浮世絵学01/落款(偽筆ひろしげ)肉筆浮世絵_ひろしげ/廣重_那珂川町馬頭広重美術館 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/12102
ホーム > 浮世絵学01/落款(偽筆ひろしげ)肉筆浮世絵_ひろしげ/廣重_那珂川町馬頭広重美術館 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/12102

浮世絵学01/落款(偽筆ひろしげ)肉筆浮世絵_ひろしげ/廣重_那珂川町馬頭広重美術館 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/12102

1982-04-29現在(2022-05-24更新) 

浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) 

*学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 

日本最古の浮世絵専門店

——————————————————————————————————————-

御案内

G浮世絵学00 御案内 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88214&action=edit&classic-editor

———————————————————————————————————————–

複製・復刻

R浮世絵学00/複製・復刻 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88211&action=edit&classic-editor

———————————————————————————————————————–

ALL浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

————————————————————————————————————————–

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit-comments.php

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,172項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————–

日本で最古の浮世絵専門店。幕末の開明思想家・佐久間象山(1811-1864)(しょうざん)が、酒井義好(1810-1869)*よしたか の書齋を「好古堂」と命名しました。1982、酒井藤吉(とうきち)・十九子(とくこ)、酒井貞助(ていすけ)・富美江(ふみえ)、酒井泉三郎(せんざぶろう)・美代子(みよこ)らは、好古堂蒐集品を基として、父祖の地、松本市郊外に、日本浮世絵博物館を創立しました。

 

1803葵衛(齋藤秋圃)/葵氏艶譜

父・藤吉が亡くなってから、酒井信夫・雁高(がんこう)、そして酒井邦男が継承し、世界各地で65回の浮世絵展覧会を開催して今日に至っています。皆様のご指導ご鞭撻を御願い致します。

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

 *Sakai Kohkodou Gallery  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) Japanese Traditional Woodblock Prints  

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

2022 SAKAI, gankow   酒井雁高

 

—————————————————————————————————————————————-

以前、私が日本浮世絵博物館に勤務していた時、この馬頭美術館の記事を照会した下野新聞の記者が訪ねてきた。昭和初年、地元の名士、青木藤作氏が美術館に寄贈した廣重の肉筆は、大丈夫でしょうか。偽筆でしょうかとの問い合わせであった。青木氏は徳富蘇峰を尊敬する素封家である。背後に、全く疑いを持たない善良な青木氏を欺き、妙な作品を真筆として売り込んだアクドイ人物がいる。この当時、青木氏は芝におられた。

1937-1943、廣重/江戸八景、富士十二景の肉筆も、名数として、成り立たない。江戸八景は、四横、団扇にあるにはある。しかし富士十二景という外題は全く見出せない。偽筆を作るため、名数を捏造したものである。

これらを当時、浮世絵界で紹介したのは、藤懸、楢崎の両先生である。

新聞記者の方と一緒に、収蔵庫の廣重の版画を確認した結果、すべての肉筆は廣重の版画を粉本として偽筆されたものであることが判明した。

浮世絵学に沿って、偽筆であることを書いてみる。

1 落款:「廣重」 *「筆」も「画」も書かれていない異例の落款。これは偽筆であることを証明している。

廣重は版下画(はんしたえ)を描くのに忙しい浮世絵師である。従って、手間、暇の掛かる肉筆などは殆ど描いていない。浮世絵博物館に、廣重の墨彩席画がある。着色した作品が慎重に真偽を見極める必要がある。

2 刊年:版画でなく、肉筆であるが、版画から写して偽筆を制作しているため、晩年に集中している。

3 判型形態:肉筆なので、該当しない。

4 外題(げだい):外題でなく、いきなり内題が書かれている。しかも落款の真下に書かれていて、全く廣重の作品とは違う書き方である。

5 版元:肉筆のため、該当しない。

6 内題(ないだい):外題がなく、いきなり内題が落款の真下に書かれている。これも偽筆を証明している。

7 出典:これらの廣重の肉筆群の来歴が全くない。いきなり1930s昭和期になって出現している。

廣重は版下画(はんしたえ)を描くのに忙しい浮世絵師である。従って、手間暇の掛かる肉筆などは殆ど描いていない。天童廣重と呼ばれる作品は、1851嘉永4、天童藩の織田信学(のぶみち)によって依頼された金泥落款の二幅、また三幅対の肉筆作品である。

原画と地の古び、表装、箱など、すべてが古くなければ、真筆とはいえない。なぜなら、原画が1840-1850年代の作品ならば、表装も古びがなければならない。

これらの作品は、以前、新聞記者の方と詳細に調査したので、昭和初年に制作された偽筆であることは間違いない。そして現在でも、偽筆であって、何年、経ても真筆にはなりえない。

何か御気付きの点があれば、御教示ねがいたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator 浮世絵・酒井好古堂

酒井雁高(がんこう)学芸員 curator, professional adviser of ukiyo-e

浮世絵・酒井好古堂 [http://www.ukiyo-e.co.jp]

[浮世絵学]文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14 電話03-3591-4678 

 



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション