浮世絵学04/外題(日本のをどり)1937(昭和12)久保田金僊/日本のをどり_276項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/64760
ホーム > 浮世絵学04/外題(日本のをどり)1937(昭和12)久保田金僊/日本のをどり_276項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/64760

浮世絵学04/外題(日本のをどり)1937(昭和12)久保田金僊/日本のをどり_276項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/64760

1926(大正15)久保田金僊/舞踊装(ぶようのよそおい)

更に、写真入りで舞踊装を増補した日本舞踊の一覧。舞踊では渥美清太郎と甲乙付け難い研究者である。

・久保田金僊(1875-1954) 日本画家で、書き割り、囃子、小道具、裏方まで図入りで詳細に説明している。

・渥美清太郎(1892-1959) ローマ字で舞踊を表記している

1956(昭和31)邦楽舞踊辞典、冨山房



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション