浮世絵学04/おもちゃ絵 1915権田保之助+2022西島勉/おもちゃ絵 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/90865
ホーム > 浮世絵学04/おもちゃ絵 1915権田保之助+2022西島勉/おもちゃ絵 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/90865

浮世絵学04/おもちゃ絵 1915権田保之助+2022西島勉/おもちゃ絵 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/90865

1982-04-29現在(2022-08-02更新) 

浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) 

*学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 

日本最古の浮世絵専門店

1803葵衛(齋藤秋圃)/葵氏艶譜


御案内

G浮世絵学00 御案内 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88214&action=edit&classic-editor

———————————————————————————————————————–

複製・復刻

R浮世絵学00/複製・復刻 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88211&action=edit&classic-editor

———————————————————————————————————————–

ALL浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

————————————————————————————————————————–

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit-comments.php

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,190項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————–

日本で最古の浮世絵専門店。幕末の開明思想家・佐久間象山(1811-1864)(しょうざん)が、酒井義好(1810-1869)*よしたか の書齋を「好古堂」と命名しました。1982、酒井藤吉(とうきち)・十九子(とくこ)、酒井貞助(ていすけ)・富美江(ふみえ)、酒井泉三郎(せんざぶろう)・美代子(みよこ)らは、好古堂蒐集品を基として、父祖の地、松本市郊外に、日本浮世絵博物館を創立しました。

父・藤吉が亡くなってから、酒井信夫・雁高(がんこう)、そして酒井邦男が継承し、世界各地で65回の浮世絵展覧会を開催して今日に至っています。皆様のご指導ご鞭撻を御願い致します。

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

 *Sakai Kohkodou Gallery  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) Japanese Traditional Woodblock Prints  

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

2022 SAKAI, gankow   酒井雁高

 

———————————————————————————————————————————

1915権田保之助/おもちゃ絵/浮世絵に連載、酒井好古堂(浮世絵社) 

2022西島勉/おもちゃ絵(まとめ)   下線をクリック

2022-07-18権田保之助とおもちゃ絵(改訂版) 17pp

*西島勉・夫人は、権田保之助(1887-1951)の孫にあたる。保之助の四男の娘である。保之助の次男は速雄*(1922-2019)(98)さん。*はやお

西島勉さんは、権田保之助ん家というサイトをお持ちで、熱心に権田保之助の業績を調べている。

この権田保之助とおもちゃ絵、これは詳細な記録である。

権田保之助さんが収集した、おもちゃ絵。

組立は、恐らく西島勉さんが、製作したものか。 

これらのおもちゃ絵、やはり初めてのもの。

重複するものが少ない。収集家によると、恐らく10,000点ほどあるという。

だから、同じものが見付からない。

 

DSC_4542

 

DSC_4543 (雁註)飛行機とあり、年月が特定できるか

 

DSC_4544 ベースボールの最初の具体的な画像か

 

DSC_4545

DSC_4546

DSC_4547

DSC_4548

DSC_4549

DSC_4550

DSC_4551

DSC_4552 (雁註)飛行機とあるが、これは飛行船

DSC_4553

DSC_4554

DSC_4555

DSC_4556

DSC_4557 (雁註)西島勉さんの御話では、バッテリーを積んだ電気による自動車

DSC_4558

DSC_4559

DSC_4561

DSC_4562

DSC_4563

DSC_4564

DSC_4565

DSC_4566

DSC_4577

DSC_4578

DSC_4579

DSC_4580

DSC_4581

DSC_4582

DSC_4583

DSC_4584

DSC_4585

DSC_4586

 

1915権田保之助/玩具絵の研究1,2,3,4,5、浮世絵2-29、3-23、4-20、5-22、6-13

「浮世絵」玩具絵の研究(権田保之助)

1915菅原教造/錦絵の文明政策、浮世絵1-*、2-15

1915菅原教造/浮世絵

1915松村翠山/手遊絵(おもちゃえ)と芳藤、浮世絵5-28

1915松村翠山/手遊絵(おもちゃえ)、浮世絵

1917権田保之助/おもちゃ絵に就いて、錦絵6-2

繰り返しになるが、画像を添付する

DSC_4542

DSC_4543

DSC_4544

DSC_4545

DSC_4546

DSC_4547

DSC_4548

DSC_4549

DSC_4550

DSC_4551

DSC_4552

DSC_4553

DSC_4554

DSC_4555

DSC_4556

DSC_4557

DSC_4558

DSC_4559

DSC_4561

DSC_4562

DSC_4563

DSC_4564

DSC_4565

DSC_4566

DSC_4577

DSC_4578

DSC_4579

DSC_4580

DSC_4581

DSC_4582

DSC_4583

DSC_4584

DSC_4585

DSC_4586

1917権田保之助/おもちゃ絵に就いて、錦絵

 

[参考資料]

権田保之助(1887-1951)

・1915浮世絵研究誌「浮世絵」全巻(酒井庄吉、浮世絵社、大正 4 年 6 月~9 年 9 月)

 1915権田保之助/玩具絵の研究(1)/浮世絵2-29、酒井好古堂

 1915権田保之助/玩具絵の研究(2)/浮世絵3-23、酒井好古堂

 1915権田保之助/玩具絵の研究(3)/浮世絵4-20、酒井好古堂

 1915権田保之助/玩具絵の研究(4)/浮世絵5-22、酒井好古堂

 1915権田保之助/玩具絵の研究(5)/浮世絵6-13、酒井好古堂

 1916権田保之助/三都の新浮世絵/浮世絵7-20、酒井好古堂

 1916権田保之助/玩具絵の趣味(上)/浮世絵9-21、酒井好古堂 

・1916権田保之助/書画骨董雑誌「玩具絵の話」(大正 5 年 6 月)

・1917権田保之助/おもちゃ絵について/雑誌「錦絵6-2(大正 6 年 9 月)

・1917権田保之助/師宣寄進の鐘/浮世絵29-23、酒井好古堂

・1919権田保之助/幼児教育(日本幼稚園協会、大正8年3月1日発行)

・1920権田保之助/東都錦畫数寄者番付 西の六番目(調役)

・1974飯沢匡、広瀬辰五郎/おもちゃ絵 江戸庶民のエスプリとデザイン、(徳間書店)

・1975アン・ヘリング/特集おもちゃ絵考/季刊「銀花」第二十一号春

・1976上野晴朗/江戸明治 おもちゃ絵、(アドファイブ東京文庫)

・1982瀬田貞二/落穂ひろい 日本の子どもの文化をめぐる人びと、(福音館書店) *おもちゃ絵の項目あり

・1982(昭和57)権田保之助研究 創刊号

・1988稲垣進一/江戸の遊び絵、(東京書籍)  *おもちゃ絵の項目ないが、おもちゃ絵を含む解説がある

・1990中村光夫/よし藤 ・子ども浮世絵(富士出版) *よし藤、「おもちゃ絵よし藤」と自負していた

・1992中城正尭/浮世絵のなかの子どもたち、公文出板 *おもちゃ絵の項目あり

・2008藤澤紫/遊べる浮世絵 体験版・江戸文化入門、(東京書籍)

・2018藤澤紫, 加藤陽介/遊べる浮世絵、青幻舎 青幻舎プロモーション

・2019(平成31)アン・ヘリング/おもちゃ絵づくし 紙絵遊びの文化、玉川大学出板

・他 おもちゃ絵に関するカタログ類など

・酒井好古堂 HP 浮世絵学 おもちゃ絵 権田保之助 西島勉 よしふじ よし藤

これまでに調査した、おもちゃ絵をDBにした。

おもちゃ絵DB(データベース)

2022-07-22おもちゃ絵/総目録_1647項目

2022-07-10おもちゃ絵/総目録_絵師五十音順_1311項目

2022-06-28おもちゃ絵/総目録_絵師五十音順_1012項目

2022-06-27おもちゃ絵/絵師五十音順_972項目

おもちゃ絵が作られた主要な理由

A1 子供一人で楽しむ、姉様人形、武者人形、相撲

A2    二人以上で楽しむ。双六、カルタなども、広い意味で、おもちゃ絵。

——————————————————————————————————————————————

B1 高価な染織(絖ぬめ、絹)などに対して、

 姉様人形、武者人形、子供でも楽しめるように、廉価な紙製品の浮世絵で摺り上げた。

B2 掛軸、柱絵(はしらえ)、大巾絵(おおはば絵)。これらは一点作品の肉筆であった。これを紙製品で製作。

 絵師は、春信、湖龍、英山、春扇など

———————————————————————————————————————————————-

C1   大名行列、纏(まと)い、火消し、山車(だし) 大人が演じている画像があった。。年中行事、五節句、

C2 これらを子供姿に置き換えて、子供が出初め、火消し、大名行列、山車行列の一員として参加しているかのように

——————————————————————————————————————————————————

D1   尽くし ものは尽し

D2   動植物  魚つくし 凧づくし 図鑑

E1    人物の風俗  影絵 差し替え人形 折り畳み 両面絵

E2   擬人 ほうずき、ねこ、こまねずみ

——————————————————————————————————————————————————–

F1 舞台の組上げ燈籠(とうろう)、切抜き絵、細工絵 これらも切り抜いてしまうので、原画は残らない。

F2   紙を切り抜いて、糊代に糊を貼り、組立て、舞台を再現。これは大人向け。子供では出来ない。

何か御気付きの点があれば、御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator 浮世絵鑑定家

浮世絵・酒井好古堂     http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php  記事一覧 

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 携帯090-8171-7668 

 



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション