浮世絵学04/外題(むかし渡更紗)old color printed cotton fabric of Jawa, Southeast Asia 1916山鹿清華/むかし渡更紗 全3  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/29580
ホーム > 浮世絵学04/外題(むかし渡更紗)old color printed cotton fabric of Jawa, Southeast Asia 1916山鹿清華/むかし渡更紗 全3  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/29580

浮世絵学04/外題(むかし渡更紗)old color printed cotton fabric of Jawa, Southeast Asia 1916山鹿清華/むかし渡更紗 全3  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/29580

1982.05-25現在(2018-12-12更新)  ✓検索 浮世絵学 ◯◯   http://www.ukiyo-e.co.jp/29580
酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)   http://www,ukiyo-e.co.jp
SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e
Sakai Kohkodou Gallery, the oldest gallery of ukiyo-e in Japan

1916山鹿清華/むかし渡更紗 全3冊、全73図、を紹介する。

いわゆる、手描きの更紗文様は少なく、ほぼ型染め(バチック、繰り返し図)の更紗文様である。

ジャワ、インドから伝来したものを染色家が蒐集し、冊子に貼り付け、纏めた。

その貴重な小布(こぎれ)を浮世絵の技法で、忠実に再現している。

一頁に、一枚また数枚の小布が貼り付けられている。大本で、36.5x25cm。

山鹿氏は、永年、更紗を聚集したと跋文に書かれている。

明治期に集めた更紗が多く、通龍の集めた初期、手描きのインドの更紗と違う。

序文は鐡齋。

印刷は、京都の本田金之助と記されている。

手描きの更に古い小布があると面白いのだが。

*丁数、図版番号など無いの、特定できない。必ず数字を付し、彼我を比較できるようにするべきである。

 

*参照

http://www.ukiyo-e.co.jp/29274     1785通龍/更紗図譜                Sarasa Zufu

http://www.ukiyo-e.co.jp/29723   1852/婆羅布久佐 全2 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) Bara sarasa

*old color printed cotton fabric of India, Jawa, Southeast Asia

http://www.ukiyo-e.co.jp/29580        1916山鹿清華/むかし渡更紗 全3     *明治期に蒐集した更紗   Mukashi-watari sarasa

 

 

何か御気付きの点があれば御教示ください。
酒井 雁高(がんこう) 浮世絵・酒井好古堂主人 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂 浮世絵鑑定家 [浮世絵学] 検索 http://www.ukiyo-e.co.jp
SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e
文化藝術懇話会
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678
gankow



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション