浮世絵学(支那學・金印「漢委奴國王」)2019酒井雁高/「委奴」の新解釈(真解明) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/39091
ホーム > 浮世絵学(支那學・金印「漢委奴國王」)2019酒井雁高/「委奴」の新解釈(真解明) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/39091

浮世絵学(支那學・金印「漢委奴國王」)2019酒井雁高/「委奴」の新解釈(真解明) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/39091

2019-05-22現在(2019-06-12更新) ☑️浮世絵學 ◯◯ http://www.ukiyo-e.co.jp/39091

◯2019-05-22現在(2019-06-11更新) 漢委奴國王の「委奴」新解明 酒井雁高 

委奴の意味+

◯金印「漢委奴國王」 委奴の真解釈(新解釈) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

偽印説もあったが、全く同じ大きさの金印が、四川省から[滇(テン)印](BC278-BC85)として発見されたので、偽印説は根拠を失った。57、光武帝(劉秀)(BC6 – AD57)より印綬されたことは明らかである(後漢書)。

◯浮世絵学(支那學・文化藝術懇話会)支那學・研究一覧(邪馬台国、帰結)三國志(魏志)と隋書 古田武彦 九州王朝* 帰結、ずばり九州(「阿蘇山」と書かれている)(古田武彦/九州王朝*)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/37595

浮世絵学13/中国古典文学(金文)青銅器_酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/11374     周文(BC1100-BC256)、秦文(BC221-BC207)、漢文(BC206-AD220)(篆書、隷書)

◯2019-05-22現在(2019-05-26更新) 1787上田秋成(1734-1809)/金印考 57金印(漢委奴國王)☑️浮世絵學 ◯◯ http://www.ukiyo-e.co.jp/21593 

秋成は、漢隷などにも精通していた。

 

 

 

 

1787(天明4)、金印(漢委奴國王)が福岡博多湾岸の志加島(しかのしま)で、発見されると同時に、上田秋成は五文字の漢印であることを証明した。また委奴(ヰド)國と読み、北九州に同音の地名があることも述べている。57年、光武帝(劉秀)(BC6-AD57)は、この金印を北九州の「ヰト國」に与えたものである。 これ以前、イト國は周、前漢、後漢に「大夫」(たいふ、周の儀礼)を使者として朝貢していたからである。「委奴」(ヰド)國は、卑弥呼*(ひみか)の女王國・邪馬壹國の以前の段階で、極く小さい共同体と見做される。しかし、当時、漢の臣下として、国家として認知されていた。

(古田)卑弥呼、読み「ひみか」。「呼」の読み「か」。「漢委奴國王印」 当時の漢印、主要な印譜を調べた結果、AがBに直接、授与。AがBのCに間接、授与の例は無い。つまり、三宅米吉の読み方、「漢の「わ」の「な」の国王」は誤りであり、漢の「ゐど」国王と読む。

(雁註)過日、金印「漢委奴国王」の「委奴」の意味が偶然のことから、解読できました。(2019-05-22)
古田先生は井川など「井」の地名かと。むろん、地名接頭語も含みますが、問題は「委」の漢字そのものにあります。

古代支那において、「委」は文字通り、「禾」(本科、稲)が実り、「頭こうべ、を垂れる」状態の象形文字です。

そのような慣習(頭こうべ、を垂れてお辞儀)が古代支那になかったので、光武帝(劉秀)らは、「委」の人と呼び習わし、ニンベンを付けて「倭」、つまり「委の人々」と呼んだのです。
お分かりにように、「委」の人々は人と会うと必ず「御辞儀をする」という慣習がありました。古代支那では、現代もそうですが、お辞儀の風習がありません。このため、お辞儀を周文、漢文の象形文字「委」で表現しました。

「委」は、「曲がる」意とあります(1940田中慶太郎/支那文を読む爲の漢字典)。「御辞儀」を象形文字の「委」(曲げる)と考えたのです。これまで「委」の原義を理解せず、二義的な「委(まか)せる」、「委(ゆだ)ねる」と考えたからです。

・「西周」文(BC1100-BC770)、

・「東周」文(BC770-BC256)、

・「秦」文(BC221-BC207)、

・「前漢」文(BC206-AD6)、

・「後漢」文(25-220)

いわゆる周、秦の金石文(篆書、てんしょ)で原義を確認すれば、分かります。

1 「委」→原義は禾(いね)が実り、頭こうべ、を垂れる意(甲骨文、金石文の象形文字)→委の人々、ニンベンを付して「倭」、音が転じて、ワ

2 「倭」→「委」の人々としてニンベンを付した→「倭」と表示したため、原義の「委」の意味が失われた。倭、元は委。

三国志の紹煕本の目録に「僂韓」とあります。本文は「倭韓」です。「僂」は傴僂(せむし)の意です。
しかし、倭の使者全員が、背中が曲がっていた訳ではありません。
つまり、「御辞儀をする」風習が古代支那ではなかった。
「委」:「曲がる」「屈む」人々というので、「委奴」(お辞儀をする人々)と表現したものだと思います。

倭の人々、そして現代の日本でも、皆、人と会うとお辞儀をします。傑作なのは、電話で相手が面前にいないのに、お辞儀をしています。しかし、諸外国では、御辞儀をしません。そのような習慣がないのです。真っ先に霊前の古田武彦(1926-2015)先生に御報告したかったが…(合掌)
1971古田武彦/邪馬台国はなかった、1973失われた九州王朝、1975盗まれた神話、朝日新聞社

1798阮元/經籍籑詁(けいせきせんこ)にも、原義「曲がる」と示されている。

http://www.ukiyo-e.co.jp/37727    1798阮元/經籍籑詁ケイセキセンコ 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

委(倭)の原義から、「お辞儀をする」人々と解明した研究者は、これまで、いなかったようです。何とか、難問を苦心の末、解明できたと思っています。(2019-05-22)

何かあれば、御教示下さい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator [浮世絵学**]  gankow@gmail.com

浮世絵・酒井好古堂

[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678  Fax03-3591-4678



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション