浮世絵学01/落款(ゐいつ)_北齋爲一筆/弘法大師修法図 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/2876
ホーム > 浮世絵学01/落款(ゐいつ)_北齋爲一筆/弘法大師修法図 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/2876

浮世絵学01/落款(ゐいつ)_北齋爲一筆/弘法大師修法図 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/2876

1982-04-29現在(2022-05-18更新) 

浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) 

*学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 

日本最古の浮世絵専門店

——————————————————————————————————————-

御案内

G浮世絵学00 御案内 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88214&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88214

———————————————————————————————————————–

複製・復刻

R浮世絵学00/複製・復刻 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88211&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88211

———————————————————————————————————————–

ALL浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

————————————————————————————————————————–

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,171項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————–

2014-10-04 every first Saturday of November, Hokusai-ye was to be held at Nishi-arai-daishi temple.

hoku.sai Wi.itsu: Kou.bou Dai.shi’ sutra recitation at Nishi.arai.daishi temple

SAKAI_gankow, curator [ukiyo-e.co.jp]

 

IMG_0008

北千住で乗り換え、西新井大師へ。そこから大師前まで一駅。真言宗豊山(ぶざん)派、弘法(こうぼう)大師・空海(774-835)の開基。平安仏教の確立者で、最澄と並ぶ。804、入唐(にっとう)し、長安で青龍寺恵果について密教を学び、三年後、帰国。高野山、東寺を根本(こんぽん)道場とした。

落款は、無款のため、爲一か北齋か不明。

一年に一回、十月の第一土曜日、10.00-15.00の間、公開している。

 

IMG_0007

IMG_0011

 

IMG_0010

しかし、何故、北齋が西新井大師に奉納したか分からない。(典拠は不明であるが、八百善が北齋に依頼したという)

八百善は、江戸の著名な会席料亭。

西新井大師は総持寺、つまり真言宗である。

北齋は柳島妙見、つまり道教。神道でも、仏教でもない。

もっとも神社の鳥居、原型がインドのサンチーにある。

神道、その多神教(交替)の原型はインドである。

images
これはインド・サンチーの欄楯の門
三本の横木であるが、本質的に日本と同じもの。
というより、日本の鳥居はインドから伝播したもの。
稲荷のキツネ、神社の狛犬も、グリフィンが原型。
グリフィンは有翼、ドラゴンである。

落款は、確認できなかった。墨の部分に書かれているだろうか。

鬼の眼の表情、犬の眼、口の詳細な描写が非凡な作品と云える。

弘法大師の顔は、真四角な顔をしていることが分かっているが、本図は長細い顔になっている。

北齋は、寿像などを見ていなかったのだろう。

IMG_0012

 

IMG_0018

何か他の情報を御存知の方があれば、御教示ねがいたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator

浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]

文化藝術懇話会

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション