浮世絵学01/落款(偽筆)うたまろ/歌麿(無款)_岡田美術館(箱根)unsigned 無款作品の絵師を特定するためには、確たる物的証拠が必要 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)2015-05- http://www.ukiyo-e.co.jp/3660
ホーム > 浮世絵学01/落款(偽筆)うたまろ/歌麿(無款)_岡田美術館(箱根)unsigned 無款作品の絵師を特定するためには、確たる物的証拠が必要 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)2015-05- http://www.ukiyo-e.co.jp/3660

浮世絵学01/落款(偽筆)うたまろ/歌麿(無款)_岡田美術館(箱根)unsigned 無款作品の絵師を特定するためには、確たる物的証拠が必要 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)2015-05- http://www.ukiyo-e.co.jp/3660

1982-04-29現在(2020-07-01更新) 浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定:judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) *学芸員  *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員        *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 日本最古の浮世絵専門店

http://www.ukiyo-e.co.jp/56701 ◀ 浮世絵学_guide0_情報/御案内 浮世絵・酒井好古堂 

 *Sakai Kohkodou Gallery  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) Japanese Traditional Woodblock Prints    

http://www.ukiyo-e.co.jp/41940 ◀ 浮世絵学_reproduction_複製A0+/復刻 手摺木版

 *The BEST Japanese Traditional Woodblock Prints, Handmade reproduction (adm. by JUM) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/category/ukiyo-e-judge-professional-adviser  浮世絵学  記事一覧 info and news 


今月初めより、ワシントンDC、フリアーギャラリーにて、これら歌磨?雪月花?三点を展示する。ただ展示するだけでなく、その目的は明確である。恐らくシンポジウムなどを開催し、浮世絵学に沿った議論は当然として、作品を俎上に載せて、絵の具その他の科学的鑑定を踏まえ、議論する。

英文の表示では、CONTEXTとあり、「文脈」。この場合、単に「文脈」の意ではなくて、前後の状況、事情、背景より、疑問点を含めて、真偽について討論し、判断する意となる。(横山實先生より、御教示を戴いた)

2016-11-10 酒井雁高(酒井好古堂主人) 浮世絵鑑定家

酒井雁高(酒井好古堂主人)SAKAI_gankow,  浮世絵鑑定家 curator,  professional adviser of ukiyo-e, sakai koukodou gallery   2016-03-26[http://www.ukiyo-e.co.jp]

*You might also see [japan-ukiyoe-musem.com]

残念なことに作品を熟覧する機会がないが、テレビの画像、図録の図版を見る限り、偽筆の鑑定は変わらない。*ある方から、実際に作品を見てから論評すべきであるとの御忠告を受けたので、この一行を挿入しておく。

無款作品の絵師を特定するためには確たる物的証拠が必要。

・似ているからという理由は全く当たらない。

偽筆は総て、似せて描いてある。尤も詳細に觀ると、歌麿に似せているが、似て非なるもの。

・歌麿が何年何月、栃木の何丁目何番地にいたことを物証にて立証しなければならない。

・1790s当時、歌麿は、このように大きな壁画のような画面を描いていない。寺社に奉納されていているはずである。しかし、記録がない。

・「深川の雪?」という外題、歌麿の総目録に、「深川…」は一枚も確認できない。

深川が賑わったのは、1820s−1830s文政-天保頃で、歌麿は既に鬼籍に入っていた。

時代が下がり、北齋は顧客から依頼されて、寺などに作品を寄託した。

しかし、歌麿の時代には、そのような記録がない。

歌麿を含めて、偽筆と思われる作品について調べてみた。

http://www.ukiyo-e.co.jp/16126

真筆であるならば、真筆である証明書を添付する必要がある。

入館料を支払い、偽筆を見せられたのでは堪らない。

入館料の払い戻し請求を出来る。被害者である。

肉筆浮世絵にも真偽(シンギ)があると同様、学者にも真偽がある。

偽の学者は、密接な利害関係があり、直接、多額の金品が授受されていると見て間違いない。

つまり、館長のポスト、博士号の取得など、多額の報酬が、学者の眼を曇らせている。

何かお気づきの点があれば、御教示ねがいたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator

浮世絵・酒井好古堂   [http://www.ukiyo-e.co.jp]

文化藝術懇話会

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション