浮世絵学04/外題(文化藝術懇話会60)2018-11-29(木)18.30-20.00 源氏物語(3) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/30596
ホーム > 浮世絵学04/外題(文化藝術懇話会60)2018-11-29(木)18.30-20.00 源氏物語(3) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/30596

浮世絵学04/外題(文化藝術懇話会60)2018-11-29(木)18.30-20.00 源氏物語(3) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/30596

1982-04-29現在(2022-05-18更新) 

浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) 

*学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 

日本最古の浮世絵専門店

——————————————————————————————————————-

御案内

G浮世絵学00 御案内 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88214&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88214

———————————————————————————————————————–

複製・復刻

R浮世絵学00/複製・復刻 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88211&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88211

———————————————————————————————————————–

ALL浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

————————————————————————————————————————–

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit-comments.php

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,171項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————–

文化藝術懇話会(60) 時: 2018-11-29(木)18.30-20.00 所: 淡路町ワテラス・レジデンス2011号(パーティR)

人: 源氏物語(3) 1008成る

・さて、今回、若菜(上下)、この帖は最も長いので、上下に分けた。ここで、光源氏、女三ノ宮、柏木らの微妙な心の動き、喜怒哀楽すべてが表現されている。柏木は猫が綱を引いたため、女三ノ宮を見てしまう。源氏は柏木が女三ノ宮に宛てた手紙を見つける。源氏、自分の過去の過ちを思い出して、自制する。小侍従、柏木に事の露見を語る。女三ノ宮、男子(後の薫)を生む… 酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂 http://www.ukiyo-e.co.jp 文化藝術懇話会 [浮世絵学]Mobile: 090-8171-7668 100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14 電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

谷崎純一郎の新新訳を朗読して、鑑賞している。

正月、二月、三月…と漢語(かんご)で表記しているが、原文は和語(わご)。

睦月(むつき)、如月(きさらぎ)、弥生(やよい)、卯月(うづき)、皐月(さつき)、水無月(みなづき)、文月(ふみづき)、葉月(はづき)、長月(ながつき)、神無月(かんなづき)、霜月(しもつき)、師走(しわす)。

これまで、男は漢語。公式文も漢語。しかし、女房たちが、ひらがな、つまり表音文字を発明し、和語を使えるようになった。漢語から和語へ、つまり日本書紀から古事記へと考えることも出来る。720日本書紀は、一書から引用し、奈良王朝を作りあげている。もともと、九州王朝が57-700年まであった。701以降は、奈良王朝。

1602、日葡辞書により、日本語の漢語、和語も含めて、初めてローマ字で発音が分かるようになった。

その後、日西辞書も作られた。日仏、日独、日英(和英)が出来るのは、かなり後代になってからである。

幕末、明治、英語から新しく日本語を作り出した。自由、博愛、平等、民主主義、化学、保険など、これまで日本に無かった概念である。西周(あまね)(1829-1897)、福澤諭吉(1835-1901)、福地源一郎(桜痴)(1841-1906)、森有礼(ありのり)(1847-1889)、森鴎外(1862-1922)らが、新しい術語を外国語を翻訳する過程で作り出した。

何か御気付きの点があれば御教示ください。 酒井 雁高(がんこう) 浮世絵・酒井好古堂主人 学芸員 curator 浮世絵・酒井好古堂 浮世絵鑑定家 [浮世絵学] 検索 http://www.ukiyo-e.co.jp

SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e 文化藝術懇話会

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14 電話03-3591-4678   E-mail: gankow



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション