浮世絵学07/出典(写真)2015浮世絵から写真へ/江戸東京博物館 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]
ホーム > 浮世絵学07/出典(写真)2015浮世絵から写真へ/江戸東京博物館 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学07/出典(写真)2015浮世絵から写真へ/江戸東京博物館 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

◯浮世絵は木版画で、絵師、彫師、摺師など多くの人の手間が掛かる。

写真は、レンズに投影した画像を印画紙に焼き付ければ済むので、一人で出来る。

西洋でも銅版画があったが、石版印刷、写真印刷に押されて、次第に手仕事は消えていった。

◯登山家として有名なウインパー(1840-1911)の家は、ロンドンの印刷会社であった。

いわば、ウインパーのイギリスの浮世絵師とも云える。1900年、印刷工場は閉鎖する。

それ以前、ヨーロッパ大陸の山々の画像を描いてくれと頼まれて、多くの山々の銅版画を描いている。

そうこうしている内、ウインパーは、アルプスが好きになり、7回の失敗の後、当時、誰も登れなかったマッターホルンを1865年、登頂した。しかし下り、不幸なことに、4人の仲間が次々ぶつかり、落ちて死んでしまった。

◯ところで、当時の写真は露光に時間が掛かり、印画紙も小さい。水洗いが不十分であったり、薬品の関係で、殆どの写真は茶色(セピア)になっている。

IMG_20151206_0002 - バージョン 3

◯写真のような浮世絵も、清親など、一時、出ているが、影が煩わしいので、売れなかったようだ。

つまり、木版の浮世絵と印画紙の写真は、全く別の目的で作られている。

西欧の肖像画は、王様の肖像ばかりで、実ハ小さな銅板画である。むろん、色彩は付いていない。

◯明治天皇の図版があるが、この明治天皇は偽物で、大室寅之助という人物である。

本当の孝明天皇(1831-1866)、明治天皇*は、岩倉具視、伊藤博文らにより、厠(かわや)で謀殺されている。

詳しくはフルベッキ(1830-1898)の写真を参照のこと。*本当の明治天皇の画像は無い。その生年、没年共に不明である。偽の明治天皇の生年(1852)、没年(1912)は判明している。二人とも、西洋嫌いで、日本は神国、しかも徹底的な国粋主義者であった。岩倉、伊藤らは遣欧施設により、西欧の実情を知り、この二人がいたのでは日本の世界と互角に亘り会えないと、孝明、明治天皇の二人を暗殺した。

図録から、浮世絵と密接な関係のある作品を一覧表にした。あまり数は多くない。

2015浮世絵から写真へ 35点

何か御気付きの点があれば、御教示ねがいたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]
文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678



コレクション

新着情報・新着コレクション

すべての投稿