=浮世絵学04/外題(鏡花)2017(平成29)/鏡花 泉鏡花記念館 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/51835
ホーム > =浮世絵学04/外題(鏡花)2017(平成29)/鏡花 泉鏡花記念館 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/51835

=浮世絵学04/外題(鏡花)2017(平成29)/鏡花 泉鏡花記念館 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/51835

1982-05-25現在(2020-04-11更新)    #浮世絵学 ◯◯    http://www.ukiyo-e.co.jp/51835  

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)   

http://www.ukiyo-e.co.jp/16738/

SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e

Sakai Kohkodou Gallery, the oldest gallery of ukiyo-e in Japan  

#2017鏡花(1873-1939) 泉鏡花記念館、金沢文化振興財団 

いわゆる鏡花本(きょうかぼん)、雪岱(せったい)、清方(きよかた)の表紙、挿絵を紹介したかったが、思いの外、少なく多少、紹介する程度となった。

これらの表紙、挿絵から触発されて、鏡花を読む方もいると思う。鏡花は紅葉の弟子で、いわゆる硯友社、江戸の戯作を受け継いでいる。

新編 泉鏡花集(岩波書店)別巻2「単行本書誌に鏡花本の装丁の詳細

画像はありませんが、が記載されています。

当館の秋山館長が編者の一人です。

 

泉鏡花(1873-1939)

 

いわゆる鏡花本、箱、表紙の装丁、挿絵が小説の内容を彷彿とさせる。

これらの挿絵から、興味をもって鏡花を改めて読んで欲しい。

 

写真家の名前が書かれていないが、実に鮮やかに景色の視覚、距離、角度を再現している。

また色彩も素晴らしい

(雁註)浅野川へ出掛けたことがあるが、この写真を見て、もう一度、あたりを歩きたくなった

 

(雁註)金沢は兼六園が有名であるが、改めて鏡花の生まれ育ったあたりを見てみたい。

肖像は年齢順に再配列した。

ミス・ポートル(1859-1939)(81)

 

森鴎外(1862-1922)(61)

 

尾崎紅葉(1867-1903)(37)

 

 

漱石(1867-1916)(50)

 

徳田秋声(1871-1943)(73)

 

喜多村緑郎(1871-1961)(91)

 

湯浅しげ(1871-1949)(79)

 

樋口一葉(1872-1896)(25)

 

泉鏡花(1873-1939)(67)

*鏡花は一葉を競争相手として意識していた。一葉は24歳で没した。

14ヶ月で、多くの名作を書いた。

 

目細てる(1874-1935)(62)

*目細とは珍しい名前

 

清方(1878-1972)(95)

雪岱は亡くなる前、鏡花の挿絵を清方に依頼した。

 

柳田国男(1879-1962)(84)

 

英朋(1880-1968)(89)

 

 

谷崎潤一郎(1886-1965)(80)

 

 

小村雪岱(1887-1940)(54)

鏡花本は、雪岱が造り出したといっても過言ではない。

 

水上瀧太郎(1887-1940)(54)

*本名は阿部章藏。誓之巻を読み感動。風流線の二主人公の名前を採った。

 

里見 弴(1888-1983)(96)

 

 

芥川龍之助(1892-1927)(36)

 

#浮世絵学04/外題(歌行燈)1928(昭和3)泉 鏡太郎/歌行燈・照葉狂言、春陽堂 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/51873

#浮世絵学04/外題(泉鏡花 作家の自伝41)1997(平成9)村松友視/泉鏡花 幼い頃の記憶 國貞ゑがく 

http://www.ukiyo-e.co.jp/52010

 

何か御気付きの点があれば御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 浮世絵・酒井好古堂主人 学芸員 curator 

浮世絵・酒井好古堂 浮世絵鑑定家 [浮世絵学] 検索 http://www.ukiyo-e.co.jp 

SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e

文化藝術懇話会 

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-46781



アーカイブ

コレクション

新着情報・新着コレクション