浮世絵学04/外題(父・夏目漱石)1956夏目伸六/父・夏目漱石、文藝春秋社 http://www.ukiyo-e.co.jp/68849
ホーム > 浮世絵学04/外題(父・夏目漱石)1956夏目伸六/父・夏目漱石、文藝春秋社 http://www.ukiyo-e.co.jp/68849

浮世絵学04/外題(父・夏目漱石)1956夏目伸六/父・夏目漱石、文藝春秋社 http://www.ukiyo-e.co.jp/68849

1982-04-29現在(2020-10-24更新) 浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定:judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) *学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員        *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 日本最古の浮世絵専門店

http://www.ukiyo-e.co.jp/41940 ◀ R浮世絵学_reproduction_複製01/復刻 手摺木版

 *The BEST Japanese Traditional Woodblock Prints, Handmade reproduction (adm. by JUM) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/category/ukiyo-e-judge-professional-adviser  ◀ A浮世絵学   すべて

浮世絵学 すべて(浮世絵・酒井好古堂)

日本で最古の浮世絵専門店。幕末の開明思想家・佐久間象山(1811-1864)(しょうざん)が、酒井義好(1810-1869)*よしたか の書齋を「好古堂」と命名しました。1982、酒井藤吉(とうきち)・十九子(とくこ)、酒井貞助(ていすけ)・富美江(ふみえ)、酒井泉三郎(せんざぶろう)・美代子(みよこ)らは、好古堂蒐集品を基として、父祖の地、松本市郊外に、日本浮世絵博物館を創立しました。

父・藤吉が亡くなってから、酒井信夫・雁高(がんこう)、そして酒井邦男が継承し、世界各地で65回の浮世絵展覧会を開催して今日に至っています。皆様のご指導ご鞭撻を御願い致します。

http://www.ukiyo-e.co.jp/56701 ◀ G浮世絵学_guide00_情報/御案内 浮世絵・酒井好古堂 

 *Sakai Kohkodou Gallery  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) Japanese Traditional Woodblock Prints   

2018 酒井雁高

———————————————————————————————————————————————————————————————————————————・

伸六は漱石の六番目の子供、申年に生まれたので、申六としたが、小宮だか誰だがか、人間だから人偏を付けて、伸六として下さいとか。漱石を神格化するのも結構だが、家族、自分が受けた父からの暴力、これは病気だから仕方がないとしても、かなり烈しかったようである。妻・鏡子、姉四人、一つ上の兄・純一なども、父の顔が火照っている時は、例の病気が始まったと云って、触らぬ神で、傍にいないようにしていた。門人たちも、漱石がウツ病であったことを徐々に理解していた。

浮世絵学04/外題(懇話会79)2020-10-24(土)17.00-17.40 夏目漱石(1867-1916)すべて 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/66344

漱石全集から、橋口貢(五葉の兄)が支那から齎した石鼓文(せきこぶん)を表紙に使っている。
見開き、流石、漱石、文人の篆刻を多く、使っている。
序文 獅子文禄(岩田豊雄)が書いてくれた。

(雁註)合わせて、一緒にいた妻・鏡子の漱石の思い出、を読むと漱石の病気がはじまった時、顔が火照り、かなりのウツ状態であったことが分かる。誰からが自分を騙そうとしている、誰からが自分の悪口を云っている。誰かが後から付けてくる。これはロンドンに留学の時からであった。事情を知らない友人は、びっくりして、漱石、発狂したと日本まで打電している。生真面目な人に多く、統合失調症である。世の中、自分の思うようにならないので、いらいらする。

虚子に云われ、吾輩ハ猫デアルを書き初めてから、徐々に落ち着いてくる。最初、猫伝、八犬伝であるあるまいし、これでは不味いと相談して、吾輩ハ猫デアルに替えた。

ほととぎすに連載され、これが好評であった。坊ちゃん、草枕、二百十日、も続いて発表された。これらは単校本では刊行されていない。鶉籠に収録された。

序文を書いた獅子文六は、どんな作家から影響を受けたかと考えると、やはり夏目漱石だと応えている。二十歳前に読み始め、熱中した作家の影響力といふものは、自分知らないところまで、及んでいるらしい。今日でも、その影響を免れてゐない節が、多々、感じられる。

目次

序 獅子文六

父夏目漱石

父の日記と子供達

面會日

盗人の糞

父と中村是公

鳩の眼先生

文鳥

父の一喝

父の命名

父の書斎

父の版面

一葉と漱石の原稿料

草枕の出来るまで

英語嫌ひの漱石

父の手紙と森田さん

道草の頃

漱石とホトトギス

博士嫌ひと夏目博士

父の書畫

母の漱石の思ひデ

漱石の母とその里

あとがき

何か御気付きの点があれば、御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator 浮世絵鑑定家

▷浮世絵学 すべて(浮世絵・酒井好古堂)   日本最古の浮世絵専門店

http://www.ukiyo-e.co.jp/56701  ◁◁◁  浮世絵学 御案内

[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678  携帯090-8171-7668



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション