浮世絵学(文化藝術懇話会74)1931濱田青陵/天正遣欧使節記 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/47499
ホーム > 浮世絵学(文化藝術懇話会74)1931濱田青陵/天正遣欧使節記 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/47499

浮世絵学(文化藝術懇話会74)1931濱田青陵/天正遣欧使節記 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/47499

1982-05-25現在(2020-01-31更新)    ✓検索 浮世絵学 ◯◯       http://www.ukiyo-e.co.jp/47499

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)   http://www.ukiyo-e.co.jp

SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e

Sakai Kohkodou Gallery, the oldest gallery of ukiyo-e in Japan  

⚪浮世絵学(文化藝術懇話会74)1931濱田青陵/天正遣欧使節記 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/47499

文化藝術懇話会74

時:  2020-02-27(木)18.00-20.00

所:  淡路町ワテラス・レジデンス2011号(パーティR)

人:  1931濱田青陵1881-1938)/天正遣欧使節記 ・濱田青陵は考古学者である。ポルトガル研究の泰斗・村上直次郎の講義に感銘した。ヨーロッパに留学し、希臘紀行(1918年)南欧游記(1919年)通論考古学(1922年)百済観音(1926年)、橋と塔(1926年)を刊行。考古学の手法で、事実を徹底的に押さえて本書を出版した。新村出、木下杢太郎らの研究を踏まえて、多くの図版を補い天正遣欧使節の集大成を行った。註記、史料文書、参考文献等、完備している。

酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂 http://www.ukiyo-e.co.jp

文化藝術懇話会 [浮世絵学]Mobile: 090-8171-7668 

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

木下杢太郎に続き、天正遣欧使節を集大成。

グワルチェーリの記録を詳細に検討している。

図版、年表で細大、洩らさず、記録している。

1543(天文12)ポルトガル人が種子島に漂着、鉄炮が伝わる

1549(天文18)ザビエルがキリスト教を布教

1550(天文19)ポルトガル船が平戸に到着。

1557(弘治3)ポルトガル人、マカオに移住権を得る。

1563(永禄6)フロイス、信長、秀吉と親交。朝日山日乘との宗論に勝つ(月の満ち欠けの説明)

1582(天正10.02.20)4人の少年使節はヴァリニャーノらと長崎を出航

1587(天正15.6.20)バテレン追放令

1590(天正18.07.21)長崎へ無事に帰着
実に8年5ヶ月

バテレン追放令

使節四人

・伊東マンショ(主席正使) 大友宗麟の名代。宗麟の血縁。日向国主伊東義祐の孫。
            後年、司祭に叙階される。1612年長崎で死去。
・千々石(ちぢわ)ミゲル(正使) 大村純忠の名代。純忠の甥で有馬晴信の従兄弟。後に棄教。
・中浦ジュリアン(副使)後年、司祭に叙階。1633年、長崎で穴づりによって殉教。
           2007年に福者に列せられる。
・原マルティノ(副使)後年、司祭に叙階。1629年、追放先のマカオで死去。

何か御気付きの点があれば御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 浮世絵・酒井好古堂主人 学芸員 curator 

浮世絵・酒井好古堂 浮世絵鑑定家 [浮世絵学] 検索 http://www.ukiyo-e.co.jp 

SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e

文化藝術懇話会 

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

 

 



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション