浮世絵学04/1977(昭和52)松田毅一(1921-1997)/史譚天正遣欧使節 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/47592
ホーム > 浮世絵学04/1977(昭和52)松田毅一(1921-1997)/史譚天正遣欧使節 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/47592

浮世絵学04/1977(昭和52)松田毅一(1921-1997)/史譚天正遣欧使節 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/47592

1982-04-29現在(2022-05-18更新) 

浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) 

*学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 

日本最古の浮世絵専門店

——————————————————————————————————————-

御案内

G浮世絵学00 御案内 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88214&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88214

———————————————————————————————————————–

複製・復刻

R浮世絵学00/複製・復刻 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88211&action=edit&classic-editor

http://www.ukiyo-e.co.jp/88211

———————————————————————————————————————–

ALL浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

————————————————————————————————————————–

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,171項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————————————

1977(昭和52)松田毅一(1921-1997)/史譚天正遣欧使節 

史譚とあるが、ポルトガル語の専門家だけに、詳細な歴史が書かれている。

先学の三師を掲げている。

・村上直二郎(1868-1966)

・岡本良知(1900-1972)

・和泉久之助(1905-1983)

⚪1582(天正10.01.28)、ヴァリニャーノ、伊藤マンショら遣欧使節を伴い、長崎を出帆。

マカオ、マラッカ、ゴア、モザンビーク、リスボア、ローマへ出掛けて大歓迎を受けた。復路でマカオに辿り着いた前年、1587(天正15.06.19)、秀吉によりバテレン追放が発令されていた。1591(天正19.閏1.08)聚楽第にて、関白秀吉に謁し、インド副王の書状を奉呈した。8年余の歳月を掛けたが、その後、四少年は病気、殉死などで、殆ど活躍できなかった。

使節の最大の貢献は、グーテンベルグ印刷機の招来である。キリシタン版は、1591(天正19)以降、20年間、加津佐、天草、長崎で、ポルトガル語、日本語などを銅活字版で印刷。現在、31種、75点がある。キリシタン版の影響で、日本国内に本格的な印刷技術が展開していった。木活字の嵯峨本、更に製版へと発展した。光悦(1558-16374)自筆の板下の光悦本は、私家版で貴重である。江戸期の印刷に多大な影響力を持った。また、色摺では、一色だけであるが、音符に赤い色を表示したことも重要である。

年表(*西暦年月日と和暦年月日を対称して表示)および関係文献目録が、巻末にある。

*西暦と和暦の対称年表は、毅一先生が最初に手掛けた。

 

 

(雁註)四人の少年の出身地を表示している、これも毅一先生の独擅場(どくせんじょう)。

(雁註)メスキータと四少年の肖像 ヴァリニャーノはゴアまで。

(雁註)ウルバーノ・モンテ年代記、これは初めて見る。

(雁註)伊東マンショ(1569c-1612)長崎

(雁註)千々石ミゲル(1569c-1633)棄教

(雁註)原マルチノ(1569c-1629)長崎

(雁註)( 1568c-1633)長崎で穴釣り

(雁註)ヴァリニャー丿(1539-1606)イタリア出身 ゴアで留まる

ローマへ随行するつもりだったが、職務によってゴアにとどまる。

ジョルジェ・ロヨラ修道士 使節の教育係、日本人

コンスタンチノ・ドラード 印刷技術習得要員、日本人少年

アグスチーノ 印刷技術習得要員、日本人少年

ヌーノ・ロドリゲス神父  ヴァリニャーノの後を継いで一行に従う。

ディオゴ・メスキータ神父  通訳、イエズス会員

ロレンソ・メシア神父

オリヴィエーロ修道士

(雁註)ディオゴ・メスキータ(?-1614)ゴアから、日本語に堪能なメスキータが指導官となる。

(雁註)マカオの全景図、支那人にとって、ポルトガル人は動物扱いであった。

 

(雁註)マラッカ、狭い海域で有名であるが、地図は初めてである。

 

(雁註)ゴアでは女奴隷などが売られていた。

 

(雁註)船尾が見えている。

 

(雁註)リスボン、坂の都市である。

(雁註)フェリーペ二世(1527-1598)

(雁註)マドリード、スペインの首都である。

 

 

(雁註)キリシタン版の和漢朗詠集、IESV

 

(雁註)シニョリア広場とヴェッキオ宮殿

 

(雁註)ジェズ教会と旧イエズス会本部(ローマ)

 

(雁註)グレゴリオ十三世(1502- 1585)

(雁註)教皇シスト五世(1521 – 1590)

 

(雁註)ヴェネチア、大運河が見えている。

(雁註)

 

(雁註)コインブラ

(雁註)モザンビク島

 

 

 

何か御気付きの点があれば御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 浮世絵・酒井好古堂主人 学芸員 curator 

浮世絵・酒井好古堂 浮世絵鑑定家 [浮世絵学] 検索 http://www.ukiyo-e.co.jp 

SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e

文化藝術懇話会 

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション