浮世絵学04/外題(笹紅の上限)(江戸)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/2939
ホーム > 浮世絵学04/外題(笹紅の上限)(江戸)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/2939

浮世絵学04/外題(笹紅の上限)(江戸)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/2939

1982-04-29現在(2022-05-18更新) 

浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) 

*学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 

日本最古の浮世絵専門店

——————————————————————————————————————-

御案内

G浮世絵学00 御案内 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88214&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88214

———————————————————————————————————————–

複製・復刻

R浮世絵学00/複製・復刻 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88211&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88211

———————————————————————————————————————–

ALL浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

————————————————————————————————————————–

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit-comments.php

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,171項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————–

笹紅(ささべに)、女性の下唇に濃く口紅を塗り、笹緑色に光らせる化粧法。上方では、既に使用されていた。

これまで、多くの研究者が美人画(英泉など)を調べた結果、江戸で、文政初年(1820s)に使われていたことが判明している。

実は、それ以前に笹紅は使われていた? 美人画でなく、役者絵でも女形(おやま)が紅を使っているからである。ここに盲点があった。

役者画の場合、複数の役名(役者)から年月を特定できる

◯國貞の作品

文化8.07(1811)二代沢村田之助(1788-1817.01.28)*田之助は、江戸に下った時、上方の流行を取り入れたと推定される。

文化9.06(1812)四代目瀬川路考(1782-1812.11.29)*路考は、6ヶ月、笹紅を流行らせた。

この発見は太田記念美術館/国貞(本来は、國貞)展図録の巻頭文(新藤茂著述)に書かれている。

非常に重要な論文なので、ここに紹介する。

◯1811-1812以前、笹紅は使われていない。

肉筆でも全く同じ結論が得られる。例外ではなく、1811-1812以前の肉筆に笹紅が施されていれば、偽筆である。

即ち、最近、TV、新聞などで報道された、無款(「歌麿」と断定)無外題(「深川の雪」と断定)作品は明らかに偽筆であることが分かる。

何故なら、歌麿の時代、笹紅は施されていなかったにも関わらず、この偽筆の美人には笹紅が施されている。

◯真偽

真筆、偽筆の判断は、プロの領域であり、全くの門外漢は埒外に置かれる。

同意を求めるものではなく、まして多数決などで決められるものではない。

コペルニクス的な科学的証明、また感覚であって、埒外の人には幾ら云っても分かるものではなく、全く理解できないであろう。

飽くまでもDNAを研ぎすまし、自分自身で偽筆を見破る以外に方法はない。

また、同様に真偽は偽筆者と対峙して、戦う訳であるから、優れて感覚の領域になる。

笹紅は、感覚とは違い、客観的に真偽を判定する判断材料となる。

 

何かお気づきの点があれば、御教示ねがいたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator

浮世絵・酒井好古堂 [http://www.ukiyo-e.co.jp] 

文化藝術懇話会

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 

 



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション