浮世絵学04/1818戴斗(たいと)/傳神畫鏡 外題(傳神畫鏡)デジタル *全頁を影印で掲載 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/21321
ホーム > 浮世絵学04/1818戴斗(たいと)/傳神畫鏡 外題(傳神畫鏡)デジタル *全頁を影印で掲載 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/21321

浮世絵学04/1818戴斗(たいと)/傳神畫鏡 外題(傳神畫鏡)デジタル *全頁を影印で掲載 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/21321

1982-04-29現在(2022-05-18更新) 

浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) 

*学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 

日本最古の浮世絵専門店

——————————————————————————————————————-

御案内

G浮世絵学00 御案内 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88214&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88214

———————————————————————————————————————–

複製・復刻

R浮世絵学00/複製・復刻 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88211&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88211

———————————————————————————————————————–

ALL浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

————————————————————————————————————————–

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,171項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————–

⚪1818(文化15)戴斗/傳神畫鏡は、秀画一覧の改題本とされている。

しかし、版面は当初のままのようで、彫、摺、共に緻密な感じである。

本書の外題(題簽)は傳神開手・北齋畫鏡 全とあり、内題は傳心畫鏡とある。

この場合、内題を採用する。

跋は、明治己亥初夏、黒田撫泉。

奥付は、印刷 福田初次郎、大賣捌 松井榮吉、具足屋とある。

明治32に刊行された後摺である。しかし、充分、戴斗の技量を鑑賞できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[硯北華南] いにしへの人うつし画のうえにミつの位を 定めていはく ひとすには心の高き ふたつにハ 筆の□れる ミつには能物の古ゝろをかいとる也 □□つを備へすしtは よき画とはいはし おほ

よそに心ミしかく 学ひのちからともし□ハ いかて 其三津かひとつともなし えてひとうえへなる哉 古ゝに東の北齋の怒しは 事□□ 此筆に心を□し □□□をもちゐて 終に 其おき□を極め萬の ものを画くに たましゐの入て をのつから動くか ことく見ゆるに かのいはゆる三津乃位をも□へ たりとハいふへき かゝれは 其名乃高く聞へ 其門を□ならす人はた少からすとか 志かるに 其筆の秋迄西に遊ふ乃つひて 我府に 具を休られしを 書の林乃費とたちいちはやく 聞志りて さきに美乃何かしか冩せるもの 百画高ふかたの後継てよと請ふか□□□ 新らしき心もておもむきをたくみにし 筆のはこひ□やかにあやとすて世の人乃 いまた画きわつらひたるかたをさへとやすく 写し出し 高あたへられけるそ 此筆に 指をそる人乃大なる幸とやいふへき 志かのミならす さらぬかへなりとも古れを観て 目をよろこはしめ 古ゝろをなくさむるたすけ と母ならは かたかたいといミしき賜なるへしと 本ゝえまれて 巻のはしに□つたなき 古とはを加ふるものならし 文化十あま李五と勢の春 _   城北滋賀    雪丘散人識 _            [雪丘]

(雁註)難読の個所もある。雪丘散人については知らない。

(雁註)枠の氷紋は、北齋の洋風版画(一枚絵)にもある。同時期のものと判断できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か御気付きの点があれば、御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator [浮世絵学**] 浮世絵・酒井好古堂 [http://www.ukiyo-e.co.jp]

[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 

 



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション