桃を大事に持っています。

(浮世絵学)

1 落款+印章 2 刊年 3 判型形態 4 外題 5 版元 6 内題 7 出典

これらを正確に把握して、記録します。

最も大事な 1 落款+印章 取って付けたように書かれ、押されています。

肉筆の場合、註文生産ですから、落款は姓名ほか刊記、また印章も立派なものを使います。

版画を模写したことが明らかです。つまり、これは明らかな偽筆。正真正銘の偽筆です。

(偽筆)

外題も中国の仙女? 西王母(せいおうぼ)は画題にあるが、「仙女」という画題はありません。

歌麿は、画題に無いような作品を描きません。

偽筆は、四脚で、安定を欠いています。不安定ですね。

しかも、その上に3000年に一度、実るという桃などを入れた重い磁器を置いています。

着物も、偽筆は野暮天。気品がありません。

よく両者を見比べて、御覧ください。

(専門家?)

専門家と称する人物は、プロではなく、書物を読んで、単に知識がある人なのでしょう。

医学で云えば、医学の知識があるという意味。しかし、臨床医学で手術をすれば、人の命が奪われます。

危ない、危ない。

そのような人々は誤摩化せても、プロの眼は誤摩化せません。

これは正真正銘の偽筆。

(他の偽筆)

http://www.ukiyo-e.co.jp/4400 歌麿? 中国の仙女

http://www.ukiyo-e.co.jp/4367  公開質問状(墨田区)

http://www.ukiyo-e.co.jp/4246

http://www.ukiyo-e.co.jp/4420

http://www.ukiyo-e.co.jp/4213 偽筆 外国向け

http://www.ukiyo-e.co.jp/4166 北齋? 隅田川両岸絵巻

http://www.ukiyo-e.co.jp/2011

http://www.ukiyo-e.co.jp/1776 歌麿? 深川の雪?

酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]

酒井好古堂主人 SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser

酒井雁高(酒井好古堂主人)SAKAI_gankow,  curator,

浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]

professional adviser of ukiyo-e, sakai koukodou gallery  

2015-04-15[ukiyo-e.co.jp]  *You might also see [japan-ukiyoe-musem.com]



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション