浮世絵学04/東海道五十三次*(春興五十三駄之内*)九横 1804(享和4)画狂人北齋画 九横 343項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/66088
ホーム > 浮世絵学04/東海道五十三次*(春興五十三駄之内*)九横 1804(享和4)画狂人北齋画 九横 343項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/66088

浮世絵学04/東海道五十三次*(春興五十三駄之内*)九横 1804(享和4)画狂人北齋画 九横 343項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/66088

1982-04-29現在(2020-09-25更新) 浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定:judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) *学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員        *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 日本最古の浮世絵専門店

日本で最古の浮世絵専門店。幕末の開明思想家・佐久間象山(1811-1864)(しょうざん)が、酒井義好(1810-1869)*よしたか の書齋を「好古堂」と命名しました。1982、酒井藤吉(とうきち)・十九子(とくこ)、酒井貞助(ていすけ)・富美江(ふみえ)、酒井泉三郎(せんざぶろう)・美代子(みよこ)らは、好古堂蒐集品を基として、父祖の地、松本市郊外に、日本浮世絵博物館を創立しました。

父・藤吉が亡くなってから、酒井信夫・雁高(がんこう)、そして酒井邦男が継承し、世界各地で65回の浮世絵展覧会を開催して今日に至っています。皆様のご支援を御願い致します。

内題だけが書かれて、外題はない。狂歌入の摺物(揃物)は、稀覯品(きこうひん)。

幸い、和泉市久保惣が稀覯品を所蔵し、ネットで公開している。有り難い。流石、久保惣!

http://www.ikm-art.jp/degitalmuseum/num/001/0011014000.html

九横x2 二丁掛で印刷し、半裁した。無外題(東海道五十三次)(春興五十三駄之内)

一枚もの、二枚続など、複雑で、なかなか把握できない。

もと、狂歌入り。つまり狂歌師の入銀もの。

*外題は袋に刻記されている。通常、無外題。判型は九横(18.5×13.5cm)、大短冊の上中下、三分割。

浮世絵学で、落款(画狂人北齋)、刊年、判型(九横)、外題(無外題)、版元(無版元)、内題、出典を正確に把握しないと、別の記述になってしまう。

狂歌の入銀摺物、二枚続きもある。後摺は、狂歌を削除。 後、重信が8図、追加

1804%e7%94%bb%e7%8b%82%e4%ba%ba%e5%8c%97%e9%bd%8b%ef%bc%8f%e6%98%a5%e8%88%88%e4%ba%94%e5%8d%81%e4%b8%89%e9%a7%84%e4%b9%8b%e5%86%85

この作品は、狂歌が削除されている。しかし、色も鮮やかで、当初の趣が偲ばれる。

未裁断で全部を胡蝶装にした作品を見たい。殆どが、裁断され、狂歌も削除されている。

何か御気付きの点があれば、御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator 

浮世絵・酒井好古堂   日本最古の浮世絵専門店

http://www.ukiyo-e.co.jp/56701  ◁  浮世絵学 御案内

[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678  携帯090-8171-7668



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション