浮世絵学04/外題(近世職人尽絵巻*)_1804-1805(文化1-2)けいさい 鍬形蕙齋(画)/近世職人尽絵詞 http://www.ukiyo-e.co.jp/54488
ホーム > 浮世絵学04/外題(近世職人尽絵巻*)_1804-1805(文化1-2)けいさい 鍬形蕙齋(画)/近世職人尽絵詞 http://www.ukiyo-e.co.jp/54488

浮世絵学04/外題(近世職人尽絵巻*)_1804-1805(文化1-2)けいさい 鍬形蕙齋(画)/近世職人尽絵詞 http://www.ukiyo-e.co.jp/54488

1982-04-29現在(2020-06-15更新) 浮世絵学  http://www.ukiyo-e.co.jp/54488

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) *学芸員  *浮世絵鑑定家  📞 Phone 03-3591-4678

http://www.ukiyo-e.co.jp/16738  ◁  浮世絵学 御案内   *日本最古の浮世絵専門店

http://www.ukiyo-e.co.jp/category/ukiyo-e-judge-professional-adviser ◁ 浮世絵学 記事一覧 info and news 

———————————————————————————————————————————————————————–

#1804-1805(文化1-2)蕙齋(1764-1824)(61)/近世職人尽絵巻* 全3、勉誠出版  *けいさい、政美(まさよし)

所蔵:東京国立博物館* *箱書は明治期、近世職人尽絵詞と書かれている。繪詞は上手い表現であるが、絵巻が良いか

外題:「職人盡歌合」(中1 序文、手からのをか持)、樂齋文庫(定信)の朱印

(雁註)しかし、伝統的な「職人歌合」ではない。

外題:当時、依頼者・定信は絵巻の名前を指定したか。また蕙齋が提出した時の絵巻名は何か。不明である。

(雁註)近世〜、この冠名は明治以降の名前である。絵詞の語句も、絵巻に相応しくない。「職人尽」「絵巻」は有効であったろう。

 他に模本も幾つかあるが、本絵巻が原本。しかし、原本(繪巻であるが)の当時の外題は不明。

以前にも、紹介されたが、今回のものが本格的なものである。近世職人尽絵詞と称しているが、これは形態(絵巻)から近世職人尽絵巻が良い。

1980朝倉治彦(解説)/江戸職人づくし、岩崎美術社

1982高取正男・小沢弘(編)/諸職風俗図会、日本庶民生活史料集成(30)、三一書房

1804-1805(文化1-2)鍬形蕙齋(画)/近世職人尽絵詞* 全3  *職人盡歌合

1(上巻)01-19 19図 詞:四方赤良(1749-1823)(75) *杏花園(きょうかえん) 大田南畝(なんぽ)

2(中巻)01-17 17図 詞:手柄岡持*(1735-1813)(79) *喜三二 三人の中では、一番の年長

3(下巻)01-14 14図 詞:山東京傳(1761-1816)(56) *絵巻の何処にも、「京傳賛」と書かれていないが…。

法量:縦36.4 全長1124.6   全3巻(絵巻)
(雁註)肖像また略伝は北尾紹眞(つぐざね)として、先哲像伝(国立国会図書館)から転載されているが、影印版(1980文化書房)で確認できない。確か、浮世絵の研究雑誌で、やや不敵な面構えの蕙齋像を見た憶えがある。後考に俟つ。
 
関連諸家
1735-1813(79)手柄岡持 喜三二(朋誠堂) *巻二、跋

1737-1812(74)通笑(つうしょう)市場~  *黄表紙  

1739-1820(82)重政 *蕙齋(けいさい)政美、政演(まさのぶ)の師

1744-1810(67)参和(さんな)  唐来~  *黄表紙    

1744-1789(46)春町(はるまち) 戀川~  酒上不埒 *黄表紙 

1748-1822(75) *亜欧堂田善(でんぜん)  銅版画家

1749-1823(75)大田南畝 蜀山人 四方赤良 *巻一、跋

1749-1807(59)楚満人(そまひと)南杣笑~  *黄表紙  

1750-1793(44)芝全交    *黄表紙 

1750s-1780-1803- 耳鳥齋(にちょうさい) 難波の飄逸な画家、芝居通 

1750s-1819    芳中(ほうちゅう)   難波の画家で、光琳を慕った

1756-1809(54)中良(ちゅうりょう)森嶋~   竹杖爲輕 スガル、甫粲 ホサン、萬象亭

 1758-1829(72)定信(さだのぶ) 松平~  *楽翁公  

1760-1849(90)北齋       浮世絵師
1761-1816(56)政演(まさのぶ) 京傳 *政美の兄弟子 *巻三、跋文?
1764-1824(61)政美(まさよし) 蕙齋(けいさい)
 
(年表)
1767(明和1)(1)畳屋の赤羽義珍の子として生まれる。
1778(安永7)小鍋立 咄本
1794(寛政6)(28)蕙齋(けいさい)政美は、津山藩五代藩主・松平康哉(やすちか)のお抱え絵師となる。
 *白河侯松平定信( 1758-1829)の需めにより描いた。江戸の多種多様な職人を,軽妙かつ生き生きとした筆致で描いている
1794(寛政6)諸職画鑑 
1793(寛政7)略画式
1795(寛政9)主君の命で、狩野養川院惟信に入門
1797(寛政11)人物畧画式
1798(寛政12)山水畧画式
1802(享和2)龍の宮津子 *谷素外の俳書、画入り(蕙齋)
1802(享和2)魚貝譜 *龍の宮津子を改題、俳諧を削除
1802(享和2)芳中/光琳画譜 全2  *江戸に下るのは1797(寛政11以降)
1803(享和3)江戸名所之絵 *鳥瞰図 *彫師:野代柳湖
1804-1806(文化1-3)近世職人尽絵詞(絵巻)
1809(文化6)江戸一目図屏風
1813(文化10)草花略画式
1814(文化11)北齋/北齋漫画(初編)*企画は1812(文化九年)
1822(文政5)松浦静山(1760-1841)、この絵巻を見ている。(甲子夜話)

 

職人を五十音に整理

1804-1805蕙齋(けいさい)/近世職人尽絵巻_五十音_100項目

何か御気付きの点があれば御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 浮世絵・酒井好古堂主人 学芸員 curator 

浮世絵・酒井好古堂 浮世絵鑑定家 [浮世絵学] 検索 http://www.ukiyo-e.co.jp 

SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e

文化藝術懇話会 

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-46781