#浮世絵学04/外題(南蛮のバテレン)1970(昭和45)松田毅一(1921-1997)/南蛮のバテレン、NHKブックス 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/51654
ホーム > #浮世絵学04/外題(南蛮のバテレン)1970(昭和45)松田毅一(1921-1997)/南蛮のバテレン、NHKブックス 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/51654

#浮世絵学04/外題(南蛮のバテレン)1970(昭和45)松田毅一(1921-1997)/南蛮のバテレン、NHKブックス 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/51654

1982-05-25現在(2020-03-22更新)    #浮世絵学 ◯◯       http://www.ukiyo-e.co.jp/51654

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)   http://www.ukiyo-e.co.jp

SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e

Sakai Kohkodou Gallery, the oldest gallery of ukiyo-e in Japan  

#1970(昭和45)松田毅一(1921- )/南蛮のバテレン、NHKブックス

新村出(1876-1967)が南蛮もののキッカケ、先駆けである。そして、松田毅一が、本格的なキリシタン、南蛮、バテレンを普及させた。

松田毅一(1921-1997)、川崎桃太(訳)フロイス/日本史 全12、中央公論社。戦前に一部、ドイツ語で訳されている。その後、フロイス自筆を全て集め、日本語訳した松田毅一の業績は高く評価されなければならない。しかも、本書でも明らかなように、日本の史書も丹念に読み、南蛮に関連の事物を簡潔に紹介している。このため、史料、年表を編纂している。

これは既に司馬遷/史記、編纂にあたり、年表が不可欠であることを示している。

南蛮、キリシタン、バテレンなどに興味を持つ人は、まず本書を一通り、読むべきである。他の南蛮研究者は、必ずキリシタン版を取り上げている。つまり、キリシタン版が近世日本の印刷の嚆矢であり、その影響は計り知れないほど深く、大きい。もしキリシタン版、つまりヴァリニャー丿が印刷機を日本に持ち込まなかったとすれば、日本の近世、近代の書物は殆ど、何も無くなっていた。

 

 

(雁註)1934池長/邦彩蛮華、あの画像と多少、違っている。

 

(雁註)1570s-1580s天正時代、寺の上に十字架を立てをキリスト教会にした。

 



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション