浮世絵学04/外題(キヨッソーネ東洋美術館所蔵)浮世絵展 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/16696
ホーム > 浮世絵学04/外題(キヨッソーネ東洋美術館所蔵)浮世絵展 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/16696

浮世絵学04/外題(キヨッソーネ東洋美術館所蔵)浮世絵展 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/16696

1982-04-29現在(2022-05-18更新) 

浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) 

*学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 

日本最古の浮世絵専門店

——————————————————————————————————————-

御案内

G浮世絵学00 御案内 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88214&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88214

———————————————————————————————————————–

複製・復刻

R浮世絵学00/複製・復刻 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88211&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88211

———————————————————————————————————————–

ALL浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

————————————————————————————————————————–

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit-comments.php

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,171項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————–

2017-10-12現在(2019-11-01更新)

ジェノバ(ジーンズ発祥、輸出の地)のキヨッソーネ美術館。

以前、訪れたことがあった。キヨッソーネ(1833-1898)は、1875御雇い外国人としてイタリアから来日し、紙幣なども含む印刷技術を将来した。浮世絵だけでなく甲冑、陶磁器など多岐にわたる美術品を購入、美術館を建設した。

実ハ版本など貴重な作品があると聴いて図録を購入したが、この図録は一枚絵の浮世絵版画そして肉筆であった。

版本など全く含まれておらず、残念であった。一枚絵の版画は特に問題がないが、肉筆は明治期に偽筆が沢山、製作されている。

残念なことに、この図録(版画を含めて、全149点)の大半の肉筆は偽筆である。

明治期の外国人に肉筆の真偽が分かる人は全くいないと考えて良いであろう。

そもそも版画と肉筆は全く別である。肉筆の真筆は極めて少なく、明治期まで残存していることは稀である。

つまり、当時、市場にあった大半の肉筆浮世絵は偽筆である。外国向けに作られたのである。

この肉筆浮世絵の大半が偽筆という事実は、現在でも続いている。博物館、美術館でも、多くの偽筆が平気で陳列されている。

真偽の鑑定の出来る鑑定家がいなくなったからである。

何か御気付きの点があれば、御教示ねがいたい。

酒井雁高(がんこう)学芸員 curator, professional adviser of ukiyo-e

浮世絵・酒井好古堂 [http://www.ukiyo-e.co.jp]

[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14 電話03-3591-4678 



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション