浮世絵学04/外題(漾虚集) 1906(明治39)夏目漱石/漾虚集(ようきょしゅう)縮刷版 酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂 http://www.ukiyo-e.co.jp/59596
ホーム > 浮世絵学04/外題(漾虚集) 1906(明治39)夏目漱石/漾虚集(ようきょしゅう)縮刷版 酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂 http://www.ukiyo-e.co.jp/59596

浮世絵学04/外題(漾虚集) 1906(明治39)夏目漱石/漾虚集(ようきょしゅう)縮刷版 酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂 http://www.ukiyo-e.co.jp/59596

1982-04-29現在(2022-05-20更新) 

浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) 

*学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 

日本最古の浮世絵専門店

——————————————————————————————————————-

御案内

G浮世絵学00 御案内 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88214&action=edit&classic-editor

———————————————————————————————————————–

複製・復刻

R浮世絵学00/複製・復刻 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88211&action=edit&classic-editor

———————————————————————————————————————–

ALL浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

————————————————————————————————————————–

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit-comments.php

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,171項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————–

日本で最古の浮世絵専門店。幕末の開明思想家・佐久間象山(1811-1864)(しょうざん)が、酒井義好(1810-1869)*よしたか の書齋を「好古堂」と命名しました。1982、酒井藤吉(とうきち)・十九子(とくこ)、酒井貞助(ていすけ)・富美江(ふみえ)、酒井泉三郎(せんざぶろう)・美代子(みよこ)らは、好古堂蒐集品を基として、父祖の地、松本市郊外に、日本浮世絵博物館を創立しました。

 

1803葵衛(齋藤秋圃)/葵氏艶譜

父・藤吉が亡くなってから、酒井信夫・雁高(がんこう)、そして酒井邦男が継承し、世界各地で65回の浮世絵展覧会を開催して今日に至っています。皆様のご指導ご鞭撻を御願い致します。

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

 *Sakai Kohkodou Gallery  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) Japanese Traditional Woodblock Prints  

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

2022 SAKAI, gankow   酒井雁高

 

2018 SAKAI gankow

 

2020 SAKAI kunio

*現在、ファックスは使えません。

 

http://www.ukiyo-e.co.jp/69501  ◀ 浮世絵学01/落款(えし)ひらがな五十音順 伝記集成+総目録 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

——————————————————————————————————————————————

1908(明治39)夏目漱石/漾虚集(ようきょしゅう)縮刷版(15x9cm)、漱石は漢籍の衒学を引用し、かなり難しい書名にした。

 

これは、二年間のイギリス留学中の歴史、文学を題材としている。

授業は殆ど出席しなかった。自分でディケンズなどを読み、シェークスピアの研究家に個人教授をして貰っている。

漱石がいた家は、現在でも、そのまま残っていて、日本の文学者、夏目漱石が住んでいたと壁のパネルに記されている。

雑誌では、なかなか全編を読むことは出来ない。縮刷版で一般の人々にも読んで貰いたいとの意味がある。

縮刷で、活字を大きくし、読み易くしているので、ページ数も多くなる。

不折(ふせつ)が見開き、挿絵。五葉(ごよう)が装丁、挿絵を描いている。挿絵も当時としても斬新なものである。

本書を漱石の勝れた文学書として喧伝したのは、木下杢太郎である。

不折(1866-1943)  ふせつ

漱石(1867-1916)

五葉(1880-1921)  ごよう

杢太郎(1885-1945) もくたろう(大田正雄)

1906-1907(明治39-40)吾輩ハ猫デアルは、軽く書き流したが、漾虚集(ようきょしゅう)は大向こうを狙った衒学的な文学である。

漱石は二年間、イギリスに留学。わが輩は猫であるを書き、その直後、伝説、翻訳から詩的発想を大きく展開し、漾虚集という短編集を発表。漱石は巻頭で、雑誌に掲載されたものである旨を記して、雑誌以外の読者を一人でも増やしたいと書いている。文藝評論家/木下杢太郎は、これを高く評価している。杢太郎ならずとも、五葉の装丁、挿絵など、一見して、魅力的な書物であることが分かる。内容はともかくと云っては、漱石に失礼であるが。

菊判(23x16)、つまり江戸期の読本(よみほん)の大きさであったが、全体として容量が大きくなり、302ページ。装丁ほか、五葉の意匠家としての能力が充分に発揮されている。天金であるが、横、下は綴じただけで裁断されていない。ページごとに切って読む仮装丁である。少し、懲りすぎている。セッカチな私には面倒ですらある。しかし、それらの雰囲気を味わうため、やはり初版の装丁で読んで欲しい。これを縮刷版にして…

縮刷版(15x8.8cm)である。文字は大きく(文字まで縮小にすると読めない)、そのためページ数は378ページとなった。

五葉(ごよう)は、各々意匠を替えて装丁、挿絵を描いている。縮小版は趣きがある。見開きは不折が鮮やかな花鳥を描いた。

1 倫敦塔

2 カーライル博物館

3 幻影の盾

4 琴のそら音

5 一夜

6 薤露行(かいろこう) *にら、その葉の上の露、はかない意

7 趣味の遺傳

○浮世絵学04/外題(懇話会79)2020-10-24(土)17.00-17.40 夏目漱石(1867-1916)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/66344

○浮世絵学04/外題(吾輩ハ猫デアル)1905(明治38)漱石/吾輩ハ猫デアル 

http://www.ukiyo-e.co.jp/63018

○浮世絵学04/外題(漾虚集 1906(明治39)漱石/漾虚集 単行本 

http://www.ukiyo-e.co.jp/63113

○浮世絵学04/外題(鶉籠うずらかご)1907漱石/鶉籠、春陽堂 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

*坊ちゃん、二百十日、草枕が収められている。従って、坊ちゃんなどの単行本は無い。

http://www.ukiyo-e.co.jp/67073

○浮世絵学04/外題(虞美人草)1907漱石/虞美人草、春陽堂 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/66812

○浮世絵学04/外題(門)1911(明治44)漱石/門(もん)、春陽堂 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/67172

 

○浮世絵学04/外題(行人)1914(大正3.01)漱石/行人(こうじん)、大倉書店 

http://www.ukiyo-e.co.jp/67371

○浮世絵学04/外題(明暗)1916(大正5)漱石/明暗(めいあん)、岩波書店

http://www.ukiyo-e.co.jp/66842  

○浮世絵学04/外題(漱石の思い出)1928(昭和3)夏目鏡子/漱石の思い出、改造社 

http://www.ukiyo-e.co.jp/67425

○浮世絵学04/漱石と十弟子 1948(1974)津田青楓/漱石と十弟子 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/66487

漱石、縮刷版を刊行している。今日の文庫本より、一段と手間の掛かる活字、装丁。

何か御気付きの点があれば、御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator 

浮世絵・酒井好古堂   日本最古の浮世絵専門店

http://www.ukiyo-e.co.jp/56701  ◁  浮世絵学 御案内

[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678  携帯090-8171-7668



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション