浮世絵学04/外題(硝子絵)1942内田六郎/硝子絵 2015-12-10酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]
ホーム > 浮世絵学04/外題(硝子絵)1942内田六郎/硝子絵 2015-12-10酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学04/外題(硝子絵)1942内田六郎/硝子絵 2015-12-10酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [HP: ukiyo-e.co.jp]

◯内田六郎氏(浜松市の産婦人科医)の労作、硝子絵である。1942に双林社(小野忠重主宰)から刊行された。

硝子絵に関する殆ど唯一の著作といえる。

図版を浮世絵学に沿って、纏めてみた。

1942内田六郎/硝子絵

当時は、なかなかカラー図版が貴重だったので、殆どモノクロ。カラーは巻頭に4点のみ。

IMG_20151211_0006 - バージョン 2 IMG_20151211_0002 - バージョン 2 IMG_20151211_0003 - バージョン 2 IMG_20151211_0004 - バージョン 2 IMG_20151211_0005 - バージョン 2

 

硝子絵は1918マックス・ピカルド、Max Picard-Expressionistische Bauernmalerei.

図版24枚が納められている。

何か御存知の方があれば、御教示ねがいたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]
文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション