浮世絵学01/落款(偽筆うたまろ)肉筆浮世絵 うたまろ/歌麿_出光美術館(更衣美人図) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/13131
ホーム > 浮世絵学01/落款(偽筆うたまろ)肉筆浮世絵 うたまろ/歌麿_出光美術館(更衣美人図) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/13131

浮世絵学01/落款(偽筆うたまろ)肉筆浮世絵 うたまろ/歌麿_出光美術館(更衣美人図) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/13131

1982-04-29現在(2022-05-25更新) 

浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) 

*学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 

日本最古の浮世絵専門店

1803葵衛(齋藤秋圃)/葵氏艶譜


御案内

G浮世絵学00 御案内 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88214&action=edit&classic-editor

———————————————————————————————————————–

複製・復刻

R浮世絵学00/複製・復刻 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88211&action=edit&classic-editor

———————————————————————————————————————–

ALL浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

————————————————————————————————————————–

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit-comments.php

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,172項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————–

日本で最古の浮世絵専門店。幕末の開明思想家・佐久間象山(1811-1864)(しょうざん)が、酒井義好(1810-1869)*よしたか の書齋を「好古堂」と命名しました。1982、酒井藤吉(とうきち)・十九子(とくこ)、酒井貞助(ていすけ)・富美江(ふみえ)、酒井泉三郎(せんざぶろう)・美代子(みよこ)らは、好古堂蒐集品を基として、父祖の地、松本市郊外に、日本浮世絵博物館を創立しました。

父・藤吉が亡くなってから、酒井信夫・雁高(がんこう)、そして酒井邦男が継承し、世界各地で65回の浮世絵展覧会を開催して今日に至っています。皆様のご指導ご鞭撻を御願い致します。

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

 *Sakai Kohkodou Gallery  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) Japanese Traditional Woodblock Prints  

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

2022 SAKAI, gankow   酒井雁高

 

—————————————————————————————————————————————————-

しばしば紹介(出光美術館所蔵)されていますが、どなたも偽筆と言及していないようです。 結論を申しますと、これは偽筆です。 歌麿は偽筆ばかりですね。

何年何月ころ、誰が何の様な経緯で重要美術品としたのでしょうか。 履歴証明(真筆証明)、いわゆるプロブナンスが欠落しています。

この鑑定人は、プロの鑑定人でしょうか。

全く浮世絵学を知らない素人であると思います。 プロの私の眼から、真偽の二者択一を選択すれば、どうしても偽筆となります。

肉筆浮世絵の偽筆、これらは版画を模写して、描いたものですが、稚拙な出来です。

浮世絵学に沿って吟味してみましょう。

1 落款(+ 印章):これは版画の書き方で、いきなり「歌麿」は不可。 昇り龍、降り龍ですが、模印で、偽印のようです。拡大すれば、すぐ分かります。

2 制作年:全く書かれていません。これも不審。 3 外題+内題:これだけの作品で外題が無いのも不審です。 更衣(ころもがえ)という外題も、浮世絵の外題として不自然です。

1978浮世絵聚花 3/ボストン美術館3(歌麿目録)

*この歌麿/総目録にも見出せません。

肌襦袢も派手な赤で大柄の市松模様。これは肌襦袢になりません。 冬物を脱いで、夏物に更える意ですが、帯は何処に置いたのでしょうか。 夏物は何処に持っていたのでしょうか。 いきなり足下に冬の着物(帯との説明もあるが)を脱ぎ捨てることも女性にとって有り得ません。 これでは、どうしても着物を踏みつけてしまいます。

帯は何処へ置いたのでしょうか。帯を解いて、冬物を夏物に着替える。 すると、必ず帯を何処かに置いているはずです。 また、着替えているのに、どうして開いた扇を持っているのでしょうか。 団扇なら、まだ分かりますが…本来、扇は男ものなのです。

足下の紙束は何でしょうか。 箱書き、表装、絹地など、すべて古くなければいけません。

歌麿の時代、つまり220年以前のはずですが、新しいようです。 4 出典:いわゆる履歴証明(真筆証明)がなければなりません。戦前、明治、大正、昭和期に発表されて、展示されて、掲載されていることが重要です。 いきなりポット出ることは考えられません。履歴(由来)がないこと自体、全く不審です。

諸外国ではProvenance、履歴(真筆)証明と云って、その真筆である由来を詳細に公開しています。

歌麿の顔に似ているようで、版画に見られるような歌麿独特の気品がありません。 身体の骨格、構造が描けていません。 夏物の帯は、何処にあるのでしょうか。 帯を締めなければ、着物になりません。 歌麿が描いた作品ではなく、別人が描いた偽筆です。

 

皆さんも、一緒に感覚を鋭くして、よく御覧下さい。 女性で着物を召す方ならば、すぐ可笑しいと判断できると思います。 妙な描き方、いろいろと気付かれるはずです。 では 雁高

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator 浮世絵・酒井好古堂

酒井雁高(がんこう)学芸員 curator, professional adviser of ukiyo-e

浮世絵・酒井好古堂 http://www.ukiyo-e.co.jp

[浮世絵学]文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14 電話03-3591-4678 



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション