浮世絵学04/外題(画本虫撰)1787(天明7)哥麿/画本虫撰 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/53155
ホーム > 浮世絵学04/外題(画本虫撰)1787(天明7)哥麿/画本虫撰 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/53155

浮世絵学04/外題(画本虫撰)1787(天明7)哥麿/画本虫撰 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/53155

1982-04-29現在(2020-07-01更新) 浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定:judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) *学芸員  *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員        *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 日本最古の浮世絵専門店

http://www.ukiyo-e.co.jp/56701 ◀ 浮世絵学_guide0_情報/御案内 浮世絵・酒井好古堂 

 *Sakai Kohkodou Gallery  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) Japanese Traditional Woodblock Prints   

http://www.ukiyo-e.co.jp/41940 ◀ 浮世絵学_reproduction_複製A0+/復刻 手摺木版

 *The BEST Japanese Traditional Woodblock Prints, Handmade reproduction (adm. by JUM) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/category/ukiyo-e-judge-professional-adviser  浮世絵学  すべて

——————————————————————————————————————————————————–

#1787(天明7)哥麿/画本虫撰 *本書は複製

現在、手元に原本がないので、複製(オフセット19版)を鑑賞して戴きたい。

1989「歌麿」図録(展覧会図録)、刈谷美術館

歌麿の年表、人名索引、落款一覧、図版索引、歌麿資料・補 目録。

歌麿資料は、これまでの記録を精査し、網羅してある。本書では下が欠けているが、本図録には掲載されている。

天明七ひつしの冬、刊行されたのは天明戊申(天明8)である。これは袋綴、いわゆる挿絵入狂歌本。

#浮世絵学04/外題(絵入狂歌本*)狂歌書目* 歌麿、北齋ほか 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/30200

=浮世絵学04/外題(狂歌書目*)書目 きょうかしょもく_五十音順 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/13599

=浮世絵学04/外題(吾妻曲狂歌文庫)1786(天明6)政演+飯盛/天明新鐫(しんせん)五十人一首・吾妻曲(あづまぶり)狂歌文庫 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) *鐫セン、彫る意

http://www.ukiyo-e.co.jp/45504 

=浮世絵学04/外題(狂哥百人一首)1787(天明7)政演(画)/狂哥(歌)百人一首(古今狂歌袋) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/45223

=浮世絵学04/外題(活字本)デジタル *全頁を影印で掲載  1926野崎左文/狂歌集目録ほか 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/30083

=浮世絵学04/外題(活字本)デジタル *全頁を影印で掲載 デジタル *全頁を影印で掲載  1936 菅(すが)竹浦(ちくほ)/狂哥(狂歌)書目集成  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/30274 デジタル *全頁を影印で掲載

#浮世絵学01/落款(狂歌師*) きょうかし_狂歌師/総目録 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

http://www.ukiyo-e.co.jp/10336

本書は複製本で、題簽(だいせん)は「書き題簽」。原本の題簽は「画本蟲ゑらみ」

今ふなん はつき十四日の夜 野邊に

すたく虫の聲きかんと 例のたはれたる

 友とち かたミに ひきゐて両国の北

よしハらの東 鯉ひさく庵さきのほとり

 隅田のつゝミに 氈うち敷て をのをの

虫のねたんつけ乃 たかきひくきを

さためんとす 故ありて酒と妓とを

いましめたれハ わきめよりハ 志ハむしの

ゑんとやいふべき なにかしの寺の

ねふちの聲 むしの音にましりて ほ乃

きこゆるなと かのくえんしの建立

ありし姫宮の持仏堂も思ひ出られ

 て あはれなり されハ朝市のふる

ものあつかひよと 人いふめれと たゝに

やハとて 長嘯子のえらひ給へる 諸虫

歌あはせの跡を追て 戀のこゝろの

され歌をのはへ侍るに とかくして夜も

ふけ侍し 江山風月 常のあるしなけ

れは 地しろをせむる 大屋もあら祢と

草のむしろのまらうとゐハなく 虫

*****

こ楚あるしなれとて つゆけき方

にうちむかひて ねもころに ぬかつきて

立ぬ これなん三百六十のひとつ

なかま乃 いやなりけらし

 宿屋飯盛

志る須

(雁註)蜂 尻焼猿人

こはこはに とる蜂のすの あなにえや うましをとめを みつのあちハひ

毛虫 四方赤良

毛をふいて きすやもとめん さしつけて きみかあたりに はひかゝりなは

馬追虫 唐衣橘洲

夜々ハ 馬おひむし乃 祢にそなく 君に心の はつなのはして

むかて 鹿都部真顔

祢かハくハ 君かつはきに とけとけと とけて祢ふとの 藥ともかな

けら 耶奈伎波良牟加布

あたしミハ けらてふ虫や いかとせの ゑん乃志たやに ふかいりをして

はsみむし 桂眉住

ミし人を思ひきるにも きれかぬる はさみむしてふ 名こそ鈍けれ

蝶 稀年成

夢の間ハ 蝶とも化して 吸てミむ 戀しき人乃 花のくちひる

蜻蛉 一冨士二鷹

人こゝろ あきつむしとも ならはなれ はなちハやらし とりもちの竿

虻 記定丸

耳のきハ乃 虻とや人のいとふらん さして うらみむ はりももたねは

芋虫 條門橘丸

いも虫に 似たりやにたり ころころと わかれち さむき 舟乃小蒲団

松虫 土師掻安

蚊帳つりて 人まつ虫ハ なくはか里 なにおもしろ幾 祢ところじゃない

蛍 酒樂齋瀧麿

佐保川の 水も汲ます 身ハ蛍 中よしのはの くされゑんとて

はつた 意氣躬黒成

おさへたる はつたと思ふ 待夜半も たゝつま戸のミ きちきちとなる

蟷螂 淺草市人

くつかへる 心と志らて 加ま首をあけて 蟷螂のおのはかりまつ

ひくらし 百喜齋森角

人目よし ちよつとこのまに 抱ついて せハしなき祢ハ ひくらしかそも

くも つむり光

ふんとしを志里よりさけて 祢やの巣へ よはひかゝれる くものふるまひ

本書には「下」の表紙が欠けている。浮世絵博物館の原本から掲載した。

(雁註)原本は、この見開きなし

赤蜻蛉 朱樂菅公

志のふより 聲こそたてね 赤蜻蛉 をのかおもひに 痩ひこけても

いなこ 軒端杉丸

露はかり 草のたもとを ひきみれは いなこのいなと 飛のくそ うき

◻️(虫+也) 千枝鼻元

かきおくる 文も とくろを まき帋に つもる思ひのたけハなかむし

とかけ 問屋酒舩

きらハるゝ うらみや色も青とかけ 葛ハなら祢と這まとふらん

蓑虫 立花裏也

晴の夜に 西ハとちやら わかねとも 志のふあまりの かくれミのむし

兜虫 唐来三和

戀志なは 兜虫ともなりぬへし 志のひの緒さへ きれはてしし身ハ

蝸牛 高利苅主

はれやらぬ その空◻️に かたつむり ぬるゝほと猶 つのや出し今ん

轡虫 貸本古喜

かしましき女に似たるくつわ虫 なれもちり里ん 里んきにやなく

き里きりす 倉部引澄

さのミには 鳴音 なたてそ きりきりす ふか入壁も 耳のある世に

蝉 三輪杉門

うき人の こゝろハ蝉に似たり今里 聲はかりして すかたみせねは

蚓 一筋道成

よる◻️も わからて まよふ 戀のやミ きみをミゝすの 祢をのみそなく

こうろき 此道くらき

こうろきの すねとや 人の思ふらん うとむ間もなく おれてミすれは

蛙 宿屋飯盛

人つてに くとけと首 ふるいけ乃 かいるのつらへ 水くきそうき

こかねむし 小簾菅伎

あハれとも ミよ まくらかの こかねむし こかるゝたまの はいよるの床

(雁註)鳥之部 獣之部 魚之部 喜多川歌麿筆 宿屋飯盛撰

右 近日 出板仕候 題板元より出し候間 御望

之方ハ右之題にて 戀の狂歌 御出詠被下

板元へ御届可被下候 以上

天明戊申正月 通油町耕書堂

蔦屋重三郎

(雁註)見青山

心に生をうつし 筆に骨法を畫ハ 画法にして

今 門人哥麿が著す虫中の生を写すハ是

心画なり、哥子幼昔 物事に細成か たゝ

戯れに秋津虫を繁き、はたはた 蟋蟀を

掌にのせ遊ひて、余念なし、即其生を

むさほらん事を恐れて あまたゝひ いましめしに

今の筆策 誠に業の徳をかゝやかせしは

玉虫のつやをうはひ 古画を◻️亭、車に

向ふ蟷螂の鎌 か里て 蚯蚓の土を穿ち、その

さひはつを堂ゝさんと 棒ふりの婦里よき

圖に くらき初心 蛍の光りに 此道をてらし、蜘の

巣の糸口を登希と 諸君の狂哥合にたより

彫巧藤一宗か刀ハ 櫻木にものして 其起を

古登わりせよと 乞ふにまかせ亭

天明七ひつしの冬 鳥山石燕書[鳥山][豊房]

(雁註)跋に「天明七ひつしの冬」とあるが、刊行されたのは翌年(天明八)

(雁註)蔦屋重三郎出版広告 (略)

(雁註)桔梗の表裏の花弁か

何か御気付きの点があれば御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 浮世絵・酒井好古堂主人 学芸員 curator

浮世絵・酒井好古堂 浮世絵鑑定家 [浮世絵学] 検索 http://www.ukiyo-e.co.jp

SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e

文化藝術懇話会

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-46781



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション