浮世絵学07/典拠編(書目) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)   [HP: ukiyo-e.co.jp]
ホーム > 浮世絵学07/典拠編(書目) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)   [HP: ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学07/典拠編(書目) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)   [HP: ukiyo-e.co.jp]

2015-07-27現在 酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]

酒井好古堂主人 SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser

1997酒井雁高/浮世絵学、日本浮世絵学会(日本浮世絵博物館内)が初出である。その後、増補訂正を随時、行っている。

1978SAKAI_gankow/Ukiyo-e-gaku (英文)

◯典拠(source)酒井雁高(酒井好古堂主人)[ukiyo-e.co.jp]

curator,  professional adviser of ukiyo-e, sakai koukodou gallery

2014-11-13[ukiyo-e.co.jp]  *You might also see [japan-ukiyoe-musem.com]

典拠  酒井雁高(酒井好古堂主人)

典拠は、その根拠を示す記録である。従って、典拠不明の記録は、二次資料として、慎重に扱う必要がある。しかも、記録は、必ずしも正しいとは限らない。他の記録と事実関係を照合することが不可欠である。そのため、典拠史料、資料の吟味、どのような背景で記されていたかを知る必要がある。また事実は、多数決ではない。記録は、すべて加上*(かじょう)、つまり以前の記録をもとに追加している。このため、全く別系統の記録、たった一つの記録でも、事実を伝えている場合がある。原本名ABC順、また便宜的な音読略名は正しい原本名をで示した。

浮世絵学03 典拠

*加上(かじょう): 江戸時代の大坂の学者、富永仲基(1715-1746)の提案した手法。

*浮世絵、浮世絵師に関しては、浮世絵類考を参照してください。

浮世絵類考(各編年)

  *何かお気づきの点ございましたら、下記まで御知らせください。

 酒井 雁高(がんこう)

浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]

文化藝術懇話会

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

E-mail: gankow@gmail.com

 A

顯広王記

在盛卿記

吾妻鏡 幕府家臣 1180-1266[大系、古典全集、国書刊行会]

 B

弁玉集 不祥 1672

墨竹発蒙 菅 雲鳳 1831

墨水画塵 上杉墨水 1831頼杏坪、貫名海屋序[画談]

梵舜日記 梵舜 (?-1653)舜日記

墓所一覧→平安名家墓所一覧

墓所記→浪華名家墓所記

墓所考→東京美術家墓所考

墓所誌→東京美術家墓所誌

武江年表 齋藤月岑 正1848 続1878[国書刊行会、東洋文庫]

文晁画談 谷 文晁 1841[画談]

文画誘掖 中林竹洞 1819 大倉笠山後識[画談]

文粋→本朝文粋

文徳→日本文徳天皇実録 827-858

佛日庵公物目録 円覚寺塔頭佛日庵 13201363-65[鎌倉市史]

 

C

親元日記 徳川親元 1465, 73, 61-66, 73-78, 80-84 [続大成、史誌]

親孝日記

親俊日記 蜷川親俊 1538-45 [続大成、史誌]

親信卿記 平 親信 972-974[続群書類従]

親長卿記(愚記)甘露寺親長 1466-98[大成]

竹田莊師友画録 田能村竹田 1833[画談]

竹洞画論 中林竹洞 1802[画談]

沈氏画塵 木村巽齋 1769 河曲合離序

椿山書簡 椿 椿山 1846[精神]

椿葉記 貞成親王 1433[群書、刊]

智証大師年譜(円珍)円珍 814-891[全集]

著聞集→古今著聞集

長秋記 源 師時 1087-1136[大成]

朝野群載 三善爲康 -1116-[大系]

中右記(宗忠公記)藤原宗忠 1087-1138 中御門右大臣[大成]

中右記目録

 

D

大日本史料

大乗院寺社雑事記 尋尊ほか  1450-1527 興福寺(尋尊大僧正記)

大乗院寺社雑事記 尋尊 興福寺(尋尊大僧正記補遺)

大乗院寺日記目録 尋尊 1065-1504[続々群、〜寺社雑事記]

伊達氏治家記録 輝宗ほか 1723- (だてし けち きろく)

伝暦→聖徳太子伝暦

堂舎記→山門堂舎記

 

E

江都督願文集

絵本宝鑑 橘 宗重 1688 藤井貞幹序、植村一敬跋

絵の事 本居宣長 1799 [精神][画談]

絵そらごと 石野廣通 1802 [画談]

栄華物語 赤染衛門? 1000-1100 藤原道長[大系、集覧]

叡岳要記

永昌記 藤原爲隆 1105-29 住居・永昌坊[大成]

園太暦* 洞院公賢  13111344-60[史籍、刊]*えいたいりゃく

園太相国暦記、園太暦目録 中園太政大臣(洞院公賢)1311-60

 

F

不知記

福照院関白記

墳墓記→京都府下画家墳墓記

墳墓録→京都名家墳墓録

扶桑名画伝 堀 直格 1854 黒川春村序

扶桑名公畫譜 浅井不旧 1730s 

扶桑略記 皇円 -1129 [大系、集覧]

フロイス日本史 Frois, L 1549-1594松田毅一川崎桃太訳、1977-80

 

Ga

画道伝授口訣 狩野章信 1826 [画談]

画道金剛杵 中林竹洞 1801 [精神][画談]  

画道手引草 中林竹洞

画道要訣 狩野安信 1680 [精神]

画学大意 岡 義直 1851

画学捷径 湖上簑笠 1836 [画談]

画法綱領 佐竹曙山 1778 [精神][画談]

画法彩色法 西川祐信 1738 岩松道朝序[精神][画談]

画法小識* 湖上簑笠 1836 [画談] *画学捷径

画乗要略 白井華陽 1831 源長弘ほか序[画談]

画工便覧 新井白石 1672 [画談]

画工潜覧 大岡春卜 1740 岡白駒序[精神][画談]

画筌 林 守篤 1712 平住専安序[画談]

画史→本朝画史

画則 桜井雪館 1777 清河安修、井上金蛾[精神][画談]

画譚(談)鶏肋 中山高陽 1774 井上金蛾序[精神][画談]

画譚叢記 源 頼紀 1789 埼允明序

画典通考 岡 普齋 1727 橘守國画

画図品類 伴 直方 1829

学正記/感身学正記 

鑑真過海大師東征伝 淡海三船 799 唐大和上東征伝[群書、寧楽]

臥雲/臥雲日件録抜尤 瑞溪周鳳 1446-73 相国寺の禅僧[続集覧、古記録]

 

Ge

迎陽記

言経卿記→Tokitune  

言継卿記→Tokitsugi 山科言継(1507-1579

言国卿記→Tokikuni

厳助往年記

(以下、略)



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション