浮世絵学04/外題(人間としてみたブッダとキリスト)1985山本七平/人間としてみたブッダとキリスト、原書房 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)   http://www.ukiyo-e.co.jp/73509
ホーム > 浮世絵学04/外題(人間としてみたブッダとキリスト)1985山本七平/人間としてみたブッダとキリスト、原書房 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)   http://www.ukiyo-e.co.jp/73509

浮世絵学04/外題(人間としてみたブッダとキリスト)1985山本七平/人間としてみたブッダとキリスト、原書房 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)   http://www.ukiyo-e.co.jp/73509

1982-04-29現在(2021-02-11) 浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定:judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) *学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 日本最古の浮世絵専門店

http://www.ukiyo-e.co.jp/41940 ◀ 浮世絵学_reproduction_複製A0+/復刻 手摺木版

 *The BEST Japanese Traditional Woodblock Prints, Handmade reproduction (adm. by JUM) 

 

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php?post_status=publish&post_type=post&orderby=title&order=asc       ◁ 浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/category/ukiyo-e-judge-professional-adviser  ◀ 浮世絵学   すべて

 

日本で最古の浮世絵専門店。幕末の開明思想家・佐久間象山(1811-1864)(しょうざん)が、酒井義好(1810-1869)*よしたか の書齋を「好古堂」と命名しました。1982、酒井藤吉(とうきち)・十九子(とくこ)、酒井貞助(ていすけ)・富美江(ふみえ)、酒井泉三郎(せんざぶろう)・美代子(みよこ)らは、好古堂蒐集品を基として、父祖の地、松本市郊外に、日本浮世絵博物館を創立しました。

父・藤吉が亡くなってから、酒井信夫・雁高(がんこう)、そして酒井邦男が継承し、世界各地で65回の浮世絵展覧会を開催して今日に至っています。皆様のご指導ご鞭撻を御願い致します。

http://www.ukiyo-e.co.jp/56701 ◀ ◀ 浮世絵学_guide0_情報/御案内 浮世絵・酒井好古堂 

 *Sakai Kohkodou Gallery  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) Japanese Traditional Woodblock Prints   

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

 

 

2020 SAKAI kunio

*現在、ファックスは使えません。

http://www.ukiyo-e.co.jp/41940 ◀ 浮世絵学_reproduction_複製A0+/復刻 手摺木版

 *The BEST Japanese Traditional Woodblock Prints, Handmade reproduction (adm. by JUM) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/category/ukiyo-e-judge-professional-adviser  浮世絵学   すべて

http://www.ukiyo-e.co.jp/69501  ◀ 浮世絵学01/落款(えし)ひらがな五十音順 伝記集成+総目録 

 

http://www.ukiyo-e.co.jp/56701    G浮世絵学_guide00_御案内 浮世絵・酒井好古堂

*Japanese Traditional Woodblock Prints   

———————————————————————————————————————————————

〇1984山本七平(1921-1991)/人間としてみたブッダとキリスト、原書房 
書名、人間としてみたキリスト、これは面白い。キリストは救世主の意、名前はギリシャ語では、イエズス。
それぞれの専門家の対談で重要な指摘が話されて、記録されている。
 
 
 
 
 
 
 
 
・中村元/無原則の思想
・梅原猛/人間としてみたブッダとキリスト
・秦 剛平/ヘブライイズムとヘレニズム
・トマス・インモース/キリシタンと日本
・遠藤秀作、井上洋治/切支丹・殉教・日本人
・小室直樹/日本教としての法華経
 
〇中村元(1925-2019)/無原則の思想
325 ニケア信条 ローマ公認のキリスト教 *旧約の思想はギリシャ・ローマ圏、
東方のロシア圏に入り、ラテン圏でも違ってくる。
イスラエルでも、古い時代、祭政一致 ソロモン、王と祭司を兼ねている。
礼楽 礼儀と音楽 
 
太陽信仰
 
西洋では古い伝統に対してプロテストする形で新しいものが出てくる。
1232(貞永元年)貞永式目(御成敗式目) 北條泰時(1183-1242) 51カ条
 
カトリックでは火葬をしない 遺体を大事にする思想 ユダヤ教徒も火葬にしない
死んでいるのは眠っている。土葬にする。
 
火葬にすると、お骨(こつ)を大事にする 
死んだら死んだところに葬るので、お骨を持って帰るとか遺体を持って帰る習俗はない。
 
祖霊信仰 人間の霊魂が鳥の姿をして故郷の墓地にとまる
中国人は自分の先祖、同族だけを大事にする
 
輪廻思想 西洋にはない
 
死海文書が出たクムランでは南枕で埋めてある。最期の審判の時、神と對面できるように。
 
イスラエル、ユダヤ、マルキシズム、ファシズム みんなパラレル
 
革命 レボリューションを訳せなかったので、漢語の「革命」を使った
易姓革命で、姓を易えて 天命を革(あらた)めるだけで、制度は替わらない。矛盾を解消できない
 
旧約 天国も地獄もなく、死で終わり、永眠。
 
イランから入ってきたミトラス教、マニ教、
 
十字軍 1181、1209-1214、1226-1229 武力弾圧
 
ユダヤ 墓を宗教的対象にしてはいけない。偶像礼拝になる イスラムでは墓があってはいけない宗派もある
ユダヤの場合、墓をきちんと造る
 
いわゆる日本の墓参りというのはない
 
遊牧民 伝染病が怖いので、人、家畜が死ぬと、必ず移動する。
 
アラブ人は族内婚 いとこ同士の婚姻
 
同族が結集するのではなく、周囲にいるもの同士が集団安全保障をする。國一揆、国人一揆 古い形の一揆
中国では礼記、インドではダルマ・シャーストラ(法典)
 
あまり原則で喧しくやらない。斟酌さるべきか。常識が法律。
武家法は、元来の常識。慣習とか風習。
 
明恵(1173-1232)上人 栂尾 華厳宗の学僧
 
南アジアの伝統では、宗教というコトバがない 法、仏法
 
日本の自然法思想はナチュラルオーダーで、ナチュラルローとは違う
 
日本は、宗派仏教 釈迦、阿弥陀を祀ってある御堂より、その宗派の開祖の御堂が大きい
 
日本では、人と人の信頼関係で解決されることが多い。
 
身体刑 貞永式目、賭博常習犯の指を切る。私文書偽造、烙印をオデコに押す
中国では唐律のように縁坐法、一族が全部、連座する。
インドでは、身体を傷つける刑罰はない。死刑もない、何時までも拘禁しておく。
 
ユダヤ 旧約聖書では、法的に義が確立しなくてはいけない。心理的な救済感的な方法を一切、認めない。
同値弁済、盗んだ者の手を切る。また、同等の賠償金 アッシリアが一番、厳しかった
神との契約 七つのサクラメント(秘跡) 洗礼と聖餐(せいさん)が尤も重要とされている
乳製品と肉製品、食器を一緒にしてはならない 
 
者バット 安息日 金曜日の日没から土曜日の日没まで 火をつけてはいけない 火を消してもいけない
 
(山本)二十歳でマルクスのかぶれないのは馬鹿だけど、四十歳になってもかぶれているのはもっと馬鹿
 
蓮如(1415-1499)上人 ほかの神々や仏教を謗ったり軽んじたりしてはならない
 
鈴木正三(1579-1655) *しょうぞう
 
朱子学 林羅山 水戸学派 徳川斉昭(派閥で殺し合い) 排仏毀釈  
 
大日本史 北朝の扱いに困る その前に五人、北朝の天皇がいる。足利尊氏を叛臣に入れると、いまの天皇は偽帝の子孫で、臣下の出で、あってということになって… 安積澹泊(1656-1738)/論賛を著すが、ぼかしている。とうとう全部、削除
日本外史は、大日本史をアレンジして、通俗版を造った
 
〇梅原猛(1925-2019)/人間としてみたブッダとキリスト(72-107) 
ざっと摘要を記す。
前6世紀、イエスの先駆者、預言者第二イザヤ
第二イザヤ 550-529BC 、40-55章 53章、苦難の僕(しもべ)
釈迦(565-485BC)   (463-383BC) 仏教の創始者
孔子(552-479BC) 儒教の祖
ソクラテス(470-399BC) ギリシャの哲学者
イエス(7BC?-30AD?)イエス、ヤーウエ(イスラエルの神)は救いであるという意味のヘブライ語の人名のギリシャ語音訳。
(雁註)信仰上の人物で実在しない 
 
仏教的な文明圏 *文明という言葉が使われている。
 仏教は仏滅後、如是我聞、「私は、このように釈迦から聴いた」の意
 500年後に造られた経典を基本にした大乗仏教
 輪廻転生の世界
 旧石器時代から、人間は死んで天に行くんだという考えたが出てる。
(雁註)天(てん)の思想は、古代支那でも、遥か後代で、旧石器時代にはなかった。
 釈迦のしたことは、バラモン教に対する反証
 釈迦はバラモン階級の生まれでなかったことが大事 下層階級が自己主張
 カースト制の否定 人間平等
 日本の部民(べみん)、これはカースト的差別
 仏像はアーリア系からドラビダ系の顔になってくる。仏教→バラモン教→ヒンドウー教
 
 ブッダと竜樹(大乗経の祖) *2-3世紀、南インドのバラモン出身
 竜樹はインド的なものから離れる
 
 古代の律法どおりの生活は、実際に無理 律は殆どなくなる
 律を守ることが信仰がある意。しかし、その教団は大きくならない。
 
 仏教は現世利益と先祖供養 奈良時代、仏教教学が出来、理論も整えられたが、律というものは解らない
 戒律が必要だが、儀式が解らない。それで鑑真を招いて、戒壇を造った。
 
 仏教では苦は悪。どうやって脱却するか
 釈迦は道をひらくまで苦行したけれど、悟りを開いて牛乳呑んで、苦を克服した。
 苦行の像は日本では嫌われた。釈迦は、いつも楽しいそうにしていないといけない。
 涅槃像(ねはんぞう)、死ぬ時も楽しく死んでいく。微笑を浮かべて死んでいく。
 イエスが楽しそうにしている絵はあまりない。苦行イエス、殉教者像。イエスは悲劇。
 
キリスト教的な文化圏
 イエスとパウロで捕らえる
 聖典(カノン)と其他、聖典外。初代教父文書、典外所
 何年何月何日に十字架にかかった
 創造から終末までの世界
 ・ヤコブ系統:イエスの弟ヤコブを中心にエルサレムの神殿にいるヘブライオイ(アラム語を話すユダヤ人)
  66第一次ユダヤ反乱
  132第二ユダヤ反乱で壊滅 ディアスポラに合流 ユダヤ教とキリスト教は、このあたりで別方向へと向かう
  ユダヤ教
 ・パウロ系統:パウロを中心としたヘレニスタイ(ギリシャ語を話すユダヤ人) 
  キリスト教 
 
ユダヤ教
 タルムード(古い文書)では、キリスト教徒はミニーム(分派、異端の意)
 ユダヤ教徒からみると、キリスト教はユダヤ教の一種の異端
 イエス、ガリラヤ人(ガリル・ハゴイム)異教徒の地の意。
 正統的なヨハナン・ベン・ザッカイのような律法的ラビ(教師)ではなかった。
 パウロ、海外に移住したユダヤ人の子孫、いわばディアスポラの民
 ユダヤ教はイエスまでは認めるが、パウロは異端として絶対に認めない 
 ダニエル書では厳密な意味で来世はない。
 200BC 現世で戒律と律法どおり守っている人間が苦難を受けている。
 ユダヤ人は現世主義
 
イエスは、神の子を僭称したとして、十字架によって処刑されている。苦難の僕(しもべ)
 ダニエル書に記された人の子とされてくる。
(雁註)この人物は本当にイエスなのか。神ならば、処刑しても死なないはずだが。
 イエスは、神の国を説いている。
 ソクラテスは魂の不死を証明している。
 釈迦は、来世主義が崩壊して、もう一度、現世へ戻る。人間の死を、冷たく見つめている。透明な世界。
 
 創世記 第一章 第二章Jよりずっと後に出来た。
 前8世紀 第二章
 前550  第一章 バビロン捕囚末期
 
 90-95 ルカ、使徒行伝、ペテロ第一書 *イエスを苦難の僕(しもべ)と準えた
 
 霊 風と訳すべき
 
〇秦 剛平(1942-  )/ヘブライイズムとヘレニズム
ヨセフス/アピオーンへの反論 全2 *ヨセフス 1世紀のユダヤ人歴史家 ウイストン訳 
ヨセフス/ユダヤ戦記 全7
ヨセフス/ユダヤ古代誌 全20 いずれもギリシヤ語
(秦)ヨセフス(37-100c)によれば、人類の誕生からモーセの死まで、既に3000年の歴史があるらしい(笑)ほんまかいなと思いますよ
(山本)いまでも言うんですよ。ユダヤ人5000年の歴史をもっているなんてことを、彼らは平気でね。どんなに考えたって、史料として遡(さかのぼ)りうるのは、まあモーセまで、あとは解らない。モーセをラムセス2世(在位前1290-前1224頃)の時にすれば、紀元前1250年ごろが限度ですよね。エジプトやバビロニアを大先進国とすれば、せいぜい3000年の歴史ですよね。
*モーセ 前13世紀、古代イスラエル民族とその宗教を基礎づけたと伝えられる指導者。
 
モーセ五書 ギリシヤ語へ 翻訳 前3世紀 その後、七十人訳聖書(セプテュアギンタ) *シナゴーグの礼拝、教育用
 
〇トマス・インモース(1918-2001)/キリシタンと日本
 
 
〇遠藤秀作(1923-1996)、井上洋治(1927-2014)/切支丹・殉教・日本人
切支丹側では、カミを使わず、デウス。
1816ギュツラフ訳/聖書 最初の日本語訳 カシコイモノ ゴザル。
*マカオで訳した。伊勢からのマカオに漂流した人から日本語を習った。
 
ハビアン((1565-1620-)
1583(天正11)19歳で切支丹となる。
1586イエズス会に這入る
1592、ローマ字本、平家物語
1593イルマン(修道士)となった
1605(慶長10)ハビアン(1565-1620+)/妙貞問答
1606(慶長11)外人長上者に対する反感から、棄教した。
1620(元和6)ハビアン(1565-1620-)//破提宇子(はでうす) 
儒教、身体髪膚、これ父母に受く、敢て毀傷せざるは孝の始め 人倫のもと
 
殉教(じゅんきょう)、シャビエルが、いちばん日本人がキリスト教信者にならない理由の一つとして、わたしだけがパライソに行くというのは辛い。わたしのおとっさん、おっかさん、御先祖は別のところにいるというのは申し訳ない。
個人よりも、村の意識、集落意識。
(山本)殉教というのは証言。信仰告白。はっきり証言すれば殺されると分かっていてもするということ。
切支丹は他の宗教を罵詈雑言して否定する。寺を焼く、仏像を毀す。傲慢である。
(遠藤)仏教が庶民的になったら浄土宗になったように、隠れ切支丹はマリア観音信仰になった。
吉田松陰は妹から、法華経を貰った。安心立命を得なさいと。私は、そんものいらん。
(山本)ルターのいう、ただ信仰のみ。カトリックの教義と教皇の権威に反対した闘争宣言。
明治になると親鸞みたいになる。人の救われるのは、ただ信仰のみによるので、行いによるのではない。だからロマ書は日本のプロテスタントの、ほんとに聖書でして…。
 
〇小室直樹(1932-2010)/日本教としての法華経


アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション