浮世絵学11/文化藝術懇話会*(26)新シルクロード6 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]
ホーム > 浮世絵学11/文化藝術懇話会*(26)新シルクロード6 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学11/文化藝術懇話会*(26)新シルクロード6 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

2015-10-22 文化藝術懇話会(26)新シルクロード6

常連の峰八州子さんが、先々月、急に亡くなり、淋しくなった。毎回、いろいろな知識を得ることを楽しみに参加していたのに残念である。峰さんはニューヨークにも滞在していて、ある意味で世界的な視野ももった藝術家であった。ニューヨークでは、画廊がギャランティーをして、作品全部を買い取って、売却する程の力を持った方である。心より哀悼の意を捧げたい。

IMG_0132

IMG_0133

今回はトルファンであった。

 

IMG_0134

2015-11-19(木)次回は、第7巻、「仏教の来た道」、朱のベゼクリク大画廊と玄奘三蔵の旅。仏教はインドから来たのは知っているが、その実態、差異について知らない。楽しみに。

文章と動画、つまり文字(論文、小説)と画像(映像、映画)では訴えるものが、かなり違っている。画像、しかも動画の情報量は圧倒的なもので、文章の比ではない。

今回のトルファン、聖徳太子、小野妹子など、さらりと画像で紹介されていたが、全く無意味である。聖徳太子の確実な事績、業績は全くない。また小野妹子も、肝心の隋書に記載されていないのであるから、これは奈良朝、推古朝による文章の捏造と断定できる。つまり奈良王朝が、九州王朝の実績を横取りして、捏造、虚偽で、後付けの作文をして、辻褄を合わせようとした。しかし、中国側の史料に記載されていないので、すべて虚偽であることが明らかである。監修の長澤和俊先生は、これらについて異見を述べなかったのであろうか。このDVDの価値が、学問的に著しく低下してしまう。

第7巻の後、第8巻、天山北路、天駆ける遊牧の民。第9巻、草原の路、蒼き狼の大帝国、チンギスハンとマルコポーロ。

何か御意見、御提案があれば、御知らせいただきたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator

浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]

文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678



コレクション

新着情報・新着コレクション

すべての投稿