◎浮世絵学01/落款(57漢委奴國王)1787上田秋成/金印考 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/21593
ホーム > ◎浮世絵学01/落款(57漢委奴國王)1787上田秋成/金印考 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/21593

◎浮世絵学01/落款(57漢委奴國王)1787上田秋成/金印考 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/21593

2018-05-01現在(2018-10-16更新)

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)  http://www.ukiyo-e.co.jp/21593

1787(天明4)、金印(漢委奴國王)が志加島(しかのしま)で、発見されると同時に、上田秋成は五文字の漢印であることを証明している。また委奴(イド)國と読み、北九州に地名があることも述べている。博多は那の津であるが、57年、光武帝は、この金印を北九州のイト國に与えたものである。 これ以前、イト國は後漢に朝貢していたからである。しかし、当時、まだ国家と呼ぶほどの規模でなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(解説)漢委奴國王金印考一巻

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

230s年前後、女王國、邪馬壹國(ヤマイッコク)の存在が確認される。

偽印説もあるが、全く同じ大きさの金印、四川省から滇(テン)印が発見されたので、真印であることは明らかである。漢隷などにも精通していた秋成の博識に驚く。

(古田)漢委奴國王印 当時の漢印、印譜を調べた結果、二重の形容はなく、必ず「どこ」の王となっている。

この読み方は、漢の「わ」の「な」の国王ではなく、漢の「いど」国王と読む。

何かあれば、御教示ねがいたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator [浮世絵学**]

浮世絵・酒井好古堂

トップページ

[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション