◎浮世絵学04/外題(英泉+廣重/木曾海道 きそかいどう) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)[浮世絵学] http://www.ukiyo-e.co.jp/25038
ホーム > ◎浮世絵学04/外題(英泉+廣重/木曾海道 きそかいどう) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)[浮世絵学] http://www.ukiyo-e.co.jp/25038

◎浮世絵学04/外題(英泉+廣重/木曾海道 きそかいどう) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)[浮世絵学] http://www.ukiyo-e.co.jp/25038

2018-08-11現在(2018-08-26更新)

酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂主人 [浮世絵学] http://www.ukiyo-e.co.jp/25038

SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e

*ukiyo-e means picture of feeling of excitement.

英泉+廣重/木曾海道(木曾街道)、纏めてみた。

2018英泉+廣重/木曾街道_738項目

以前、松本市博物館で、東海道(廣重)と木曾街道(英泉+廣重)を展示したことがあった。

英泉(1790-1848)(59)m24図。廣重(1797-1858)(62)、46図

*英泉は廣重より、七歳ほど年上。

◇1838(木曾街道の刊年)*英泉は木曾街道、廣重は木曾海道と表記

・1835.01(天保6.01)日本橋の傘に「未」とあるので、       1835.01(天保6.01)に発刊されたことが分かる。

・1831(天保2.01)、保永堂+僊鶴堂、共同出版で、東海道五十三次を刊行した。

・1830.12(文政13=天保1)、原稿は前年末、出来ていた。これが大當(おおあたり)。

・1834(天保5)、保永堂は、単独で東海道五十三次を出版した。

・1834.01(天保5.01)保永堂の一立齋廣重目録に

◯東海道五十三次風景つつき画 *既刊の摺増

◯同駅大山道中おなしく続画 O

◯同駅江の嶋、鎌倉、金沢風景同画    E, K

◯同秋葉山鳳来寺道中つつき画

◯同近江八景墨画うすさゐしき同画 *墨画は当初の初版

◯木曾道中真景山水人物画 *これを英泉に依頼

◯下総成田道中つつき 画 *大正年間、祖父・酒井庄吉が好古堂開板として刊行(O+E+K)

◯鹿嶋三社神崎銚子伊多子舟路風景画   *これは未見

◯戯画百人一首 越谷山人選 (割書)中本一册

◯江都・諸名画家寄合描百人一首(割書)全壱冊

右追々出版仕り候間不相替御求御高覧奉希候

保永堂 江戸れいがんしま志保町本宅 同所南しん堀一丁目 みなと橋かど売場

地本双紙錦画問屋 竹内孫八板

・1835.01(天保6.01)、英泉/木曾街道、正月、発刊していった。

つまり前年末、1834.12(天保5.12)以前に、彫、摺が出来上がっていたことになる。

・1836.01(天保7.01)英泉は24図だけ描き、手を引き、降りる。残り46図、廣重に依頼

・1837.01(天保8.01)、廣重は恐らく1836-1837(天保7-8)、二年ほど掛かり、描いたか。

・1837.12(天保8.12)余りに多く新作品を出版した結果、倒産したようだ。

絵師(英泉、廣重)に負担が掛かり過ぎて、実際に出掛けていない図柄が多く散見される。

このため、木曾海道の版権が錦樹堂、山田屋へと、売却された経緯も納得できる。

*なお、廣重の東海道五十三次に関して、文政13、三枚続き、伊勢大々神楽があり、伊勢参りに絡めて、江戸から宮、そして伊勢までを描いたことが分かってきた。

2006廣重/二大街道浮世絵展、千葉市美術館ほか

稲垣進一/浮世絵版画 初摺(しょずり)の研究

両街道の詳細な摺の差異が記されている。

その他、稀覯品の江戸近郊八景が掲載されている。しかし、本作品の所蔵者、由来など詳細については不明。

ブロンド印があるので、1910以前に蒐集した稀覯品であることが分かる。

◇1848(木曾街道の袋)

木曾街道は英泉没後(1848)、袋が作成されている。

落款:故人溪齋英泉筆、現在一立齋廣重筆

刊年:1848(嘉永1)以降の出版である。

外題:六十九次・木曾海道續画(袋)

版元:東都中橋・錦橋堂梓 *保永堂→錦樹堂(伊勢利)→錦橋堂(山田)

この袋は希品で、現在のところ、日本浮世絵博物館所蔵の一枚だけが確認されている。

◇2017マルクス、英泉+廣重/木曾街道、タッシェン

2017、マルクス君がタッシェンから木曾街道の豪華図録を発刊した。

 

英仏独の三カ国で、浮世絵は略、原寸大でA3の大きさ。袋綴じ。

ただ、左開きは良いとして、木曾街道の最終駅、大津が表紙になっていてので驚いた。

順序は、日本橋から番号順に配置されている。また替わり摺なども、きちんと整理してある。

「ぶろんど」印があり、1900以前に蒐集した稀覯品の木曾街道の作品である。

しかし、15拾五 板鼻、18拾八 坂本、この二点は無款。英泉また溪齋落款は見付かっていない。

復刻の坂本は飛び込み落款? 英泉画とある。

この原画は実際にあるのだろうか。

何か御気付きの点があれば御教示ください。
酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e
浮世絵・酒井好古堂 [浮世絵学]  http://www.ukiyo-e.co.jp/***
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション