浮世絵学04/外題(吉原参考書目) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)  http://www.ukiyo-e.co.jp/5784
ホーム > 浮世絵学04/外題(吉原参考書目) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)  http://www.ukiyo-e.co.jp/5784

浮世絵学04/外題(吉原参考書目) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)  http://www.ukiyo-e.co.jp/5784

1982-04-29現在(2022-05-20更新) 

浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) 

*学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 

日本最古の浮世絵専門店

——————————————————————————————————————-

御案内

G浮世絵学00 御案内 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88214&action=edit&classic-editor

———————————————————————————————————————–

複製・復刻

R浮世絵学00/複製・復刻 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88211&action=edit&classic-editor

———————————————————————————————————————–

ALL浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

————————————————————————————————————————–

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit-comments.php

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,171項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————–

日本で最古の浮世絵専門店。幕末の開明思想家・佐久間象山(1811-1864)(しょうざん)が、酒井義好(1810-1869)*よしたか の書齋を「好古堂」と命名しました。1982、酒井藤吉(とうきち)・十九子(とくこ)、酒井貞助(ていすけ)・富美江(ふみえ)、酒井泉三郎(せんざぶろう)・美代子(みよこ)らは、好古堂蒐集品を基として、父祖の地、松本市郊外に、日本浮世絵博物館を創立しました。

 

1803葵衛(齋藤秋圃)/葵氏艶譜

父・藤吉が亡くなってから、酒井信夫・雁高(がんこう)、そして酒井邦男が継承し、世界各地で65回の浮世絵展覧会を開催して今日に至っています。皆様のご指導ご鞭撻を御願い致します。

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

 *Sakai Kohkodou Gallery  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) Japanese Traditional Woodblock Prints  

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

2022 SAKAI, gankow   酒井雁高

 

2018 SAKAI gankow

 

2020 SAKAI kunio

*現在、ファックスは使えません。

http://www.ukiyo-e.co.jp/

http://www.ukiyo-e.co.jp/69501  ◀ 浮世絵学01/落款(えし)ひらがな五十音順 伝記集成+総目録 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

——————————————————————————————————————————————————–

浮世絵学09 吉原基本参考書

(日本文化、吉原)(風俗、習慣、言語、宗教)

1642徳永種久?/あづま物語〔活〕近世文芸叢書一〇・古典文庫露殿物語,〔謄〕珍書保存会

1660吉原鑑 *あづま物語を除き、最古の吉原本 *ね物がたりの改竄本。

1674吉原失墜[未刊随筆百種5]

1678色道大鏡 全3[1974野間]

1720庄司勝富/洞房語園(詩文集)

1733庄司勝富/洞房語園後集

1738庄司勝富/洞房語園集(詩文集)

1754洞房古鑑 影印(copy) 活字化

1768澤田東江/吉原大全 全5

1804一九+歌麿/吉原青樓年中行事

1804-1868須藤由藏/藤岡屋日記[近世庶民生活史料 全15]

1811石川雅望+北溪/北里十二時

1817北里見聞録 全7[1930蘇武(3巻のみ)]

1822庄司勝富/異本洞房語園(北女閭起源)(写本)

1825西村藐庵/花街漫録[日本随筆大成1-5]

1838齋藤月岑/東都歳時記 全3。

1830喜多村庭(信節、のぶよ)/嬉遊笑覧 全5(索引)。岩波書店

1844柳花通誌 全5[蘇武/吉原風俗資料]

1853喜田川守貞/守貞謾稿 全5(索引)。岩波書店

1892-93石井良助/徳川制度[1968江戸町方の制度000]

1894関根只誠/江戸花街沿革誌 上下

1894+関根只誠/江戸花街沿革誌  下

1906大久保葩雪/花街風俗志

1911近世文藝叢書(10)、国書刊行会

1916風俗絵巻・図画刊行会叢書 全44。同刊行会

1914黒川真頼/日本風俗図絵 全12 。同刊行会

1926阿部弘蔵/日本奴隷史、506pp

1926三田村鳶魚/江戸年中行事(中公文庫)

1927西原柳雨/川柳吉原志。

1927宮川曼魚/江戸賣笑史

1927中山太郎/売笑三千年史、春陽堂、698pp

1928中山太郎/日本婚姻史、春陽堂、972pp   大著である。

1928朝倉無聲/見世物研究。春陽堂

1929宮武外骨/アリンス國辞彙

1930蘇武緑郎/吉原風俗資料 全

1931尾崎久弥/吉原圖會

1956郡司正勝/歌舞伎と吉原

1956三田村鳶魚/吉原に就ての話。

1963川柳・遊里誌/解釈と鑑賞331

1965鑑賞・柳多留拾遺372

1968日本庶民生活史料集成 全31索1。三一書房

1971日本を知る事典、社会思想社

1973日本庶民文化史料集成 全15別1。

1973日本随筆大成 全81。吉川弘文館

1973浜田義一郎/江戸文学地名辞典。

1976花咲一男/江戸吉原図絵、三樹書房

1976三田村鳶魚/未刊随筆百種 全12。中央公論社

1976三田村鳶魚全集 全28。中央公論社

1977西原柳雨/新訂増補・川柳吉原志。(増訂:岡田甫、石川一郎)

1978-1988洒落本大成 29補1。中央公論社

1979花咲一男/続江戸吉原図絵、三樹書房

1979日本風俗史辞典、弘文堂

1979続日本随筆大成 全12。吉川弘文館

1981廓のすべて/國文学381

1982花咲一男/遊里/原色浮世絵大百科事典(11)。大修館

1984江戸学辞典、弘文堂

1986岡本勝+雲英末雄/近世文学研究事典。桜楓社

1992朝倉無聲/見世物研究(雑誌論文)姉妹篇。平凡社

1993廓-江戸の聖空間/國文学560

1997花咲一男/川柳江戸絵歳時記。

2000花咲一男/大江戸ものしり図鑑、主婦と生活社

*新吉原竹島記録 (東北大学狩野文庫) *マイクロフィルム

(DB)

1996八木+丹羽/吉原細見_年表

1996八木+丹羽/吉原細見 *主要な細見名を網羅

2010吉原細見/総目録(編年順)

2015吉原細見/総目録(五十音)

2015吉原細見/総目録

2015吉原語彙/総目録

2015吉原語彙/五十音順

2011吉原語彙

*吉原遊廓は初期、盛期と末期では全く状況が替わっている。

女衒(ぜげん)が全国を駆け巡り、各地で人身売買が公然と行われていた。

初期、盛期の遊女は太夫、格子など比較的良い境遇で育てられ、落籍されていた。これは妓楼主が文化人で、通人であったからである。吉原細見の序文を見れば、その背景が伺える。

しかし、大籬(おおまがき)の妓楼は姿を消して、末期、明治期では、単なる売笑宿となり、張りも意気地も全く何処かへ消えてしまった。公娼(吉原)からの賦課金により、公娼を優遇した。その依頼により度々、私娼(深川など)狩りを行い、吉原では奴(やっこ)女郎として無給で働かせていた

遊女は僅かの金で売られて、妓楼主により生殺与奪が握られていた。

下級の遊女の多くは、虐待、病毒の犠牲になり、投げ込み寺に葬られていた。

何か御気付きの点があれば、御教示ねがいたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator

浮世絵・酒井好古堂   [http://www.ukiyo-e.co.jp]

文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション