浮世絵学04/外題(諸國紙名録)しょこくしめいろく デジタル *全頁を影印で掲載 1877尾崎冨五郎/諸國紙名録 和紙 奉書 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/26441
ホーム > 浮世絵学04/外題(諸國紙名録)しょこくしめいろく デジタル *全頁を影印で掲載 1877尾崎冨五郎/諸國紙名録 和紙 奉書 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/26441

浮世絵学04/外題(諸國紙名録)しょこくしめいろく デジタル *全頁を影印で掲載 1877尾崎冨五郎/諸國紙名録 和紙 奉書 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/26441

1982-04-29現在(2022-05-18更新) 

浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) 

*学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 

日本最古の浮世絵専門店

——————————————————————————————————————-

御案内

G浮世絵学00 御案内 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88214&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88214

———————————————————————————————————————–

複製・復刻

R浮世絵学00/複製・復刻 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88211&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88211

———————————————————————————————————————–

ALL浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

————————————————————————————————————————–

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit-comments.php

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,171項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————–

江戸時代の紙  1877尾崎冨五郎/諸國紙名録
 
江戸時代の諸國の紙が、産地毎に記録されている。地域毎、それぞれの紙の多様性に驚く。その紙の漉き方により、名称も違っている。
浮世絵の場合、越前奉書(えちぜんほうしょ)、そして伊予柾(いよまさ)が一般的であった。
1877尾崎冨五郎/諸國紙名録。この影印(百万塔第30号)を再転載した。残念なことに各紙の一束(ひとたば、いっそく、100枚)の価格が書かれていない。むろん、明治期と江戸期で、差異があるが、何かの目安になるかと確認してみた。
2018年、生漉(きずき)越前奉書(楮こうぞ)、最上等の一束(奉書100枚)は、1枚、1,000-2,000円だから、10-20万円ほどになる。
パルプだと、1枚、165円ほど。この場合、一束(パルプ)は500枚である。
 
◎摺師の手間(紙を自前で調達する)
復刻版の場合、通常、摺師(すりし)が紙、絵の具代を負担している。現在、復刻版、販売価格 1枚、10,000-13,5000円ほどである。
摺師への支払いは、2,000円前後となる。
 
◎摺師の手間(版元が紙代、礬水びきを負担する)
摺師への支払い、1500-1700円前後
紙代1,000-2,000円を引いた、残金7,500-9,800円を原価として、版元が卸売り価格を設定する。
卸業者が40%ほどを経費として差し引くので、版元は原価の60%ほど得ることになる。
 
◎奉書ほか/相場(慶長)
*奉書/相場(慶長期)、時期が限られているが、他の史料が無く、一応、掲載しておく。
今後、明和、寛政、文化、文政などの価格も分かれば、順次、増補していく。
 
◎奉書ほか/相場(2018現在)
生漉き(きずき)奉書、一束(500枚)。一枚1,000-2,000円。
紙、絵の具は版元が別途負担。
 
◎金銀銭相場
*まだ一部であるが、金銀銭相場を一覧表にしてみた。
*日本国内では金銀の比率が一定だった。しかし国際的為替で見ると、銀は安かった。
このため、日本に生糸などを輸出し、銀を稼いだ。この安い銀を金に替えた。
むろん、両の金は潰して地金にした。結果、日本から地金の金が国外へ流れた。
*このカラクリを理解できたのは、平賀源内だけであった。源内は、その事実を告げたが採用されなかった。
 
◎錦絵/編年相場
2018錦絵/編年相場_22項目
 
◎錦絵/相場(2018現在)
小売価格、13,500-11,000円
版元は紙代、礬水(どうさ)代、絵の具代を持つ。
礬水は、やや効き過ぎで処理する。
摺り職人手間、一枚あたり、2,700-3,700円ほどか。
現在でも、紙の上中下、摺りの手間掛けの多さにより、かなり価格に上下がある。
江戸時代、江戸買物独案内、永壽堂に錦絵、「上中下」と表示されている。
浮世絵が、一枚、単に十六文という訳では無かったようだ。
春信の座敷八景は、八枚(袋付)で千文*(1,000)、一枚当たり、単純計算で125文となる。
*出典、未詳。
 
◎版木/相場(2018現在)
仕上げの版木も、厚さ一寸、仕上げで八分。手彫りで鏡面にように仕上げるか、機械彫りかで、価格が違ってくる。
江戸時代は、版木屋と称する専門店があった。
 
◎紙名録 地域毎の和紙名

何か御気付きの点があれば御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 浮世絵・酒井好古堂主人 学芸員 curator 

浮世絵・酒井好古堂 浮世絵鑑定家 [浮世絵学] 検索 http://www.ukiyo-e.co.jp/  

SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e

文化藝術懇話会 

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

 

何か御気付きの点があれば御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 浮世絵・酒井好古堂主人 学芸員 curator 

SAKAI_gankow, professional adviser of ukiyo-e

浮世絵・酒井好古堂 浮世絵鑑定家 [浮世絵学] 検索

[浮世絵学]文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 

e-mail: gankow@gmail.com



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション