浮世絵学04/外題(文化藝術懇話会57)2018-07-26(木)18.30-20.00 紫式部/紫日記 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/23930
ホーム > 浮世絵学04/外題(文化藝術懇話会57)2018-07-26(木)18.30-20.00 紫式部/紫日記 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/23930

浮世絵学04/外題(文化藝術懇話会57)2018-07-26(木)18.30-20.00 紫式部/紫日記 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/23930

1982-04-29現在(2022-05-18更新) 

浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) 

*学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 

日本最古の浮世絵専門店

——————————————————————————————————————-

御案内

G浮世絵学00 御案内 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88214&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88214

———————————————————————————————————————–

複製・復刻

R浮世絵学00/複製・復刻 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88211&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88211

———————————————————————————————————————–

ALL浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

————————————————————————————————————————–

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,171項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————–

文化藝術懇話会(57) http://www.ukiyo-e.co.jp /23930
時: 2018-07-26(木)18.30-20.00
所: 淡路町ワテラス・レジデンス2011号(パーティR)
人: 1008-1010紫式部(970s-1019)/紫日記について 1010c
・原本に、紫日記とある。1830清水宣昭(1793-1868)/紫式部日記註釋
紫式部は、宮中で流布していた枕草子を読んでいた。枕草子は個人的随筆で、直裁(ちょくさい)簡明な表現。この紫日記は道長(966-1027)の依頼による記録的色彩が強い。しかし、記録だけでなく、書翰のところは、娘の太宰三位などへ送った処世訓などを含んでいて、式部自身の人生観が表現されている。

多くの人々、清少納言(966c-1025)などに対する鋭い批判も書かれている。

阿部秋生先生の解説によると、紫式部は和歌だけでは表現できないと物語にして最高度の文学作品にしたと。

一般に紫式部日記と云われているが、原本は紫日記。

1008.09.11寛弘5、一條天皇の第二皇子・敦成(あつひら)親王(後、後一條天皇)の誕生。

豪勢な産養(うぶやしない)の有様を克明に記している。

1008.10、一條天皇の土御門第(藤原道長)への行幸。

1008.11、若宮の五十日(いか)の祝。御冊子づくり。

中宮、若宮の内裏(一乗院)還啓(かんけい)、五節の儀、賀茂神社の臨時祭などの行事。

 

何か御気付きの点があれば御教示ください。
酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e
浮世絵・酒井好古堂 [浮世絵学]  http://www.ukiyo-e.co.jp
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション