浮世絵学04/元禄快挙録 1909福本日南(1857 – 1921)/元禄快挙録、啓成社 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/84257
ホーム > 浮世絵学04/元禄快挙録 1909福本日南(1857 – 1921)/元禄快挙録、啓成社 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/84257

浮世絵学04/元禄快挙録 1909福本日南(1857 – 1921)/元禄快挙録、啓成社 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/84257

1982-04-29現在(2021-12-24更新) 浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

*浮世絵学 記事一覧 *検索  ↓ここをクリック 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

 

[落款][らっかん][外題][げだい][内題][ないだい] *検索できる

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) *学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 日本最古の浮世絵専門店

———————————————————————————————————————–

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php?s&post_status=all&post_type=post&action=-1&m=0&cat=105&action2=-1&orderby=title&order=asc       ◄◄◄    複製・復刻

 *The BEST Japanese Traditional Woodblock Prints, Handmade reproduction (adm. by JUM) 

日本浮世絵博物館・監修 *原画から忠実に複製・復刻現していて、尤も信頼の置けるもの。

———————————————————————————————————————-

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,113項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————–

日本で最古の浮世絵専門店。幕末の開明思想家・佐久間象山(1811-1864)(しょうざん)が、酒井義好(1810-1869)*よしたか の書齋を「好古堂」と命名しました。1982、酒井藤吉(とうきち)・十九子(とくこ)、酒井貞助(ていすけ)・富美江(ふみえ)、酒井泉三郎(せんざぶろう)・美代子(みよこ)らは、好古堂蒐集品を基として、父祖の地、松本市郊外に、日本浮世絵博物館を創立しました。

父・藤吉が亡くなってから、酒井信夫・雁高(がんこう)、そして酒井邦男が継承し、世界各地で65回の浮世絵展覧会を開催して今日に至っています。皆様のご指導ご鞭撻を御願い致します。

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

 *Sakai Kohkodou Gallery  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) Japanese Traditional Woodblock Prints  

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

 

2018 SAKAI gankow

 

2020 SAKAI kunio

*現在、ファックスは使えません。

 

http://www.ukiyo-e.co.jp/69501  ◀ 浮世絵学01/落款(えし)ひらがな五十音順 伝記集成+総目録 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

 
——————————————————————————————————————————-
〇1909(明治42)福本日南(1857 – 1921)/元禄快挙録、啓成社 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/84257
流石に福本日南、史実を押さえながら、記述している。淨瑠璃、歌舞妓、講談などは、付録として虚構であることを開示している。元禄快挙録はベストセラーになって、洛陽の紙価を高めた。後、全3、岩波文庫にも収められている。
1910(明治43)三田村鳶魚(1870-1952)/元禄快挙別録を刊行。福本日南の元禄快挙録を補っている。
 
 
この直後、1910(明治43)三田村鳶魚/元禄快挙別録 を刊行している。
1910(明治43)三田村鳶魚/元禄快挙別録、啓成社
1910(明治43)三田村鳶魚/公弁震央と赤穂義徒処分/赤穂義士遺文、日本及日本人
1913(大正2)三田村鳶魚/当夜の小林平八郎・赤穂義士遺文、鳶魚縦筆
1930(昭和5)三田村鳶魚/横から見た・赤穂義士、民友社
 
思いの他、史実、虚構を区別して書き分けているので、安心した。
ただ、全般に快挙録として、赤穂四十七士を持ち上げている傾向はある。
赤穂浪士に対して、当初から厳しい見方も多くあった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅野長矩(ながのり)が刃傷(にんじょう)に及び、將軍は直ぐ切腹を申し付けた。
これは天皇の勅使に対する將軍の威厳を固持するためかも知れない。
多門(おかど)など目付けは、大名に対して庭先で、即日、切腹をさせるのは在り得ないと異論を唱えた。
しかし、異論は採り入れられず、芝のお預けの田村家屋敷の庭先で切腹した。
 
吉良義央(1641-1703)   *よしひさ 三河幡豆郡の名君、一揆が一回も起きていない。備蓄、築堤を促進
淺野長矩(1667-1701) *ながのり 赤穂五万石の大名 男色(なんしょく)の性癖 饗応役は二度目
 
年表
1701(元禄14.03.11) 勅使院使 江戸に到着
1701(元禄14.03.14)江戸城本丸松之廊下で、浅野(勅使御馳走役)が吉良に切り掛かって、傷を負わせた。
・吉良は「御作法の一つも心得ぬ浅野内匠頭殿に、何事のお分かりがおはさうぞ」 
 と稠人(ちゅうじん)廣坐の前に在って、陵辱を加えた *稠人(ちゅうじん) 多くの人 *吉良の言葉は事実か
・淺野は、城中を弁(わきま)えず、小さい刀で、吉良の額に斬り掛かった。
 
 
・何故、淺野は吉良を刺し殺さないで、斬ったのか
・これ以前の城中での刃傷(にんじょう)、小さ刀で、相手を刺し殺して、自分も自決している。
 
 

■浅野内匠頭長矩終焉の地
(一ノ関藩田村邸跡)

芝愛宕下に奥州一ノ関藩3万石、田村右京太夫武顕(たけあき)の上屋敷があった。 申の刻(午後4時ごろ)に田村邸についた長矩は出会いの間という部屋の囲いの中に収用され、着ていた大紋を脱がされたという。その後1汁5菜の料理が出されたが長矩は湯漬けを二杯所望したという。田村家では即日切腹とは思いもよらず、当分の間預かりと考えていたようで、長矩の座敷の襖を釘づけするなどしたという . 申の刻(午後5時ごろ)幕府の正検使役として庄田安利(大目付)、副検使役として多門(おかど)重共、大久保忠鎮(目付)らが、田村邸に到着し、出会いの間にて浅野長矩に切腹と改易を宣告した。切腹場所が庭先であることで、多門と大久保は「武家の作法に反する」抗議したが大目付の庄田には受け入れられず庭先での切腹となった。
浅野内匠頭長矩の辞世の句
「風さそふ、花よりもなほ我はまた、春の名残をいかにとやせん」享年35歳

遺骸は浅野家から用人「粕谷勘左衛門」留守居役「建部喜六」、小納戸役「中村清右衛門」、同「田中貞四郎」、それに片岡、磯貝の6名が引き取りにゆき、泉岳寺に埋葬した。(寂しい埋葬であった) 切腹の場所のことで浅野家本家の松平安芸守綱長が使いを田村邸に差し遣わし、「庭先での儀は、何れよりの指図か」との申し入れがされた。老中秋元但馬守は若年寄列座の中で庄田、大久保、多門(おかど)の三検使に対し、「なにゆえ、内匠頭に士庶人の取り扱いにしたのか」と糺した。庄田の答えは曖昧であった。大久保と多門は「庭先での切腹はいかにも不都合と抗議したが」上司である庄田下総守に受け入れられず、指図に従った。その結果、庄田下総守は不束の廉をもって大目付を罷免させられた。

・赤穂藩士・萱野三平は、国元へ事件を伝える第一使として出発。
1701(元禄14.06.04)残務処理を終えた、大石内蔵助が赤穂、遠林寺の会所を引き払う。
・大石は内匠頭・御内室から公金を預かる。
1701(元老14.09.02)幕府は、吉良に屋敷を呉服橋から、本所へ移すよう命令した。
・幕府が何故、吉良の屋敷を移したか、その明確な理由は解らない
・浅野家の名誉は、浅野家が再興され、吉良に処分が加えられる。しかし、浅野家の再興の望みは断たれた。
・亡君の遺志を継いで、吉良を殺し、両成敗の処分を事実上、完成させることで回復される
1702(元禄15.07.18)浅野内匠頭の養嗣子で、弟の浅野大学長廣、閉門を解かれる。
1702(元禄15.07.20c)大石内蔵助、川崎・平間村の富森助右衛門宅に滞在。
1702(元禄15.12.00)十一月二十九日付けの大石の書状とともに、預置候金銀請払帳を瑶泉(ようぜい)院に届ける。
1702(元禄15.12.14)浅野の赤穂浪士が、本所の吉良邸に乱入し、吉良義央(よしひさ)を殺害し、大目付に自首した。
・赤穂浪士は、一人も死傷者なし。
・吉良家死者十一人。一行は内匠頭の墓所がある高輪・泉岳寺へ向かうが、足軽・寺坂吉右衛門は離脱。
1702(元禄15.12.16)義士四十六人は肥後熊本、伊豫松山、長府、岡崎各藩邸へ預けられる。
1703(元禄16.02.04)公儀を恐れざるの段、重々不届きと、全員、切腹を命じられた。
・遺体は、泉岳寺に埋葬された。
・室 鳩巣(1658-1734)  大多数が義士として賞賛 *むろ きゅうそう
・佐藤直方(1650-1719)大宰春台(1680-1747) 非義として批判した 少数派
 
吉良義久
 
・吉良は名君であったと三河では称賛されている。銅像を見ても、立派な容貌であり、悪名で名高い師直とは全く違うように思う。
1703(元禄16.02.16)曙曾我夜討、江戸・中村座 三日間で中止を命ぜられた
1706(寶永3.06)大坂、竹本座で近松門左衛門作の人形浄瑠璃、碁盤太平記、上演。赤穂義士の戯曲に、鹽冶判官、大星由良之助が初登場。
1748(寛延1.08)淨瑠璃・假名手本忠臣藏(大坂・竹本座)が好評。
1748(寛延1.08)歌舞妓(大坂)でも上演。
1749(寛延2.02)江戸・森田座、假名手本忠臣藏
1749(寛延2.05)江戸・市村座、假名手本忠臣藏
1766(明和3.09)江戸・市村座、假名手本忠臣藏、五段目・中村仲藏の定九郎が好評
1766(明和3.10)大坂・竹本座、人形伊淨瑠璃、太平記忠臣講釋
1796(寛政8) 泉岳寺開帳 義士の遺物を公開
1826(文政9) 忠臣藏特集の川柳集「柳多留」95編刊行
1833(天保4.03)江戸・河原崎座で道行旅路の花聟(通称、落人おちうど)初演、
 勘平は五代目市川海老蔵、お軽は三代目御尾上菊五郎 
1835(天保6.08)江戸・森田座と市村座で假名手本忠臣藏上演
1848(嘉永1.02)二月二十九日より、泉岳寺開帳、この頃、義士を描いた浮世絵が盛んに刊行される
1856(安政3.02)浅草寺奥山にて、生人形(いきにんぎょう)の見せ物、行われる。忠臣藏夜討の人形もあった
1868(明治1.11.05)江戸に入った明治天皇、泉岳寺へ勅使を使わす。
1986.04(昭和61)四月十六日、モーリス・ベジャール振付「ザ・カブキ」東京バレエ団初演
 
2001特別展図録 検証・赤穂事件1 殿中刃傷から 赤穂城明け渡しまで/赤穂市立歴史博物館
*勅使・院使 
2002特別展図録 検証・赤穂事件2  討入りへ そして本懐、事件後/赤穂市立歴史博物館
赤穂事件をめぐる 論議 132.p 
 
論者(生没年)    成立年・著書    内容
————————————————————————————————
1703復讐論(賛)/林 信篤(1644-173)     
・亡主の仇を討った四十六士は武士道の実践者であると賞賛
・公法の立場からみれば、天下の法を破った行動であり、死刑に相当
1705四十六人之筆記(否)/佐藤直方(1650-1719)
・吉良は仇でない
・公法に背く四十六人の行動は「義」には当たらない
1706赤穂四十六士論(賛)/浅見絅*齋(1652-1711) *けん
・佐藤直方に反論                    
・浅野は吉良に討たれたに等しく、主の仇を討ったのは忠義
1703赤穂義人録(賛)/室 鳩巣*(1958-1734)  *きゅうそう
・刃傷事件から討入りに至る事件の概要を叙述した最初の史書
・四十七士を義人としてたたえる

1705論四十七士事(否)/荻生徂徠(1666-1728)

・吉良は仇ではない
・したがって、吉良を討った四十七士の行動は暴挙

1713烈士報讐録(賛)/三宅観瀾(1674-1718)

・赤穂義人録につづく史書
・四十六人を「烈士」とした
1718重固問目、佐藤直方朱批(賛)/三宅尚齋(1662-1741)
・佐藤直方を批判
・四十六人は君臣の義理をわきまえた義士
1732赤穂四十六士論(否)/太宰春台(1680-1747)
・赤穂城に死なず、仇でない吉良を討ち、また討入り後、自体しなかったのは「義」を知らないものである
1730s読四十六士論(賛)/松宮観山(1686-1780)
・太宰春台の論は、推論に走り、事実・時勢の調査が充分でないと批判
1730s駁太宰純四十六士論(賛)/五井蘭洲(1697-1762) 
・太宰春台を批判
・四十六士の行動は、公法に反し犯罪に当たるが、義にかなって一道ある
1740s赤松滄洲(1721-1801)/赤穂四十六士論評(賛)
・太宰春台を論駁
 
 
浮世絵学04/誠忠義士傳 1847國芳/誠忠義士傳 全51 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) 
 
浮世絵学04/忠臣義心傳 1847-1848國芳/忠臣義心傳_全18 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) 
 
浮世絵学04/忠雄義臣録 1846-1849豊國3/忠雄義臣録_12項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)
 
浮世絵学04/元禄快挙録 1909福本日南/元禄快挙録、啓成社 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)
 
浮世絵学04/元禄快挙別録 1975三田村鳶魚/三田村鳶魚全集(16)、中央公論社 
 
浮世絵学04/赤穂四十六士論 1977田原嗣郎(1924- )/赤穂四十六士論、吉川弘文館 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/840808
 

何か御気付きの点があれば、御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator 浮世絵鑑定家

1982-04-29現在(2021-03-03) 浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) *学芸員 *浮世絵鑑定家  Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前)

日本最古の浮世絵専門店

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php?orderby=title&order=asc&s&post_status=all&post_type=post&action=-1&m=0&cat=114&filter_action=%E7%B5%9E%E3%82%8A%E8%BE%BC%E3%81%BF&paged=1&action2=-1         ◁ 御案内       



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション