浮世絵学01/落款(くにちか)國周 2021-02-13國周(くにちか)/総目録 4621項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/2164
ホーム > 浮世絵学01/落款(くにちか)國周 2021-02-13國周(くにちか)/総目録 4621項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/2164

浮世絵学01/落款(くにちか)國周 2021-02-13國周(くにちか)/総目録 4621項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/2164

1982-04-29現在(2021-02-17更新) 浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定:judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) *学芸員  *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員        *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 日本最古の浮世絵専門店

http://www.ukiyo-e.co.jp/56701 ◀ 浮世絵学_guide0_情報/御案内 浮世絵・酒井好古堂 

 *Sakai Kohkodou Gallery  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) Japanese Traditional Woodblock Prints   

http://www.ukiyo-e.co.jp/41940 ◀ 浮世絵学_reproduction_複製A0+/復刻 手摺木版

 *The BEST Japanese Traditional Woodblock Prints, Handmade reproduction (adm. by JUM) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/category/ukiyo-e-judge-professional-adviser  浮世絵学   すべて

——————————————————————————————————————————————————

國周(1835-1900)(66)(くにちか)は、明治期の大家である。

豊原國周と称しているのは、師匠の豊原周信の本姓を尊重したとあるが、この絵師、伝記、全く不明である

ちかのぶ? と読むのだろうか。

(雁註)周信について 豊原と記載されていない。本姓が豊原か。後考に俟つ。

・狩野周信(1660-1728)木挽町狩野三代

初め右近と称す。如川、又、泰寓齋と号す(事歴)常信の長男、

1660萬治三年七月二日、江戸に生る。延寶六年、父と同じく江戸城中御殿向きの画御用を勤む。

1710寶永七年拾人扶持を受け、

1719享保四年中務卿法眼に叙せらる。筆法老成、遂に能手となる。

1728享保十三年正月六日没す。年六十九、法名晃曜院靆雲日洽、池上本門寺に葬る。(澤田章/日本画家辞典、紀元社)

(雁註) 年代から、木挽町狩野の末裔、

狩野養信晴川院(1796-1846) *おさのぶ やや古過ぎるか。

 公用日記、

1838-1839(天保9-10)江戸城西の丸御殿、

1844-1845年(天保15-弘化2)本丸御殿の障壁画再建の指揮をとった

模写の膨大な量がある。絵巻約130巻以上、和漢古画550点以上。

・狩野勝川院(しょうせん)(1823-1880)

國周は、勝川院に師事したか。周信は江戸城中御殿向きの画御用云々とあり、始めて、江戸城中と結び着いた。

國周の弟子・周延は、專ら、晴川院の膨大な模写も参照して、千代田之大奥、千代田之御表(おほんおもて)を完成させた。

芳幾(1833-1904)(72)は、二歳、上、芳年(1839-1892)(54)は四歳、下である。

芳幾、芳年は國芳門下であるが、國周は三代豊國門下である。

國周の鮮やかな色彩、構図などが、西欧の画家などに影響を与えている。

特に明治期に廉価で鮮やかな合成染料が輸入され、応用されたからであろう。

カーマイン(サボテン科に寄生するエンジムシを乾燥して得る紅色染料、コチニール)

NYのスミス, H教授、藝大の塚田全彦(大和あすか女史と共同研究)の染色の研究成果が公開されている。

芳幾(1833-1904)(72)

國周(1835-1900)(66)

周延(1838-1912)(75)

芳年(1839-1892)(54)

西欧の画家の生没年をみると、ほぼ同世代ということになる

マネ(1832-1883)

セザンヌ(1839-1906)

モネ(1840-1926)

ゴッホ(1853-1890)

◯國周(くにちか)伝記集成

2018國周(くにちか)/伝記集成_7項目

 

國周(くにちか)総目録

2021-02-17國周(くにちか)/総目録_5621項目

2021-02-15國周(くにちか)/総目録_5533項目

2021-02-13國周(くにちか)/総目録_5434項目

2021-02-09國周(くにちか)/総目録_5074項目

2021-02-08國周(くにちか)/総目録_4983項目

2021-02-07國周(くにちか)/総目録_4891項目

2021-02-06國周(くにちか)/総目録_4805項目

2021-02-04國周(くにちか)/総目録_4712項目

2021-02-03國周(くにちか)/総目録_4621項目

2021-01-31國周(くにちか)/総目録_4338項目

2021-01-29國周(くにちか)/総目録_3960項目

2021-01-27國周(くにちか)/総目録_3861項目

2021-01-27國周(くにちか)/総目録_3765項目

2021-01-26國周(くにちか)/総目録_3673項目

2021-01-26國周(くにちか)/総目録_3573項目

2021-01-23國周(くにちか)/総目録_3379項目

2021-01-22國周(くにちか)/総目録_3280項目

 

極く一部である。まだまだ、追加があると思う

恐らく、単位が違う。軽く10,000項目以上、あるに違いない。

大1、大3で、外題のあるものだけでも、何とか調査してみたい。
國周の総図録などが、そろそろ出来ても良いが、まだ発刊されていない。
諸外国では、既に、國周のモノグラフ(絵師単独の総図録)が発刊されている。
無論、國周の極く一部である。彫、摺など、細緻な技術が分かる。

何か御気付きの点があれば、御教示下さい。
酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator [浮世絵学**]
浮世絵・酒井好古堂  [http://www.ukiyo-e.co.jp]
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション