1982-05-24現在(2020-01-25更新) ✓検索 浮世絵学   ◯◯  http://www.ukiyo-e.co.jp/3879

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂   

SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e
Sakai Kohkodou Gallery, the oldest gallery of ukiyo-e in Japan  

浮世絵学**     →御案内 酒井好古堂   http://www.uiyo-e.co.jp/16738 ←ここをクリック8◯日本浮世絵博物館の最新情報は、下記URL、また直接、博物館に問い合わせ下さい。

➡️電話 0263-47-4440

なお、このサイトは日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会の既刊の図録、最新情報を主として紹介しています。

http://www.japan-ukiyoe-museum.com/exhibition/  *クリックして開き、リンク先の下線をクリック

◯一般財団法人 日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会*

理事長・館長 酒井 浩志(こうじ) *酒井達雅(たつまさ)の二男

*館長は未だ経験が浅く、諸賢の御支援、御指導を御願いする次第である。

◯1982年、酒井藤吉、貞助、泉三郎の三兄弟は、多くの諸先生がたの賛同を得て、父祖の地・長野県松本市郊外に浮世絵専門の博物館を創設した。賛同者は、高橋誠一郎、森銑三、守随憲治、暉峻康隆、水野稔、川村博通ら諸先生方である。また、その後、多くの先生方は、浮世絵の蒐集・保管、研究・整理、公開・展示を目的とする博物館のために協力を惜しまなかった。その報恩に報いるため、博物館は公益性、公共性の観点から、世界各地、また国内各地にて展覧会、講演会など浮世絵の普及活動を続けている。

◯展覧会の御案内  *最新の展覧会情報は、http://www.japan-ukiyoe-museum.com/ 参照のこと

*太田記念美術館紀要 浮世絵研究 第8号によると

五味あずさ/奥村政信における図像の由来と展開 絵本江戸絵簾屏風をもとに

この論文が掲載されており、末尾に日本浮世絵博物館学芸員と記されていた。

広島大学大学院の研究者のようである。多いに学問としての浮世絵学のために頑張って頂きたい。

http://www.japan-ukiyoe-museum.com/exhibition/

*日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会、月曜日は休館。

*Uki-yo does not mean “floating” “world”.  It means “feeling of excitement” “people and society”.

So “ukiyo-e” means exactly “the pictures for feeling of excitement”, not “floating world”.

Ukiyo-e never floats but sinks under the water.

浮世は、浮いている世の意味ではなく、むしろ「浮き浮きした」という意味です。

従って歌舞音曲、吉原遊廓、江戸文学、狂歌、川柳などが生まれています。

憂き世(うきよ)は、中世の語彙で、時代が全く違い、江戸時代に当てはまりません。

_______________________________________________

浮世絵専門の博物館  *他の施設の御案内    Ukiyo-e Specialty Museums

浮世絵学00/2019浮世絵専門博物館 ukiyo-e speciality museums 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/215

____________________________________________________________________________

目次

0)最新の情報 *展覧会など  

浮世絵学04/外題(三国志展、東博)三国志 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

http://www.ukiyo-e.co.jp/40771

*中国各地から借覧しているので、展覧会は東京のみ。期間は2019.7.9-9.16

1)酒井好古堂

酒井好古堂

http://www.ukiyo-e.co.jp/16738

2)浮世絵学*3 1941小島烏水/浮世絵類考(序文)

3)復刻、複製などの御案内

複製* http://www.ukiyo-e.co.jp/32882

原画:日本浮世絵博物館

*原画所蔵先が明記されていない復刻は、避けた方が無難です。

*原画の彫り、摺りを尤も忠実に復刻しています。

4)浮世絵学 書誌

5)日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会 図録など

6)最近の展覧会(浮世絵関連)

7)浮世絵学* 御案内

8)吉原遊廓  書誌

9)歌舞音曲

10)偽筆 肉筆浮世絵

11.a)最近の研究・投稿(名数 源氏物語 五十三帖説)

11.b) 廣重/東海道五十三次(保永堂+僊鶴堂)の刊年、この画証

11.c)英山展 太田美術館

11.d)金印「漢委奴國王」の「委奴」の真解明

12)明治初年、画廊・酒井好古堂を神田淡路町に創設。

*書廊(しょろう)の琅玕堂(ろうかんどう)から暗示を受けた。

13)番外編 評議員らの職権濫用(特別背任)

———————————————————————————————————-

1)酒井好古堂    http://www.ukiyo-e.co.jp/1783

 *1982、酒井好古堂代々の収蔵品を母胎に日本浮世絵博物館は信州松本郊外に創立された。

酒井好古堂(東京千代田区有楽町)の御案内

http://ukiyo-e.co.jp/1783

酒井好古堂の御案内

浮世絵学00                       http://www.ukiyo-e.co.jp/16738  御案内
浮世絵学*1      http://www.ukiyo-e.co.jp/1809     *酒井好古堂
浮世絵学*2      http://www.ukiyo-e.co.jp/233  *酒井好古堂(English)
浮世絵学*3      http://www.ukiyo-e.co.jp/1783   *酒井好古堂(小島烏水)
浮世絵学*4      http://www.ukiyo-e.co.jp/226  *浮世絵学DB
浮世絵学*5      http://www.ukiyo-e.co.jp/3879      *日本浮世絵博物館
浮世絵学*6      http://www.ukiyo-e.co.jp/7780  *日本浮世絵博物館 浮世絵展覧会(国際)
浮世絵学*7      http://www.ukiyo-e.co.jp/***   *新聞報道
浮世絵学*8      http://www.ukiyo-e.co.jp/1041   *DB入力方法
浮世絵学*9      http://www.ukiyo-e.co.jp/1014   * 書誌

2)浮世絵学*3 1941小島烏水/浮世絵類考(序文)

http://www.ukiyo-e.co.jp/1783

http://www.ukiyo-e.co.jp/1783

3)復刻、複製などの御案内

2018-0-12-07更新 *下線をクリックして、ポックアップリンクの下線をクリックしてください

複製* http://www.ukiyo-e.co.jp/32882

原画:日本浮世絵博物館所蔵作品。

*原画所蔵先が明記されていない復刻は、避けた方が無難です。

*原画の彫り、摺りを忠実に復刻しています。

*[浮世絵学・複製*]で検索すれば、御覧になれます [浮世絵学・複製]

*画像を見る。また下記を御覧下さい

[浮世絵学・複製*]  *下線をクリックして、ポックアップリンクの下線をクリックしてください

http://www.ukiyo-e.co.jp/162   浮世絵学・複製01   →B1  http://www.ukiyo-e.co.jp/34253  歌麿・美人画の最高峰  
 
http://www.ukiyo-e.co.jp/34253    浮世絵学・複製B1 哥麿代表作
 
http://www.ukiyo-e.co.jp/34409      浮世絵学・複製B2  美人画(哥麿以外)ほか
 

http://www.ukiyo-e.co.jp/33            浮世絵学・複製02  北齋爲一(ゐいつ)/冨嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)

http://www.ukiyo-e.co.jp/170          浮世絵学・複製03  廣重/東海道五十三次(とうかいどうごじゅうさんつぎ)

http://www.ukiyo-e.co.jp/100          浮世絵学・複製04  カラーシート

http://www.ukiyo-e.co.jp/41             浮世絵学・複製05        短冊

http://www.ukiyo-e.co.jp/209          浮世絵学・複製09  一筆箋(大揃)

http://www.ukiyo-e.co.jp/211           浮世絵学・複製10   一筆箋(大揃ほか単品)

4)浮世絵学 書誌   Bibliography

http://www.ukiyo-e.co.jp/1014

5)日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会 図録など    The Japan Ukiyo-e Museum

*最後部に掲載

6)最近の展覧会(浮世絵関連)

馬淵明子先生(国立西洋美術館館長)のジャポニスムのご講演があり、講演後、先生にご署名を御願いした。

浮世絵が、実に広範囲に及び西欧、建築、彫刻、絵画、工芸などに影響していたことを紹介なさっていた。

ジャポニスムの術語の如く、フランスを中心としているが、

ヤポニスムスはドイツ、オーストリア圏。

ジャポニズムは英語圏、アメリカ圏での術語。

馬淵先生

馬淵先生のご署名

ジャポニズム

馬淵明子先生より、図録に御署名を戴いた。

✓検索 浮世絵学 ジャポニズム

先生方の御努力に感謝いたしました。

浮世絵が西欧の建築、彫刻、絵画、工芸などに

多岐にわたる分野に影響、触発した

これをジャポニスム(フランス語)

ジャポニズム(英語、米語)

ヤポニスムス(ドイツ、オーストリア圏)

7)浮世絵学* 御案内 *北齋漫画(北齋、戴斗)をデジタル影印、全頁掲載

浮世絵学  http://www.ukiyo-e.co.jp/5995

◎北齋漫画 E永楽屋   N版元なし T東壁堂 Y吉川弘文館

http://www.ukiyo-e.co.jp/34105   北齋漫画 デジタル影印で全頁掲載 Hokusai or Taito Manga

8)吉原遊廓  書誌     Pleasure Quarter at Yoshiwara

吉原01 書目                http://www.ukiyo-e.co.jp/462
吉原02 年表                http://www.ukiyo-e.co.jp/1545
吉原03 参考書目       http://www.ukiyo-e.co.jp/5784
吉原04 細見                http://www.ukiyo-e.co.jp/1536
吉原05 吉原本            http://www.ukiyo-e.co.jp/1538
吉原06 語彙                http://www.ukiyo-e.co.jp/1542
吉原07 細見年表        http:// www.ukiyo-e.co.jp/1548
吉原08                         http://www.ukiyo-e.co.jp/15893 *吉原遊廓
吉原09 細見                http://www.ukiyo-e.co.jp/3134
吉原10 細見ほか        http://www.ukiyo-e.co.jp/1534
吉原11 語彙DB           http://www.ukiyo-e.co.jp/3131

9)歌舞音曲   DB   Kabuki Performance on Stage and Joururi Music

歌舞音曲

http://www.ukiyo-e.co.jp/1597    2008-2012渥美清太郎/系統別歌舞伎戯曲解題

http://www.ukiyo-e.co.jp/1608    2018浮世絵学06/役名 五十音順

http://www.ukiyo-e.co.jp/1609    1926飯塚友一郎/歌舞伎細見

http://www.ukiyo-e.co.jp/1611          1926飯塚友一郎/歌舞伎細見

http://www.ukiyo-e.co.jp/3145    2018浮世絵学04/外題 総目録

http://www.ukiyo-e.co.jp/6150    2010古井戸秀夫/歌舞伎登場人物事典

http://www.ukiyo-e.co.jp/6717    2018浮世絵学06/役名(歌舞音曲)

http://www.ukiyo-e.co.jp/7529    2012歌舞伎俳優名跡便覧、古今俳優似顔大全

http://www.ukiyo-e.co.jp/9523          1959-1966伊原敏郎/歌舞伎年表

*テキストで年月日、座元、外題など、芝居番付の文字を詳細に入力してある。これは一生掛かって纏めた労作

http://www.ukiyo-e.co.jp/9548     1988土田+須田/絵尽し   *全国の図書館などの番付を整理した

http://www.ukiyo-e.co.jp/9559      1936渋井清/芝居絵本蒐藏之記

http://www.ukiyo-e.co.jp/9588         1912-1927黒木勘蔵/近世邦楽年表

http://www.ukiyo-e.co.jp/15940        2018酒井雁高/外題(歌舞音曲)

http://www.ukiyo-e.co.jp/16073      2018浮世絵学07/出典

http://www.ukiyo-e.co.jp/23298     2018歌舞音曲DB

10)偽筆 肉筆浮世絵    真っ赤な偽筆 Ukiyo-e Paintings

浮世絵学01/落款(北齋)/偽筆*01 http://www.ukiyo-e.co.jp/4166
浮世絵学01/落款(北齋)/偽筆*02 http://www.ukiyo-e.co.jp/4367
浮世絵学01/落款(北齋)/偽筆*03 http://www.ukiyo-e.co.jp/4246
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*04 http://www.ukiyo-e.co.jp/3660
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*05 http://www.ukiyo-e.co.jp/1764
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*06 http://www.ukiyo-e.co.jp/1776
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*07 http://www.ukiyo-e.co.jp/13131
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*08 http://www.ukiyo-e.co.jp/4420
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*09 http://www.ukiyo-e.co.jp/2016
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*10 http://www.ukiyo-e.co.jp/2011

浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*11 http://www.ukiyo-e.co.jp/10024
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*12 http://www.ukiyo-e.co.jp/4400
浮世絵学01/落款(應挙)/偽筆*13 http://www.ukiyo-e.co.jp/12529
浮世絵学01/落款(春章)/偽筆*14 http://www.ukiyo-e.co.jp/10946
浮世絵学01/落款(廣重)/偽筆*15 http://www.ukiyo-e.co.jp/10586
浮世絵学01/落款(廣重)/偽筆*16 http://www.ukiyo-e.co.jp/12102
浮世絵学01/落款(絵師)/偽筆*17 http://www.ukiyo-e.co.jp/11808
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*18 http://www.ukiyo-e.co.jp/4213

11.a)最近の研究・投稿(名数 源氏物語 五十三帖説)

http://www.ukiyo-e.co.jp/16583

*きっと紫式部先生も、1,000年後、私が五十三帖説を指摘したので、喜んでおられると思う。

源氏物語 名数 五十三帖説   http://www.ukiyo-e.co.jp/16158

11.b) 廣重/東海道五十三次(保永堂+僊鶴堂)の刊年、文政13.03

*小島烏水さん初め、多くの浮世絵研究者も、私が画証を見付けたので、刊年が明確になり、喜んでおられると思う。父・酒井藤吉、叔父・酒井貞助、酒井泉三郎らも、我田引水ながら、誉めてくれると思う。

11.c)英山展 太田美術館

2017赤木美智/菊川英山展

11.d)金印「漢委奴國王」の「委奴」の真解明

浮世絵学(支那學・金印「漢委奴國王」)2019酒井雁高/「委奴」の新解釈(真解明) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/39091

12)明治初年、画廊・酒井好古堂を神田淡路町に創設。

*書廊(しょろう)の琅玕堂(ろうかんどう)から暗示を受けた。

1941小島烏水/浮世絵類考/序

13)番外編 評議員らの職権濫用(特別背任)

2012より、博物館の法令が変わり、評議員が絶大な権力を持つことになり、評議員の立場を濫用し、これまでの博物館の理事を辞任、解任に追い込んでいる。この法令は、非営利法人の博物館を営利を目的とする株式会社と同列に置くこと自体、全く疑問である。佐藤悟(実践女子大学)は大森邦彦と共謀して、評議員から理事へ、そして日比谷孟俊と共謀して大森邦彦は理事から評議員へと鞍替えした。

◯2012.3.12、日比谷孟俊(慶應義塾大学教授)は、大森邦彦(慶應義塾大学出身)らと共謀して、博物館を「乗っ取り」、「私物化」するため、酒井雁高館長を辞任に追い込んだ。いわく天皇制論議はタブーであり、博物館の館長として相応しくないと1時間余にわたり、滔々と弁舌を続けた。私の議論は、学問的な見地によるもので、多くの学者、研究者の論説を踏まえたものであった。言論の自由が保証されている以上、全く問題は無かったと考えている。57AD、後漢の光武帝は、 金印(漢奴國印)を九州王朝に授与した。次いで、230s-240s卑弥呼、410s-440s倭(九州王朝)の五王、讃、珍、済、興、武が宋に貢献。528物部麁鹿火(奈良王朝)ら筑紫御井郡の磐井(九州王朝)を惨殺し、九州王朝を簒奪する。662、白村江以降、奈良王朝は九州王朝の権力を完全に掌握して成立。これらの史実は考古学の裏付けがあり、科学的に首肯できる。奈良王朝を継承しているという(途中、刺客に暗殺され、誰が継承したか甚だ心許ないが)、その明仁天皇自身が最近、退位を申し出ている。このことは天皇制自体が、皇室典範など明治以降に作られた法律で、土台、根拠が薄弱であり、無理があることを示している。

◯2012.05、大森邦彦(慶應義塾大学出身)は、日比谷孟俊らと共謀し、創業者である酒井雁高館長を辞任に追い込み、さらに酒井達雅評議員を長野県の認可を得るため、酒井家を減らす必要があるなどと長野県教育委員会が提示しているとの偽計により、解任に追い込み、乗っ取りを実行した。しかし、その後、大森邦彦は、自分の弟、大森宣彦を理事に就任させて、理事の過半数を得て、博物館の乗っ取りを計り、理事会を専横し、博物館を私物化した。矛盾したことを平気で行う、全く信用できない人物である。

◯2015.8.05佐藤悟(実践女子大学教授)は、大森邦彦(慶應義塾大学出身)と共謀し、博物館を「乗っ取り」、「私物化」するため、医師の資格もないのに、酒井邦男理事長を認知症呼ばわりして、酒井邦男館長を排除して、自分が館長に就任しようと画策した。実践女子大学の教授に「あるまじき」不適切な言動である。日比谷孟俊(慶應義塾大学)は、この会合の議事録で、私文書偽造および行使の言動を行い、大学教授に「あるまじき」不適切な言動繰り返している。大森邦彦を含めて、日比谷孟俊、佐藤悟らは、公益性、公共性の高い博物館の役員として、全く不適格であり、専門家と相談して、役員の背任行為、教唆罪など、法的措置を検討していた。評議員、理事の背任であるから、特別背任罪と認定されれば、刑法上より、更に重いの罪となり、7年以下の懲役として処罰される。

特別背任罪とは(会社法960条)(2019-09-05追記)

「会社の取締役や支配人等の場合は、会社法による特別背任罪の対象となり、10年以下の懲役若しくは1000万円以下の罰金となります(会社法960条)。 刑法上の背任罪と異なるのは、犯罪の主体が会社の取締役、支配人等に限定されている点です。会社は株主、取引先、債権者等利害関係者が多いので、会社の取締役等が背任行為を行うと、これらの者に与える影響が大きいことから重い刑が科されていると考えられます。」(ネット上の刑法上の背任罪より)

◯各位を欺き、大森邦彦は「5年以内に、美術作品を博物館外へ持ち出せ」と「乗っ取り」「私物化」を教唆、煽動

大森邦彦は新宿・戸山高校出身で、高村象平ゼミ、パレットクラブに所属、さくら銀行(現住友三井銀行)に勤務していた。諸兄姉、同僚諸君は、大森邦彦の反社会的言動の事実を御存知だろうか。大森邦彦は、「博物館の収蔵庫の作品を五年以内に持ち出せ」と教唆した。これらは、評議員、理事らの特別背任行為である。複数の関係者の証言がある。あるパレットクラブ幹部は、大森邦彦に対して「出入り禁止」を申し渡したと聴いている。クラブ員として不適格な言動(同好会であるにも拘らず、自分の作品を売却の対象とした)を行ったからである。

◯大森邦彦は、各位を欺き、分かっているだけでも600万円の不当利得を詐取し、私腹を肥やしている

大森邦彦は博物館を喰い物にし、各位を欺き、大森邦彦の市ヶ谷マンションの部屋(妻、大森康子名義)を自動引落しで「不当利得」を得ていた。毎月20万円、分かっているだけでも30ヶ月分、合計600万円余を詐取し、私腹を肥やしていた。これらの背任行為の他に、各位に対して「5年以内に、美術作品を博物館外へ持ち出せ」と執拗に、教唆した事実がある。各位、つまり被教唆者は決意、実行すれば、教唆犯として正犯に準じて処罰(刑法61条)される。最近の法令では、教唆方法は明示、黙示、直接、間接を問わず、教唆は独立犯として処罰される。大森邦彦、全く信用できない。また決して信用してはいけない。

◯福沢先生がおられれば、塾員として、あるまじき言動、反社会的言動を繰り返していた大森邦彦、日比谷孟俊の二人を塾員名簿から末梢しているに違いない。同様に、実践女子大学の教授会は、佐藤悟の教授の資格を剥奪するべきである。さもなければ、教育機関としての大学は名ばかりで、誠に不名誉で、他の教育機関からも、その資格を問われることになる。

◯2016.09、評議員の大森邦彦、日比谷孟俊らにより、酒井邦男理事長、旭道寛副理事長(1982開設以来の理事、酒井家の菩提寺生安寺、しょうあんじ住職)が解任された。直後、二人の評議員(大森邦彦、日比谷孟俊)も辞任した。理事、評議員らは、全員が新任で、全く経験のない酒井達雅、酒井浩志(達雅の次男)らが、その責任を負うこととなった。評議員の画策により、私や酒井邦男らは、全く埒外に置かれている。

◯2016-9-17評議員会(二名の評議員、大森邦彦、日比谷孟俊)の議決?により、これまでの理事長・酒井邦男、副理事長・旭道寛の両名は任期満了で解任された。
大森邦彦は「作品を五年以内に館外へ持ち出せ」と「乗っ取り」を教唆し、恫喝、虚偽、偽計で他人、また他の法人財産の「私物化」を計った。博物館の役員として、明らかな「背任」である。日比谷孟俊は「私文書偽造および行使」など、不適切な言動を繰り返している。しかも、大森邦彦、日比谷孟俊ら二評議員は、博物館の全理事、全評議員を取り替えた。将に、評議員の専横による異常事態が惹き起こされている。日比谷孟俊は、大学教授というが、「私文書偽造および行使」を繰り返し、教授とは名ばかりで全く適格を欠く。公益性の高い博物館の役員として、全く資質に欠ける人物で、教授はもとより、全く不適格である。大学も資質を問われる。

◯大森邦彦らは辞任しても、特別背任、教唆罪、未遂罪は逃れられない。

大森邦彦、日比谷孟俊、佐藤悟らの不適切な言動は、辞任したからと云って逃れられるものではない。今後とも、直接、間接、その言動に対する社会的制裁を受けなければならない。

◯現行の一般財団法人の定款では、理事は評議員に対して対抗手段(解任権)が全くない。
評議員だけが絶大な権限を持ち、理事を解任できる仕組みになっていて、法令そのものに瑕疵(かし)がある。
博物館は非営利法人、株式会社は株を発行する営利法人です。この両者を同列に置くこと自体に無理があります。

◯全く博物館運営の経験のない浩志君、前途多難です。当初の公益財団移行も、評議員らの威力業務妨害により頓挫しています。他の財団と同様、公共性を重視する浮世絵博物館は、公益財団へ移行する社会的責任と義務があります。新評議員に松本市の市会議員その他、公益性の高い人物を選任し、俑(よう)を作らないようにすることが喫緊の課題です。

◯邦男前理事長、前々理事長の私は永年の経験がありますので、展覧業務など何か相談があれば、いつでも早急に対応する所存です。
展覧会は待ったなしに、日程が迫ります。

*博物館の継続、信用にも関わりますので、既決案件の海外、ならびに国内の浮世絵展覧会、貸出などは、酒井邦男元理事長に委嘱されていた案件です。オーストラリア・メルボルンのNGV、北齋展も無事に終ったようです。これも、元はと云えば、前理事長・酒井邦男氏の努力で、海外展(65回目)が実現した訳ですから、浩志君、ハガキの一つでも出すのが社会人としての礼儀です。

*祝祭日の場合、開館。翌日休館。
なお展示替えに伴う、臨時休館日もございますので、お問い合わせ下さい。
Closed on Monday , national holiday open and next day closed

JUMの展覧会案内は、下記のサイトを御覧下さい。

japan-ukiyoe-museum.com

酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂  [http://www.ukiyo-e.co.jp]

酒井好古堂主人 SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser    E-mail: gankow@gmail.com

_______________________________________________________________________________

◯2016JUM4(展覧会4)

会期:2016年10月1日(土)~12月25日(金)

会場:日本浮世絵博物館 月曜日、休館

10.00-17.00(入館は16.30前まで)

390-0852長野県松本市島立小柴2206-1

長野道・松本インターチェンジより2-3分

JR松本駅アルプス口よりタクシーで7分。

電話0263-47-4440

展覧会:美人競 びじんくらべ -やまとなでしこからモダンガールへ- Comparing Beauty – From the Traditional Ideal Japanes Woman –

初期、最盛期、そして近代へと継承されている美人画の系譜が、纏まった形で展覧されています。

これは、今までの美人画展を凌ぐ、浮世絵博物館ならではの画期的な展覧であると思います。

ぜひ、御覧いただきたいと存じます。

eb367ee1aae0f205d47551b63df9385a2

◯2016JUM3(展覧会3) *これは以前の展覧会の広報です。

会期:2016-7-01 から 9-25(日)まで *これだけ北齋の世界的名品を多く展示できるのは日本浮世絵博物館以外、例がない

会場:日本浮世絵博物館 展示室

390-0852長野県松本市大字島立字新切2206-1 *JR松本アルプス口より、タクシーで 7分。

連絡:0263-47-4440(電話)

催事:北齋展 森羅万象を描いた絵師

ぜひ出掛けて、世界的画家、浮世絵師の北齋作品を鑑賞して欲しい。浅間温泉など、宿泊施設もございます。

宿泊施設を確保して、ゆっくり観光を楽しむことも出来ます。小さな都市ですので、歩いて、あちこち観光できます。小さいことが有利です。ただ浮世絵博物館は高速道路のインターチェンジ、つまりアルプス口で松本駅から約4kmほど離れています。

ぜひ、北齋の最高傑作を鑑賞して戴きたいと存じます。

IMG_20150814_0001

5)日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会 図録など

他にも展覧会図録などもございます。

 

cimg0005

1996廣重/江戸風景版画大聚成、小学館

*浮世絵学に沿って、データベースを作成。廣重の江戸風景版画を大聚成した。

————————————————————————————————————-

cimg0009

1997酒井雁高/浮世絵学、日本浮世絵博物館・日本浮世絵学会

浮世絵参考書目の集大成およびDB(データベース)の記述方法

著者編年別書目

————————————————————————————————————-

cimg0010

1996近藤映子/英山、日本浮世絵学会

————————————————————————————————————-

cimg0011

1994酒井雁高/廣重図録、日本浮世絵学会

廣重の東海道五十三次(保永堂版を含む)の基本情報(廣重編年資料集成)を網羅してある。

図版も國貞/東海道五十三次之内(佐野喜、森治)、芳重/鉢山圖繪、廣重/竪東海道(蔦吉版)など、

全図版を掲載した。

————————————————————————————————————-

cimg0014

1989酒井雁高/歌磨図録、日本浮世絵学会

歌麿の伝記の集大成

————————————————————————————————————-

cimg0016

1969酒井藤吉/清親・東京名所、日本浮世絵保存会

これまで全貌が不明であった東京名所の全作品を展覧会図録で紹介。

これで、清親の東京名所の全てが掲載されている。

————————————————————————————————————-

2003酒井雁高/歌舞音曲の世界

————————————————————————————————————-

cimg0019

1993酒井雁高/北齋図録、日本浮世絵学会

北齋の作品、資料の集大成

春朗、宗理、辰政、北齋、戴斗、爲一、卍

各画号別に整理。

cimg0021

1962酒井藤吉/Hokusai’s Masterpieces

世界で最初に北齋の作品を紹介した

Hokusai Manga vol.1-vol.15             

北齋漫画、下記でご覧になれます。

http://www.ukiyo-e.co.jp/31956       無版元   北齋漫画N01…N10と表記する

http://www.ukiyo-e.co.jp/21976       吉川弘文館 東壁堂 北齋漫画Y01…Y15 と表記

————————————————————————————————————-

cimg0024

1985日本浮世絵博物館/肉筆浮世絵撰集、学研

肉筆浮世絵の集大成

————————————————————————————————————-

cimg4647

2007酒井雁高/浮世絵超名品展図録、日本浮世絵学会

cimg4657

————————————————————————————————————-

cimg6918_1

1995酒井雁高/超豪華復原浮世絵 歌川廣重 東海道五十三次、小学館

先学の諸賢の意見を踏まえ、初摺、差異、保存、絵の具など詳細な解説冊子あり

cimg6921_1

—————————————————————————————————————–

cimg6924

1996酒井雁高/廣重・江戸風景版画大聚成、小学館

松木喜八郎など先学の図版を含め、浮世絵博物館所蔵の総図録を網羅した。

作品一覧は、浮世絵学データベース(DB)を基本に整理してある。

廣重の江戸風景版画の集大成

cimg6926

[浮世絵学・複製] *代表的な複製(木版、カラーシートなど)を御覧になれます。

◯浮世絵専門博物館の御案内

浮世絵学00/2019浮世絵専門博物館 ukiyo-e speciality museums 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/215

浮世絵学

浮世絵学**                         http://www.ukiyo-e.co.jp/16738  御案内
浮世絵学*1      http://www.ukiyo-e.co.jp/1809      *酒井好古堂
浮世絵学*2      http://www.ukiyo-e.co.jp/233  *酒井好古堂(English)
浮世絵学*3      http://www.ukiyo-e.co.jp/1783    *酒井好古堂(小島烏水)
浮世絵学*4      http://www.ukiyo-e.co.jp/226  *浮世絵学DB
浮世絵学*5      http://www.ukiyo-e.co.jp/3879      *日本浮世絵博物館
浮世絵学*6      http://www.ukiyo-e.co.jp/7780   *日本浮世絵博物館 浮世絵展覧会(国際)
浮世絵学*7      http://www.ukiyo-e.co.jp/***   *新聞報道
浮世絵学*8      http://www.ukiyo-e.co.jp/1041   *DB入力方法
浮世絵学*9      http://www.ukiyo-e.co.jp/1014   * 書誌

浮世絵類考(伝記)             http://www.ukiyo-e.co.jp/1016
浮世絵師、狂歌師(伝記) http://www.ukiyo-e.co.jp/866
落款(雅号)                http://www.ukiyo-e.co.jp/498

冨嶽三十六景                http://www.ukiyo-e.co.jp/7173

東海道五十三次               http://www.ukiyo-e.co.jp/17992

木曾街道                   http://www.ukiyo-e.co.jp/2496

浮世絵聚花
1985浮世絵聚花02  http://www.ukiyo-e.co.jp/1464  清長/総目録   846種 1,239点
1978浮世絵聚花03  http://www.ukiyo-e.co.jp/2184  歌麿/総目録   867種、2,442項目
1979浮世絵聚花04  http://www.ukiyo-e.co.jp/1456  春信/総目録   843種、全1239点
1980浮世絵聚花08    http://www.ukiyo-e.co.jp/8845  栄之/総目録
1981浮世絵聚花14   http://www.ukiyo-e.co.jp/1563  廣重/総目録   3,855項目
1981浮世絵聚花16   http://www.ukiyo-e.co.jp/2142  北齋/総目録   563項目

絵師 総目録
絵師別 総目録         http://www. ukiyo-e.co.jp/3495
分類 長崎 横浜 摺物(角版) http://www. ukiyo-e.co.jp/3495

___________________________________________________________________________

版本(絵本)の紹介      Picture Books   デジタル *全頁を影印で掲載

http://www.ukiyo-e.co.jp/22447  浮世絵学04/外題(書名)                                 

http://www.ukiyo-e.co.jp/28898   1648師宣/吉原戀乃道引        Moronobu’s Yoshiwara Pleasure District Guide

http://www.ukiyo-e.co.jp/22565  1719祐信/艶女玉すだれ(非公開)   

http://www.ukiyo-e.co.jp/22643  1759抱一/鶯邨(おうそん)画譜             Ohson(Hohitsu) Gafu

http://www.ukiyo-e.co.jp/28549  1780耳鳥齋/絵本水也空         Ehon Mizu ya Sora

http://www.ukiyo-e.co.jp/27664  1794蕙齋(ケイサイ)/諸職画鏡                  Shoshoku Ekagami

http://www.ukiyo-e.co.jp/22488  1797蕙齋(ケイサイ)/鳥獣畧画式     Choujuu Ryakugashiki

http://www.ukiyo-e.co.jp/28069  1799蕙齋(ケイサイ)/人物略画式     Jinbutsu  Ryakugashiki

http://www.ukiyo-e.co.jp/28386  1802蕙齋(ケイサイ)/龍の宮津子    Tatsuno Miyatsuko *龍の宮津子(俳諧)は初版、掲載図は魚貝略画式(俳諧なし)

http://www.ukiyo-e.co.jp/28494  1803双鳩子(齋藤秋圃)/廓中艶譜    Kakuchuu Empu

http://www.ukiyo-e.co.jp/28618  1803耳鳥齋*/歳時滅法戒          SaijiMeppoukai      

http://www.ukiyo-e.co.jp/27955  1813蕙齋(ケイサイ)/草花略画式     Kusabana Ryakugashiki

____________________________________________________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/20858  1814-1878北齋漫画1-15編        Hokusai Manga vol.1-vol.15             

http://www.ukiyo-e.co.jp/20859  1814北齋/北齋漫画 全編                                     

_____________________________________________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/20319  1814北齋(ほくさゐ)/北齋漫画(一編)     Hokusai Manga vol.1

http://www.ukiyo-e.co.jp/20452  1814戴斗(たいと)/北齋漫画2(二編)      Hokusai Manga vol.2 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20497  1814戴斗(たいと)/北齋漫画3(三編)      Hokusai Manga vol.3 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20584  1816戴斗(たいと)/北齋漫画4(四編)   Hokusai Manga vol.4

http://www.ukiyo-e.co.jp/20656  1816戴斗(たいと)/北齋漫画5(五編)    Hokusai Manga vol.5

http://www.ukiyo-e.co.jp/20768  1817戴斗(たいと)/北齋漫画6(六編)    Hokusai Manga vol.6

http://www.ukiyo-e.co.jp/20808  1817戴斗(たいと)/北齋漫画7(七編)    Hokusai Manga vol.7

http://www.ukiyo-e.co.jp/27067  1817戴斗(たいと)/北齋漫画8(八編)     Hokusai Manga vol.8

http://www.ukiyo-e.co.jp/27109  1817戴斗(たいと)/北齋漫画9(九編)     Hokusai Manga vol.9

http://www.ukiyo-e.co.jp/20866  1817戴斗(たいと)/北齋漫画10(十編)     Hokusai Manga vol.10

*戴斗(たいと)は北齋漫画を十編を大尾としている。十一編以降、戴斗は関与していない。

———————————————————————————————————————————–

http://www.ukiyo-e.co.jp/20598  1820-1833爲一(ゐいつ)/北齋漫画11(十一編)    Hokusai Manga vol.11

http://www.ukiyo-e.co.jp/20994       1834爲一(ゐいつ)/北齋漫画12(十二編)       Hokusai Manga vol.12

http://www.ukiyo-e.co.jp/21037  1849爲一(ゐいつ)/北齋漫画13(十三編)       Hokusai Manga vol.13

http://www.ukiyo-e.co.jp/21075  1850-1877爲一(ゐいつ)/北齋漫画14(十四編)  Hokusai Manga vol.14

http://www.ukiyo-e.co.jp/21112  1878爲一(ゐいつ)/北齋漫画15(十五編)        Hokusai Manga vol.15

———————————————————————————————————————————–

http://www.ukiyo-e.co.jp/21358  1816墨僊(ぼくせん)/墨僊叢畫      Bokusen                    

http://www.ukiyo-e.co.jp/21321  1818戴斗(たいと)/傳神畫鏡     Taito: Denshin Ekagami                 

http://www.ukiyo-e.co.jp/22052  1823爲一(ゐいつ)/一筆畫譜    Wi.itsu:  Ippitsu Gafu                   

———————————————————————————————————————————–

http://www.ukiyo-e.co.jp/19978    1835爲一(ゐいつ)/富嶽百景1             Wi.itsu: Fugaku Hyakkei

                   1836爲一(ゐいつ)/富嶽百景2

                   1849爲一(ゐいつ)/富嶽百景3                            

_________________________________________________________________________________

北齋画号一覧
北齋画号(1)春朗(しゅんろう) http://www.ukiyo-e.co.jp/12185
北齋画号(2)宗理(そうり)   http://www.ukiyo-e.co.jp/12190
北齋画号(3)辰政(ときまさ)  http://www.ukiyo-e.co.jp/12193
北齋画号(4)北齋(画号)    http://www.ukiyo-e.co.jp/12195  3,377項目 重複もある
北齋画号(5)戴斗(たいと)   http://www.ukiyo-e.co.jp/12197  502項目 重複もある
北齋画号(6)爲一(ゐいつ)   http://www.ukiyo-e.co.jp/12200  3,105項目 重複もある
北齋画号(7)卍 (まんじ)   http://www.ukiyo-e.co.jp/12202

 

 

何か、ご質問がございましたら、御連絡下さい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂     http://www.ukiyo-e.co.jp
[浮世絵学]文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

1982-04-24現在(2020-01-25更新) ✓検索 浮世絵学   ◯◯   http://www.ukiyo-e.co.jp/1783   

2018Winter

酒井 雁高(がんこう) 浮世絵・酒井好古堂主人 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂 浮世絵鑑定家   
SAKAI_gankow,  curator,  profe6sional adviser of ukiyo-e

酒井 邦男(くにお)  副代表

PHONE  03-3591-4678

酒井好古堂(こうこどう)は、幕末の開明思想家・佐久間象山(1811-1864)(しょうざん)が象山より一つ上の酒井義好(よしたか)のための書齋号として、命名しました。日本で尤も古い浮世絵の老舗(しにせ)で、浮世絵の鑑定、復刻、研究などを行ってきました。

◯小島烏水(1873-1948)は、浮世絵収集家で、横浜正金銀行、そして登山家。イギリスの W. ウエストン(1860-1940)を上高地へ案内しました。ウエストンは、初めて日本アルプスと命名をしました。

烏水(うすい)さんは、好古堂発刊の学術誌「浮世絵」の編集を主宰しました。当時、「浮世絵類考の定本」を作れと提唱しています。烏水さんが、横浜正金銀行LA支店長の時、槇有恒さんが訪ね、アルプスを目指すならば、スイスのグリンデルワルドへ行きなさいとの助言を請けました。のち、槇さんはアイガー北壁の登頂に成功します。

1982、父・酒井藤吉、叔父・酒井貞助、酒井泉三郎らが、高橋誠一郎先生ほか、多くの賛同者と共に、父祖の地である信州・松本郊外に、日本浮世絵博物館を創立しました。

*浮世絵学(文化藝術懇話会*) (1)…(63)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/35962

______________________________________________

1915小島烏水/浮世絵類考の定本を作れ

2019落款(らっかん)/浮世絵類考_五十音_9591項目

2019落款(らっかん)/浮世絵類考_五十音 総目録_9591項目

⚪その他、諸本

1818瀬川富三郎/江戸方角分_930項目    *原本配列順 多くの狂歌師を含む 三代目瀬川富三郎(1780s-1833c)

1982GUD原色浮世絵大百科事典2/浮世絵師_574項目

*浮世絵類考、浮世絵師伝などを含め集大成  *浮世絵師傳を含め、多くの伝記テキスト、重複、その他

__________________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/866  狂歌師を含む  2791項目

http://www.ukiyo-e.co.jp/1016  類考(五十音順) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/1786  小島烏水/浮世絵類考の定本を作れ

http://www.ukiyo-e.co.jp/10336

http://www.ukiyo-e.co.jp/11173  江戸方角分

http://www.ukiyo-e.co.jp/11064  江戸方角分

http://www.ukiyo-e.co.jp/19592 

1982原色浮世絵大百科事典(2)*浮世絵師の略伝記も参考になる

以下、浮世絵学も参照のこと。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator

酒井 邦男(くにお)  学芸員 curator、副代表

浮世絵・酒井好古堂   http://www.ukiyo-e.co.jp
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678  Fax03-3591-4678

Your PURCHASES Support the oldest ukiyo-e gallery.   Thank you !

 http://www.uiyo-e.co.jp/16738 ←ここをクリック [浮世絵学**]    浮世絵学 – 酒井好古堂 

——————————————————————————————————————————–

  

*画像を見る。また下記を御覧下さい

[浮世絵学・複製*]  *下線をクリックして、ポックアップリンクの下線をクリックしてください

複製* http://www.ukiyo-e.co.jp/32882

原画:日本浮世絵博物館

*原画所蔵先が明記されていない復刻は、避けた方が無難です。

*原画の彫り、摺りを尤も忠実に復刻しています。

複製* http://www.ukiyo-e.co.jp/32882

原画:日本浮世絵博物館

*原画所蔵先が明記されていない復刻は、避けた方が無難です。

*原画の彫り、摺りを尤も忠実に復刻しています。

 

———————————————————————————————————

冨嶽三十六景         http://www.ukiyo-e.co.jp/7173
木曾街道           http://www.ukiyo-e.co.jp/2496
東海道五十三次        http://www.ukiyo-e.co.jp/17992

その他、各絵師のDB

————————————————————————————————————————–

◯浮世絵専門博物館の御紹介

浮世絵学00/2019浮世絵専門博物館 ukiyo-e speciality museums 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/215

_________________________________________________________________________________

◯1941小島烏水(1873-1948)/浮世絵類考(序文) →http://www.ukiyo-e.co.jp/498 

2019落款(らっかん)/浮世絵類考_五十音 総目録_9591項目

2018浮世絵師ほか/浮世絵類考_8788項目

◯版本の全図紹介   版本 全図紹介   →    http://www.ukiyo-e.co.jp/22447

1697(元禄10)清信/好色大福帳 外題(好色大福帳) http://www.ukiyo-e.co.jp/34899

1759抱一(ほういつ)/鶯邨(おうそん)画譜    http://www.ukiyo-e.co.jp/22643 

鶯邨(おうそん)は抱一(ほういつ)の画名。姫路の殿様である。

1759抱一(ほういつ)/鶯邨(おうそん)画譜   http://www.ukiyo-e.co.jp/22643 

浮世絵学04/外題(書名)  http://www.ukiyo-e.co.jp/22447 ←ここをクリック

*富嶽百景 北齋漫画 鳥獣畧画式 一筆画譜など

北齋/一筆画譜

http://www.ukiyo-e.co.jp/22052  1823爲一(ゐいつ)/一筆畫譜 

蕙齋(ケイサイ)政美/鳥獣略画式

http://www.ukiyo-e.co.jp/22488  1797蕙齋(ケイサイ)/鳥獣畧画式     Choujuu Ryakugashiki

蕙齋/人物畧画式

http://www.ukiyo-e.co.jp/28069  1799蕙齋(ケイサイ)/人物略画式     Jinbutsu  Ryakugashiki

蕙齋(ケイサイ)政美/草花畧画式

http://www.ukiyo-e.co.jp/27955  1813蕙齋(ケイサイ)/草花略画式     Kusabana Ryakugashiki

_________________________________________________________

北齋漫画、下記でも、ご覧になれます。

◎北齋漫画 E永楽屋   N版元なし T東壁堂 Y吉川弘文館

http://www.ukiyo-e.co.jp/34105   北齋漫画 デジタル影印で全頁掲載 Hokusai or Taito Manga

http://www.ukiyo-e.co.jp/31956       無版元   北齋漫画N01…N10と表記する

http://www.ukiyo-e.co.jp/21976       吉川弘文館 東壁堂 北齋漫画Y01…Y15 と表記 

戴斗(タイト)/北齋漫画

*北齋は文様も割り出しについても専門家であった。

___________________________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/20497  1814戴斗(たいと)/北齋漫画3(三編)

爲一(ゐいつ)/富嶽百景 全3

http://www.ukiyo-e.co.jp/19978    1835爲一(ゐいつ)/富嶽百景

____________________________________________________________________________________________________________________________

版本 全図紹介                 http://www.ukiyo-e.co.jp/22447

書名(絵本) *クリックして、さらにリンクをクリック  Click and then Click Link Site

http://www.ukiyo-e.co.jp/22447       版本(絵本)

http://www.ukiyo-e.co.jp/1014  *Picture Book 

浮世絵学         

http://www.ukiyo-e.co.jp/5995     浮世絵学

http://www.ukiyo-e.co.jp/162  浮世絵学・複製1    

http://www.ukiyo-e.co.jp/33    浮世絵学・複製2    

http://www.ukiyo-e.co.jp/17     浮世絵学・複製3    

http://www.ukiyo-e.co.jp/100  浮世絵学・複製4    

http://www.ukiyo-e.co.jp/41     浮世絵学・複製5    

http://www.ukiyo-e.co.jp/209  浮世絵学・複製9    

http://www.ukiyo-e.co.jp/211    浮世絵学・複製10   

http://www.ukiyo-e.co.jp/1809       浮世絵学*1      

http://www.ukiyo-e.co.jp/233    浮世絵学*2      

http://www.ukiyo-e.co.jp/1783  浮世絵学*3      

http://www.ukiyo-e.co.jp/226    浮世絵学*4      

http://www.ukiyo-e.co.jp/3879  浮世絵学*5      

http://www.ukiyo-e.co.jp/7780  浮世絵学*6      

http://www.ukiyo-e.co.jp/782    浮世絵学*7      

http://www.ukiyo-e.co.jp/1041  浮世絵学*8      

http://www.ukiyo-e.co.jp/1014  浮世絵学*9   * 書誌

版本(絵本)の紹介

http://www.ukiyo-e.co.jp/22447  浮世絵学04/外題(書名)                                 

http://www.ukiyo-e.co.jp/22565  1719祐信/艶女玉すだれ(非公開)   

http://www.ukiyo-e.co.jp/22643  1759抱一/鶯邨(おうそん)画譜             Ohson(Hohitsu) Gafu

http://www.ukiyo-e.co.jp/28549  1780耳鳥齋/絵本水也空         Ehon Mizu ya Sora

http://www.ukiyo-e.co.jp/27664  1794蕙齋(ケイサイ)/諸職画鏡                  Shoshoku Ekagami

http://www.ukiyo-e.co.jp/22488  1797蕙齋(ケイサイ)/鳥獣畧画式     Choujuu Ryakugashiki

http://www.ukiyo-e.co.jp/28069  1799蕙齋(ケイサイ)/人物略画式     Jinbutsu  Ryakugashiki

http://www.ukiyo-e.co.jp/28386  1802蕙齋(ケイサイ)/龍の宮津子    Tatsuno Miyatsuko **龍の宮津子(俳諧)は初版、掲載図は魚貝略画式(俳諧なし)

http://www.ukiyo-e.co.jp/28494  1803双鳩子(齋藤秋圃)/廓中艶譜    Kakuchuu Empu

http://www.ukiyo-e.co.jp/28618  1803耳鳥齋*/歳時滅法戒          SaijiMeppoukai      

http://www.ukiyo-e.co.jp/27955  1813蕙齋(ケイサイ)/草花略画式     Kusabana Ryakugashiki

————————————————————————————————————————————————-

http://www.ukiyo-e.co.jp/20858  1814-1878北齋漫画1-15編        Hokusai Manga            

http://www.ukiyo-e.co.jp/20859  1814北齋/北齋漫画 全編                                     

_________________________________________________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/20319  1814北齋(ほくさゐ)/北齋漫画(一編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20452  1814戴斗(たいと)/北齋漫画2(二編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20497  1814戴斗(たいと)/北齋漫画3(三編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20584  1816戴斗(たいと)/北齋漫画4(四編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20656  1816戴斗(たいと)/北齋漫画5(五編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20768  1817戴斗(たいと)/北齋漫画6(六編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20808  1817戴斗(たいと)/北齋漫画7(七編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/27067  1817戴斗(たいと)/北齋漫画8(八編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/27109  1817戴斗(たいと)/北齋漫画9(九編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20866  1817戴斗(たいと)/北齋漫画10(十編) 

*戴斗(たいと)は北齋漫画を十編を大尾としている。十一編以降、戴斗は関与していない。

————————————————————————————————————————————————-

http://www.ukiyo-e.co.jp/20598  1820-1833爲一(ゐいつ)/北齋漫画11(十一編)    

http://www.ukiyo-e.co.jp/20994       1834爲一(ゐいつ)/北齋漫画12(十二編)      

http://www.ukiyo-e.co.jp/21037  1849爲一(ゐいつ)/北齋漫画13(十三編)      

http://www.ukiyo-e.co.jp/21075  1850-1877爲一(ゐいつ)/北齋漫画14(十四編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/21112  1878爲一(ゐいつ)/北齋漫画15(十五編)      

————————————————————————————————————————————————-

http://www.ukiyo-e.co.jp/21358  1816墨僊(ぼくせん)/墨僊叢畫                      

http://www.ukiyo-e.co.jp/21321  1818戴斗(たいと)/傳神畫鏡                       

http://www.ukiyo-e.co.jp/22052  1823爲一(ゐいつ)/一筆畫譜                       

—————————————————————————————————————————————–

http://www.ukiyo-e.co.jp/19978    1835爲一(ゐいつ)/富嶽百景1

                   1836爲一(ゐいつ)/富嶽百景2

                   1849爲一(ゐいつ)/富嶽百景3                            


◎ここは好古堂の複製、および研究報告などを紹介しています。

目次

1)酒井好古堂

トップページ

2)浮世絵学*3 1941小島烏水/浮世絵類考(序文)

3)復刻、複製などの御案内

4)浮世絵学 書誌

5)日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会 図録など

6)最近の展覧会(浮世絵関連)

7)浮世絵学* 御案内

DBデータベース各種

     http://www.ukiyo-e.co.jp/226

8)吉原遊廓  書誌

9)歌舞音曲

10)偽筆 肉筆浮世絵

11.a)最近の研究・投稿(名数 源氏物語 五十三帖説)

11.b) 廣重/東海道五十三次(保永堂+僊鶴堂)の刊年、その画証

11.c)北齋および戴斗(たいと)/北齋漫画 1、2、3、4、5、6、7、8*、9*、10、11、12、13、14、15 全画像を紹介

*現在、初版本が手元に無いので、吉川半七版を紹介

11.d)1818戴斗/傳神畫鏡 全図、掲載する。

12)明治初年、画廊・酒井好古堂を神田淡路町に創設。

*書廊(しょろう)の琅玕堂(ろうかんどう)から暗示を受けた。

——————————————————————————————————

1)酒井好古堂    http://www.ukiyo-e.co.jp

[浮世絵学・複製] *Reproduction by traditional handmade

*Uki-yo does not mean “floating” “world”.  It means “feeling of excitement” “people and society”.

So “ukiyo-e” means exactly “the pictures for feeling of excitement”, never “floating “.

Ukiyo-e never floats but SINKS under the water.

浮世は、浮いている世の意味ではなく、むしろ「浮き浮きした」という意味です。

従って歌舞音曲、吉原遊廓、江戸文学、狂歌、川柳などが生まれています。

  [http://www.ukiyo-e.co.jp]

___________________________________________________

2)浮世絵学*3 1941小島烏水(うすい)/浮世絵類考(序文)

[1941大曲駒村/浮世繪類考0a/01-06]

浮世繪類考  全              小 島 烏 水  識[大曲 駒村]

大正四年夏、余は酒井好古堂主人と相咨り、雜誌「浮世繪」を同堂より發行し、余自ら暫く編輯の任に當りたることあり。當時「浮世繪」に寄稿を賜はりたる故人今人は、殆ど斯道の権威を網羅したりと言ふも過ぎたりとは考へず、殊に故人に就いて言へば、大槻如電、坪内逍遥、林若樹、橋口五葉、内藤鳴雪、淡島寒月、朝倉無聲、岡野知十、武岡豊太、野崎左文、關根默庵、星野朝陽、油井夫山、山中共古等の諸先生を舉ぐべく、微々たる薄名の小雜誌としては、空前の光輝として、出版と編輯に携はりたる者の、感謝に堪へざるところなりき。就中林若樹氏は、最も多く寄稿せられたるが、さすがに珍藏の資料豊富なりしためか、今に及んで忘れ得ざる名篇尠からず、その最も重要なるものを選べば「浮世繪類考の底本を作れ」の一文と爲す。
要旨を摘記すれば、從來浮世繪を研究するに際し、畫工の傳記、系統、批判等に亘れる唯一の參考書たりし浮世繪類考の著者に就いて二説あり。即ち笹屋新七(邦教)なる者が、類考の本文を撰し、附録として同人の始系を追加せりと言ふ説と、類考の本文は、大田蜀山の原撰にして、附録の浮世繪始系のみが、笹屋新七の編となす説と、並び行はる。同氏家藏の加藤曳尾庵が手抄せし浮世繪類考の跋文に依れば、蜀山人藏本を借摸したるものにて、類考が蜀山人の原撰なることを明らかにし、尚ほ最初の浮世繪類考より、京傳の追考、三馬の補記、英泉の續浮世繪類考(私註、本書は无名翁随筆の別名あり、明治四十年刊行の、燕石十種第二編に収む)齋藤月岑の増補浮世繪類考(私註、明治二十四年刊行、温知叢書第四編に収む)龍田舎秋錦の新増補浮世繪類考(私註、明治二十二年に、單行本として刊行せらる)に至る迄の間には、各人の補記混淆して、其間に脱文あり、誤記あり、彼此錯雜して判別に苦しむ。例へば、前述曳尾庵手寫本を以て、新増補浮世繪類考と比較するに、後者は誤謬多く一筆齋文調を、狂歌師岸文笑別名頭の光と混合し、寫樂の條には、他の流布本が、舉つて寫樂の行はれざりし所以を、俳優の眞實相を描かんと有らぬさまに寫したるに歸因せるに對し、寫樂筆力の雅趣愛すべきあるを認めたる、鑒要なる一行の追加ある如き相違あり、差し當り、從來唯一の引用書とせられたる浮世繪類考を、その原撰、曳尾庵の補記、京傳の追考、三馬補記等及びその他の新出本に至るまで、各本の底本を作ること、最も必要なりと信じ、茲に同好者に檄すと言ふにあり。
此一文は、洵に故人の卓見にして、類考の原撰者笹屋邦教説を打破し、大田蜀山と確定したる業蹟は、必ずしも故人の説を以て、最初のものとなすを得ざれども、底本問題の提唱は、浮世繪研究者の間に、大なる關心を喚起して、爾來今日に至るまで、浮世繪類考の善本を獲ることは、研究者間の忽せにせざる所なり。
偶ま、昭和七年に、島田筑波氏校訂浮世繪類考曳尾庵本が、孚水畫房より翻刻せられしも、本書は三田村鳶魚氏が、昭和二年九月一日の午後、林若樹氏の藏本を借り、即夜寫畢せられたるものに依りたるものにして、三田村氏の寫本は、時間の制限上、充分校合の暇無かりしが如く、往々誤寫ある旨を、校訂者自らが指摘せり。即ちこの翻刻曳尾庵本は、原書よりの直接謄寫に非ざる上に、他の類考本を參考して聚合したるが故に、假令曳尾庵本の寫本を主としたるに相違なしとするも、是を以て直ちに曳尾庵本の正寫と言ふを得ず。
次に、善本として酉山堂本なるもの、世に傳へらる。狩野亨吉博士、三田村鳶魚氏等の藏本なりと云ふ。余は未だその原書を閲覧せずと雖も「酉山堂浮世繪類考」と題する寫本を獲て、一見するに、これにも誤寫ありて安心ならず。例へば歌麿の住所に「久石三ノ町」とあれど、正しくは久右衛門町なるべく、又七十翁蜀山人の跋記の後に「右進産山東京傳手書本」とあれども、進産は追考の誤寫なること、言を俟たず。本書は、筆者の手蹟、美事にして、字劃も、いと明晰に、寫本としては理想に近し。且つ、上述の孚水ぶんこ浮世繪類考に、挿圖として挿入せられたる酉山堂本の一枚と對照するに筆蹟は正に同一にして、孰れが原本、孰れが寫本なるかの區別に苦しむ、即ち同一人の筆寫に出でたるものにして、無責任なる當推量の筆耕とは考へられず。換言すれば、原本通りを、忠實に寫したるものと信ぜられるだけに、酉山堂原本なるものゝ正確性に就いて、一點の疑ひなしとせず。
思ふに「浮世繪類考」の善本としては、蜀山の自筆本、或はその舊藏本に依らざる可らざるものならむが、余は未だ蜀山が、果して類考、附録、追考等の三部を纏めて、その全部又は一部を自筆したるものなりやを審らかにせず。舊藏本にしても、年月の隔たりは、その存否、又は眞贋を明白にするに惱まざるを得ず。要するに、浮世繪類考は、結局寫本に依らざるべからず。寫本なるものは、傳寫に次ぐに傳寫を以てし、その間、時代の推移に從つて増補を加へられ、粗より密に入る傾向あり。それも、正確の資料に據りたるものならば、却って嘉(よ)みすべきものならむも、あられもなき道聽塗説などを書き加へ、(例へば二代豊國が、恩師初代豊國の寡婦に入夫して、二代目の名を冐せりといふが如き、弱冠薄命の故人をして、久しく地下に冤(えん)を泣かしむ)又寫字の上にも、魯魚の誤を重ね、玉石混淆の鵺本となりたるもの、比々皆然りと言ふも過言に非ず。
余は浮世繪類考の研究者にあらず。然れども、往々古書展覧會及びその他に於て、觸目の類考寫本を入手することあり、おのづから貧弱なる一蒐集を成せり。その中、藏因の判明せるものを拾へば、曰く椎園本(椎園は、蜂屋茂橘の號なり、天保年間の人、寫本椎の實筆九十巻あり、帝國圖書館に藏せらると聞く)故角田竹冷の藏本にして「竹冷挿架」なる長方形の朱印あり、本文の鼈頭(べっとう)に、椎園の書き入れあり、跋文に言ふ、「右一本旦過■(草冠+合+廾)主人藏書を借模す、南畝翁所藏の原本を模せしもの也と主人言へり、天保五年甲午夏椎園」と。曰く野中本、跋文の後に、天保十三年壬寅五月、蘭女史寫とあり、野中完一といへる人の藏印あり。曰く仙寓庵本、天保十二年八月百樹京山方にて、藏書借受寫者也とあり、伊香保仙寓庵の藏印あり。曰く森文庫藏本、文久三癸亥季仲冬石川一正寫之とあり。曰く林忠正藏本、押印あり、序文に柳亭種彦記、跋文に「山東百樹翁が編せし類考に、おのれ、僅見聞にふれて、一ツ二ツを書加へしのみ、尚同志の補正を乞、明治十三年一月柳亭主人」とあれど、柳亭種彦の名に就いては疑惑あり、百樹翁とは京傳の弟、山東京山のことにして、京山自編の類考本ありとは考へられざれど、本文中には、新増補の採るべきものあり、一概に捨てられず。其他の諸寫本には、藏印なく、特に記すべきものなし。外に、飯島虚心の浮世繪年表あり、扉に明治二十四年十月虚心堂として、花押めきたるものあり、浮世繪年表と大書すれど、自筆なるや否やを知らず、明治の浮世繪師までを補筆す。多少の新發見あれど、誤謬なお亦存す。以上の諸寫本は、要するに天保以後のものにして、新増補本の參考としては用ふべし、浮世繪類考の底本としては推すを得ず。
最も善き底本を作る方法如何。須らく諸家愛藏の浮世繪類考善本を、翻刻又は忠實なる寫本に複製して世に弘布すべし。而して彼是對校檢討の勞を執るべし。前述の孚水ぶんこ曳尾庵本、及び寫本酉山堂本の如きは、恐らくはこの要求に應じて立てるものなるべし。
今茲に、友人大曲駒村君は、川柳研究家の第一人者にして、又浮世繪研究の先覺者なり。浮世繪類考の底本問題に潜心すること多年にして、君に愛玩の二善本あり。同君執筆の文中に述べられる如く、松平確堂公の舊藏本、及び荒尾本の二部とす。同君は、その中の松平本を選び、底本の一種として、敢然翻刻の擧に出でらる。勞多くして功少なきは、この種の刊行者が、經驗するところなれど、それをしも、忍ぶに非ざれば、研鑽の途開けざるなり、同君の勇敬すべし。
問題は、君自ら言へる如く、本書が果して底本たり得る程の善本なるや否やに在り。把つて一讀、二讀、三讀、大曲君幸ひに眼識あり、從來の諸刊行本、及び信用さるべき傳寫本の間に介在して、善本を以て呼ばるゝに躊躇せず。今のところ、何の浮世繪類公か、是れ最善本なるやを決定し能はざるに於て、最も優良なる一本なるを疑はず。
現今、浮世繪の研究大に進みたるは、曩日の談に非ず。然れども、浮世繪研究書の祖先本「類考」の底本を完成せずしては、根柢に空虚を感ずるを奈何。大曲君の、松平本を提げて立つや、宜矣(むべなり)。
昭和十三年歳末
小 島 烏 水  識

______________________________________________________

◯1984小島烏水全集 第13巻月報 *小島烏水(1873-1948)

1984酒井藤吉/小島烏水先生の思い出

私の父、二代目酒井好古堂酒井庄吉は、日本最初の浮世絵研究誌「浮世繪」を1915大正4年6月うより大正9年9月まで六年間にわたり、全55冊を発行いたしました。小島烏水、坪内逍遥、宮武外骨、三田村鳶魚、石井研堂、桑原羊次郎、星野朝陽、漆山天童、大槻如電、林若樹、内藤鳴雪、淡島寒月、朝倉無聲、岡野知十、武岡豊太、野崎左文、関根黙庵、油井夫山、山中共古、山下詳光、井上和雄、藤懸静也、橋口五葉、相見香雨、島田筑波、永井荷風ほか錚々たる当時の文人、研究者が執筆陣で、多くの人々の注目を集め絶賛を博しました。今は、浮世絵研究者にとって貴重な資料となっております。

私は1915大正4年3月15日、酒井庄吉の長男として生まれました。父は早速、次弟文助、三弟平造、四弟忠吉の四人兄弟で酒宴をひらいたそうです。そこに偶然にも小島烏水、宮武外骨両先生の同席を得、席上、両先生のすすめによって、雑誌「浮世繪」と「浮世繪逸品集」(月刊、全揃80枚)の発刊を決意したとのことです。

父は損得を度外視して「浮世繪」及び「浮世絵逸品集」を発刊し、当時の金で毎月300円位損をしたと云っておりました。子供心にもおぼえていますが、税務署から署員2名来て、「商売人が損するバカはないだろう」と云っておりました。いろいろ調べられ、相当高い当時の戦時利得税を取られたため、六年間余で廃刊のやむなきに至りました。父は1942昭和17年(行年65歳)死去しましたが、生前私共三兄弟(藤吉、貞助、泉三郎)に、「浮世繪」を百号まで、「逸品集」を百枚まで出版したかったとよくこぼしていました。「浮世繪」第1号には、烏水先生の「江戸の錦繪店」が巻頭をかざっています。それをみても、先生と父と深い関係があったのはよくわかります。山と藝術に七十五年の生涯をささげられた先生と、哲学的思考の持主の父庄吉とはなにか相性がよかったようです。

(以下畧)(酒井藤吉 財団法人日本浮世絵博物館理事長、酒井好古堂三代目主人)

——————————————————————————————————

3)復刻、複製などの御案内

2017-8-07

浮世絵学・複製1    http://www.ukiyo-e.co.jp/162
浮世絵学・複製2    http://www.ukiyo-e.co.jp/33
浮世絵学・複製3    http://www.ukiyo-e.co.jp/17
浮世絵学・複製4    http://www.ukiyo-e.co.jp/100
浮世絵学・複製5    http://www.ukiyo-e.co.jp/41
浮世絵学・複製9    http://www.ukiyo-e.co.jp/209
浮世絵学・複製10     http:// www.ukiyo-e.co.jp/211

——————————————————————————————————

4)浮世絵学 書誌

=浮世絵学*9/ 浮世絵書誌、出典 Bibliography, reference books, illustrated catalog … [浮世絵学・複製*] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/1014

——————————————————————————————————

5)日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会 図録など

◯日本浮世絵博物館 展覧会案内ほか

http://www.japan-ukiyoe-museum.com/exhibition/nendo

 

井上和雄/浮世絵師傳 学術雑誌浮世絵を中心に纏めたもの

✓検索 浮世絵学 類考

_______________________________________________

酒井雁高/浮世絵学 約30,000点の著者別編年目録

✓検索 浮世絵学 書誌

____________________________________________________

酒井雁高/超豪華復元浮世絵 歌川廣重/東海道五十三次、小学館

___________________________________________________

酒井雁高/廣重・江戸風景版画大聚成、小学館

___________________________________________________

6)最近の展覧会(浮世絵関連)

◇2018西井正気/芳年、練馬区美術館

京都の日本画家・西井正気画伯の収集品、約260余点が展示されている。

芳年

_______________________________________________

_2018DIRKS-Popular Impressions _166項目

dirks

◯2017堀井瑞子/北壽/城西大学水田美術館

北壽の本格的なモノグラフである。

北壽

*堀内瑞子さま、ありがとうございました。

2018北壽(ほくじゅ)/総目録_296項目

2018北壽(ほくじゅ)/伝記集成_6項目

*北壽は浮絵(うきえ)の名手であるが、詳しい伝記はない。

北齋の画号は、1798-1814(寛政10-文化11)。

つまり、この期間に弟子入りした。浮絵は豊春(1735-1814)(80)を先達として、1800s-1810s(享和、文化)に流行した。豊春の浮繪は、古く1780s-1790s(天明-寛政)を最盛期としている。

当初、浮繪(うきゑ)と肩書きを付けていたが、暫くすると不要となり、全ての景色画が浮繪のような

遠近画法となる。

◯2017赤木美智/菊川英山展、太田美術館

英山/伝記集成9項目

2017英山/総目録_2168項目

英山/総目録 大1

英山/総目録_大2

英山/総目録_大3

英山/総目録_大5ほか

英山/総目録_大巾

浮世絵学01/春信_2017MFA_春信(千葉市美術館)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学*5a/JUM Ukiyo-e World Exhibitions 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)[浮世絵学・複製] http://www.ukiyo-e.co.jp/16270

  [http://www.ukiyo-e.co.jp]

[浮世絵学] ほかの基本的な浮世絵学・情報も表示されます。

[浮世絵学**][浮世絵学*1][浮世絵学*2]…

[浮世絵学01][浮世絵学02][浮世絵学03]…

浮世絵学00       www.ukiyo-e.co.jp/16738  御案内
浮世絵学*1      www.ukiyo-e.co.jp/1809 *酒井好古堂
浮世絵学*2      www.ukiyo-e.co.jp/233  *酒井好古堂(English)
浮世絵学*3      www.ukiyo-e.co.jp/1783 *酒井好古堂(小島烏水)
浮世絵学*4      www.ukiyo-e.co.jp/226  *浮世絵学DB
浮世絵学*5      www.ukiyo-e.co.jp/3879 *日本浮世絵博物館
浮世絵学*6      www.ukiyo-e.co.jp/7780  *日本浮世絵博物館 浮世絵展覧会(国際)
浮世絵学*7      www.ukiyo-e.co.jp/***   *新聞報道
浮世絵学*8      www.ukiyo-e.co.jp/1041  *DB入力方法
浮世絵学*9      www.ukiyo-e.co.jp/1014  * 書誌

浮世絵学  www.ukiyo-e.co.jp/5995

8)吉原遊廓  書誌    Bibliography

吉原01 書目 www.ukiyo-e.co.jp/462
吉原02 年表 www.ukiyo-e.co.jp/1545
吉原03 参考書目 www.ukiyo-e.co.jp/5784
吉原04 細見 www.ukiyo-e.co.jp/1536
吉原05 吉原本 www.ukiyo-e.co.jp/1538
吉原06 語彙 www.ukiyo-e.co.jp/1542
吉原07 細見年表 www.ukiyo-e.co.jp/1548
吉原08  www.ukiyo-e.co.jp/15893 *吉原遊廓
吉原09 細見 www.ukiyo-e.co.jp/3134
吉原10 細見ほか www.ukiyo-e.co.jp/1534
吉原11 語彙DB www.ukiyo-e.co.jp/3131

9)歌舞音曲 Kabu-Ongyoku (Dance and Music on Stage)

歌舞音曲* DB                 www.ukiyo-e.co.jp/15940
歌舞音曲* 出典別 DB www.www.ukiyo-e.co.jp/16073
歌舞音曲00
歌舞音曲01
歌舞音曲02
歌舞音曲03
歌舞音曲04 外題
歌舞音曲09 DB 役名(役者) www.ukiyo-e.co.jp/15940

10)偽筆 肉筆浮世絵     Fake (Ukiyo-e Paints)

浮世絵学01/偽筆*_落款(肉筆) 浮世絵・酒井好古堂(酒井雁高) http://www.ukiyo-e.co.jp/16126

偽筆
浮世絵学01/落款(北齋)/偽筆*01 http://www.ukiyo-e.co.jp/4166
浮世絵学01/落款(北齋)/偽筆*02 http://www.ukiyo-e.co.jp/4367
浮世絵学01/落款(北齋)/偽筆*03 http://www.ukiyo-e.co.jp/4246
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*04 http://www.ukiyo-e.co.jp/3660
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*05 http://www.ukiyo-e.co.jp/1764
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*06 http://www.ukiyo-e.co.jp/1776
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*07 http://www.ukiyo-e.co.jp/13131
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*08 http://www.ukiyo-e.co.jp/4420
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*09 http://www.ukiyo-e.co.jp/2016
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*10 http://www.ukiyo-e.co.jp/2011

浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*11 http://www.ukiyo-e.co.jp/10024
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*12 http://www.ukiyo-e.co.jp/4400
浮世絵学01/落款(應挙)/偽筆*13 http://www.ukiyo-e.co.jp/12529
浮世絵学01/落款(春章)/偽筆*14 http://www.ukiyo-e.co.jp/10946
浮世絵学01/落款(廣重)/偽筆*15 http://www.ukiyo-e.co.jp/10586
浮世絵学01/落款(廣重)/偽筆*16 http://www.ukiyo-e.co.jp/12102
浮世絵学01/落款(絵師)/偽筆*17 http://www.ukiyo-e.co.jp/11808
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*18 http://www.ukiyo-e.co.jp/4213

肉筆浮世絵に関して、作品経歴(プロブナンス)が重要である。

その作品が何年何月に確認され、展示され、掲載されているか。

つまり、新しいものは、プロブナンスが無く、偽筆の可能性が著しく高いことになる。

むろん、明治、大正、昭和期の作品でも、偽筆は存在する。

落款+印章、これを一緒にして款印(かんいん)という。

これらの偽印も出回っている。

しかし真印とは明らかに違うので、慎重に画体、画技などを見極めて、判断する必要がある。

日本浮世絵博物館は、永年かけて、基準作品を豪華図録にまとめた。

むろん、多少、疑問の作品もあるが、執筆者の意見を尊重して掲載した。

驚いたことに、これらの図版を転用して、既に偽筆が何本も製作されていた。

酒井藤吉(監修)日本浮世絵博物館所蔵/肉筆浮世絵撰集、学研

*各項目の検索 浮世絵学(〇〇)で表示されます。

浮世絵学(歌舞音曲)

浮世絵学(吉原遊廓)

浮世絵学(書誌)

浮世絵学(狂歌)

浮世絵学(文化藝術懇話会)

11.a)最近の研究・投稿(名数 源氏物語 五十三帖説)

http://www.ukiyo-e.co.jp/16158

浮世絵学04/外題(名数)_源氏物語序説 五十三帖説/尾州家河内本を底本とする 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/16158

浮世絵学04/外題(名数)(五十三)帖_源氏物語、善財童子、名数五十三の一致 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/3718

浮世絵学04/外題(名数)(源氏物語)/源氏文字ぐさり 五十三帖 [浮世絵学・複製] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/19353

江戸期の五十三帖の覚えた方、これでも五十三帖になっている。

若菜(上下二帖、もっとも長い帖で、心理描写)は一回だけ、数えられている。

雲隠れが入っているが、これは光源氏の光が消え入る(亡くなる)ところなので、最初から、書かれていない。

源氏物語 名数 五十三帖説   www.ukiyo-e.co.jp/16158
春信 千葉市美術館 2017MFA www.ukiyo-e.co.jp/16639

11.b) 廣重/東海道五十三次(保永堂+僊鶴堂)の刊年、その画証

廣重が1830.03文政13.03、伊勢へ出掛けていた。三枚続の画証を見付けた。

浮世絵聚花で、廣重/総目録を作成していたが、刊年が分からなかった。

廣重研究の先達、小島烏水翁がおられれば、飛び上がって喜ぶだろう。

鈴木重三先生も、きっと驚くに違いない。

1829文政12年は御遷宮、1830文政13.03年は御蔭参り。

三枚続の中(大3-2)、ここに年月が刻記されている。

廣重は、御馬献上に随行して出掛けたが、東海道は宮から桑名、そして四日市まで。鈴鹿越えをしないで、伊勢へ向かっている。従って、四日市から京師まで、廣重は名所図会をもとに描いたことが分かった。

浮世絵学02/刊年 廣重/東海道五十三次(保永堂+僊鶴堂)とうかいどう 1830.03-12(文政13.03-12)に版下画成る。酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/17992

11.c)北齋および戴斗(たいと)/北齋漫画 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12、13、14、15 全画像を紹介

明治期の吉川半七版などを紹介

北齋漫画

1814-1817北齋/北齋漫画       http://www.ukiyo-e.co.jp/21976

1814北齋(ほくさゐ)/北齋漫画(一編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/ 20319
1814戴斗(たいと)/北齋漫画2(二編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20452
1814戴斗(たいと)/北齋漫画3(三編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20497
1816戴斗(たいと)/北齋漫画4(四編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20584
1816戴斗(たいと)/北齋漫画5(五編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20656
1817戴斗(たいと)/北齋漫画6(六編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20768
1817戴斗(たいと)/北齋漫画7(七編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20808
18**戴斗(たいと)/北齋漫画8(八編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/27067

18**戴斗(たいと)/北齋漫画9(九編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/27109

1817戴斗(たいと)/北齋漫画10(十編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20866
1820-1833爲一(ゐいつ)/北齋漫画11(十一編)   http://www.ukiyo-e.co.jp/20598
1834爲一(ゐいつ)/北齋漫画12(十二編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/20994
1849爲一(ゐいつ)/北齋漫画13(十三編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/21037
1850-1877爲一(ゐいつ)/北齋漫画14(十四編)   http://www.ukiyo-e.co.jp/21075
1878爲一(ゐいつ)/北齋漫画15(十五編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/21112

北齋漫画、下記でも、ご覧になれます。

http://www.ukiyo-e.co.jp/31956       無版元   北齋漫画N01…N10と表記する

http://www.ukiyo-e.co.jp/21976       吉川弘文館 東壁堂 北齋漫画Y01…Y15 と表記 

———————————————————————————————————

その他、各種の検索で、多岐多様の浮世絵学に関する情報を表示してございます。

*源氏物語の名数

最近と云っても、実ハ、学生時代からから疑問に思っていた源氏物語の名数について、

やっと最近、50数年にわたり多岐多様な学問を検証し、解明できました。

定家本は一つだけの鈔本ですから、紫式部の原本に忠実とは云えません。

その点、河内本(尾州家河内本)は二十一種の写本の義理(筋道を通し、疑問点を解明)を追求して校合しています。

河内本が、紫式部の原本に、より忠実であろうかと思われます。(影印、翻刻あり)

源氏物語は五十三帖、五十四ではありません。紫式部は仏典から暗示を受けて、

源氏物語を五十三という素数の名数によって書き上げました。

五十三では二で割れてしまいます。

————————————————————————————————————————————————–

11.d)1818戴斗/傳神畫鏡   全図、掲載する

http://www.ukiyo-e.co.jp/21321

*秀画一覧の改題というが、秀画一覧を確認していないので不明。

恐らく版面は全く同一かと推測する。

◯2017堀口瑞子/北壽/城西大学水田美術館

本格的な北壽のモノグラフである。

北壽

2018北壽(ほくじゅ)/総目録_296項目

2018北壽(ほくじゅ)/伝記集成_6項目

更に作品、伝記について増補訂正が望まれる。

◯春信 千葉市美術館 2017MFA ボストン美術館所蔵

150点の内、春信は100点ほど。後は別の絵師でガッカリ。

2017春信_総目録

http://ukiyo-e.co.jp/16639

  [http://www.ukiyo-e.co.jp]

[浮世絵学**][浮世絵学*1][浮世絵学*2][浮世絵学*3]…

[浮世絵学01][浮世絵学02][浮世絵学03][浮世絵学04]…

御電話いただければ、御迷惑を掛けません。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator

浮世絵・酒井好古堂   http://www.ukiyo-e.co.jp

文化藝術話会    浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

E-mail: gankow@gmail.com

12)明治初年、画廊・酒井好古堂を神田淡路町に創設。

書廊(しょろう)の琅玕堂(ろうかんどう)から暗示を受けて、画廊・酒井好古堂を神田淡路町に創設。
高村光太郎*(1883-1956)の書廊(しょろう)・琅玕堂(ろうかんどう)に啓発されて、曽祖父・酒井藤兵衛(1844-1911)、祖父・酒井庄吉(1878-1942)らが、日本で初めての浮世絵画廊(がろう)・酒井好古堂を明治期の一等地、神田淡路町に創設した。その経緯について、父・酒井藤吉(1915-1993)は三回にわって書き記している。詳細について、神田学会の下記のサイトを御覧いただきたい。父は、そのミニコミ誌三冊を浮世絵博物館の書棚に、大事に保管していたのを覚えている。明治初期は漢籍が主流で、多くの中国人(当時、シナ人)が亡命して在日していたことが分かる。一般人では来日が無理で、医師とか特別な人物に限られていた。このため、書跡、漢籍が主流であった。

ろうかんどう

琅玕堂(ろうかんどう)

高村光太郎が開設した日本初の書廊(しょろう)

______________________________________________

酒井好古堂

酒井好古堂、日本で初の画廊を東京神田淡路町に開設。

◯1941小島烏水/浮世絵類考
1941小島烏水/浮世絵類考/序

雑誌浮世絵

(本図は「よみがえる浮世絵」から転載しました)

◯財団法人日本浮世絵博物館の設立1982、賛同者

1982年、酒井藤吉、貞助、泉三郎の三兄弟は、多くの諸先生がたの賛同を得て、父祖の地・長野県松本市郊外に浮世絵専門の博物館を創設した。賛同者は、高橋誠一郎、森銑三、守随憲治、暉峻康隆、水野稔、川村博通、鈴木重三ら諸先生方である。また、その後、多くの先生方は、浮世絵の蒐集・保管、研究・整理、公開・展示を目的とする博物館のために協力を惜しまなかった。その報恩に報いるため、博物館は公益性、公共性の観点から、世界各地、また国内各地にて展覧会、講演会など浮世絵の普及活動を続けている。

◯浮世絵・酒井好古堂

ご来店を心より、お待ちしております。

なお、「浮世絵」を「浮いている世の中」(Floating World)と誤訳されていますが、

浮世絵は紙ですから、浮きません。むしろ水の中に、沈んでしまいます。

これは完全に誤訳です。「浮き」は、浮き浮きしている意味ですから、英語ではfeeling of excitement になります。

*Uki-yo: does not mean “floating” “world”.  It means “feeling of excitement” “people and society”.

So “ukiyo-e” means exactly “the pictures for feeling of excitement”, not “floating world”.

Ukiyo-e never floats but sinks under the water.

[浮世絵学・複製] *ここのサイトに複製(木版、カラーシート、一筆箋など)の画像があります。御覧下さい。

*[浮世絵学・複製]で検索して下さい。

◇接続URL

http://www.ukiyo-e.co.jp/16738 浮世絵学 御案内    Entrance

http://www.ukiyo-e.co.jp/22447 版本(絵本) Picture Book → http://www.ukiyo-e.co.jp/1014

http://www.ukiyo-e.co.jp/1809  浮世絵学*1/ukiyo-e oldest gallery 

http://www.ukiyo-e.co.jp/233    浮世絵学*2/ (English): SAKAI Koh.ko.do Gallery

http://www.ukiyo-e.co.jp/1783   浮世絵学*3 1941小島烏水(1873-1948)/浮世絵類考(序文)

http://www.ukiyo-e.co.jp/226    浮世絵学*4/浮世絵学(データベース)1978SAKAI gankow’s_ukiyo-e data base method 

http://www.ukiyo-e.co.jp/1014   浮世絵学*9/ 浮世絵書誌 (bibliography, reference books, illustrated catalog …) 

何か御気付きの点があれば、御教示ねがいます。
酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂   
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

http://www.ukiyo-e.co.jp/16738

 

1982-4-25現在(2020-01-25更新)   ✓検索 浮世絵学   ◯◯   http://www.ukiyo-e.co.jp/233 

酒井 雁高(がんこう) 浮世絵・酒井好古堂主人  学芸員 curator
SAKAI_gankow,  curator, professional adviser of ukiyo-e

浮世絵・酒井好古堂 浮世絵鑑定家

  酒井 邦男(くにお) 学芸員、副代表        ➡︎PHONE 03-3591-4678

SAKAI Kohkodou Gallery, the oldest ukiyo-e gallery in Japan

Everybody Welcome !  Everybody Welcome !   Everybody Welcome !

  • Everybody enjoys lots of info, ukiyo-e prints and picture books.

Hi HONG KONGERS, people of Hongkong for democracy

Japan friend cooperation are always with you.

Because Japan has been a democracy country since 1945, after world war II.

You can keep democracy instead of your lives.

Go for It ! 

SAKAI gankow  

[浮世絵学・複製] Copy and Reproduction   

浮世絵学**     浮世絵学 ・ 酒井好古堂 

http://www.uiyo-e.co.jp/16738        ←ここをクリック  Entrance 

 

2018Winter

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator

酒井 邦男(くにお)  学芸員 curator、副代表

浮世絵・酒井好古堂    http://www.ukiyo-e.co.jp

SAKAI Kohkodou Gallery, the oldest ukiyo-e gallery in Japan
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
Phone 03-3591-4678  Fax 03-3591-4678

ukiyo-e: the pictures for feeling of excitement, pictures for commoner’s everyday life, never floating!

ukiyo-e oldest gallery

SAKAI koh.ko.do gallery (In front of the Imperial Hotel Tower)

Your PURCHASES Support the oldest ukiyo-e gallery.   Thank you !

*浮世絵学(文化藝術懇話会*) (1)…(63)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/35962

__________________________________________________________________________________________

[浮世絵学・複製] Copy and Reproduction   

*画像を見る。また下記を御覧下さい

[浮世絵学・複製*]  *下線をクリックして、ポックアップリンクの下線をクリックしてください。

複製* http://www.ukiyo-e.co.jp/32882

原画:日本浮世絵博物館。

*原画所蔵先が明記されていない復刻は、避けた方が無難です。

*原画の彫り、摺りを尤も忠実に復刻しています。

複製* http://www.ukiyo-e.co.jp/32882

原画:日本浮世絵博物館

*原画所蔵先が明記されていない復刻は、避けた方が無難です。

*原画の彫り、摺りを尤も忠実に復刻しています。

________________________________________________________

2018-winter

http://www.ukiyo-e.co.jp/1809          浮世絵学*1    *酒井好古堂
http://www.ukiyo-e.co.jp/233            浮世絵学*2 *酒井好古堂(English)

http://www.ukiyo-e.co.jp/1783          浮世絵学*3    *酒井好古堂    小島烏水(類考序文)

http://www.ukiyo-e.co.jp/226            浮世絵学*4    *酒井好古堂   データベース
http://www.ukiyo-e.co.jp/3879          浮世絵学*5             *日本浮世絵博物館
http://www.ukiyo-e.co.jp/7780          浮世絵学*6
http://www.ukiyo-e.co.jp/782            浮世絵学*7
http://www.ukiyo-e.co.jp/1041          浮世絵学*8
http://www.ukiyo-e.co.jp/1014           浮世絵学*9         * 書誌


◯絵本 版本 活字本 デジタル  *全頁を影印で掲載 *重複するものもある


You can enojoy lots of woodblock print picture books.  Click underline and link it !     

http://www.ukiyo-e.co.jp/22447    ←版本(hampon)   woodblock printed Picture Books 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/28725    ←絵本(ehon)  color woodblock printed Picture Books 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

*You can enjoy lots of picture books …

◎北齋漫画 E永楽屋   N版元なし T東壁堂 Y吉川弘文館

http://www.ukiyo-e.co.jp/34105   北齋漫画 デジタル影印で全頁掲載 Hokusai or Taito Manga

http://www.ukiyo-e.co.jp/30598 ←活字本(katsuji type) type print books    酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

◯浮世絵学**    http://www.ukiyo-e.co,jp/16738      御案内 

冨嶽三十六景    http://www.ukiyo-e.co.jp/7173
木曾街道      http://www.ukiyo-e.co.jp/2496
東海道五十三次   http://www.ukiyo-e.co.jp/17992

版本        http://www.ukiyo-e.co.jp/22447

その他、各絵師のDB

————————————————————————————————————————

◯浮世絵専門博物館の御紹介  Museum for specialty of Ukiyo-e, woodblock prints

浮世絵学00/2019浮世絵専門博物館 ukiyo-e speciality museums 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/215

______________________________________________________

◯版本の全図紹介 デジタル *全頁を影印で掲載

版本 全図紹介  Picture Books →      http://www.ukiyo-e.co.jp/22447

You can enjoy lots of ukiyo-e prints among famous picture books.

浮世絵学04/外題(書名) 

2018-10-09(更新)

浮世絵学04/外題(書名)                              http://www.ukiyo-e.co.jp/22447

1697(元禄10)清信/好色大福帳 外題(好色大福帳)デジタル *影印で全頁掲載 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/34899

◯1719祐信/艶女玉すだれ(非公開)         http://www.ukiyo-e.co.jp/22565

____________________________________________________________________________________

◯1780耳鳥齋/絵本水也空        http://www.ukiyo-e.co.jp/28549

耳鳥齋(にちょうさい)は、大坂の粋人、歌舞伎通。

____________________________________________________________________________________

◯1759抱一(ほういつ)/鶯邨画譜   http://www.ukiyo-e.co.jp/22643

____________________________________________________________________________________

◯1797蕙齋(ケイサイ)/鳥獣畧画式    http://www.ukiyo-e.co.jp/22488

http://www.ukiyo-e.co.jp/356161799蕙齋(ケイサイ)/源氏物語* 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)
浮世絵学06/外題(源氏物語 五十三帖)デジタル *影印で全頁掲載

 

____________________________________________________________________________________

1802蕙齋(ケイサイ)/龍の宮津子 *素外の俳諧 後に俳諧なし、魚貝略画式など 初版は稀覯本(きこうほん)、下記に画像あり

https://digital.staatsbibliothek-berlin.de/werkansicht?PPN=PPN3308102374&PHYSID=PHYS_0001&DMDID=

____________________________________________________________________________________

1803双鳩子(齋藤秋圃)/廓中艶譜   http://www.ukiyo-e.co.jp/28494 

船頭さん、若い遊妓の手を取り、桟橋から舟に乗る。船頭さん、なかなかやるね!

____________________________________________________________________________________

◎北齋漫画 E永楽屋   N版元なし T東壁堂 Y吉川弘文館

http://www.ukiyo-e.co.jp/34105   北齋漫画 デジタル影印で全頁掲載 Hokusai or Taito Manga

1814北齋(ほくさゐ)/北齋漫画(一編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/20319
1814戴斗(たいと)/北齋漫画2(二編)   http://www.ukiyo-e.co.jp/20452

1814戴斗(たいと)/北齋漫画3(三編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/20497

1816戴斗(たいと)/北齋漫画4(四編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/20584
1816戴斗(たいと)/北齋漫画5(五編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/20656
1817戴斗(たいと)/北齋漫画6(六編)       http://www.ukiyo-e.co.jp/20768
1817戴斗(たいと)/北齋漫画7(七編)       http://www.ukiyo-e.co.jp/20808
1817戴斗(たいと)/北齋漫画8(八編)       http ://www.ukiyo-e.co.jp/27067
1817戴斗(たいと)/北齋漫画9(九編)       http://www.ukiyo-e.co.jp/27109  

1817戴斗(たいと)/北齋漫画10(十編)         http://www.ukiyo-e.co.jp/20866

____________________________________________________________________________________

1820-1833爲一(ゐいつ)/北齋漫画11(十一編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/20598
1834爲一(ゐいつ)/北齋漫画12(十二編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20994
1849爲一(ゐいつ)/北齋漫画13(十三編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/21037
1850-1877爲一(ゐいつ)/北齋漫画14(十四編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/21075
1878爲一(ゐいつ)/北齋漫画15(十五編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/21112 

____________________________________________________________________________________

1816墨僊(ぼくせん)/墨僊叢畫           http://www.ukiyo-e.co.jp/21358
1818戴斗(たいと)/傳神畫鏡            http://www.ukiyo-e.co.jp/21321

______________________________________________________

◯1823爲一(ゐいつ)/一筆畫譜           http://www.ukiyo-e.co.jp/22052

*Very simple drawing, just a brush stroke by Wi.itsu 

————————————————————————————————————————————————-

1835爲一(ゐいつ)/富嶽百景1
1836爲一(ゐいつ)/富嶽百景2
1849爲一(ゐいつ)/富嶽百景3             http://www.ukiyo-e.co.jp/19978

______________________________________________________

書名(絵本) デジタル *全頁を影印で掲載*クリックして、さらにリンクをクリック  Click and then Click Link Site

http://www.ukiyo-e.co.jp/22447       版本(絵本)

http://www.ukiyo-e.co.jp/1014  *Picture Book 

浮世絵学・複製        

http://www.ukiyo-e.co.jp/5995     浮世絵学

http://www.ukiyo-e.co.jp/162  浮世絵学・複製1    

http://www.ukiyo-e.co.jp/33    浮世絵学・複製2    

http://www.ukiyo-e.co.jp/17     浮世絵学・複製3    

http://www.ukiyo-e.co.jp/100  浮世絵学・複製4    

http://www.ukiyo-e.co.jp/41     浮世絵学・複製5    

http://www.ukiyo-e.co.jp/209  浮世絵学・複製9    

http://www.ukiyo-e.co.jp/211    浮世絵学・複製10   

http://www.ukiyo-e.co.jp/1809       浮世絵学*1      

http://www.ukiyo-e.co.jp/233    浮世絵学*2      

http://www.ukiyo-e.co.jp/1783  浮世絵学*3      

http://www.ukiyo-e.co.jp/226    浮世絵学*4      

http://www.ukiyo-e.co.jp/3879  浮世絵学*5      

http://www.ukiyo-e.co.jp/7780  浮世絵学*6      

http://www.ukiyo-e.co.jp/782    浮世絵学*7      

http://www.ukiyo-e.co.jp/1041  浮世絵学*8      

http://www.ukiyo-e.co.jp/1014  浮世絵学*9   * 書誌

版本(絵本)の紹介

http://www.ukiyo-e.co.jp/22447  浮世絵学04/外題(書名)                                 

http://www.ukiyo-e.co.jp/22565  1719祐信/艶女玉すだれ(非公開)   

http://www.ukiyo-e.co.jp/22643  1759抱一/鶯邨(おうそん)画譜             Ohson(Hohitsu) Gafu

http://www.ukiyo-e.co.jp/28549  1780耳鳥齋/絵本水也空         Ehon Mizu ya Sora

http://www.ukiyo-e.co.jp/27664  1794蕙齋(ケイサイ)/諸職画鏡                  Shoshoku Ekagami

http://www.ukiyo-e.co.jp/22488  1797蕙齋(ケイサイ)/鳥獣畧画式     Choujuu Ryakugashiki

http://www.ukiyo-e.co.jp/28069  1799蕙齋(ケイサイ)/人物略画式     Jinbutsu  Ryakugashiki

http://www.ukiyo-e.co.jp/28386  1802蕙齋(ケイサイ)/龍の宮津子    Tatsuno Miyatsuko **龍の宮津子(俳諧)は初版、掲載図は魚貝略画式(俳諧なし)

http://www.ukiyo-e.co.jp/28494  1803双鳩子(齋藤秋圃)/廓中艶譜    Kakuchuu Empu

http://www.ukiyo-e.co.jp/28618  1803耳鳥齋*/歳時滅法戒          SaijiMeppoukai      

http://www.ukiyo-e.co.jp/27955  1813蕙齋(ケイサイ)/草花略画式     Kusabana Ryakugashiki

————————————————————————————————————————————————-

http://www.ukiyo-e.co.jp/20858  1814-1878北齋漫画1-15編        Hokusai Manga, Hokusai Sketches 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20859  1814北齋/北齋漫画 全編                                     

_________________________________________________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/20319  1814北齋(ほくさゐ)/北齋漫画(一編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20452  1814戴斗(たいと)/北齋漫画2(二編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20497  1814戴斗(たいと)/北齋漫画3(三編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20584  1816戴斗(たいと)/北齋漫画4(四編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20656  1816戴斗(たいと)/北齋漫画5(五編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20768  1817戴斗(たいと)/北齋漫画6(六編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20808  1817戴斗(たいと)/北齋漫画7(七編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/27067  1817戴斗(たいと)/北齋漫画8(八編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/27109  1817戴斗(たいと)/北齋漫画9(九編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20866  1817戴斗(たいと)/北齋漫画10(十編) 

*戴斗(たいと)は北齋漫画を十編を大尾としている。十一編以降、戴斗は関与していない。

————————————————————————————————————————————————-

http://www.ukiyo-e.co.jp/20598  1820-1833爲一(ゐいつ)/北齋漫画11(十一編)    

http://www.ukiyo-e.co.jp/20994       1834爲一(ゐいつ)/北齋漫画12(十二編)      

http://www.ukiyo-e.co.jp/21037  1849爲一(ゐいつ)/北齋漫画13(十三編)      

http://www.ukiyo-e.co.jp/21075  1850-1877爲一(ゐいつ)/北齋漫画14(十四編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/21112  1878爲一(ゐいつ)/北齋漫画15(十五編)      

————————————————————————————————————————————————-

http://www.ukiyo-e.co.jp/21358  1816墨僊(ぼくせん)/墨僊叢畫                      

http://www.ukiyo-e.co.jp/21321  1818戴斗(たいと)/傳神畫鏡                       

http://www.ukiyo-e.co.jp/22052  1823爲一(ゐいつ)/一筆畫譜                       

—————————————————————————————————————————————–

http://www.ukiyo-e.co.jp/19978    1835爲一(ゐいつ)/富嶽百景1

                   1836爲一(ゐいつ)/富嶽百景2

                   1849爲一(ゐいつ)/富嶽百景3                            

 

http://www.ukiyo-e.co.jp/35630 1966日本画家/源氏物語(谷崎潤一郎・新々訳) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)
浮世絵学04/外題(源氏物語 五十三帖)デジタル *影印で全頁掲載


絵師別 総目録                                                  http://www.ukiyo-e.co.jp/3495

源氏物語                                                                  http://www.ukiyo-e.co.jp/16158      尾州家河内本を底本とすべきこと

人名(利休)1595無款(等伯画)/春屋宗園賛     http://www.ukiyo-e.co.jp/18329     利休遺影 

____________________________________________________________________________________

廣重/東海道五十三次報告                                 http://www.ukiyo-e.co.jp/17992
*廣重は文政13.03、御蔭参りで伊勢へ出掛けていた

[浮世絵学・複製]

浮世絵学・複製1    http://www.ukiyo-e.co.jp/162
浮世絵学・複製2    http://www.ukiyo-e.co.jp/33
浮世絵学・複製3    http://www.ukiyo-e.co.jp/17
浮世絵学・複製4    http://www.ukiyo-e.co.jp/100
浮世絵学・複製5    http://www.ukiyo-e.co.jp/41
浮世絵学・複製9    http://www.ukiyo-e.co.jp/209
浮世絵学・複製10     http://www.ukiyo-e.co.jp/211

浮世絵学*1      http://www.ukiyo-e.co.jp/1809
浮世絵学*2      http://www.ukiyo-e.co.jp/233
浮世絵学*3      http://www.ukiyo-e.co.jp/1783
浮世絵学*4      http://www.ukiyo-e.co.jp/226
浮世絵学*5      http://www.ukiyo-e.co.jp/3879
浮世絵学*6      http://www.ukiyo-e.co.jp/7780
浮世絵学*7      http://www.ukiyo-e.co.jp/782
浮世絵学*8      http://www.ukiyo-e.co.jp/1041
浮世絵学*9      http://www.ukiyo-e.co.jp/1014   * 書誌

浮世絵学                          http://www.ukiyo-e.co.jp/5995

______________________________________________

吉原遊廓

吉原01         http://www.ukiyo-e.co.jp/462      書目
吉原02         http://www.ukiyo-e.co.jp/1545    年表
吉原03         http://www.ukiyo-e.co.jp/5784     参考書目
吉原04         http://www.ukiyo-e.co.jp/1536     細見
吉原05         http://www.ukiyo-e.co.jp/1538     吉原本
吉原06         http://www.ukiyo-e.co.jp/1542     語彙
吉原07         http://www.ukiyo-e.co.jp/1548     細見年表
吉原08         http://www.ukiyo-e.co.jp/
吉原09         http://www.ukiyo-e.co.jp/3134      細見
吉原10         http://www.ukiyo-e.co.jp/1534      細見ほか
吉原11          http://www.ukiyo-e.co.jp/3131       語彙DB

——————————————————————————————————————————

◎好古堂の複製、広報、研究報告などを紹介

目次

1)酒井好古堂    http://www.ukiyo-e.co.jp/16738

2)浮世絵学*3 1941小島烏水/浮世絵類考(序文)

3)復刻、複製などの御案内

4)浮世絵学 書誌

  *各種DBデータベース

     http://www.ukiyo-e.co.jp/226

5)日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会 図録など

6)最近の展覧会(浮世絵関連)

7)浮世絵学* 御案内

8)吉原遊廓  DB 書誌

9)歌舞音曲 DB

10)偽筆 肉筆浮世絵

11)最近の研究・投稿(名数 源氏物語 五十三帖説など)

12)北齋/北齋漫画 1、2、3 全図紹介

13)北齋/富嶽百景 全図 紹介

14)冬至、新年、春分ほか

15)酒井義好(よしたか)*酒井家先祖(信州松本)(英文)

——————————————————————————————————

*[浮世絵学][◯◯] ◯◯に文字を入力すれば、各情報を検索できます。

例:落款 刊年 判型形態 外題 版元(板元)内題 出典

例:日本文学 江戸文学(近世文学)

例:文様 文化藝術懇話会 シルクロード

また浮世絵学の基本項目でも検索できます。

浮世絵学01 落款  Signed and Seal

浮世絵学02 刊年    *極印、名主印…   Year and month

浮世絵学03 判型形態    *版本との関連  Format & Form

浮世絵学04 外題(げだい)*名数  Series Title

浮世絵学05 版元  *屋号五十音 堂号など  Publisher

浮世絵学06 内題       Picture Title

浮世絵学07 出典  西暦/著者/書名    Year/Author/Title

*詳しくは下記細目を御覧下さい。

[浮世絵学・複製] *Reproduction by traditional handmade

1)酒井好古堂  http://www.ukiyo-e.co.jp

*Uki-yo does not mean “floating” “world”.  It means “feeling of excitement” “people and society”.

So “ukiyo-e” means exactly “the pictures for feeling of excitement”, not “floating world”.

Ukiyo-e never floats but sinks under the water.

「浮世」は、「浮いている世」の意味ではなく、むしろ「浮き浮きした」という意味です。

従って歌舞音曲、吉原遊廓、江戸文学、狂歌、川柳などが生まれています。

*みゆき座はクリエと改称。ブロック角にホテル・レムが建設されている。(2017-11-17現在)

有楽町界隈も、地震対策、景気動向などで烈しく変化している。

[浮世絵学] ほかの基本的な浮世絵学・情報362も表示されます。

[浮世絵学**][浮世絵学*1][浮世絵学*2]…

[浮世絵学01][浮世絵学02][浮世絵学03]…

http://www.ukiyo-e.co.jp/1809

2017-06TMN

2)浮世絵学*3 1941小島烏水/浮世絵類考(序文)

=浮世絵学*3/1941小島烏水(1873-1948)/浮世絵類考(序文)9343項目 Biography of ukiyo-e artists [浮世絵学・複製*] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/1783

◯浮世絵学 御案内 各種情報が表示されます

浮世絵学00                       www.ukiyo-e.co.jp/16738  御案内
浮世絵学*1      www.ukiyo-e.co.jp/1809  *酒井好古堂
浮世絵学*2      www.ukiyo-e.co.jp/233  *酒井好古堂(English)
浮世絵学*3      www.ukiyo-e.co.jp/1783 *酒井好古堂(小島烏水)
浮世絵学*4      www.ukiyo-e.co.jp/226  *浮世絵学DB
浮世絵学*5      www.ukiyo-e.co.jp/3879  *日本浮世絵博物館
浮世絵学*6      www.ukiyo-e.co.jp/7780  *日本浮世絵博物館 浮世絵展覧会(国際)
浮世絵学*7      www.ukiyo-e.co.jp/***   *新聞報道
浮世絵学*8      www.ukiyo-e.co.jp/1041  *DB入力方法
浮世絵学*9      www.ukiyo-e.co.jp/1014  * 書誌

浮世絵学  www.ukiyo-e.co.jp/5995

3)復刻、複製などの御案内

2017-8-07

http://www.ukiyo-e.co.jp

浮世絵学・複製1    http://www.ukiyo-e.co.jp/162
浮世絵学・複製2    http://www.ukiyo-e.co.jp/33
浮世絵学・複製3    http://www.ukiyo-e.co.jp/17
浮世絵学・複製4    http://www.ukiyo-e.co.jp/100
浮世絵学・複製5    http://www.ukiyo-e.co.jp/41
浮世絵学・複製9    http://www.ukiyo-e.co.jp/209
浮世絵学・複製10     http://www.ukiyo-e.co.jp/211

4)浮世絵学 書誌

=浮世絵学*9/ 浮世絵書誌、出典 Bibliography, reference books, illustrated catalog … [浮世絵学・複製*] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/1014

5)日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会 図録など

=浮世絵学*5/1982日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会 japan-ukiyoe-museum.com catalogs[浮世絵学・複製*] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/3879

6)最近の出版、および展覧会(浮世絵関連) *日本語の文献も含む

◇1931井上和雄/浮世絵師傳、渡邉版画店

好古堂版「浮世絵」を編輯していた井上和雄が纏めたもの。

出典、典拠が書かれていて、尤も信頼出来る浮世絵師の伝記である。

_____________________________________________________________________

◇1979-KATO Shuuichi, A History of Japanese Literature 1 2 3

*Available in paper back editions

_____________________________________________________________________

◇1934Edmunds, Pointers and Clues to the Subjects of Chinese and Japanese Art

_1908joly+1934edmunds _

__________________________________________________________________________

◯MARKS, A:  A Compendium Japanese Publisher of Woodblock prints

http://www.ukiyo-e.co.jp/6200      MARKS:  A Compendium 

A. MARKS: Publishers of Japanese Woodblock Prints:  A Compendium

マルクス君、世界中の博物館、美術館、コレクターを尋ね、原画を撮影。それらの版元をアルファベットに整理して、屋号、堂号、住所なども記録している。

いわゆる地本問屋の書賈(しょこ)を網羅するだけでなく、浮世絵一枚一枚の版元を分類した労作である。彫師、摺師なども順次、網羅して整理すると聴いている。

日本語を理解できる方は、版元の文字を五十音にするのが便利である。記号など文字のない、商標は別途、商標で纏める。

http://www.ukiyo-e.co.jp/8867       板元総覧 6.374項目

http://www.ukiyo-e.co.jp/12383              板元影印(五十音)

http://www.ukiyo-e.co.jp/7587                 地本問屋

http://www.ukiyo-e.co.jp/8550    江戸買物独案内

http://www.ukiyo-e.co.jp/7582    原色浮世絵大百科事典

http://www.ukiyo-e.co.jp/6200      MARKS’S:  A Compendium 

http://www.ukiyo-e.co.jp/7558                Gobbi

_______________________________________________________________________________

◇1995酒井藤吉(監修)/日本浮世絵博物館藏 歌川廣重/東海道五十三次(保永堂版初摺)、小学館

Toukaidou 53 Stations, Hoeidou Publisher First Edition,  Shougakkan

◇1996酒井雁高/廣重/江戸風景版画大聚成、小学館

Edo Complete Illustrated Prints by Hiroshige

______________________________________________________________________________

◇1997酒井雁高/浮世絵学、日本浮世絵学会(日本浮世絵博物館)

30,000册の参考書、図録などが、著者編年別に整理されている。

明治以降、昭和までの主要な浮世絵雑誌(論文)の詳細が編年別に掲載されている。

_____________________________________________________________________________

◇1985酒井藤吉ほか(編)/日本浮世絵博物館所蔵 肉筆浮世絵撰集、学研

Ukiyo-e Paintings, Gakken

◇1985Selected Ukiyo-e Paintings by JUM, Gakken

Collections of Japan Ukiyo-e Museum (Paintings)

————————————————————————————————————————————————-

◇2017Marks:  Eisen & Hiroshige, KisoKaidou, Taschen

英泉と廣重の分担作品、全70。木曾海道も、諸外国で認識されてきたようだ。

本書は、稀覯品(英泉また溪齋落款を含む)をA3で刊行した。

A Compendium

ブロンド印があり、1900以前に蒐集した稀覯品である。

しかし、未だに坂本、板鼻は無款。落款(英泉また溪齋)のある作品は未見。

————————————————————————————————————————————————-

◇北齋とジャポニスム(国立西洋美術館)

浮世絵学04/東京美術倶楽部 2017-12-09 馬淵明子先生(国立西洋美術館館長)の講演 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [ http://www.ukiyo-e.co.jp] 

 

馬淵先生

馬淵先生のご署名

ジャポニズム

馬淵明子先生(国立西洋美術館舘長)

2018馬淵明子先生(国立西洋美術館)

北齊とジャポニズム展

____________________________________________________________________

2018Henry SMITH先生(NY, Columbia大学)

*Henry SMITH先生と久し振りに再会。

何時も楽しい浮世絵、日本文化について教えて戴いている。

明治2年以降、各種色彩の合成染料が使われたことを実証的に研究。

併せてThe Tokuno Gift の資料も戴いた。

Smithsonian National Museum of American History, Kenneth E. Bering Center

*2019-05-03NY, Columbia大学のスミス先生と再会。

またまた、LACというカイガラムシについて教えて戴いた。

ムシが分泌する樹枝状物質。shellac、セラックにして使用する。ラック染料。

軟化点95度で、アルコールに溶かし、セラックワニスとして塗料、電気絶縁用に使われる。

indian lac insect. インド、インドシナに分布。

以前、コチニール、中南米、メキシコ、ペルーなどに産するサボテンに寄生するエンジムシを

処理して作る赤色の顔料。絵の具のカーマインレーキの原料。

アルミナ、鉄、クロムなど媒染して鮮紅色から紫の色相を得る。

染色に用いられ、ヨーロッパでは羊毛を染めるために使われた。

春信 千葉市美術館 2017MFA  ボストン美術館所蔵

2017MFA_春信    

150点の内、春信は105点。他は別の絵師。

浮世絵学01/春信_2017MFA_春信(千葉市美術館)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

7)浮世絵学* 御案内

浮世絵学(〇〇) *これで各項目検索 、検索できます

浮世絵学(歌舞音曲)

浮世絵学(吉原遊廓)

浮世絵学(日本文学)

浮世絵学(江戸文学)

浮世絵学(文化藝術懇話会)

浮世絵学(狂歌)

浮世絵学(書誌)

浮世絵学(文化藝術懇話会)
浮世絵学(シルクロード) 中央アジア 東西交渉史 西洋 東洋
浮世絵学(中国古典文学)
浮世絵学(西洋古典文学)

浮世絵学* 細目御案内

浮世絵学00/浮世絵専門博物館
浮世絵学01/落款(浮世絵師ほか)絵師別目録

http://www.ukiyo-e/498 浮世絵類考ほか 8,889項目

http://www.ukiyo-e/866 浮世絵類考(狂歌師ほか)

http://www.ukiyo-e/1016 類考(伝記)

http://www.ukiyo-e/1783 小島烏水

http://www.ukiyo-e/11038  観嵩月/画師冠字類考

浮世絵学01/落款(人名)(浮世絵師)(役名)ほか
浮世絵学01/落款(偽筆)
浮世絵学01/落款(肉筆)
浮世絵学02/刊年(年号)

浮世絵学02/刊年(影印)(極+改)

http://www.ukiyo-e/280  ✓検索、入力 (極印、干支年月、行司、名主)

http://www.ukiyo-e/660   暦法

http://www.ukiyo-e/5,032  原色浮世絵大百科事典

http://www.ukiyo-e/5,029  刊年DB 編 (年月、行司、名主)

http://www.ukiyo-e/6642   原色浮世絵大百科事典

浮世絵学03/判型形態(浮世絵と版本)(大きさ)

http://www.ukiyo-e/2584  角版(摺物)

http://www.ukiyo-e/4654  判型形態(浮世絵と版本)

http://www.ukiyo-e/13712  浮世絵寸法

http://www.ukiyo-e/21820  団扇

http://www.ukiyo-e/21825  大巾

http://www.ukiyo-e/26388  柱絵

http://www.ukiyo-e/26441  1877尾崎冨五郎/諸國紙名録 和紙 奉書

浮世絵学04/外題(名数)

http://www.ukiyo-e/819   名数

http://www.ukiyo-e/2815 名数

浮世絵学04/外題(日本文学)(江戸文学)(狂歌)(川柳)
浮世絵学04/外題(吉原遊郭)
浮世絵学04/外題(歌舞音曲)
浮世絵学04/外題(日本美術)(絵巻物)(奈良絵巻、奈良絵本)
浮世絵学04/外題(絵本)
浮世絵学04/外題(笑本)
浮世絵学04/外題(文様)(紋帳)(定紋)
浮世絵学04/外題(長崎絵)
浮世絵学04/外題(横浜絵) *横濱絵
浮世絵学04/外題(硝子絵) *硝子繪

浮世絵学05/版元(板元)*地本問屋(浮世絵の一枚絵と版本など軽い出版物)、書物問屋(四書五経など漢籍)

http://www.ukiyo-e/6200 Marks, A Compendium: Publishers of Japanese woodblock prints

http://www.ukiyo-e/7582 原色浮世絵大百科事典

http://www.ukiyo-e/7578 Gobbi

http://www.ukiyo-e/8550 江戸買物独案内

http://www.ukiyo-e/8867   板元(版元) 屋号五十音 6374項目

—————————————————————————————————————————————————

1824江戸買物獨案内[1974花咲/江戸買物獨案内。渡辺書店]

1852地本草紙問屋名前帳[1962日本版画便覧(安田剛藏所蔵)]

1916井上和雄/慶長以来・書賈(しょこ)集覧。京都書林彙文堂(和綴本)

1920石井研堂/錦繪の改印の考証。伊勢辰商店

1920石井研堂/地本錦繪問屋譜。伊勢辰商店

1929石井研堂/錦繪の彫と摺。云艸堂

1936(藤井乙男・序)享保以後・大阪出版書籍目録。清文堂

1962樋口+朝倉/享保以後・江戸出版書目(割印帳)[1993朝倉+大和/江戸出版書目。臨川書店]

1982原色 浮世絵大百科事典(3)様式・彫摺・板元。大修館

1982坂本宗子/享保以後・板元別書籍目録。清文堂

1998井上隆明/改訂増補・近世書林板元總覧/日本書誌学大系76。青裳堂書店

2011MARKS, A.: Publishers of Japanese Woodblock Prints: _A Compendium. Hotei Publishing

*これは浮世絵の版画に刻記されている版元を形、アルファベット順に整理した現在のところ、最大最良の書物

浮世絵学06/内題(→外題)
浮世絵学07/出典(浮世絵書誌)(天地人)

http://www.ukiyo-e/1014   書誌 Bibliography

浮世絵学07/典拠
浮世絵学07/発行図録

浮世絵学11 文化藝術懇話会
浮世絵学12 シルクロード 中央アジア 東西交渉史 西洋 東洋
浮世絵学13 中国古典文学
浮世絵学14 西洋古典文学

8)吉原遊廓  DB  書誌

吉原01 書目 www.ukiyo-e.co.jp/462
吉原02 年表 www.ukiyo-e.co.jp/1545
吉原03 参考書目 www.ukiyo-e.co.jp/5784
吉原04 細見 www.ukiyo-e.co.jp/1536
吉原05 吉原本 www.ukiyo-e.co.jp/1538
吉原06 語彙 www.ukiyo-e.co.jp/1542
吉原07 細見年表 www.ukiyo-e.co.jp/1548
吉原08  www.ukiyo-e.co.jp/15893 *吉原遊廓
吉原09 細見 www.ukiyo-e.co.jp/3134
吉原10 細見ほか www.ukiyo-e.co.jp/1534
吉原11 語彙DB www.ukiyo-e.co.jp/3131

9)歌舞音曲 DB

歌舞音曲 謡曲、浄瑠璃、歌舞妓

歌舞音曲* DB www.ukiyo-e.co.jp/15940
歌舞音曲* 出典別 DB www.www.ukiyo-e.co.jp/16073
歌舞音曲00
歌舞音曲01
歌舞音曲02
歌舞音曲03
歌舞音曲04 外題
歌舞音曲09 DB 役名(役者) www.ukiyo-e.co.jp/15940

10)偽筆 肉筆浮世絵

最近、肉筆浮世絵について昭和初期の春峰庵まがいの偽筆が横行している。

偽筆の製作者も、巧妙に箱、表装、絵の具などを工夫している。

版画を模写して偽筆を製作しているので、風俗的には分かり難い。

しかし赤外線写真などで、下絵、描線が明らかになる。

また非破壊光学分析で、絵の具自体の特異性も次第に明確になってきた。

父・酒井藤吉らが亡くなり、肉筆浮世絵鑑定の専門家がいなくなった以上、酒井好古堂の責任は重いことを痛感している。更に研究を深めて、真偽を確定したい。

浮世絵学01/偽筆*_落款(肉筆) 浮世絵・酒井好古堂(酒井雁高) http://www.ukiyo-e.co.jp/16126

現在までに気が付いた肉筆浮世絵の偽筆について記した。
浮世絵学01/落款(北齋)/偽筆*01 http://www.ukiyo-e.co.jp/4166
浮世絵学01/落款(北齋)/偽筆*02 http://www.ukiyo-e.co.jp/4367
浮世絵学01/落款(北齋)/偽筆*03 http://www.ukiyo-e.co.jp/4246
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*04 http://www.ukiyo-e.co.jp/3660
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*05 http://www.ukiyo-e.co.jp/1764
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*06 http://www.ukiyo-e.co.jp/1776
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*07 http://www.ukiyo-e.co.jp/13131
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*08 http://www.ukiyo-e.co.jp/4420
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*09 http://www.ukiyo-e.co.jp/2016
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*10 http://www.ukiyo-e.co.jp/2011

浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*11 http://www.ukiyo-e.co.jp/10024
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*12 http://www.ukiyo-e.co.jp/4400
浮世絵学01/落款(應挙)/偽筆*13 http://www.ukiyo-e.co.jp/12529
浮世絵学01/落款(春章)/偽筆*14 http://www.ukiyo-e.co.jp/10946
浮世絵学01/落款(廣重)/偽筆*15 http://www.ukiyo-e.co.jp/10586
浮世絵学01/落款(廣重)/偽筆*16 http://www.ukiyo-e.co.jp/12102
浮世絵学01/落款(絵師)/偽筆*17 http://www.ukiyo-e.co.jp/11808
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*18 http://www.ukiyo-e.co.jp/4213

11a)最近の研究・投稿(名数 源氏物語 五十三帖説) The Tale of Genji

源氏物語 名数 五十三帖説   www.ukiyo-e.co.jp/16158

http://www.ukiyo-e.co.jp/16158 尾州家河内本を底本とすべきこと  

http://www.ukiyo-e.co.jp/19353 源氏文字ぐさり

http://www.ukiyo-e.co.jp/17259 名数 河内本

http://www.ukiyo-e.co.jp/20307 古註釈

http://www.ukiyo-e.co.jp/3718 善財童子

http://www.ukiyo-e.co.jp/2764 五十三帖 一致

11a) 廣重/東海道五十三次(保永堂+僊鶴堂)の刊行

画証により、文政13.03、廣重が伊勢まで出掛けていることが確定した。

江戸に戻り、その年末までにある程度の数の版下画を製作していた。

浮世絵学02/刊年 廣重/東海道五十三次(保永堂+僊鶴堂)とうかいどう 1830.03-12(文政13.03-12)に版下画成る。酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/17992

11b)支那學・研究一覧

◯浮世絵学(支那學・文化藝術懇話会)支那學・研究一覧(邪馬台国、帰結)三國志(魏志)と隋書 古田武彦 九州王朝* 帰結、ずばり九州(阿蘇山と書かれている)(古田武彦/九州王朝*)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/37595

◯古田武彦/失われた九州王朝 ほか    *日本の歴史、古代史を新しく解明した著作   Ancient Bronze Mirrors

◯古代史 古田武彦/失われた九州王朝    Prof. Furuta’s Yamataikoku ha nakatta !   Real Ancient History of Japan, Kyuushuu Dynasty !

http://www.ukiyo-e/3009 九州王朝 陳寿/三国志魏志倭人条

http://www.ukiyo-e/3472 九州王朝 玉虫厨子 

http://www.ukiyo-e/4907 九州王朝 魏志東夷倭人条

http://www.ukiyo-e/14662 九州王朝 聖徳太子御一代記

http://www.ukiyo-e/26755 九州王朝 玉虫厨子

http://www.ukiyo-e/27362 古田武彦/失われた九州王朝

http://www.ukiyo-e/27382 古田武彦/九州王朝 法隆寺釈迦三尊光背銘 金堂薬師如来光背銘

http://www.ukiyo-e/27942 西川寿勝/異体字銘帯鏡       Ancient Mirrors of special Kanji-characters

http://www.ukiyo-e/27946 古田武彦/三角縁神獣鏡の史料批判 Ancient Mirrors of Sankakubuchi

http://www.ukiyo-e/28018 西村俊範/漢鏡  Ancient Mirrors of Kankyou, Han Dynasty 

http://www.ukiyo-e/28039 西村俊範/三角縁神獣鏡   Ancient Mirrors of Sankakubuchi

———————————————————————————————————————————————————————————-

◯青銅鏡 漢鏡  Ancient Bronze Mirrors   *Himika, the queen of Yamaichi-koku of Kyuushuu Dazaifu, had received 100 mirrors from Gi Meitei Emperor in 239

http://www.ukiyo-e/27942 西川寿勝/異体字銘帯鏡       Ancient Mirrors of special Kanji-characters

http://www.ukiyo-e/27946 古田武彦/三角縁神獣鏡の史料批判 Ancient Mirrors of Sankakubuchi

http://www.ukiyo-e/28018 西村俊範/漢鏡  Ancient Mirrors of Kankyou, Han Dynasty 

http://www.ukiyo-e/28039 西村俊範/三角縁神獣鏡   Ancient Mirrors of Sankakubuchi

12)北齋/北齋漫画 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12、13、14、15 全図紹介

*手もとに初版作品が無いので、吉川半七版を掲載。ほぼ江戸期の版木を使用している。

初版は題簽(だいせん)に「傳神開手」の角書(つのがき)がある。

http://www.ukiyo-e.co.jp/20858

◯第一冊目(初編)これは北齋落款 *題簽に初編と刻記されていない。

http://www.ukiyo-e.co.jp/20319

◯二編 戴斗落款 *従って、本来、戴斗漫画と称するべき理由がある。

http://www.ukiyo-e.co.jp/20452

◯三編  戴斗落款

http://www.ukiyo-e.co.jp/20497

◯以下、同様

13)北齋/富嶽百景 全図 紹介

◎浮世絵学04/外題(富嶽百景1.2.3)デジタル *影印で全頁掲載 1835、1836、1849前北齋爲一(ゐいつ)筆 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/19978

14)冬至、新年、春分ほか

(好古堂営業時間など)

開店  Open 10.00-18.30   *Please call and come !

原画は、ご来店戴き、直接、お手元で御覧になるのが一番です。

各種の検索でも下記のように入力すれば、色々な情報が表示されます。

*[浮世絵学**][浮世絵*1][浮世絵学*2][浮世絵学*]…

*[浮世絵学][浮世絵学01][浮世絵学02][浮世絵学03][浮世絵学04][浮世絵学05][浮世絵学06]…

*3-20は春分、真東から太陽が昇り、真西に太陽が沈む。昼と夜の長さが、ほぼ同じになる。秋分も同様である。古代中国、日本(500年代)で は、このため春分、秋分と2年と計算していた。当時の100年は、50年である。日本の奈良王朝の寿命が100歳を超えているので、津田左右吉など戦前の 学者はデタラメと批難した。現在では、倍暦という術語が定着して、その半分であるから、ほぼ合理的解釈ができる。神武と崇神の幼名がハツクニシラス、つま り初めて国を作った意である。二人いるのは妙である。これは同一人物と考えられる。考古学の継体、応神、崇神の王朝は、奈良王朝とは全く無関係であるにも 拘らず、720、編纂した日本書紀に付加して、歴史を長く見せかけたのである。倍暦を考えると、考古学の記録では紀元前後、つまり九州王朝の金印、57が 基準となる。503隅田八幡、531稲荷山鉄剣など、奈良王朝は九州王朝を滅ぼした662以降、白村江以降、成立したことが分かる。

*2-11、 旧暦で1月15日、逆算して建国記念日。しかし、2600余年前の年月日時、確たる暦法は無く、干支も逆算によるもの。一体、誰が國?を作ったのか。中国 でも、前103以前に暦法は確立されていない。奈良王朝より古い、九州王朝でも、57AD前後しか確定できていない。

節分(2017-2-03)を過ぎて、これから厳寒の時期、健康に留意しましょう。

*冬至、世界中、冬至を祝う。冬から春へ、日が長くなる。ヘブライ? キリスト?、イスラム? 季節の通過儀礼

In front of The Imperial Hotel Tower at Ginza Tokyo !
Everybody Welcome !
Professional adviser of ukiyo-e* (“pictures for feeling of excitement”, everyday life in old Edo period Japan)
So ukiyo-e are never ’floating, no, sinking off.
Curator during almost 50 years.
SAKAI_gankow
酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人、学芸員)(前々日本浮世絵博物館理事長) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

酒井邦男(酒井好古堂副代表、学芸員)(前日本浮世絵博物館理事長)

E-mail: gankow@gmail.com

*Uki-yo: does not mean “floating” “world”.  It means “feeling of excitement” “people and society”.

So “ukiyo-e” means exactly “the pictures for feeling of excitement”, not “floating world”.

Ukiyo-e never floats but sinks under the water.

*原画は、ご来店戴き、直接、お手に取って御覧下さい。

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)(前々日本浮世絵博物館理事長)   http://www.ukiyo-e.co.jp

酒井好古堂主人 SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser

酒井邦男(酒井好古堂副代表、前日本浮世絵博物館理事長、学芸員)SAKAI_kunio, curator, Former CEO of Japan Ukiyo-e Museum

”Ukiyo-e” means “pictures for feeling of excitement. “

So the language  “floating world” is completely mistranslated.

‘Ukiyo-e’ never floats, no, sinks because made of paper.

*3-20春分、昼と夜の長さが、ほぼ同じになる。太陽は、真東から出て、真西に沈む。世界各地にある、ストンサークルなどは、太陽の方位を示した古代の暦である。3,500-4,000年ほど以前の各地にあるストーンサークルは、それらの方位を示している。

*節分を過ぎて、この後が厳寒の季節。

ご来店を心よりお待ちしております。

————————————————————————————————–

SAKAI KOH.KO.DOH GALLERY-  five generations - in front of The Imperial Hotel Tower

BEST and OLD UKIYO-E SHOP in the world !!!  Please come and see superb work craftsmanship of Edo period.

Professional Adviser for ukiyo-e, pictures for feeling of excitement in Edo period.

Everybody WELCOME !!!

See the follows

*[浮世絵学・複製] 検索すれば、複製(木版、カラーシート、一筆箋など)の画像を御覧になれます。また

*下記のサイトに複製(木版、カラーシート、一筆箋など)の画像があります。

*2018-2-04、MIDWINTER of this year!

[浮世絵学**][浮世絵学*1][浮世絵学*2][浮世絵学*3]…

[浮世絵学01][浮世絵学02][浮世絵学03][浮世絵学04]…

*みゆき座は、クリエと改称(2015-06-18現在)

15)酒井義好(よしたか)*酒井家先祖(信州松本)(英文)

*SAKAI_yoshi.taka (1810-1869)’s portrait drawn by HIRO.SHIGE in 1836 Does sharing your light with Blooming flowers Make you so dim, Spring night moon? -By Matsuzono Chizuru (pen name of SAKAI_yoshitaka)

This is a portrait of our great grandfather, Yoshitaka, the head of the seventh generation of the Sakai family, painted by Hiroshige. Ancesters of the Sakai family originated in Sakai-gouri, Mikawa-no-kuni, and later adopted the family name of Sakai.

IMG

(1) Ri.za.e.mon, the head of the first generation of the Sakai family, served MIZUNO Tadakiyo and accompanied him to Yoshida (now Toyohashi) in Sanshuu in the ninth year of Kan’ei (1632) and again to Matsumoto of Shinshuu in the nineteenth of Kan’ei (16429.

(2) Ko.za.e.mon (?-1699), the head of the second generation, was MIZUNO’s secretary.

(3) Rihei (?-1700), the head of the third generation, founded a paper wholesale store. He also studies calligraphy under KOJIMA Houun, a great calligrapher in Osaka, and received two calligraphy teacher’s certificates. They are extant. He took an artist name of Shun’un.

(4) Yasu.taka (16l89-1765), the head of the fourth generation, succeeded his father’s business and was known as En.shuu-ya Heisuke (Em.pei). Generation after generation, wealth accumulated.

(5) Yasu.moto (1726-96), the head of the fifth generation, lamented over the loss of Shouanji, the family temple, due to fire and he financed the rebuilding of the temple. The record of the rebuilding of the temple is extant.

(6) Yoshi.aki (1776-1842), the head of the sixth generation, was the second richest merchant in Matsumoto during the Kansei period. His store is 4-choume, Hommachi, was 21 ken (38 meter, 126 feet) wide and 32 ken (58 meters, 192 feet) long. Dozen warehouses behind the store were called Eto-gura. The business was prosperous. He studied Kyouka (satirical and comical wake) poem under Ota Nampo (Shokusanjin), the great kyouka poet of the Temmei period.

(7) Yoshi.taka (1810-69), the head of the seventh generation, was a good friend of SAKAUMA_shouzan (1811-1864), who named Yoshitaka’s library Koukodou. Yoshitaka loved haikai and kyouka poems. He used the pen name of Matsuzono Chizuru for his kyouka. He was a friend of Hokusai, Hiroshige and other ukiyo-e artists and patron of Houtei Gosei (-1811-1830s-) . The above portrait by Hiroshige was printed in Hyakunin-Isshu-Shousei-Shou (The Sound of Bells: hundred poems by hundred poets), a posthumous work by Kyoukadou Magao, a kyouka poet, edited by TAKEUCHI Makuzu and published in the seventh year of Tempou (1836).

(8)Tou.hyou.e (1844-1911), the head of the eighth generation, established Sakai Koukodou in the third year of Meiji (1870) in Kanda Awajichou in Tokyo.

明治初年、酒井好古堂は日本で最初の画廊を開設。

明治初年、琅玕堂(ろうかんどう)は日本で初めての書廊(しょろう)。高村光太郎が創設。

(9) Shou.kichi (1878-1942), the head of the ninth generation, published “Ukiyo-e”, an academic periodical on ukiyo-e (fifty-five numbers).

祖父・酒井庄吉らは、1915-1920、弟たちと計り、日本で最初の浮世絵学術雑誌「浮世絵」(全55冊)を発刊しました。今日でも、

第一級の研究資料となっています。

(本図は「よみがえる浮世絵」カタログより転載しました)

(10) Tou.kichi, Tei.suke and Sen.zabu.rou, three brothers of the tenth generation of the Sakai family had established Nihon Ukiyo-e Hakubutsukan (JUM, Japan Ukiyo-e Museum), the first of its kinds in the world for the benefit of international culture.

(11) Nobu.o (curator aka Gankow) and Kuni.o, two brothers organized cultural foundation since 1982. During 30 years, gankow was fight alone to established “Ukiyo-e-Gaku” (ukiyo-e study) in Matsumoto and now moved to Tokyo. And so Kuni.o represents JUM.  Now Kuni.o (curator and CEO) is the Director of JUM.

*Ukiyo-e, often mistranslated into pictures of floating world.   But “uki-uki” means never “floating” but feeling of excitement.   So “ukiyo-e” means ‘pictures for feeling of excitement’, everyday life in old Japan.

(12)Now SAKAI_kuni.o is CEO of JUM.

(13)SAKAI_kohji, CEO of JUM.

浮世絵学*5a/JUM Ukiyo-e World Exhibitions 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)[浮世絵学・複製] http://www.ukiyo-e.co.jp/16270

*E-mail: gankow@gmail.com

*Phone: +81 (0)3-3591-4678    Japan: 03-3591-4678

以下、浮世絵学も参照

SAKAI_gankow, professional special adviser of ukiyo-e, curator [http://www.ukiyo-e.co.jp]

*You might also see japan-ukiyoe-museum.com

◯浮世絵学[半角数字][半角数字] 検索
以下、浮世絵学も参照

*DBなど、Googleなど、[ひらがな 総目録]で絵師名を入力すれば表示されます。むろんDBの原則、原画に刻記されている文字で検索しても従来通り、表示されます。

例:ほくさゐ  *「ゐ」、仮名表で表記されます。

例:北齋 *「齋」は、当時の原画に刻記されている通りに入力 「北斎」では不可。

*所要で出掛けていることもございますので、ご来店の前にご一報を戴ければ御迷惑を懸けません。

*何か御気付きの点がございましたら、御教示ねがいます。

11)最近の研究・投稿(名数 源氏物語 五十三帖説ほか)

浮世絵学04/外題(名数)_源氏物語序説 五十三帖説/尾州家河内本を底本とする 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/16158

*酒井好古堂(こうこどう)は浮世絵専門店、鑑定、売買、復刻業

[浮世絵学・複製] *ここのサイトに複製(木版、カラーシート、一筆箋など)の画像があります。御覧下さい。

10.00-18.00 毎日営業(祝日、祭日を含めて)しております。

*所要で出掛けていることもございますので、ご来店の前にご一報を戴ければ御迷惑を懸けません。

◇接続URL

http://www.ukiyo-e.co.jp/16738 浮世絵学 御案内    Entrance

http://www.ukiyo-e.co.jp/22447  ←(版本)Picture Book, woodblock printed

http://www.ukiyo-e.co.jp/28725  ←(絵本)color woodblock picture books & reference 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)
http://www.ukiyo-e.co.jp/30598  ←(活字本) type print books *全頁を影印で掲載 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

____________________________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/1809  浮世絵学*1/ukiyo-e oldest gallery 

http://www.ukiyo-e.co.jp/233    浮世絵学*2/ (English): SAKAI Koh.ko.do Gallery

http://www.ukiyo-e.co.jp/1783   浮世絵学*3 1941小島烏水(1873-1948)/浮世絵類考(序文)

http://www.ukiyo-e.co.jp/226    浮世絵学*4/浮世絵学(データベース)1978SAKAI gankow’s_ukiyo-e data base method 

http://www.ukiyo-e.co.jp/1014   浮世絵学*9/ 浮世絵書誌 (bibliography, reference books, illustrated catalog …) 

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)   http://www.ukiyo-e.co.jp

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

E-mail: gankow@gmail.com

2017-07-26

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

ご来店を心より御待ちしております。

初心者、大歓迎!

浮世絵のことで何か分からないことが

ございましたら、遠慮なくお尋ね下さい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e
浮世絵・酒井好古堂 [浮世絵学]    http://www.ukiyo-e.co.jp/16738

[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

11982-04-25現在(2020-01-25更新)      ✓検索 浮世絵学   ◯◯   http://www.ukiyo-e.co.jp/1809

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)  [浮世絵学]酒井好古堂主人 SAKAI_gankow,  curator, professional adviser of ukiyo-e *ukiyo-e ”means “picture for feeling of excitement”、

日本で最古の浮世絵店。幕末の開明思想家・佐久間象山(1811-1864)(しょうざん)が、酒井義好(よしたか)の書齋を「好古堂」と命名しました。1982、酒井藤吉(とうきち)、酒井貞助(ていすけ)、酒井泉三郎(せんざぶろう)らは、好古堂蒐集品を基として、父祖の地、松本市郊外に、日本浮世絵博物館を創立しました。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator

酒井 邦男(くにお) 学芸員 curator、副代表

浮世絵・酒井好古堂
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678  Fax03-3591-4678

 

ご来店を心より御待ちしております。

Your PURCHASES Support the oldest ukiyo-e gallery.   Thank you !

電話phone➡︎03-3591-4678

=浮世絵学**     http://www.uiyo-e.co.jp/16738       ←ここをクリック

浮世絵学 – 酒井好古堂

*浮世絵学(文化藝術懇話会*) (1)…(63)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/35962

————————————————————————————————————–

[浮世絵学・複製*]  *下線をクリックして、ポックアップリンクの下線をクリックしてください。

複製* http://www.ukiyo-e.co.jp/32882

原画:日本浮世絵博物館

*原画所蔵先が明記されていない復刻は、避けた方が無難です。

*原画の彫り、摺りを尤も忠実に復刻しています。

—————————————————————————————————————–

◯浮世絵学(支那學・文化藝術懇話会)支那學研究一覧

◯浮世絵学04/外題(三国志展、東博)三国志 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

http://www.ukiyo-e.co.jp/40771

◯浮世絵学(支那學・金印「漢委奴國王」)2019酒井雁高/「委奴」の新解釈(真解明) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

http://www.ukiyo-e.co.jp/39091

邪馬台国、帰結 三國志(魏志)と隋書 古田武彦 九州王朝* 帰結、ずばり九州(阿蘇山と書かれている)(古田武彦/九州王朝*)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/37595

 


◯浮世絵専門博物館

浮世絵学00/2019浮世絵専門博物館 ukiyo-e speciality museums 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/215

______________________________________________________

◯浮世絵学** 御案内

http://www.ukiyo-e.co,jp

冨嶽三十六景    http://www.ukiyo-e.co.jp/7173
木曾街道      http://www.ukiyo-e.co.jp/2496
東海道五十三次   http://www.ukiyo-e.co.jp/17992

その他、各絵師のDB


◯絵本 版本の全頁掲載   ✔️浮世絵学 デジタル 絵本 

You can enojoy lots of woodblock print picture books.  Click underline and link it.

版本(絵本)全図紹介             *重複するものもある

http://www.ukiyo-e.co.jp/22447     ←(版本) woodblock printed books  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) 
http://www.ukiyo-e.co.jp/28725 ←(絵本)  color woodblock picture books & reference 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)
http://www.ukiyo-e.co.jp/30598 ←(活字本)type print books *全頁を影印で掲載 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

1697(元禄10)清信/好色大福帳 外題(好色大福帳)デジタル *影印で全頁掲載 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/34899

◯1759抱一(ほういつ)/鶯邨画譜        http://www.ukiyo-e.co.jp/22643

________________________________________________________________________________________________

1780耳鳥齋/絵本水也空          http://www.ukiyo-e.co.jp/28549

耳鳥齋は、大坂の通人。役名(役者)の歌舞伎場面の特徴を略畫で表現している。

________________________________________________________________________________________________

◯1803双鳩子(齋藤秋圃)/廓中艶譜   http://www.ukiyo-e.co.jp/28494 

船頭さん、なかなか憎い!若い遊妓の手を取り、桟橋から舟に乗り込む。

舟へ乗り込む前、履物を脱ぐ。

______________________________________________________________________________________________________

◯1813蕙齋(けいさい)/草花略画式  http://www.ukiyo-e.co.jp/27955

________________________________________________________________________________________________

◯1797蕙齋(けいさい)/鳥獣略画式        http://www.ukiyo-e.co.jp/22488

________________________________________________________________________________________________

◯1799蕙齋(ケイサイ)/人物略画式  http://www.ukiyo-e.co.jp/28069

蕙齋は重政に師事し、古典の素養もある。源氏物語の各帖を実に上手く描いている。幾つになるか確認して下さい。わかな上 下、一つの帖

源氏物語  桐つぼ … さかき

花ちる里… 松かせ

うすくも …   のわけ


ミゆき …  よこふへ

すゝむし …    志ゐがもと

あけまき … 夢のうきはし

さて、源氏物語の帖数、全部で幾つでしたか。若菜上、下、これは一帖です。

________________________________________________________________________________________________

◎北齋漫画 E永楽屋   M無版元 T東壁堂 Y吉川弘文館

http://www.ukiyo-e.co.jp/34105   北齋漫画* デジタル影印で全頁掲載 Hokusai or Taito Manga

◯北齋漫画 1-15 一冊目の落款は北齋(ほくさゐ)。二冊目以降の落款、戴斗(たいと)

浮世絵学04/外題(北齋漫画Y01…Y15)デジタル *全頁を影印で掲載 1814北齋/北齋漫画Y01/初編 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/21976

________________________________________________________________________________________________

版本 全図紹介

http://www.ukiyo-e.co.jp/22447        版本 全図

書名(絵本) *クリックして、さらにリンクをクリック  Click and then Click Link Site

http://www.ukiyo-e.co.jp/28725     絵本  *Picture Book 

http://www.ukiyo-e.co.jp/1014  

浮世絵学         

http://www.ukiyo-e.co.jp/5995     浮世絵学

http://www.ukiyo-e.co.jp/162  浮世絵学・複製1  哥麿 美人画の最高峰  

http://www.ukiyo-e.co.jp/33    浮世絵学・複製2  北齋爲一(ゐいつ)/冨嶽三十六景  

http://www.ukiyo-e.co.jp/17     浮世絵学・複製3  廣重(ひろしげ)/東海道五十三次  

http://www.ukiyo-e.co.jp/100  浮世絵学・複製4  文明開化  

http://www.ukiyo-e.co.jp/41     浮世絵学・複製5  短冊  

http://www.ukiyo-e.co.jp/209  浮世絵学・複製9  一筆箋(大揃)  

http://www.ukiyo-e.co.jp/211    浮世絵学・複製10 一筆箋(単品)   

___________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/1809       浮世絵学*1      

http://www.ukiyo-e.co.jp/233    浮世絵学*2      

http://www.ukiyo-e.co.jp/1783  浮世絵学*3      

http://www.ukiyo-e.co.jp/226    浮世絵学*4      

http://www.ukiyo-e.co.jp/3879  浮世絵学*5      

http://www.ukiyo-e.co.jp/7780  浮世絵学*6      

http://www.ukiyo-e.co.jp/782    浮世絵学*7      

http://www.ukiyo-e.co.jp/1041  浮世絵学*8      

http://www.ukiyo-e.co.jp/1014  浮世絵学*9   * 書誌

版本(絵本)の紹介

http://www.ukiyo-e.co.jp/22447  浮世絵学04/外題(書名)                                 

http://www.ukiyo-e.co.jp/22565  1719祐信/艶女玉すだれ(非公開)   

http://www.ukiyo-e.co.jp/22643  1759抱一/鶯邨(おうそん)画譜              Ohson(Hohitsu) Gafu

http://www.ukiyo-e.co.jp/28549  1780耳鳥齋/絵本水也空         Ehon Mizu ya Sora

http://www.ukiyo-e.co.jp/27664  1794蕙齋(ケイサイ)/諸職画鏡                  Shoshoku Ekagami

http://www.ukiyo-e.co.jp/22488  1797蕙齋(ケイサイ)/鳥獣畧画式     Choujuu Ryakugashiki

http://www.ukiyo-e.co.jp/28069  1799蕙齋(ケイサイ)/人物略画式     Jinbutsu  Ryakugashiki

http://www.ukiyo-e.co.jp/28386  1802蕙齋(ケイサイ)/龍の宮津子*    Tatsuno Miyatsuko 

 *掲載図は魚貝略画式(俳諧なし)、龍の宮津子(俳諧)は初版

http://www.ukiyo-e.co.jp/28494  1803双鳩子(齋藤秋圃)/廓中艶譜    Kakuchuu Empu

http://www.ukiyo-e.co.jp/28618  1803耳鳥齋*/歳時滅法戒          SaijiMeppoukai      

http://www.ukiyo-e.co.jp/27955  1813蕙齋(ケイサイ)/草花略画式     Kusabana Ryakugashiki

————————————————————————————————————————————————-

http://www.ukiyo-e.co.jp/20858  1814-1878北齋漫画1-15編        Hokusai Manga            

http://www.ukiyo-e.co.jp/20859  1814北齋/北齋漫画 全編                                     

_________________________________________________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/20319  1814北齋(ほくさゐ)/北齋漫画(一編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20452  1814戴斗(たいと)/北齋漫画2(二編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20497  1814戴斗(たいと)/北齋漫画3(三編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20584  1816戴斗(たいと)/北齋漫画4(四編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20656  1816戴斗(たいと)/北齋漫画5(五編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20768  1817戴斗(たいと)/北齋漫画6(六編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20808  1817戴斗(たいと)/北齋漫画7(七編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/27067  1817戴斗(たいと)/北齋漫画8(八編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/27109  1817戴斗(たいと)/北齋漫画9(九編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20866  1817戴斗(たいと)/北齋漫画10(十編) 

*戴斗(たいと)は北齋漫画を十編を大尾としている。十一編以降、戴斗は関与していない。

————————————————————————————————————————————————-

http://www.ukiyo-e.co.jp/20598  1820-1833爲一(ゐいつ)/北齋漫画11(十一編)    

http://www.ukiyo-e.co.jp/20994       1834爲一(ゐいつ)/北齋漫画12(十二編)      

http://www.ukiyo-e.co.jp/21037  1849爲一(ゐいつ)/北齋漫画13(十三編)      

http://www.ukiyo-e.co.jp/21075  1850-1877爲一(ゐいつ)/北齋漫画14(十四編) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/21112  1878爲一(ゐいつ)/北齋漫画15(十五編) 

北齋漫画、下記でも、ご覧になれます。

http://www.ukiyo-e.co.jp/31956       無版元   北齋漫画M01…M10と表記する

http://www.ukiyo-e.co.jp/21976       吉川弘文館 東壁堂 北齋漫画Y01…Y15 と表記     

————————————————————————————————————————————————-

http://www.ukiyo-e.co.jp/21358  1816墨僊(ぼくせん)/墨僊叢畫                      

http://www.ukiyo-e.co.jp/21321  1818戴斗(たいと)/傳神畫鏡                       

http://www.ukiyo-e.co.jp/22052  1823爲一(ゐいつ)/一筆畫譜                       

—————————————————————————————————————————————–

http://www.ukiyo-e.co.jp/19978    1835爲一(ゐいつ)/富嶽百景1

                   1836爲一(ゐいつ)/富嶽百景2

                   1849爲一(ゐいつ)/富嶽百景3       

_______________________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/29274     1785通龍/更紗図譜 Sarasa Zufu

________________________________________________________
http://www.ukiyo-e.co.jp/29723   1852/婆羅布久佐 全2 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)
*old color printed cotton fabric of India, Jawa, Southeast Asia

________________________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/31054  1881暁齋(きょうさい)/暁齋楽画 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

Kyousai’s Rakuga (enjoying painting pictures

_______________________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/41450 1885岡本昆石(1852-1927)/古今百風・吾妻餘波(あずまなごり  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

(雁註)いろろな職業の違いによる看板を詳細に描いた(永濯)

________________________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/29580        1916山鹿清華/むかし渡更紗 全3     *明治期に蒐集した更紗
(むかし渡更紗)old printed cotton fabric of Jawa, Southeast Asia

                    


◎複製など紹介、および研究報告などを紹介   *下線のURLは、クリックして開き、もう一度下線をクリック。リンク先を見ることが出来ます。

目次)

1)浮世絵学*1   酒井好古堂       http://www.ukiyo-e.co.jp/

2)浮世絵学*3 1941小島烏水/浮世絵類考(序文)

3)復刻、複製などの御案内

4)浮世絵学*9 書誌

5)浮世絵学*5 日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会 図録など

6)最近の展覧会(浮世絵関連)

7)浮世絵学* 御案内

*各種DB    http://www.ukiyo-e.co.jp/226

8)吉原遊廓  書誌

9)歌舞音曲

10)偽筆 肉筆浮世絵

11)最近の研究・投稿

11*)支那學・研究一覧

古田武彦/失われた九州王朝 ほか *日本の歴史、古代史に興味ある方は是非、見て下さい。

11a)名数 源氏物語 五十三帖説

11b)廣重/東海道五十三次 刊年(文政13、年末に、保永堂+僊鶴堂合板で、合板分が刊行された)

12.a)北齋/北齋漫画 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12、13、14、15 全図紹介

12.b)1816墨僊/墨僊叢畫 全図紹介

http://www.ukiyo-e.co.jp/21351

12.c)1818戴斗/傳神畫鏡   *本図、これまで全部が掲載されていない

http://www.ukiyo-e.co.jp/21321

13)北齋/富嶽百景 全図 紹介

14)冬至、新年、春分ほか

————————————————————————

1)酒井好古堂 [http://www.ukiyo-e.co.jp]

*みゆき座はクリエと改称。ブロック角、ホテル・レムが建築された。

*Uki-yo does not mean “floating” “world”.  It means “feeling of excitement” “people and society”.

So “ukiyo-e” means exactly “the pictures for feeling of excitement”, not “floating world”.

Ukiyo-e never floats but sinks under the water.

浮世は、浮いている世の意味ではなく、むしろ「浮き浮きした」という意味です。

従って歌舞音曲、吉原遊廓、江戸文学、狂歌、川柳などが生まれています。

2)浮世絵学*3 1941小島烏水/浮世絵類考(序文)

=浮世絵学*3/1941小島烏水(1873-1948)/浮世絵類考(序文)9343項目 Biography of ukiyo-e artists [浮世絵学・複製*] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/1783

2019類考(るいこう)/浮世絵師ほか(五十音)_8953項目


3)復刻、複製などの御案内

[浮世絵学・複製] また、下記のURLを御覧下さい。 *Reproduction by traditional handmade

浮世絵学・複製01/歌麿 うたまろ_歌麿/浮世絵美人絵の最高峰 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/162

浮世絵学・複製02/北齋爲一 ほくさゐゐいつ_爲一/冨嶽三十六景 爲一(ゐいつ)期の世界で尤も有名な作品 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/161

浮世絵学・複製03/廣重 ひろしげ_廣重/東海道五十三次 全55枚 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/17

浮世絵学・複製04/カラーシート 浮世絵の三枚続、文明開化絵を縮小 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/100

浮世絵学・複製05/短冊など 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/41

浮世絵学・複製09/一筆箋(大揃)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/209

浮世絵学・複製10/ 一筆箋 (大揃、単品) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/211

4)浮世絵学 書誌

=浮世絵学*9/ 浮世絵書誌、出典 Bibliography, reference books, illustrated catalog … [浮世絵学・複製*] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/1014

[浮世絵学] ほかの基本的な浮世絵学・情報362も表示されます。

[浮世絵学**][浮世絵学*1][浮世絵学*2]…

[浮世絵学01][浮世絵学02][浮世絵学03]…

5)日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会 図録など

博物館関連の図録、展覧図録は、画像と共に、下記に表示されています

6)最近の研究および展覧会(浮世絵関連)

◇2018酒井雁高/木曾街道

いよいよ外国でも、木曾街道が認知されてきた。マルクス君がタッシェンから豪華な袋綴じの木曾街道図録を刊行した。稀覯品のため、国内でも初版作品は滅多に見る機会がない。

恵那市美術館の木曾街道(田中春雄氏蒐集)が、これまでの最大、最高の水準にある。

これまでの作品を編年別にまとめてみた。

2018英泉+廣重/木曾街道_738項目

日本橋の傘に「未」とあるので、1835(天保6.01)に英泉の木曾街道は刊行されている。

一年ほどで、英泉は手を引いた。1836(天保7)、廣重が残りの作品を描いて完成させた。

未だに坂本、板鼻の二図は無款。外題の様式は廣重の「木曾海道六拾九次之内」であるが、英泉の落款は未見である。

◇2018芳年 練馬区美術館

2018-08-05、練馬区美術館で芳年展が開催された。

京都の日本画家、西井正気画伯が、これまでに心血を注いで蒐集した作品である。

今回、260余点が展示されていた。これまで、恐らく1,300-1,500点ほど、蒐集されたのであろう。

月百姿(つきのひゃくし)だけでも、100枚。他の大きな外題作品だけでも、相当な数になる。

浮世絵博物館でも、父と一緒に、芳年を補い、揃えていった。ほぼ、9割りほど、蒐集したと

思うが、まだまだ作品があるかも知れない。

[浮世絵学 芳年] 検索をすると、いろいろと一覧表が表示される。

芳年

西井正気

◇北齋とジャポニスム(国立西洋美術館) →北齋漫画

馬淵先生

馬淵先生のご署名

ジャポニズム

過日、東京都内で講演があったので、拝聴した。図録に先生のご署名を戴いた。大変、光栄です。

この展覧会は、これまでの日本美術の影響、つまりジャポニズム(英語)を広く工芸品などにも注目して、詳細に論じたものである。馬淵明子先生はじめ、袴田紘代、池田祐子らの永年の研究成果が取り入れられている。

影響は、フランスでジャポニスム、ドイツではヤポニスム、オーストリアではユーゲントシュティル、イギリスでは、建築、工芸などジャポニズム、アメリカでは工芸デザイン関連で、ジャポニズム。

人物、動物、植物、風景、波と富士(水の変態)などに分類して、多くの図版を掲載して比較している。

画家だけに限らず、工房なども詳細にアルファベット順に略伝を書いてある。

参考文献も、実に詳細を極めた書誌。

作品リストは220+H(版画の意、浮世絵)41+HB(版本の意、BOOK)38

馬淵先生の御話よると、油絵など原画を借りることが出来なかった作品も多かったが、図版でも充分、双方を比較でき、理解できる。

浮世絵が西欧に与えた影響:主要な論点を私なりに四項目を採り上げ、纏めてみた。

1 主題:大衆、庶民が中心

元来、西欧の美術は貴族、王族に属していたため、殆どが教会の宗教絵画、また肖像画であった。庶民が絵画の題材になることなどなかった。浮世絵を見て、初めて庶民、大衆が題材となっていることに改めて気付かされた。マネ(1832-1883)、ドガ(1834-1917)、モネ(1840-1926)、ゴーギャン(1848-1903)、ゴッホ(1853-1890)など、その衝撃が作品に活かされ、表現されている。

2 構図:前面に物体を配置し、後面との奥行きを現す

これまでの西欧画法では、奥行きを演出するため、画面の前面に物を配置しなかった。日本の絵画は、前面に物を配置した。全く別の捉え方であった。北齋だけでなく廣重などの構図も、特に俯瞰図法、垂直線描法(画面前面)、装飾性(略画、省筆法)などが、西欧に衝撃を与えた。

3 描法:物の形を全て、線描、略画で表現

特に的確な人物、動物、植物、景色の描写は、真行草の略画、線描など、それぞれの持ち味が充分、活かされていた。北齋(1760-1849)は、むろん蕙齋(けいさい)(1764-1824)の線描、略画を更に発展させたことは間違いない。省筆による適確な素描(スケッチ)が色々な藝術家に衝撃、影響を与えた。

つまり西欧は、物の描写を面(めん)で捕らえる。しかし日本は、書画双絶、書画同一と称するように、線描で把握する。

4 藝術(artの訳語):詩、つまり文学が最上位に位置づけられる。

日本の絵画は、源氏物語を初めとして、全て文学に関連していると云っても過言ではない。

連歌、俳諧、和歌、狂歌から俳画、狂画、つまり略画が生まれた。

ヴァザーリ(1511-1574)を引用するまでもないが、文学の一つ、詩歌が最高の位置にある。次は建築(美術用語は殆どが建築用語である)、彫刻(大理石など巨大なもの、建築にも関連する)、絵画の順列になっている。この点、日本美術は浮世絵に限らず、すべて文学作品に関連している。

詳細については、図録(400ページ余)を御覧いただきたい。

浮世絵学04/東京美術倶楽部 2017-12-09 馬淵明子先生(国立西洋美術館館長)の講演 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [ http://www.ukiyo-e.co.jp] 

◇2017クラーク/北齋、BMおよび、あべのハルカス美術館

北齋の総合図録として、これまで最大、最重要な内容である。

特に肉筆に力を入れて、掲載している。むろん、多少、疑問のある作品も

今後の研究課題として取り入れてある。

◇2017堀内瑞子/北壽/城西大学水田美術館

本格的な北壽の、モノグラフ図録である。

部数が少ないので、入手できる時に手配して欲しい。

北壽

北壽は、いわゆる浮絵(うきえ)の名手であるが、この船頭らの表情は実に面白い。

今後、景色以外の人物、静物なども掘り起こす必要がある。

併せて伝記についても、新たな発見があることを期待している。

◇春信(千葉市美術館_MFA所蔵)

*150点の内、45点は別の絵師。105点ほどが春信であった。少し残念!!

浮世絵学01/春信_2017MFA_春信(千葉市美術館)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

2017MFA_春信       2017MFA 春信.xlsx

◯キヨッソーネ東洋美術館 版画

◯赤木美智ほか/菊川英山展、太田美術館

2017赤木美智/菊川英山展

◯NY, Columbia大学のヘンリー・スミス先生と久し振りの再会

何人かのスタッフと明治期の染料について研究

明治2年以降、多くの合成染料が使われるようになったとの報告書を戴いた。

これからも、浮世絵、日本文化、日本文学の諸分野で、多くの後進を育てて欲しい。

7)浮世絵学* 御案内
浮世絵学*1       http://www.ukiyo-e.co.jp/1809     *酒井好古堂
浮世絵学*2       http://

*酒井好古堂(English)
浮世絵学*3       http://

=浮世絵学*3/1941小島烏水(1873-1948)/浮世絵類考(序文)9343項目 Biography of ukiyo-e artists [浮世絵学・複製*] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/1783

*酒井好古堂(小島烏水)
浮世絵学*4       http://

*浮世絵学DB
浮世絵学*5       http://

*日本浮世絵博物館
浮世絵学*6       http://www.ukiyo-e.co.jp/7780   *日本浮世絵博物館 浮世絵展覧会(国際)
浮世絵学*7       http://www.ukiyo-e.co.jp/***   *新聞報道

=浮世絵学*8/ukiyo-e oldest gallery in Japan: 浮世絵学データベース DB編(原画また画像の文字情報を浮世絵学に沿って入力)[浮世絵学・複製*] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/1041

*DB入力方法
浮世絵学*9       http://

=浮世絵学*9/ 浮世絵書誌、出典 Bibliography, reference books, illustrated catalog … [浮世絵学・複製*] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/1014

◯版本の全図紹介

浮世絵学04/外題(書名)  http://www.ukiyo-e.co.jp/22447 

8)吉原遊廓  DB 書誌

浮世絵学  http://www.ukiyo-e.co.jp/5995

吉原01 書目 http://

浮世絵学04/外題(吉原関連書目)(文化、風俗)(reference books of Yoshiwara, pleasure district) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原02 年表 http://

浮世絵学02/刊年(吉原年表)1912朝倉無聲/武江年表ほか 412項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原03 参考書目 http://

浮世絵学04/外題(吉原参考書目) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原04 細見 http://

浮世絵学04/外題(吉原細見)(諸書より引用) 1640s左縄から1916 新よし原細見  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原05 吉原本 http://

浮世絵学04/外題(吉原本)1936渋井清/吉原本 編年順 1442点  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/1538

吉原06 語彙 http://

浮世絵学06/内題(吉原語彙)2014吉原語彙 五十音順 6645項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原07 細見年表 http://

浮世絵学04/外題(吉原細見年表)(編年)1996八木+丹羽/吉原細見年表 1698項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原08  http://

浮世絵学04/外題(吉原遊廓) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

*吉原遊廓
吉原09 細見 http://

浮世絵学04/外題(吉原細見)(五十音+編年)総目録 1531項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原10 細見ほか http://

浮世絵学04/外題(吉原細見ほか)(編年順)DB 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

吉原11 語彙DB http://

浮世絵学06/内題(吉原語彙DB)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

9)歌舞音曲 DB

◎浮世絵学04/外題(歌舞音曲)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/15940

歌舞音曲* 出典別 DB  http://http://www.www.ukiyo-e.co.jp/16073
歌舞音曲00
歌舞音曲01
歌舞音曲02
歌舞音曲03
歌舞音曲04 外題
歌舞音曲09 DB 役名(役者)  http://

10)偽筆(ぎひつ)

最近、あちこちで紹介される肉筆浮世絵のかなりの作品は偽筆である。

その作品の経歴(プロブナンス)を慎重に考慮する必要がある。

新しいものは、殆ど、その時点で偽筆されたものである。

むろん、明治、大正、昭和期の作品でも、偽筆はある。

日本浮世絵博物館、所蔵の肉筆浮世絵を中心に編纂した豪華図録を発刊した。

驚いたことに、これらの図版を転用した、既に多くの偽筆が出来ている。

最近、肉筆浮世絵について昭和初期の春峰庵まがいの偽筆が横行している。

偽筆の製作者も、巧妙に箱、表装、絵の具などを工夫している。

版画を模写して偽筆を製作しているので、風俗的には分かり難い。

しかし赤外線写真などで、下絵、描線が明らかになる。

また非破壊光学分析で、絵の具自体の特異性も次第に明確になってきた。

父・酒井藤吉らが亡くなり、肉筆浮世絵鑑定の専門家がいなくなった以上、酒井好古堂の責任は重いことを痛感している。更に研究を深めて、真偽を確定したい。

現在までに気が付いた肉筆浮世絵の偽筆について記した。

浮世絵学01/偽筆*_落款(肉筆) 浮世絵・酒井好古堂(酒井雁高) http://www.ukiyo-e.co.jp/16126
浮世絵学01/落款(北齋)/偽筆*01 http://www.ukiyo-e.co.jp/4166
浮世絵学01/落款(北齋)/偽筆*02 http://www.ukiyo-e.co.jp/4367
浮世絵学01/落款(北齋)/偽筆*03 http://www.ukiyo-e.co.jp/4246
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*04 http://www.ukiyo-e.co.jp/3660
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*05 http://www.ukiyo-e.co.jp/1764
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*06 http://www.ukiyo-e.co.jp/1776
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*07 http://www.ukiyo-e.co.jp/13131
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*08 http://www.ukiyo-e.co.jp/4420
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*09 http://www.ukiyo-e.co.jp/2016
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*10 http://www.ukiyo-e.co.jp/2011

浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*11 http://www.ukiyo-e.co.jp/10024
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*12 http://www.ukiyo-e.co.jp/4400
浮世絵学01/落款(應挙)/偽筆*13 http://www.ukiyo-e.co.jp/12529
浮世絵学01/落款(春章)/偽筆*14 http://www.ukiyo-e.co.jp/10946
浮世絵学01/落款(廣重)/偽筆*15 http://www.ukiyo-e.co.jp/10586
浮世絵学01/落款(廣重)/偽筆*16 http://www.ukiyo-e.co.jp/12102
浮世絵学01/落款(絵師)/偽筆*17 http://www.ukiyo-e.co.jp/11808
浮世絵学01/落款(歌麿)/偽筆*18 http://www.ukiyo-e.co.jp/4213

11)最近の研究・投稿

11*)支那學・研究一覧

浮世絵学(支那學・文化藝術懇話会)支那學・研究一覧(邪馬台国、帰結)三國志(魏志)と隋書 古田武彦 九州王朝* 帰結、ずばり九州(阿蘇山と書かれている)(古田武彦/九州王朝*)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/37595

古田武彦/失われた九州王朝 ほか *日本の歴史、古代史に興味ある方は是非、御覧下さい。

Ancient Bronze Mirrors  (Chinese and Japanese Products)

◯古代史 古田武彦/失われた九州王朝    Prof. Furuta’s Yamataikoku ha nakatta !   Real Ancient History of Japan, Dynasty in Kyuushuu !

http://www.ukiyo-e/3009 九州王朝 陳寿/三国志魏志倭人条

http://www.ukiyo-e/3472 九州王朝 玉虫厨子 

http://www.ukiyo-e/4907 九州王朝 魏志東夷倭人条

http://www.ukiyo-e/14662 九州王朝 聖徳太子御一代記

http://www.ukiyo-e/26755 九州王朝 玉虫厨子

http://www.ukiyo-e/27362 古田武彦/失われた九州王朝

http://www.ukiyo-e/27382 古田武彦/九州王朝 法隆寺釈迦三尊光背銘 金堂薬師如来光背銘

http://www.ukiyo-e/27942 西川寿勝/異体字銘帯鏡       Ancient Mirrors of special Kanji-characters

http://www.ukiyo-e/27946 古田武彦/三角縁神獣鏡の史料批判 Ancient Mirrors of Sankakubuchi

http://www.ukiyo-e/28018 西村俊範/漢鏡  Ancient Mirrors of Kankyou, Han Dynasty 

http://www.ukiyo-e/28039 西村俊範/三角縁神獣鏡   Ancient Mirrors of Sankakubuchi

———————————————————————————————————————————————————————————-

◯青銅鏡 漢鏡  Ancient Bronze Mirrors   *Himika, the queen of Yamaichi-koku of Kyuushuu Dazaifu, had received 100 mirrors from Gi Meitei Emperor in 239

(雁註)内行花文鏡、ないこうかもん、と讀むのか。花文は何れなのか。倭鏡が40cmほどで巨大。漢鏡は20cm以下で小さい。これは、どのような理由なのか。

http://www.ukiyo-e/27942 西川寿勝/異体字銘帯鏡       Ancient Mirrors of special Kanji-characters

http://www.ukiyo-e/27946 古田武彦/三角縁神獣鏡の史料批判 Ancient Mirrors of Sankakubuchi

http://www.ukiyo-e/28018 西村俊範/漢鏡  Ancient Mirrors of Kankyou, Han Dynasty 

http://www.ukiyo-e/28039 西村俊範/三角縁神獣鏡   Ancient Mirrors of Sankakubuchi

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

11a)名数 源氏物語 五十三帖説

11b)廣重/東海道五十三次 刊年(文政13、年末に、保永堂+僊鶴堂合板で、合板分が刊行された)

12.a)北齋/北齋漫画 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12、13、14、15 全図紹介

*手もとに初版が無いので、明治期の吉川半七版を紹介。

北齋漫画

1814-1817北齋/北齋漫画       http://www.ukiyo-e.co.jp/20859

1814北齋(ほくさゐ)/北齋漫画(一編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/ 20319
1814戴斗(たいと)/北齋漫画2(二編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20452
1814戴斗(たいと)/北齋漫画3(三編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20497
1816戴斗(たいと)/北齋漫画4(四編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20584
1816戴斗(たいと)/北齋漫画5(五編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20656
1817戴斗(たいと)/北齋漫画6(六編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20768
1817戴斗(たいと)/北齋漫画7(七編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20808
18**戴斗(たいと)/北齋漫画8(八編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/27067

18**戴斗(たいと)/北齋漫画9(九編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/27109

1817戴斗(たいと)/北齋漫画10(十編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20866
1820-1833爲一(ゐいつ)/北齋漫画11(十一編)   http://www.ukiyo-e.co.jp/20598
1834爲一(ゐいつ)/北齋漫画12(十二編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/20994
1849爲一(ゐいつ)/北齋漫画13(十三編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/21037
1850-1877爲一(ゐいつ)/北齋漫画14(十四編)   http://www.ukiyo-e.co.jp/21075
1878爲一(ゐいつ)/北齋漫画15(十五編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/21112

北齋漫画、下記でも、ご覧になれます。

http://www.ukiyo-e.co.jp/31956       無版元   北齋漫画N01…N10と表記する

http://www.ukiyo-e.co.jp/21976       吉川弘文館 東壁堂 北齋漫画Y01…Y15 と表記 

◯第一冊目(初編)これは北齋落款 *題簽に初編と刻記されていない。

http://www.ukiyo-e.co.jp/20319

◯二編 戴斗落款 *従って、本来、戴斗漫画と称するべき理由がある。

http://www.ukiyo-e.co.jp/20452

◯三編  戴斗落款

http://www.ukiyo-e.co.jp/20497

以下、同様

12.b)1816墨僊/墨僊叢畫 全図紹介

http://www.ukiyo-e.co.jp/21351

殆ど、北齋漫画かと思う程、似ている。もともと、北齋漫画の企画は、墨僊が言い出したものかも知れない。その意味で、北齋漫画は、墨僊漫画と称しても良い。

12.c)1818戴斗/傳神畫鏡 全図紹介

http://www.ukiyo-e.co.jp/21321

秀画一覧の改題本という。版面は同一であろう。珍しいので、全図を紹介する。

13)1835-1836、1849爲一(ゐいつ)/富嶽百景 全図 紹介

◎浮世絵学04/外題(富嶽百景1.2.3)デジタル *影印で全頁掲載 1835、1836、1849前北齋爲一(ゐいつ)筆 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/19978


14)冬至、新年、春分ほか

(好古堂営業時間など)

開店  Open 10.00-18.00   *Please call and come !

原画は、ご来店戴き、直接、お手元で御覧になるのが一番です。

各種の検索でも下記のように入力すれば、色々な情報が表示されます。

*[浮世絵学**][浮世絵*1][浮世絵学*2][浮世絵学*]…

*[浮世絵学][浮世絵学01][浮世絵学02][浮世絵学03][浮世絵学04][浮世絵学05][浮世絵学06]…

*3-20は春分、真東から太陽が昇り、真西に太陽が沈む。昼と夜の長さが、ほぼ同じになる。秋分も同様である。古代中国、日本(500年代)で は、このため春分、秋分と2年と計算していた。当時の100年は、50年である。日本の奈良王朝の寿命が100歳を超えているので、津田左右吉など戦前の 学者はデタラメと批難した。現在では、倍暦という術語が定着して、その半分であるから、ほぼ合理的解釈ができる。神武と崇神の幼名がハツクニシラス、つま り初めて国を作った意である。二人いるのは妙である。これは同一人物と考えられる。考古学の継体、応神、崇神の王朝は、奈良王朝とは全く無関係であるにも 拘らず、720、編纂した日本書紀に付加して、歴史を長く見せかけたのである。倍暦を考えると、考古学の記録では紀元前後、つまり九州王朝の金印、57が 基準となる。503隅田八幡、531稲荷山鉄剣など、奈良王朝は九州王朝を滅ぼした662以降、白村江以降、成立したことが分かる。

*2-11、 旧暦で1月15日、逆算して建国記念日。しかし、2600余年前の年月日時、確たる暦法は無く、干支も逆算によるもの。一体、誰が國?を作ったのか。中国 でも、前103以前に暦法は確立されていない。奈良王朝より古い、九州王朝でも、57AD前後しか確定できていない。

節分(2017-2-03)を過ぎて、これから厳寒の時期、健康に留意しましょう。

*冬至、世界中、冬至を祝う。冬から春へ、日が長くなる。ヘブライ? キリスト?、イスラム? 季節の通過儀礼

In front of The Imperial Hotel Tower at Ginza Tokyo !
Everybody Welcome !
Professional adviser of ukiyo-e* (“pictures for feeling of excitement”, everyday life in old Edo period Japan)
So ukiyo-e are never ’floating, no, sinking off.
Curator during almost 50 years.
SAKAI_gankow
酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人、学芸員)(前々日本浮世絵博物館理事長) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

酒井邦男(酒井好古堂副代表、学芸員)(前日本浮世絵博物館理事長)

E-mail: gankow@gmail.com

*Uki-yo: does not mean “floating” “world”.  It means “feeling of excitement” “people and society”.

So “ukiyo-e” means exactly “the pictures for feeling of excitement”, not “floating world”.

Ukiyo-e never floats but sinks under the water.

Your Purchase supports the oldest gallery of Ukiyo-e.

Ukiyo-e” means the pictures of everyday life in old Japan.

It’s the pictures of feeling of excitement in Edo, Tokugawa Shougunate.

As you know the pictures in Europe, they are all religious paintings, such as angel flying.

And another are the portraits of kings or queen, not for the people.

“Ukiyo-e” pictures deal with people everyday life, not for the kings or angels.

European impressionists found that the subjects for paintings should belong to the people.

And they finally go out from the studio and sketched the people’s life. such as Manet (1832-1883), Monet (1840-1926), Vincent van Gogh (1853-1890) and Toulouse-Lautrec (1864-1901) etcs.

Your Purchase supports the gallery.

Thank you !

Sakai Gankow, curator and connoisseur

Sakai Koukodou Gallery

Oldest ukiyo-e gallery in Japan, Est. 1870

1-2-14, yuurakuchou, chiyodaku, Tokyo

phone 03-3591-4678

*Everyday open.   10.00-19.00

Please contact with me before your visiting.

—————————————————————————————————–

◯浮世絵・酒井好古堂 [http://www.ukiyo-e.co.jp]

浮世絵の老舗、浮世絵・酒井好古堂(こうこどう)でございます。

幕末の開明思想家・佐久間象山(しょうざん)(1811-1864)によって、好古堂の書齋号を命名されました。

象山は、京都で暗殺されました。門下に勝海舟(1823-1899)、吉田松陰(1830-1859)らがいます。

酒井義好(よしたか)は象山より一つ年長、信州松本の紙問屋で、狂歌号を松園千鶴(まつぞのちづる)と云いました。

◯酒井好古堂、日本で最初の画廊

1870、酒井好古堂は、高村光太郎の書廊に即応して、日本で最初の画廊を東京神田淡路町に創設いたしました。

父・酒井藤吉は、神田のミニコミ誌に三回に亘り、掲載しています。

明治初期、酒井好古堂。日本初の画廊

明治初期、琅玕堂(ろうかんどう)。高村光太郎の書廊(しょろう)。

当時、日本で中国書跡の人気が高く、中国から多くの作品が招来されていた。

浮世絵の酒井好古堂、専門家は無論、初心者の方も大歓迎です。

1915-1920、祖父・酒井庄吉、文助、忠吉らは、此花(宮武外骨)、此花(朝倉無聲)の風俗研究を継承し、浮世絵専門の学術雑誌「浮世絵」(55冊)を発刊、研究、鑑定の普及を行いました。小島烏水、井上和雄など錚々たる第一線の収集家、研究家を集め、浮世絵の啓蒙に努めました。(図版は「よみがえる浮世絵」より転載)その後、浮世絵の研究は、錦繪(相場七二)、浮世絵之研究(井上和雄)、浮世絵志(小島烏水ほか)、浮世絵藝術(1)(坂戸哲舟)、浮世絵界(藤懸静也)、季刊浮世絵(鈴木實)、浮世絵藝術(2)(宮尾しげを)など多くの研究書が続刊されました。これらの詳細目録は、1997酒井雁高/浮世絵学(販売価格6,600円)に掲載されています。

海外へのお土産にも、軽くて嵩張らず、最高の贈物になります。

[浮世絵学・複製◇] *ここのサイトに複製(木版、カラーシート、一筆箋など)の画像があります。御覧下さい。

雁高

SAKAI_gankow, 2017-07-26

どうぞ、お気軽に御出掛け下さいませ。

各種、ご相談、鑑定に応じております。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator、浮世絵鑑定家  connoisseur

浮世絵・酒井好古堂   [http://www.ukiyo-e.co.jp] 

*酒井好古堂(こうこどう)は浮世絵専門の鑑定、復刻業

10.00-18.30 毎日営業(祝日、祭日を含めて)しております。

*DBなど、Googleなど、ひらがな で絵師名を入力すると表示されるよう改良。むろんDBの原則、原画に刻記されている文字で検索しても従来通り、表示されます。

例:ほくさゐ  *ゐハ仮名表で表記されますが、三文字、「ほくさ」だけでも大丈夫だと思います。

例:北齋 *齋は、当時の原画に刻記されている通りに入力 「北斎」では不可。

*所要で出掛けていることもございますので、ご来店の前にご一報を戴ければ御迷惑を懸けません。

*何か御気付きの点がございましたら、御教示ねがいます。

東京、銀座また有楽町、帝国ホテル・インペリアルタワーの前

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

—————————————————————————————————–

Ukiyo-e, often mistranslated into pictures of floating world.
But “uki-uki” means never “floating” but feeling of excitement.
So ukiyo-e means ‘pictures for feeling of excitement’, everyday life in old Japan.

酒井雁高(酒井好古堂主人)SAKAI_gankow,  curator,

浮世絵・酒井好古堂   http://www.ukiyo-e.co.jpSakai Kohkodou Gallery:Entrance話会(52)伊勢物語(2)

現在、雨ですが、夜には雪になる。まだまだ春分までは三寒四温、寒いです。

*2017-09-23、15.00-16.00、ラズ大森にて源氏物語「五十三帖説」 *「名数」 これらについてザット御話をいたします。

諸先生がたの難しい論文、業績を簡単に話すことは難しいですが、何とか一般の方々に対して、初めての紹介になります。

合わせて、ukiyo-e.co.jp/16158 を御覧下さい。

*本日、2017-10-04、15:00- 美術倶楽部(会員制)にて、馬淵明子先生(国立西洋美術館)の「北齋とジャポニズム」の講演会があります。楽しみです。拝聴いたします。二回目の講演もあります。本日、私の纏めた簡単な資料をお渡しする予定です。

*2017-12-09、美術倶楽部(会員制)にて、馬淵明子先生の最後の講演がありました。北齋とジャポニスム図録に署名を戴きました。マネ(1832-1883)、ドガ(1834-1917)、モネ(1840-1926)、ゴッホ(1853-1890)など多くの油絵画家が北齋などの版本(挿絵)、一枚絵などから影響を受けています。ブロンズ彫刻家のロダン(19840-1917)は、浮世絵の略画法、一筆法などに感銘を受け、浮世絵を蒐集しました。版画家リヴィエール(1864-1951)は、版画でエッフェル塔36景の連作を描いています。

Google検索で、[浮世絵学]*簡単に情報を見ることが出来ます。ある情報は、downloadも出来ます。
◯浮世絵学[半角数字][半角数字] 検索

浮世絵学**    アステリスク  JUM、好古堂関連
浮世絵学*1/Your Purchases Support the oldest ukiyo-e gallery in Japan
浮世絵学*2/Sakai koukodou gallery (In front of the Imperial Hotel Tower)
浮世絵学*3/1941小島烏水/浮世絵類考(序文)
浮世絵学*4/DB記述編
浮世絵学*5/japan-ukiyoe-museum.com 日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会
浮世絵学*6/Mr.SAKAI_toukichi and his brothers had 65 world ukiyo-e exhibitions.
浮世絵学*7/No. 1 of Japan: japan-ukiyoe-museum.com
浮世絵学*8/DB編(原画また画像の文字情報を浮世絵学に沿って入力)
浮世絵学*9/浮世絵書誌編

◯浮世絵学[半角数字][半角数字] 検索
以下、浮世絵学も参照

浮世絵学00/浮世絵専門博物館
浮世絵学01/落款(浮世絵師)絵師別目録
浮世絵学01/落款(人名)(浮世絵師)(役名)ほか

*[ひらがな 総目録][はるのぶ 総目録][うたまろ 総目録][ひろしげ 総目録][北齋 総目録]ほか
浮世絵学01/落款(偽筆)
浮世絵学01/落款(肉筆)
浮世絵学02/刊年(年号)
浮世絵学02/刊年(影印)(極+改)
浮世絵学03/判型形態(浮世絵と版本)(大きさ)
浮世絵学04/外題(名数)
浮世絵学04/外題(日本文学)(江戸文学)(狂歌)(川柳)
浮世絵学04/外題(吉原遊郭)
浮世絵学04/外題(歌舞音曲)
浮世絵学04/外題(日本美術)(絵巻物)(奈良絵巻、奈良絵本)
浮世絵学04/外題(絵本)
浮世絵学04/外題(笑本)
浮世絵学04/外題(文様)(紋帳)(定紋)
浮世絵学04/外題(長崎絵)
浮世絵学04/外題(横浜絵) *横濱絵
浮世絵学04/外題(硝子絵) *硝子繪
浮世絵学05/版元(板元)
浮世絵学06/内題(→外題)
浮世絵学07/出典(浮世絵書誌)(天地人)
浮世絵学07/典拠
浮世絵学07/発行図録

◯浮世絵学(◯◯) *文字を入力すれば、検索できます

浮世絵学(日本文学)

浮世絵学(江戸文学)

浮世絵学(文様)

浮世絵学(歌舞音曲)

浮世絵学(吉原遊廓)

浮世絵学(狂歌)

浮世絵学(文化藝術懇話会)
浮世絵学(シルクロード) 中央アジア 東西交渉史 西洋 東洋
浮世絵学(中国古典文学)
浮世絵学(西洋古典文学)

12)冬至、新年、春分ほか

新春 1/01 *以下、1975内田正男/暦と日本人、1991内田正男/暦のはなし十二ヶ月

*2018-1-02、何回も、新春を迎えたが、暦について確たる知識がなかった。詳細について、2007浮世絵超名品図録/日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会を御覧いただきたい。

旧暦(太陰太陽暦)の1月1日(春節は、太陽暦の日附で、早い時は1月21日、遅い時は2月20日くらいになる。太陽暦の1年と太陰太陽暦の1年との差が11日ある。太陽暦の1月1日の初日の出は、真東より右手(南)約28度から出る(東京地域)。従って、個人の誕生日は祝わなかった。何故なら、29日、30日の月がほぼ順番に廻り、30日が無い月(つまり29日)が生ずるからである。太陽暦でも、閏年(うるう)の場合、2月29日は4年毎にしか廻って来ない。厳密な意味で、誕生日は不可である。

*以下、二十四節気は1788(天明8)/暦便覧による

立春(正月節)春の気、立つをもってなり。

春分(二月中)日天の中を行て、昼夜等分の時なり。

春分、天の赤道と太陽の通る黄道とが交わる2点のうち、太陽が天球の南から北へと過(よぎ)る点を春分点という。最近では2月20日、また2月21日に決まっている。4年毎の閏年および翌年は2月20日、あとの2年は2月21日である。春分の日、太陽は真東から出て真西に沈む。これは日本各地、同じで、昼間の時間は約12時間10分くらい。冬至では10時間30分(那覇)、9時間45分(東京)、9時間1分(札幌)。

*春分を3月21日に固定しようとする目的は、キリスト教にとって尤も大切な祭日である復活祭を3月22日から4月25日の間に納めようという意図に基づいている。年によって、一日ずれる。復活祭は、春分後の最初の満月のあとの日曜日というふうに決められている。復活祭用の数表を利用する。

*ここでも満月が使われている。紀元前1世紀-2世紀、ローマ暦で曜日が定着した。古代アッシリアでは紀元前7世紀ころ、毎月、7、14、24など7の倍数は働くことを禁じていたという。古代、曜日は無く、日にちで休日、縁日などを決めていた。日本でも四日市というように、毎月4日にイチが開かれていた。

太陽暦では3番目の月(3月)からが春である。だから最後の2番目の月(2月)を閏月として処理して調整。

彼岸(春分、秋分)

彼岸の中日は昼夜半分の日ではなく、真西に太陽が没する春分、秋分の日となる。

西暦紀元は教会の復活祭の日付を計算するに必要な数表から割り出されている。

この数え方は、紀元は1年から始まり、その前年は0年ではなく西暦紀元前1年である。したがって第1世紀は、西暦1年の1月1日に始まり西暦100年の12月31日に終る。

しかし、天文学の計算では、計算し易いように0年を置くから、紀元前2年がマイナス1年となる。グレゴリオ暦で遡って計算するような場合、西暦前1年が0年であり、その0年が閏年であるから西暦前の場合、前4年は閏年ではない。

夏至(五月中)陽熟至極し、また日の長きに至りなるを以てなり。

立秋(七月節)初めて秋の気、立つがゆへなればなり。

秋分(八月中)陰陽の中分なればなり。

立冬(十月節)冬の気、立ちて初めて、いよいよ冷(ひ)ゆればなり。

冬至(十一月中)日南の限りを行て、日の短きの至りなればなり。

*2017-12-22、 今日、冬至である。昼が最短、この日から徐々に長くなる。いわゆる冬至カボチャ。キリスト教では、イェスの生誕日として祝った。しかし、全く科学的根拠はない。冬至は、ヨーロッパ、中東地域で、ストーンヘッジを初めてとして、3,500-4,000年以上前、つまりイェス以前から確立していた。世界中、気象を観測して、春になる、暖かくなる節目として祝っていた。しかし、実のところ、冬至から節分までが厳寒の時期である。

太陽太陰暦では、この日を新年の一日とした。月の満ち欠け、つまり新月、満月を見て、生活していた。その冬至を含む月を11月としていた。前年の冬至(天正冬至)の日時、月齢を求めることから始めた。朔旦冬至といって、冬至が11月1日に当たると特別に儀式が行われた。冬至には日中の時間がもっとも短くなる。しかし、日の入り時刻は12月6日ころが尤も早く、日の出時刻は1月5日ころが尤も遅い。

原因は、太陽が赤道上でなく黄道上を動き、黄道が円でなく楕円であることによる。

年初は約束ごとである。現在では冬至の約10日のちというのは、春分を3月21日に決めるために、そのようになった。古代ローマ暦では3番目の月が年初であった。その名残で、2番目の月末(2月)に閏日が置かれている。本来は年末であった。日本の旧暦では平均すると立春が1月1日になる。実際、立春は12月15日から1月15日の間で移動する。旧暦では閏(うるう、門構えに「王」)月は中気(ちゅうき)のない付という規則があり、計算しなてみなとと、どの月が閏月になるか決まらない。この暦法は中国では紀元前7世紀頃、既に考えられたと云われる。

閏(うるう)の字、告朔の礼、天子毎月宗廟に居る。ただ閏月は門中にいる。

このため、門がまえの中は「王」でなければならない。壬の字の場合、誤りである。古文書では、閏の字を略して、王と書く場合がある。しかし、王では閏(うるう)の略字にならない。

*月の朔望日は元嘉暦(443制定)で29.5305851063日儀鳳暦(664制定)では29.530590149日

現在の天文学では29.5305882日。驚くほど正確である。(藤原有氏の計算による)

太陽暦よりも年、10日ほど短いので、閏月(うるうづき)を計算により配置した。一ト月、余分に加えて調整した。(これらの計算など、故藤原有氏に御教示いただいた)

*詳細について、2007浮世絵超名品図録/日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会。

*692(持統6)-1881(明治5)、この期間、太陰太陽暦が使われていた。日常、月の満ち欠け、明るさで行動していたのである。新月の日、真っ暗で、提灯など灯りがなければ歩けない。浮世絵に月が描かれたのも、月明かりで歩いていたからである。

*盂蘭盆(うらぼん)も旧暦、東京では7月13日-16日であったが、1881(明治5)以降、新暦となり、地方では、8月15日前後(一ト月遅れ)に先祖の供養がなされる。

◇接続URL

http://www.ukiyo-e.co.jp/16738 浮世絵学 御案内    Entrance

http://www.ukiyo-e.co.jp/28725 絵本 Picture Book

http://www.ukiyo-e.co.jp/22447 版本 Picture Book → http://www.ukiyo-e.co.jp/1014

http://www.ukiyo-e.co.jp/1809  浮世絵学*1/ukiyo-e oldest gallery 

http://www.ukiyo-e.co.jp/233    浮世絵学*2/ (English): SAKAI Koh.ko.do Gallery

http://www.ukiyo-e.co.jp/1783   浮世絵学*3 1941小島烏水(1873-1948)/浮世絵類考(序文)

http://www.ukiyo-e.co.jp/226    浮世絵学*4/浮世絵学(データベース)1978SAKAI gankow’s_ukiyo-e data base method 

http://www.ukiyo-e.co.jp/1014   浮世絵学*9/ 浮世絵書誌 (bibliography, reference books, illustrated catalog …) 


2017 夏

何か御気付きの点があれば、御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂       http://www.ukiyo-e.co.jp/16738
文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678
SAKAI_gankow, professional special adviser of ukiyo-e, curator

http://www.ukiyo-e.co.jp/16738

*You might also see japan-ukiyoe-museum.com
Google検索で、[浮世絵学]+[人名][日本美術][書誌]など必要な項目を入力すれば、必要な情報が表示されます。

2018-04-28現在(2020-01-25更新) 検索 浮世絵学 ⚪⚪   http://www.ukiyo-e.co.jp/21557

◯北溪伝記

2018北溪(ほっけい)/伝記集成_9項目

ところで、魚屋(ととや)は一体、何処で漢籍などの知識を学んだのだろう。

魚屋にしては、学識が在り過ぎる。

◯北溪(ほっけい)/総目録

2020北溪(ほっけい)/総目録_1061項目

2020北溪(ほっけい)/総目録_1062項目

2019北溪(ほっけい)/総目録_1056項目

 

 

葵岡北溪  角1 宝合・左二番 獅王劔

*左右三番ならば、全6枚か

本図も、これまで全く記録されていない。

摺物(すりもの)のため、なかなか全体を把握し難い。

何か御気付きの点があれば御教示ねがいたい。
酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator [浮世絵学**]

浮世絵・酒井好古堂 [http://www.ukiyo-e.co.jp]

[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-2018北溪(ほっけい)/総目録_1050項目

2018-05-01現在(2020-01-20更新) ☑️浮世絵學 ◯◯ http://www.ukiyo-e.co.jp/21593

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

◯浮世絵学(支那學・文化藝術懇話会)支那學・研究一覧(邪馬台国、帰結)三國志(魏志)と隋書 古田武彦 九州王朝* 帰結、ずばり九州(「阿蘇山」と書かれている)(古田武彦/九州王朝*)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/37595

1787上田秋成/金印考 57金印(漢委奴國王)

1787(天明4)、金印(漢委奴國王)が志加島(しかのしま)で、発見されると同時に、上田秋成は五文字の漢印であることを証明している。また委奴(ヰド)國と読み、北九州に地名があることも述べている。博多は那の津であるが、57年、光武帝(劉秀)(BC6-57)は、この金印を北九州のヰト國に与えたものである。 これ以前、イト國は後漢に朝貢していたからである。しかし、当時、まだ国家と呼ぶほどの規模でなかった。委奴(ヰド)國は、未だ卑弥呼*(ひみか)の女王國・邪馬壹國の以前の段階で、極く小さい共同体と見做される。

(古田)卑弥呼、読み「ひみか」。「呼」の読み「か」

 

 

(解説)漢委奴國王金印考一巻

230s年前後、女王國、邪馬壹國(ヤマイッコク)の存在が確認される。

偽印説もあるが、全く同じ大きさの金印、四川省から滇(テン)印(BC278-BC85)が発見されたので、真印であることは明らかである。漢隷などにも精通していた秋成の博識に驚く。

(古田)漢委奴國王印 当時の漢印、印譜を調べた結果、二重の形容はなく、必ず「どこ」の王に授与したとなっている。AがBに授与、AがBのCに授与の例は無い。つまり、この読み方は、漢の「わ」の「な」の国王ではなく、漢の「ゐど」国王と読む。

(雁註)篆書の象形文字で判読すると、「委奴(ゐど)國王」となる。「委」(ゐ)は、稲穂が頭を垂れる、つまり御辞儀をする人々である。委の人々ということで、後から人偏を付して、「倭」を作字した。音も変化して、「わ」となった。

*浮世絵学(支那學・金印「漢委奴國王」)2019酒井雁高/「委奴(ゐど)」の真解釈  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/39091

何かあれば、御教示下さい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator [浮世絵学**]

浮世絵・酒井好古堂

トップページ

[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

2018-03-18現在(2020-01-20更新) 検索 浮世絵学 ⚪⚪  http://www.ukiyo-e.co.jp/19856

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)   

弘藏でなく、弘

1926阿部弘/日本奴隷史、聚芳閣 *杖策(じょうさく)、号は槐陰 *生没年不詳とあるが、没年は1914。彰義隊で20歳とあるので、生まれは1848cとなる。

中山太郎は、日本婚姻史、売笑三千年史などで、多くの項目に1890阿部弘藏/日本奴隷史を引用している。

阿部は「彰義隊」(この時、二十歳)の名付け親で、江戸時代末期の幕臣、明治の文部官吏である。その後、英語を学び、福沢門下となっている。また阿部は、為政者によって捏造された「三韓征伐」の伝承を否定している。当然である、230s、倭(わ、北九州)は、当時、支那により征服される地域であった。奈良王朝は623年以降に九州王朝を簒奪して、現れた。

1910山崎有信/彰義隊戦史

中山は阿部に倣い、出典を明記して、その要点(摘要)を詳細に書き記している。

1890、稿成っていたが、当時、このような書名の刊行は許可が下りなかった。1926大正期に発刊された。

490余種の文献を丹念に読み、七年以上、掛かったという。

*阿部によれば、遊女、田楽、猿楽など、売買され、人権を全く有しない人々を奴隷として扱っている。

心身の自動自活を許されざる不自由の種類、則ち奴僕、奴(やっこ)は男を差し、婢は女を指している。

いわゆる女房文学の貴族女性らも、本人の名前は不明。公家、貴族の地位が脅かされ、没落すると、それに伴い、使用人は経済的支えが無くなり、悲惨な末路となる。

(雁註)

1 戦闘の敗者は、捕虜となり、奴隷となった。労働力として使役された。

2 通貨が流通すると、人買い、拉致などにより、単なる「もの」として、奴隷にされ、売買された。

3 借金を負ったため、遊女にされ、使役された。

4 教会では、信徒を国内だけでなく、海外へも売買して、資金としていた。

ざっとした系統図が作成されている。

上世甲 597-645  (p.16

1.1 奴婢

1.2 部曲

上世乙 645-1175    (p.19)

1.3 乞食

1.4 餌取(えとり)

1.5 遊女

1.6 夷俘 *とりこ

1.7 奴婢

1.8 家人 *寺家家人 私家家人

1.9 陵戸 *天皇家の墓守り

1.10 官戸(かんこ) *官奴司に所属

1.11 雜戸(ざっこ) *図書寮の紙戸(かみこ)、雅楽寮の樂戸(がくこ)

1.12 品部(しなべ) *伴造(とものみやつこ)に所属した職能集団。忌部(いんべ)、山部、鍛冶部(かじべ)など

1.13 雜色(ぞうしき)*品部、雜戸 雑務の下級役人。 小舎人(こどねり)など

中世 1175-1595(1605) (p.120)

2.1 乞食

2.2 穢多(えった)*(雁註)動物の解体を行うため、腐臭が纏わり付き、差別された過程に注意する

2.3 遊女

2.4 田楽

2.5 猿楽 *藝能

2.6 奴婢

2.7 妾

2.8 雜色 *(雁註)以下も身分としては奴隷と同じであったと定義している。これには驚く。

2.9 小者

2.10 中間(ちゅうげん)

2.11 足軽

2.12 若党

近世 1605-1845 (p. 228)

3.1 穢多(えた)

3.2 非人

3.3 奴女

3.4 水替人

3.5 宿場人足

3.6 角兵衛獅子

3.7 軽業児

3.8 遊女

3.9 歌舞伎役者 *(雁註)河原もの(かわらもの)、一定の地域に住むことを強要され、外出する際、被りものをしなければならなかった。

3.10 陰間(かげま) *男色(なんしょく) 若い役者

3.11 町藝者

3.12 家抱

3.13 織婦

3.14 中間(ちゅうげん)

3.15 下女

3.16 妾

3.17 若党

3.18 足軽

第十五章 奴隷系統図 (p.426)

 

*最近、複製が出来ている。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂 [http://www.ukiyo-e.co.jp]
[浮世絵学**]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

1982-04-25現在(2020-01-20更新)  [浮世絵学]  http://www.ukiyo-e.co.jp/13056

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

絵師名は政演*(まさのぶ)、戯作名は京傳(きょうでん) *浮世絵師の画号・政演は1791寛政3まで。以降、戯作者・京傳を使う。
既に山東京伝全集が発刊されている。

京傳落款の浮世絵は少なく、専ら黄表紙など戯作で活躍。版本は約500点ほど。
京傳の機知は、黄表紙だけでなく、滑稽本、絵本にも、表出されている。
中でも、見立て、惚(とぼ)け、略(やつし)は下記の総ての文様に表現されている。
1784(天明4) 小紋裁(こもんざい)
1784(天明4) 手拭合(たなぐいあわせ)
1786(天明6) 小紋新法*(こもんしんぽう)小紋裁後編  *古文真法(こぶんしんぽう)を捩ったもの
1787(天明7序)百人一首和歌始衣抄* 初衣裳のゴロ合わせ
1790(寛政2) 小紋雅話*(こもんがわ) モモンガのゴロ合わせ

◯政演(1761-1816)(56)(京傳)/伝記集成_31項目 *まさのぶ

2018京傳/資料_17項目

2016政演(京傳)/伝記集成_32項目

◯京傳(きょうでん)/総目録

2018京傳(きょうでん)/総目録_161項目

*政演は別項目を参照

◯政演(まさのぶ)/総目録

2019政演(まさのぶ)/総目録_661項目

2016政演(京傳)/総目録_674項目

2016政演(京傳)/総目録_588項目

2016政演/総目録_488項目

2016政演/総目録_大1、大横、中、小

2016政演/総目録/半紙本など

2016政演/総目録_全部

何か御気付きの点があれば、御教示ねがいたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂   [[http://www.ukiyo-e.co.jp]
[浮世絵学]文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

2016-06-29現在(2020-01-20更新)    http://www.ukiyo-e.co.jp/498

1982.05-25現在(2018-10-07更新)  ✓検索 浮世絵学 ◯◯  http://www,ukiyo-e.co.jp/
酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)   http://www,ukiyo-e.co.jp
SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e
Sakai Kohkodou Gallery, the oldest gallery of ukiyo-e in Japan

◯類考/書誌

2018類考/書誌_163項目

◯浮世絵類考(浮世絵師の五十音順、狂歌師を含む)  原本、引用本を記述

2019落款/浮世絵類考(うきよえるいこう)五十音_9343項目

浮世絵類考引用書

浮世絵師伝ほか *浮世絵師傳は、宮武外骨、酒井庄吉、酒井忠吉、井上和雄らが辞典として増補訂正しながら、纏めた浮世絵師の伝記で、最良の書物と云われている。後の研究者は、殆ど本書(好古堂版「浮世絵」)から引用している。

IMG_20150727_0002

 

1818瀬川富三郎/江戸方角分_930項目

2018浮世絵師ほか/浮世絵類考_8788項目

______________________________________________

2018浮世絵師ほか/浮世絵類考_8788項目

*8,788項目 重複、その他(不備あり) *浮世絵師傳を含め、多くの伝記テキスト、重複、その他

http://www.ukiyo-e.co.jp/866  狂歌師を含む  2791項目

http://www.ukiyo-e.co.jp/1016  類考(五十音順) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/1786  小島烏水/浮世絵類考の定本を作れ

http://www.ukiyo-e.co.jp/10336

http://www.ukiyo-e.co.jp/11173  江戸方角分

http://www.ukiyo-e.co.jp/11064  江戸方角分

http://www.ukiyo-e.co.jp/19592 

1982原色浮世絵大百科事典(2)*浮世絵師の略伝記も参考になる

以下、浮世絵学も参照のこと。

______________________________________________________

◯浮世絵学[半角数字][半角数字] 検索

浮世絵学+アステリスク  JUM、好古堂関連

浮世絵学00/浮世絵専門博物館 

浮世絵学01/落款(浮世絵師)絵師別目録

浮世絵学01/落款(人名)(浮世絵師)(役名)ほか

浮世絵学01/落款/偽筆

浮世絵学02/刊年(年号)

浮世絵学02/刊年(影印)(極+改)

浮世絵学03/判型形態(浮世絵と版本)(大きさ)

浮世絵学04/名数

浮世絵学04/外題(日本文学)(江戸文学)(狂歌)(川柳) 

浮世絵学04/外題(吉原遊郭)

浮世絵学04/外題(歌舞音曲)

浮世絵学04/外題(日本美術)(絵巻物)(奈良絵巻、奈良絵本)(文様)

浮世絵学05/版元(板元)

浮世絵学06/内題

浮世絵学07/出典(浮世絵書誌)(天地人)

浮世絵学07/典拠

浮世絵学07/発行図録

浮世絵学11 文化藝術懇話会    

浮世絵学12 シルクロード 中央アジア 東西交渉史 西洋 東洋 

*何かお気づきの点がありました、下記へ御連絡ください。

酒井 雁高(がんこう)

浮世絵・酒井好古堂  [http://www.ukiyo-e.co.jp/16738

文化藝術懇話会

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

E-mail: gankow@gmail.com

2016-08-16現在(2020-01-20更新)    http://www.ukiyo-e.co.jp/13297
酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)  

◯政演(まさのぶ)
政演(1761-1816)について纏めてみた。
北齋(1760-1849)より一つ下、ほぼ同時期に生まれた。
江戸期の平均余命50歳前後、政演が常態。
浮世絵を重政(1739-1820)(82)、そして
俳諧を谷素外(1734-1823)(90)に学んでいる。

1791寛政3まで、浮世絵師として政演、
1792以後、戯作者として京傳(きょうでん)。もっとも京傳は、京屋傳臧の略の他称で、後、自称で京傳。
浮世絵は少なく、版本が500点ほどある。*入力済み

1 価値観の転倒:見立て、略し、韜晦(とうかい)、揶揄(やゆ)などの手法による
下記の滑稽本に、京傳の本質が現れている。
1783(天明3)元杢網/狂文宝合之記
1784(天明4)京傳/小紋裁(こもんざい)
1784(天明4)京傳/手拭合(たなぐいあわせ)
1786(天明6)京傳/小紋新法*(こもんしんぽう)小紋裁後編  *古文真法(こぶんしんぽう)を捩ったもの
1787(天明7序)京傳/百人一首和歌始衣抄(はついしょう) これは京傳の真骨頂である。
*始衣抄は、遊女の初衣裳のゴロ合わせ。
1790(寛政2) 小紋雅話*(こもんがわ) モモンガのゴロ合わせ
これには思わず、漢文の素養があり、教養豊かな武家も笑ってしまったに違いない。
教養の深さ、質にまで及んでいる。
武家の滑稽は、本歌、和歌を見立てにより本末転倒の可笑しさに中核を置いた天明狂歌にある。
町家の滑稽は、和歌、狂歌ならぬ、中国古典の揶揄、惚(とぼ)けた肩すかし、置き換えである。

京傳に刺激を受けたものか、武家の菅江も、堂上家を揶揄した。
1785(天明5)朱楽菅江(1738-1798)(61)/故混馬鹿集。
これが天明狂歌の出発点で、原点である。古今和歌集を側面から揶揄した作品。
その本質は、堂上(どうじょう)家が独占していた古今伝授などに対する揶揄。
幕臣の朱楽菅江の著作である。勅撰集を揶揄した御咎めがあったのかなかったのか、直後、狂言鶯蛙集と改題している。
戦前には、幾らでもあったと云われているが、現在では。初版の原本は稀覯(きこう)本で、殆どが改題本である。

武家の学んだ支那古典、いわゆる漢籍、それらも揶揄している。
小紋新法。古文真宝の捩(もじ)り。
文選。

いわゆる藩校では7-8歳から、下記の主要な漢籍の素読を実施していた。
四書:
大学
中庸
論語
孟子

五経:
易経
書経
詩経
礼記(らいき)
春秋(しゅんじゅう)

史書:
春秋左氏伝
史記
資治通鑑(しぢつがん)
左国史漢
十八史略

兵書:
孫子
呉子

唐詩選

1783(天明3)元杢網/狂文宝合之記
お宝を見立てで、方向転換している。
これは寺宝、堂上、武家、茶道などの権威に対する痛烈な見立てである。
宝合わせ
奇妙図彙


2 考証癖
考証癖も相当なもので、京伝は骨董集と心中したと云われている。
町人でありながら、その教養の深さに対して、武人も京傳に一目、置いていたことが分かる。
中国古典から、臧(おさむ)という名を使っている。これは並の町人が出来ることではない。
武家に限らず町人も、中国古典から、引用し、表徳としている。

◯政演/伝記集成 *京傳を含む

2016京傳/伝記集成_32項目

2016政演(京傳)/伝記集成_32項目

◯政演/総目録   *京傳落款は極めて少ない。*現在、入力中

・政演(まさのぶ)落款で検索すると

2019政演(まさのぶ)/総目録_502項目

・政演(まさのぶ)+京傳(きょうでん)落款で検索すると

2019政演(まさのぶ)+京傳(きょうでん)/総目録_658項目

2019政演(まさのぶ)+京傳(きょうでん)/総目録_648項目

 

何か御気付きの点があれば、御教示ねがいたい。
酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂 [HP: ukiyo-e.co.jp]
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

2018-04-05現在(2020-01-20更新)  ✔️浮世絵学 ◯◯   http://www.ukiyo-e.co.jp/20307

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

◯源氏物語 古註釈  *編年順に整理する

・藤原伊行(1139-1175)[ほか]/源注拾遺他拾篇  日本文学古註釈大成第8巻

・素寂(-1294-)/異本紫明抄.紫明抄   日本文学古註釈大成第7巻 *生没年不明

・四辻善成( -1402)/河海抄  よつつじ よしなり 日本文学古註釈大成第6巻 *生年不明 **河内本を底本
・一条兼良(-1481)/花鳥余情   いちじょう かねよし  日本文学古註釈大成第6巻 *生年不明

・三条西公条(1487-1556)/源氏物語細流抄  日本文学古註釈大成第5巻

・中院通勝(1556-1616)/源氏物語岷江入楚* 上   日本文学古註釈大成第1巻 *みんごうにっそ なかのいん〜
・中院通勝(1556-1616)/源氏物語岷江入楚 中  日本文学古註釈大成第2巻
・中院通勝(1556-1616)/源氏物語岷江入楚 下  日本文学古註釈大成第3巻
     1910国文註釈全書3冊 、1935国文名著刊行会5冊 日本文学古註釈大成

・北村季吟(1624-1705)/源氏物語湖月抄 1  有川武彦校訂  日本文学古註釈大成第9巻
・北村季吟(1624-1705)/源氏物語湖月抄 2  有川武彦校訂 日本文学古註釈大成第10巻
・北村季吟(1624-1705)/源氏物語湖月抄 3  有川武彦校訂 日本文学古註釈大成第11巻

・壷井義知(1657-1735)/源氏官職故実秘抄  日本文学古註釈大成第5巻

・萩原広道(1815-1863)/源氏物語評釈  日本文学古註釈大成第4巻

*1978日本図書センター 日本文学古註釈大成 *図書館用に、国文註釈全書、国文名著刊行会などを複製

*なお源氏物語の註釈書は、500冊以上(伊井春樹による)あるというが、本書が主要なものである。

*これらは全て定家(ていか)本である。河内(かわち)本の註釈は未だ刊行されていない。

定家本は盗難に遭い、一つの証本しかなかった。このため、文意、語彙など、狼藉不審ばかりで苦慮していると定家自身が認めている。河内本は、当初より、金沢文庫に収められ、他見を許さず、現在、徳川蓬左文庫に収められている。

この河内本が、当初の紫式部の自筆本に尤も忠実なものと云える。影印本、活字本も刊行されている。

残念なことに、河内本の現代語訳は、未だ一冊もない。

絵師が描いた源氏物語五十三帖

絵師が源氏物語五十三帖を読み、眼に見える絵として描いたもの。

これは、なかなか貴重なものです。

http://www.ukiyo-e.co.jp/35616
浮世絵学06/外題(源氏物語 五十三帖)デジタル *影印で全頁掲載 1799蕙齋(ケイサイ)/源氏物語* 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/35630
浮世絵学04/外題(源氏物語 五十三帖)デジタル *影印で全頁掲載 1966日本画家/源氏物語(谷崎潤一郎・新々訳) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

何か御気付きの点があれば、御知らせ下さい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator [浮世絵学**]
浮世絵・酒井好古堂  [http://www.ukiyo-e.co.jp]
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

2018-03-30現在(2020-01-20更新)  浮世絵学  http://www.ukiyo-e.co.jp/19978

酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂主人、学芸員 

SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e

*** 前北齋(さきのほくさゐ)爲一(ゐいつ)は、 ◯1830-1833(天保2-天保5)(4年間で)、「冨嶽三十六景」(一枚絵、全46)を完成した。江戸・永壽堂より刊行。

その直後、1835(天保6)、1836(天保7)、1849(嘉永2)、「富嶽百景」(半紙本の挿絵、3冊)を編集し、名古屋・永楽堂より刊行した。一枚絵の冨嶽三十六景を補充するもので、面白い構図が見受けられる。 *なお、「冨嶽三十六景」の「冨」嶽は、ワ冠。「富嶽百景」の「富」は、ウ冠の表記。   ***

これまで富嶽百景の全編の全画像を掲載していなかった。ほぼ初摺に近い本書を掲載した。 各編の序文、跋なども全文を掲載する。また天保四年 書名不明であるが、富嶽百景の広告文も末尾に掲載する。 1860s-1890sフランス、ドイツ・オーストリア、イギリス、アメリカなど多くの藝術家が、北齋を頂点とした浮世絵、殊に挿絵を衝撃として捕らえたことが分かる。非宗教画、非貴族王族、つまり庶民の絵画、人物、動物、植物など森羅万象を描いた、これが浮世絵であった。

◯しばしば、浮世絵(一枚絵)が西欧に輸出された陶磁器の包み紙に使われたとあるのは誤りである。西欧の博物館、美術館で、そのような包み紙を見たことがない。陶磁器のパッキングに使われた材料は、墨一色の再生紙(漉き返し)の版本であった。一枚絵の浮世絵は、パッキングに使われていない。合巻(ごうかん)など粗悪な再生紙である。雑誌がパッキングに使われのと同義である。地厚の奉書、つまり楮(こうぞ)の浮世絵では有り得ない。

◯富嶽百景/初編(1835)、二編(1836)、三編(1849)。三編全部、江川仙太郎の彫である。三編/廿五ウラに「江川仙太郎刻」とある。 なお、この版本は、ほぼ初版と称して良く、充分、爲一(ゐいつ)落款の醍醐味を堪能することが出来る。初版は彫、摺が念入りに施され、立体感が表現されている。 ◯絵師と同様、絵師以上に彫師の力量が試されている。爲一落款の富嶽百景は、あらゆる絵本の代表作と云えるかも知れない。狂歌絵本に匹敵する繊細な彫である。西欧の藝術家が、挙って本書から暗示を受けて、彫刻、建築、絵画、工芸などに応用しているのも頷ける。 —————————————————————————————————————

◯富嶽百景  1 2 3

1/初編  http://www.ukiyo-e.co.jp/19978 *1835(天保6) 題簽「違い鷹の羽(たかのは)」

2/二編  http://www.ukiyo-e.co.jp/19978 *1836(天保7) 題簽「違い鷹の羽(たかのは)」

3/三編  http://www.ukiyo-e.co.jp/19978 *三編は最晩年、1849(嘉永2)に刊行 –

(雁註)跋文「己六才…」は、初編、二編にあり。初編にもあるとは不注意で不覚であった。

⚪1986鈴木重三/富嶽百景 解説は従来の著者の誤認を訂正した最も首肯すべき解釈である。

 ぜひ、参照してください。

1986鈴木重三/富嶽百景_17項目

1835富嶽百景1(初編) 1834天保5

              (雁註)初版の表紙、「鷹の羽」(たかのは)の題簽。「富嶽百景」  

以下、下記を参照。

1972(昭和47)鈴木重三/富嶽百景*、岩崎美術社  *原寸複製

1986(昭和61)鈴木重三/富嶽百景、岩崎美術社  

1)初摺本  初編跋 己六才より…   初編の紙袋 *1931(昭和6)小島烏水/江戸末期の浮世絵

2)再摺本  表紙を替えている          

3)後版本  丹表紙

4)後版本 色板を変更

5)後版本 a  黄色表紙 b 黒表紙本 c 淡黄表紙 

 

1序           (雁註)[初版]の扉、「丹青之妙」(朱印)、富嶽百景、成鄰堂[發兌之印]

            (雁註)[後版]の扉は「東壁堂製本畫譜目録」。後代の版本が刻記されている。

               序と本文の丁数は別々、扉の裏に東壁堂製本畫譜目録がある。  

             

(初編、種彦の序文)

契沖が富士百首は突兀として顕れ、

東潮が不二百句は綵雲にかくれて見えず。

今、新に百嶽を圖するハ前北齋(さきのほくさゐ)翁也。此山や

独立して衆峯の□を出つ。翁の畫も又独立

して其名高き事一千五百丈に過なむ。

畫帖、諸國にわたり□藏する者、最多し。豈

十五州の壮観而已ならむや。不二の十名を秘藏抄

に載たり。先生、屢々、名を改む。かぞへなば、十名にも満へし。

それかれ因あれバにや。此の岳を愛すること

年あり、近く田子の浦に見あげ三保ヶ崎に

(雁註)初版の木花開耶姫命、着物は薄墨。本書は濃墨で、後版である。枠と墨摺面にズレがある、

望む。隈なき月盛なる花のここちし天風情

薄とてか、遠く富士見原に杖をひき、汐見坂に

駕をとどめ、柳の絲に…透し稲葉の戦き

に高根を仰ぎ、逆浪巌の砕くの大洋、白雲を谷に

埋る羊腸嶮岨に上り危に下り眞原を寫され

たれば、翁の精神、此巻に止り端山しけ山

世にしけき 畫本の峯□突兀と出む事、

阿闍梨の百首に劣らめやと

天保甲午緑秀             柳亭種彦敬白(印)

座齋盛義 書(印)

1.二  

(雁註)枠線と墨摺面のズレがあり、後版。

1.三   1.四   1.五   1.六     1.七   1.八   1.九   1.十   1.十一   1.十二   1.十三   1.十四   1.十五   1.十六       1.十七   1.十八   1.十九          (雁註)名古屋城の金の鯱を思わせるが、これは江戸である。     1.二十         (雁註)北齋漫画、富嶽百景ほか、多くの絵手本から肉筆偽筆が作られている。この橋だけの肉筆も散見している。 その肉筆が何年何月に展覧、また掲載されたかの経歴(プロブナンス)が重要である。新しいものは、偽筆と見て間違いない。   1.廿一   1.廿二   1.廿三   1.廿四         (雁註)櫻が満開である。やはり、墨一色でなく、錦絵のような鮮やかさが欲しい。   1.廿五 1.廿五ウ             

(雁註)俵を富士山のように積み上げた構図、その間に富士を配置している。  

(初編跋) 七十五齢 前北齋爲一改 画狂老人卍筆[印(富士山)]

己六才より物の形状を写の癖ありて 半百の比より数々画図を顕すといへども 七十年前画く所は実に

取に足ものなす七十三才にして 稍禽獣虫魚の骨格草木の出生を悟し得たり 故に八十才にして益々進ミ

九十才にして猶其奥意を極め一百歳にして正に神妙ならん歟 百有十歳にしてハ一点一格にして生るがごとく

ならん 願くハ長壽の君子 予が言の妄ならざるを見たまふべし。 

剞■(厥+立刀)                         江川留吉 

富嶽百景 初編既行 二編 近刻 三編 同

異草百花撰             近刻 

                  狂画草筆百眼             同

                  名橋百景              近刻

                  百家奇術              同

                  百壽百福              同    

跋ウラ)

               漁家百景          近刻 

               月下百景          同

               農家百景          同

               圓方長短・一百自在圖會   近刻

               百馬百牛          同

               百禽百獣          同

天保六乙未年春三月發行

書林             尾州名古屋 永樂屋東四郎

               江戸麹町四丁目 角丸屋甚助

               仝馬喰町二丁目 西村與八  

               同       西村祐藏 

(雁註)本書は後摺本で、跋(オモテ、ウラ)を欠く。

 

  ◯1836富嶽百景2(二編1835天保6

(雁註)初版の表紙裏 「丹青之妙」「富嶽百景二編」「成鄰堂[發兌之印]」

(雁註)初版の題簽「違い鷹の羽(は)」

 

2.序

(二編表紙ウラ)後版は「東壁堂製本畫譜目録」となっている。

(雁註)初版は扉がある。

「丹青之妙」「富嶽百景 二編」「成鄰堂(發兌之印)

富士之爲山也 其形若削玉其色若

磨銀無前無後不峙 不傾八面玲

瓏如芙蓉之出水 而高跨衆嶽之

嶺 是其所以冠天下也 若夫紅暾

映而 皎潔夕陽落 而蒼翠朝暮

變 其色遠近異 其望賦於春烟

秋風雲霞明滅 則其景百變矣

北齋翁甞図百景 其精工真遍

百變之妙 観此畫可見矣

 

天保六乙未正月       

            廬山孝

               [守静庵] [里井] 

2.一  

(雁註)二編序文 「七十六齢」(柱刻「富嶽百景 初編)

 天保六乙未年春三月發行

2.二   2.三          (雁註)手前に樹木などを配置して、その奥に景色を描く。これは爲一(ゐいつ)の常套手段。   2.四     2.五           (雁註)これは冨嶽三十六景の山下白雨を思わせる構図である。   2.六   2.七   2.八   2.九   2.十          (雁註)団扇絵に、似たような構図がある。   2.十一     2.十二           2.十三     2.十四     2.十五   2.十六     2.十七     2.十八     2.十九         (雁註)面白い構図である。これほど危険な作業はない。     2.二十     2.廿一   2.廿二         (雁註)墨一色であるが、薄墨により、雪の質感を上手く捕らえている。   2.廿三          (雁註)この人物は、柿本人麿であろうか。     2.廿四   2.廿五       2.廿五ウ

(初版)二編、跋がある。

己六才より物の形状を写の癖ありて、半百の比より数々画図を顕すといへども、七十年前、画く所は実に取に足ものなし。

七十三才にして、稍禽獣虫魚の骨格草木の出生を悟し得たり。故に八十六才にしては益々進み、九十才にして猶、

其應意を極め、一百歳にして正に神妙ならん□。百有十歳にしてゃ、一点一格にして生るがごとくならん。願くは、

長壽の君子、予が言の妄ならざるを見たまふべし。画狂老人卍述。

(雁註)後表紙見返、藍摺、竹幹模様の枠

はねこみ薄彩色 初編

 柳草筆   二編

 人物鈍筆  三編

   前北齋爲一改

       画狂人卍筆

 

  ◯1849富嶽百景(三編) *序文に翁九十歳云々

(雁註)初版でも、題簽「鷹の羽」は無し。

 

3.序一

(雁註)表紙ウラ 尾張東壁堂藏板画譜畫手本目録

福善齋画譜

金氏画譜

一筆画譜

英勇画譜

浮世画譜

同 弐編

北齋画譜

同 中編

同 下編

(二段目)

文鳳麁画

蕙齋麁画

同 弐編

同 三編

同 四編

同 五編

神事行燈

同 弐編

北齋女今川

(三段目)

武勇魁図會

同 弐編

光琳漫画

北溪漫画

北雲漫画

北齋漫画

繪本庭訓

同 中編

同 下編

 

(三編序文) 小笠序 天保六(1835)七寶山下老人小笠

君錫子の百富士は畫の正なるものなり。北齋翁の富嶽百景ハ、畫の奇なる者なり。翁、雄健之筆を以て、

一富峯をよく楮墨の間に鼓舞す。八面向背、寫し得て、きはめて妙絶なり。聞、翁の齢、今九十を□て視聴、

なほ少年に比すと。豈嘗て仙旦を此名山に求得たる□。三篇刻成に及て、東壁主人五蝶子、序を予に需、一閲三歎して之を記。

(雁註)七寶山下老人小笠、何者か分からない。翁は九十歳とある。

3.一     3.二   3.三     3.四     3.五     3.六       3.七       3.八       3.九                 3.十       3.十一       3.十二       3.十三       3.十四       3.十五       3.十六     3.十七       3.十八       3.十九     3.二十       3.廿一             3.廿二         (雁註)丸い顔、これは北齋の自画像である。三十六景を初め、あちこちの版本に出て来る。北齋74、75、76歳の肖像画。   3.廿三   3.廿四         (雁註)岩窟など、刳り貫いた構図から遠近を強調する手法。これは爲一(ゐいつ)の常套手段。 近代彫刻なども、この手法を取り入れている。   3.廿五       3.廿五ウ      

大尾 一筆の不「二」 *何故か、「二」が欠けている。

ノド(版本の内側)「江川仙太郎刻」とある。彫師の名人である。

富嶽百景の広告

富嶽百景 前北齋爲一老翁筆(割書)来午(天保五年)二月、賣出し申候。

前北齋爲一翁、嘗て畫本若干巻を著し、四方に行はるる事盛也と□も、其印行する所、一鱗一爪にして意に協ハず、

常に是を憾す。此編ハ、翁、諸州を遊歴せる比、普く勝概を探り佳景を索め、山川原野閭巷僻陋幽邃の地といへども、

遺漏なく其眞趣を模写し、筺筒に秘藏する縮圖なり。翁、僕に語りて、我眞面目の畫訣、この譜に尽せりと。愛玩して措ず。

僕、展覧するに些々たる片楮の中、千万萬水の妙境を収め丹青の奇絶、所謂、全龍の顕然たる者也。

故に切に切に乞得て上梓し、世に公にせんと欲す。誠に稀世の珍書というべし。文人墨客、幸ひに閲し給はば、

畫學の益あるのみにあらず、駕を枉(まげ)ずして直に山水に對するが如く、臥遊の清興一樂事ならずや。

雲顧の 君子必座右に備へ給ハん事を冀(こいねが)ふ而已         板元敬白

 

富嶽百景以前の北齋漫画、下記でご覧になれます。

http://www.ukiyo-e.co.jp/31956       無版元   北齋漫画N01…N10と表記する

http://www.ukiyo-e.co.jp/21976       吉川弘文館 東壁堂 北齋漫画Y01…Y15 と表記

何か御気付きの点がございましたら、御連絡ください。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator 浮世絵・酒井好古堂  http://www.ukiyo-e.co.jp [浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家 100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14 電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

 

2018-2-03現在(2020-01-20更新)    ✓検索 浮世絵学 ◯◯              http://www.ukiyo-e.co.jp/215

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) 

浮世絵学 窓口 Entrance も御覧ください。  ➡︎ http://www.ukiyo-e.co.jp/16738

◯浮世絵専門の常設博物館    日本浮世絵博物館: japan-ukiyoe-museum.com

*版画が基本。浮世絵の99%は版画である。他に版本、肉筆もある。

*版本(はんぽん)は図書館担当。

*肉筆は専門家でも真贋の判定が難しく、戦後(また戦前にも)、多くの偽筆が流布している。

私の父・酒井藤吉は、肉筆の真贋について、たった一人の先輩だけを信頼していた。肉筆の鑑定は、学者は別として、極めて慎重でなければならない。いわばプロだけの世界である。その作品の経歴(江戸期からの作品)が重要である。今後、科学的判定が不可欠であり、博物館、美術館、図録類の作品でも、専門家の科学的(絵の具分析など)再鑑定が望まれる。ここに掲載した浮世絵専門の博物館の肉筆作品は、観光施設を別とすれば、おおむね学術団体として真筆を展示している。浮世絵DBを参照。

*浮世絵専門の多くの博物館、美術館が閉館に追い込まれている。日本の美術を代表する浮世絵が過小評価されている現状は誠に遺憾である。

 
・平木浮世絵美術館 135-0061東京都江東区豊洲2-4-9 
 ア−バンドックららぽ−と豊洲 電話03-6910-1290(*2015現在、閉館)

・礫川(こいしかわ)浮世絵美術館 140-0001東京都文京区小石川1-2-3 電話03-3812-7312

 *2014現在、閉館

・太田記念美術館 150-0001東京都渋谷区神宮前1-10-10 電話03-3403-0880

・公益財団法人 川崎市文化財団(公益遮断法人川崎・沙子の里資料館)(アートガーデンかわさき)080-8750-3991

・川崎・砂子の里資料館 210-0006神奈川県川崎市川崎区砂子1-4-10 電話044-222-0310

・那珂川町馬頭美術館 224-0613栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9 電話0287-92-1199

・河鍋暁齋記念美術館 335-0003埼玉県蕨市南町4-36-4 電話048-441-9780

・城西大学水田美術館 350-0003埼玉県坂戸市けやき台1-1 049-271-732 *浮世絵作品は非常設

・北齋館 381-0201長野県上高井郡小布施町大字小布施485 電話026-247-5206

・日本浮世絵博物館 390-0852長野県松本市島立小柴2206-1 電話0263-47-4440

・ 東海道広重美術館 421-3103静岡県蒲原群由比町由比297−1 電話0543−75-4440

・中山道広重美術館 509-7201岐阜県恵那市大井町176-1 電話0573-20-0522

・上方浮世絵館 542-0076大阪府大阪市中央区難波1-6-4 電話06-6211-0303

・葛飾北斎美術館 699-5605島根県鹿足郡津和野町後田ロ254 電話0856-72-1850 (現在閉館)

・山口県立萩美術館・浦上記念館 758-0074 山口県萩市 平安古586-1 電話0838-24-2400

・高畠華宵(たかばたけ かしょう)大正ロマン館 791-0222愛媛県東温市下林 電話089-964-7077

・広重美術館 994-0025山形県天童市鎌田本町1-2-1 電話023-654-6555

______________________________________________________

*国際浮世絵学会 104-0061東京都中央区銀座3-9-18東銀座ビル306 電話03-3543-7751

*酒井好古堂 100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14 電話03-3591-4678 酒井雁高(がんこう) *毎日、開店

 

初心者、専門家に限らず、どうぞ、お気軽に御連絡くださいませ。

 *何かお気づきの点ございましたら、下記まで御知らせください。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator

浮世絵・酒井好古堂   http://www.ukiyo-e.co.jp

文化藝術懇話会

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

E-mail: gankow@gmail.com

2017-11-21現在(2020-01-20更新)

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/866

———————————————————————————————————————————–

浮世絵学01/人名(雅号、画号ほか)五十音順 *浮世絵師、狂歌師などを含む。(biography of artists, craftsman …)

2019落款/浮世絵類考(うきよえるいこう)五十音_9343項目

2019浮世絵類考(うきよえるいこう)/総目録 五十音_9528項目

 


◯浮世絵類考/伝記編年各種、テキスト

2019落款/浮世絵類考(うきよえるいこう)五十音_9343項目

2019浮世絵類考(うきよえるいこう)/総目録 五十音_9528項目

 

*浮世絵類考のDBを参照のこと。

1941小島烏水(序文)大曲駒村(編)/浮世絵類考、曲肱書屋

http://www.ukiyo-e.co.jp/1783


◯狂歌師 特に狂歌師が大半を占めるので、類考(狂歌)で纏めた

*浮世絵類考は、浮世絵師だけでなく、関連の類、つまり類考(るいこう)となっている。つまり、狂歌師を初めとして雑多な人物が

含まれている。

2018狂歌師(きょうかし)/総目録_五十音_2,793項目

2018狂歌師(きょうかし)/総目録_生年順_2,793項目

2018狂歌師(きょうかし)/編年順_2,948項目

———————————————————————————————————————————–

◯浮世絵類考 引用書目 下記引用資料をテキストで活字化

1774水母/たから合[2000

1782四方/江戸花海老

1783A安田/判取帳

1783B蜀山人判取帳[1970

1783C木網/狂文宝合[2000

1783D釣方/知足振[1982

1783E東作/狂哥師細見

1784京傳/手拭合[1986

1785赤良+/俳優風[1915

1790s南畝/本文[1941

1800笹屋/始系

1802京傳/追考

1815曳尾庵[1932島田]

1833英泉/无名翁随筆

1834馬琴/作者部類[1988

1844月岑/自筆本

1844月岑/増補浮世絵類考[1891

1845黙老/戯作者考補遺

1849c烏有山人/京攝戯作者

1853逸名/當代全盛名付

1856活東子*/戯作六家撰

1856活東子/戯作者小傳

1861芳子/愚父追福書畫會筵

1865流行一覧歳盛記

1867只誠/増補浮世絵類考

1868秋錦/新増補浮世絵

1885東京流行細見記

1889谷口/近古浮世繪師小傳

1893虚心/浮世絵師便覧

1904絵馬屋4/狂歌人物誌

1929山崎麓/日本小説作家…

1931井上/浮世繪師傳 *学術雑誌1915-1920「浮世絵」55冊に掲載された論文

 *何かお気づきの点ございましたら、下記まで御知らせください。

酒井 雁高(がんこう)

浮世絵・酒井好古堂  [http://www.ukiyo-e.co.jp/16738]

文化藝術懇話会

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

E-mail: gankow@gmail.com

1982-04-25現在(2020-01-18更新)  検索 浮世絵学 ⚪⚪    http://www.ukiyo-e.co.jp/21505 

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

廣重3、総目録であるが、かなり漏れている。明治開化期、ニュースとして、500枚ほど描いていると思われる。

当時の最大の画家であった。

1881(明治14)廣重3/大日本物産圖會/東京錦繪製造之圖

2019廣重3(ひろしげ3)/総目録_421項目

外題(げだい)、版元(はんもち)、内題(ないだい)、やや統一を欠く。更に補足する必要がある。

何か御気付きの点があれば御教示ねがいたい。
酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator [浮世絵学**]

浮世絵・酒井好古堂  http://www.ukiyo-e.co.jp  [浮世絵学]

文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

1982-04-25現在(2020-01-18更新)   検索 浮世絵学 ⚪⚪   http://www.ukiyo-e.co.jp/12195

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [浮世絵学]

北齋の画号は、四番目に使った。「ほくさゐ」と表記、「ほくさい」は不可。DBの入力は、「ほくさゐ」。

◯北齋 伝記集成

秋田千秋美術館、岐阜市歴史博物

館、その他で開催した北齋の総合図録である。

画号ごとの総目録を参照して欲しい。

春朗、宗理、辰政、北齋、戴斗、爲一、卍の全ての伝記、代表作が掲載されている。

◯北齋(ほくさゐ) 総目録 *画号「北齋」に限る

2020北齋(ほくさゐ)/総目録_3608項目

2019北齋(ほくさゐ)/総目録_3605項目

2019北齋(ほくさゐ)/総目録_3604項目

*重複もある。北齋(落款)のみ選択し、浮世絵学に沿って配列した。

辰政(ときまさ)落款、北齋(ほくさゐ)落款は、1798(寛政10)から使っている。

辰政落款は1798(寛政10)から1804(享和4)まで、

北齋落款は1798(寛政10)から1814(文化11)まで使っている。こちらの画号は、更に10年ほど長く使っている。

つまり1798(寛政10)-1804(享和4)、この期間、辰政(ときまさ)、北齋(ほくさゐ)の両落款を併用していた。

重複もあるが、浮世絵学に沿って、3,377点を配列した。

入力に際し、まだまだ誤認、誤記があると思う。

◯北齋(ほくさゐ)総目録 肉筆

2018北齋(ほくさゐ)/総目録_肉筆_197項目

◎浮世絵学01/落款(北齋画号一覧)ほくさゐ_HOKU.SAI artist names, new & final theory 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/1220

何か御気付きの点があれば、御教示ねがいたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂     http://www.ukiyo-e.co.jp
[浮世絵学]文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

2018-05-18現在(2020-01-17更新)  ✓検索 浮世絵学 ◯◯    http://www.ukiyo-e.co.jp/22447

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser
浮世絵・酒井好古堂 

酒井 邦男(くにお) 学芸員、副代表
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

*下線をクリックして、リンクして下さい。

*You can enjoy lots of  rare printed books.    Click underline and link it !

——————————————————————————————————————-

活版の書籍でも、絵本と同様、デジタル画像で全て掲載する。

御楽しみ戴きたい。サイズの調整など、かなり難航したが、何とか、皆様にも御覧いただけると思う。

図書館などの表示は、モノクロが多く、面白みが半減する。

希少な活版本を、適宜、掲載したい。 *印刷本でも、著者が物故している部数の少ない書籍。

御連絡を御願いします。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser
浮世絵・酒井好古堂 [浮世絵学]  http://www.ukiyo-e.co.jp
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

————————————————————————————————————————————-

◯浮世絵学** 御案内  *下線をクリックして、そのリンク先下線をクリック、見ることが出来ます。

多くの複製も紹介している。

[浮世絵学・複製]  

複製* http://www.ukiyo-e.co.jp/32882

複製* http://www.ukiyo-e.co.jp/32882

原画:日本浮世絵博物館

*原画所蔵先が明記されていない復刻は、避けた方が無難です。

*原画の彫り、摺りを尤も忠実に復刻しています。

 

 

————————————————————————————————————————————-

浮世絵学

浮世絵学**                         http://www.ukiyo-e.co.jp/16738  御案内
浮世絵学*1      http://www.ukiyo-e.co.jp/1809      *酒井好古堂
浮世絵学*2      http://www.ukiyo-e.co.jp/233  *酒井好古堂(English)
浮世絵学*3      http://www.ukiyo-e.co.jp/1783    *酒井好古堂(小島烏水)
浮世絵学*4      http://www.ukiyo-e.co.jp/226  *浮世絵学DB
浮世絵学*5      http://www.ukiyo-e.co.jp/3879      *日本浮世絵博物館
浮世絵学*6      http://www.ukiyo-e.co.jp/7780   *日本浮世絵博物館 浮世絵展覧会(国際)
浮世絵学*7      http://www.ukiyo-e.co.jp/***   *新聞報道
浮世絵学*8      http://www.ukiyo-e.co.jp/1041   *DB入力方法
浮世絵学*9      http://www.ukiyo-e.co.jp/1014   * 書誌

——————————————————————————————————————————–

落款(雅号)                http://www.ukiyo-e.co.jp/498

浮世絵師、狂歌師(伝記) http://www.ukiyo-e.co.jp/866

浮世絵類考(伝記)             http://www.ukiyo-e.co.jp/1016

浮世絵類考(類考)             http://www.ukiyo-e.co.jp/8889

浮世絵類考(集大成)         http://www.ukiyo-e.co.jp/14884

___________________________________________________________________________

冨嶽三十六景                http://www.ukiyo-e.co.jp/7173

東海道五十三次               http://www.ukiyo-e.co.jp/17992

木曾街道                  http://www.ukiyo-e.co.jp/2496

——————————————————————————————————————————–

浮世絵聚花
1985浮世絵聚花02      http://www.ukiyo-e.co.jp/1464  清長/総目録   846種 1,239点
1978浮世絵聚花03      http://www.ukiyo-e.co.jp/2184  歌麿/総目録   867種、2,442項目
1979浮世絵聚花04      http://www.ukiyo-e.co.jp/1456  春信/総目録   843種、全1239点
1980浮世絵聚花08        http://www.ukiyo-e.co.jp/8845  栄之/総目録
1981浮世絵聚花14       http://www.ukiyo-e.co.jp/1563  廣重/総目録   3,855項目
1981浮世絵聚花16       http://www.ukiyo-e.co.jp/2142  北齋/総目録   563項目

——————————————————————————————————————————–

浮世絵専門の博物館

浮世絵学00/2019浮世絵専門博物館 ukiyo-e speciality museums 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/215

*浮世絵(一枚絵)を展示しているので、版本、肉筆を扱っていない博物舘が大半である。

絵師 総目録
絵師別 総目録         http://www. ukiyo-e.co.jp/3495
分類 長崎 横浜 摺物(角版)


版本(絵本)全図紹介       Picture books, color woodblock prints       *重複するものもある

*You can enjoy lots of beautiful color woodblock print boosk !    Click underline and link it.

斎藤秋圃(しゅうほ)/廓中艶譜 *大坂新町

http://www.ukiyo-e.co.jp/22447    ←(版本) woodblock printed books  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)
http://www.ukiyo-e.co.jp/28725 ←(絵本)  color woodblock picture books & reference 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

◎外題/北齋漫画 北齋また戴斗落款

北齋漫画(各種)、下記でご覧になれます。 デジタル 影印、全頁を掲載

http://www.ukiyo-e.co.jp/34105    北齋漫画 各種

http://www.ukiyo-e.co.jp/30598 ←(活字本) type print books *全頁を影印で掲載 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/1014    ←(書誌   Bibliography

_________________________________________________________

1586グワルチェリ(1560-1636)/日本遣欧使者記[1933木下杢太郎(訳)グワルチェリ/日本遣欧使者記]、岩波書店  http://www.ukiyo-e.co.jp/42038

1590デ・サンデ/天正遣欧使節記[1969泉井久之助ほか(訳)デ・サンデ天正遣欧使節記、新異国叢書5]酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/43794

http://www.ukiyo-e.co.jp/28898   1648師宣/吉原戀乃道引           Moronobu’s Yoshiwara Pleasure District Guide

http://www.ukiyo-e.co.jp/34899  1697(元禄10)清信/好色大福帳 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/34990 1700(元禄13)清信/風流四方屏風 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/22565  1719祐信/艶女玉すだれ(非公開)      Sukenobu’s Enjo Tamasudare (not shown)

http://www.ukiyo-e.co.jp/22643  1759抱一/鶯邨(おうそん)画譜             Ohson(Hohitsu) Gafu

http://www.ukiyo-e.co.jp/28549  1780耳鳥齋/絵本水也空          Ehon Mizu ya Sora

http://www.ukiyo-e.co.jp/29274   1785通龍/更紗図譜                    Sarasa Zufu, cotton fabric of Jawa, India

http://www.ukiyo-e.co.jp/27664  1794蕙齋(ケイサイ)/諸職画鏡                  Shoshoku Ekagami

http://www.ukiyo-e.co.jp/22488  1797蕙齋(ケイサイ)/鳥獣畧画式     Choujuu Ryakugashiki

http://www.ukiyo-e.co.jp/28069  1799蕙齋(ケイサイ)/人物略画式     Jinbutsu  Ryakugashiki

http://www.ukiyo-e.co.jp/30771  1800蕙齋(ケイサイ)/山水略画式    Sansui Ryakugashiki 

http://www.ukiyo-e.co.jp/35379  1800辰政(ときまさ)/東都勝景一覧  

 

http://www.ukiyo-e.co.jp/28386  1802蕙齋(ケイサイ)/龍の宮津子    Tatsuno Miyatsuko 

 **龍の宮津子(俳諧)は初版、掲載図は魚貝略画式(俳諧なし)

http://www.ukiyo-e.co.jp/28494  1803双鳩子(齋藤秋圃)/廓中艶譜    Kakuchuu Empu, Ohsaka shimmachi pleasure

http://www.ukiyo-e.co.jp/28618  1803耳鳥齋*/歳時滅法戒          SaijiMeppoukai      

http://www.ukiyo-e.co.jp/34746   1808蕙齋(けいさい)/蕙齋画譜 

http://www.ukiyo-e.co.jp/27955  1813蕙齋(ケイサイ)/草花略画式     Kusabana Ryakugashiki

————————————————————————————————————————————————-

◎外題/北齋漫画 北齋また戴斗落款

北齋漫画(各種)、下記でご覧になれます。 デジタル 影印、全頁を掲載

http://www.ukiyo-e.co.jp/34105    北齋漫画* 各種

北齋漫画、各種(永楽屋、版元なし、東壁堂、吉川半七)下記でご覧になれます。

http://www.ukiyo-e.co.jp/34105 外題(北齋漫画)デジタル *影印で全頁掲載 北齋、戴斗その他 

http://www.ukiyo-e.co.jp/31956       無版元   北齋漫画M01…M10と表記する

http://www.ukiyo-e.co.jp/21976       吉川弘文館 東壁堂 北齋漫画Y01…Y15 と表記 1814-1878北齋漫画1-15編

_________________________________________________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/20319  1814北齋(ほくさゐ)/北齋漫画Y01/(一編)     Hokusai Manga vol.1

http://www.ukiyo-e.co.jp/20452  1814戴斗(たいと)/北齋漫画Y02/(二編)      Hokusai Manga vol.2 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20497  1814戴斗(たいと)/北齋漫画Y03/(三編)      Hokusai Manga vol.3 

http://www.ukiyo-e.co.jp/20584  1816戴斗(たいと)/北齋漫画Y04/(四編)   Hokusai Manga vol.4

http://www.ukiyo-e.co.jp/20656  1816戴斗(たいと)/北齋漫画Y05/(五編)    Hokusai Manga vol.5

http://www.ukiyo-e.co.jp/20768  1817戴斗(たいと)/北齋漫画Y06/(六編)    Hokusai Manga vol.6

http://www.ukiyo-e.co.jp/20808  1817戴斗(たいと)/北齋漫画Y07/(七編)    Hokusai Manga vol.7

http://www.ukiyo-e.co.jp/27067  1817戴斗(たいと)/北齋漫画Y08/(八編)     Hokusai Manga vol.8

http://www.ukiyo-e.co.jp/27109  1817戴斗(たいと)/北齋漫画Y09/(九編)     Hokusai Manga vol.9

http://www.ukiyo-e.co.jp/20866  1817戴斗(たいと)/北齋漫画Y10/(十編)     Hokusai Manga vol.10

*戴斗(たいと)は北齋漫画の十編を大尾としている。十一編以降、戴斗は関与していない。

————————————————————————————————————————————————-

http://www.ukiyo-e.co.jp/20598  1820-1833爲一(ゐいつ)/北齋漫画Y11(十一編)    Hokusai Manga vol.11

http://www.ukiyo-e.co.jp/20994       1834爲一(ゐいつ)/北齋漫画Y12(十二編)       Hokusai Manga vol.12

http://www.ukiyo-e.co.jp/21037  1849爲一(ゐいつ)/北齋漫画Y13(十三編)       Hokusai Manga vol.13

http://www.ukiyo-e.co.jp/21075  1850-1877爲一(ゐいつ)/北齋漫画Y14(十四編)  Hokusai Manga vol.14

http://www.ukiyo-e.co.jp/21112  1878爲一(ゐいつ)/北齋漫画Y15(十五編)        Hokusai Manga vol.15

————————————————————————————————————————————————-

http://www.ukiyo-e.co.jp/21358  1816墨僊(ぼくせん)/墨僊叢畫      Bokusen                    

http://www.ukiyo-e.co.jp/21321  1818戴斗(たいと)/傳神畫鏡     Taito: Denshin Ekagami                 

http://www.ukiyo-e.co.jp/22052  1823爲一(ゐいつ)/一筆畫譜    Wiitsu:  Ippitsu Gafu                   

—————————————————————————————————————————————–

http://www.ukiyo-e.co.jp/19978    1835爲一(ゐいつ)/富嶽百景1             Wiitsu: Fugaku Hyakkei

                   1836爲一(ゐいつ)/富嶽百景2

                   1849爲一(ゐいつ)/富嶽百景3     

                      

_____________________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/29274     1785通龍/更紗図譜                Sarasa Zufu

________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/44064 1831(天保2)小寺玉晁/尾張童遊集 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) 

http://www.ukiyo-e.co.jp/31054  1881暁齋(きょうさい)/暁齋楽画 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)Kyousai’s Rakuga (enjoying painting pictures

_________________________________

_______________

http://www.ukiyo-e.co.jp/32693 1913稲葉通龍/更紗図譜 Tsuuryuu’s printed cotton fabric of India & Java  

*本来、墨摺であるが、大正期に色板を製作した。乾坤の内、乾だけがある。やはり墨摺では味わえない、鮮やかさが出色の出来である。

______________________________________________________________________________________

http://www.ukiyo-e.co.jp/29580        1916山鹿清華/むかし渡更紗 全3     *明治期に蒐集した更紗

______________________________________________________

北齋画号一覧
北齋画号(1)春朗(しゅんろう) http://www.ukiyo-e.co.jp/12185
北齋画号(2)宗理(そうり)   http://www.ukiyo-e.co.jp/12190
北齋画号(3)辰政(ときまさ)  http://www.ukiyo-e.co.jp/12193
北齋画号(4)北齋(画号)    http://www.ukiyo-e.co.jp/12195  3,377項目 重複もある
北齋画号(5)戴斗(たいと)   http://www.ukiyo-e.co.jp/12197  502項目 重複もある
北齋画号(6)爲一(ゐいつ)   http://www.ukiyo-e.co.jp/12200  3,105項目 重複もある
北齋画号(7)卍 (まんじ)   http://www.ukiyo-e.co.jp/12202

——————————————————————————————————————————–

◯1797蕙齋(ケイサイ)/鳥獣畧画式  

*北齋は、殆ど蕙齋を踏襲して成功を収めた。その淵源は蕙齋(ケイサイ)、北尾政美(まさよし)である。蕙齋は弟子がいなかった。その点、北齋は弟子のために絵手本を手掛けて、成功した。

北齋(ほくさゐ)1760-1849(90)

政演(まさのぶ)1761-1816(56) 京傳

蕙齋(ケイサイ)1764-1824(61) 政美(まさよし)

1797蕙齋(ケイサイ)/鳥獣畧画式          http://www.ukiyo-e.co.jp/22488

1799蕙齋(ケイサイ)/人物畧画式      http://www.ukiyo-e.co.jp/28069

◯1800蕙齋(ケイサイ)/山水略画式  http://www.ukiyo-e.co.jp/30771   Sansui Ryakugashiki 

品川

隅田川全圖

大橋三俣                  忍岡                   新吉原

http://www.ukiyo-e.co.jp/29274     1785通龍/更紗図譜 Sarasa Zufu
http://www.ukiyo-e.co.jp/29723   1852/婆羅布久佐 全2 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)
*old color printed cotton fabric of India, Jawa, Southeast Asia
http://www.ukiyo-e.co.jp/31054  1881暁齋(きょうさい)/暁齋楽画 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)
Kyousai’s Rakuga (enjoying painting pictures
http://www.ukiyo-e.co.jp/29580        1916山鹿清華/むかし渡更紗 全3     *明治期に蒐集した更紗
(むかし渡更紗)old printed cotton fabric of Jawa, Southeast Asia


◯肉筆絵巻 たけとり

http://www.ukiyo-e.co.jp/3864

◯1719祐信/艶女玉すだれ(非公開)   http://www.ukiyo-e.co.jp/22565

◯1759抱一/鶯邨(おうそん)画譜     http://www.ukiyo-e.co.jp/22643

浮世絵学04/外題(書名)1759抱一(ほういつ)/鶯邨(おうそん)画譜 酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂   [http://www.ukiyo-e.co.jp] [浮世絵学]

———————————————————————————————————————————————————————-

◯1797蕙齋(ケイサイ)/鳥獣畧画式            http://www.ukiyo-e.co.jp/22488

———————————————————————————————————————————————————————-

1803双鳩子(齋藤秋圃)/廓中艶譜           http://www.ukiyo-e.co.jp/28494 

*初版は葵氏(きし)艶譜。

船頭さん、若い遊妓の手を取り、桟橋から舟へと導いている。

船頭さん、偉い!

◯1813蕙齋(1764-1824)(61)/草花略画式       http://www.ukiyo-e.co.jp/27955

蕙齋(けいさい)は、略画式を尤も得意としていた。北齋は、殆ど蕙齋を換骨奪胎して、多くの絵手本を刊行した。

◯1814-1878北齋漫画1-15編     http://www.ukiyo-e.co.jp/20858

浮世絵学04/外題(北齋漫画Y01…Y15)デジタル *全頁を影印で掲載 1814北齋/北齋漫画Y01/初編 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/21976

1814北齋/北齋漫画                http://www.ukiyo-e.co.jp/20859
——————————————————————————————————————————————————
1814北齋(ほくさゐ)/北齋漫画(一編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/ 20319
1814戴斗(たいと)/北齋漫画2(二編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20452
1814戴斗(たいと)/北齋漫画3(三編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20497
1816戴斗(たいと)/北齋漫画4(四編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20584
1816戴斗(たいと)/北齋漫画5(五編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20656
1817戴斗(たいと)/北齋漫画6(六編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20768
1817戴斗(たいと)/北齋漫画7(七編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20808
18**戴斗(たいと)/北齋漫画8(八編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/27067

18**戴斗(たいと)/北齋漫画9(九編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/27109

1817戴斗(たいと)/北齋漫画10(十編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20866

———————————————————————————————————————————————————–

1820-1833爲一(ゐいつ)/北齋漫画11(十一編)   http://www.ukiyo-e.co.jp/20598
1834爲一(ゐいつ)/北齋漫画12(十二編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/20994
1849爲一(ゐいつ)/北齋漫画13(十三編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/21037
1850-1877爲一(ゐいつ)/北齋漫画14(十四編)   http://www.ukiyo-e.co.jp/21075
1878爲一(ゐいつ)/北齋漫画15(十五編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/21112


◯1816墨僊(ぼくせん)/墨僊叢画  *これは良いが、狂画苑などは品格が落ちる

浮世絵学04/外題(墨僊叢畫)デジタル *影印で全頁掲載 1816墨僊(ぼくせん)/墨僊叢畫 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)  http://www.ukiyo-e.co.jp/21358


◯1818戴斗(たいと)/傳神畫鏡    http://www.ukiyo-e.co.jp/21321

浮世絵学04/外題(傳神畫鏡)デジタル *全頁を影印で掲載 1818戴斗(たいと)/傳神畫鏡 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/21321


◯1823爲一(ゐいつ)/一筆畫譜    http://www.ukiyo-e.co.jp/22052    *畧画の極致、爲一(ゐいつ)の極限

浮世絵学04/外題(傳神開手・一筆画譜)デジタル *全頁を影印で掲載  1823爲一(ゐいつ)/一筆画譜 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/22052

一筆画譜を見ていると、書画双絶。書と画は本質的に一緒のものであることが分かる。もともと、漢字、その前の秦字(篆書)、周字は、もののかたちを簡略化して、文字にしている。


◯1835爲一(ゐいつ)/富嶽百景1
◯1836爲一(ゐいつ)/富嶽百景2
◯1849爲一(ゐいつ)/富嶽百景3 

*爲一の富士に対する最後の挑戦。一枚絵の冨嶽三十六景で描けなかった作品を補う

◎浮世絵学04/外題(富嶽百景1.2.3)デジタル *影印で全頁掲載 1835、1836、1849前北齋爲一(ゐいつ)筆 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/19978


◯1855(安政2)廣重/茶器財集 *都、宇治への往路      *父・酒井藤吉は、生前、よく此の茶器財集のことを話していた。

http://www.ukiyo-e.co.jp/14154


◯1858(安政5)芳虎/錦花集 *江戸への帰路     http://www.ukiyo-e.co.jp/14218

◯1913狩野直喜/漢文研究法 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/37653

⚪1915(大正4)新村 出(1876-1967)/南蛮記 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

http://www.ukiyo-e.co.jp/46336

◯1926野崎左文/狂歌集目録 (活字本) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/30010

*書目で、挿絵はない。

◯1929木下杢太郎/えすぱにあ ぽるつがる記  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/42227 浮世絵学04/外題(えすぱにあ ぽるつがる記)

◯1931濱田青陵/天正遣欧使節記  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/42573

◯1932菅竹浦/狂哥書目集成(活字本) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/30010  

*狂歌書名を網羅した最も詳細な目録。 菅 竹浦(すが  ちくほ)、菅野稲吉(楯彦)。大阪の医師。

◯1933木下杢太郎(訳)(1885-1945)/日本遣欧使者記(1586グワルチェリ)、岩波書店  http://www.ukiyo-e.co.jp/42038

*浮世絵学01/落款(グワルチェリ)1586グワルチェリ(1560-1636) 

◯1936木下杢太郎/蓺林間歩  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/41942 浮世絵学04/外題(蓺林間歩)

◯1962(昭和37)礒部鎮雄/江戸岡場所図雑 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/44715 浮世絵学04/外題(江戸岡場所図誌/上中下)

◎1964花咲一男/岡場所圖繪1+2 1970花咲一男/岡場所圖繪3 拾遺 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/44671 浮世絵学04/外題(岡場所圖繪)

◯1969泉井久之助ほか(訳)デ・サンデ天正遣欧使節記、新異国叢書5、雄松堂 浮世絵学(1590デ・サンデ天正遣欧使節記)http://www.ukiyo-e.co.jp/43794

◯1971高根宏浩(1902-1979)/組上燈籠考、私家版   http://www.ukiyo-e.co.jp/40067

*主として明治10-20年代に流行した組上絵について纏めた貴重な記録

 

 

◎1975小林哥津(かつ)/清親考、素面の会 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)   http://www.ukiyo-e.co.jp/41704 

 

◯1976吉川幸次郎/東洋学の創始者たち 講談社 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/43944

◯1979(昭和54)礒部鎮雄/江戸地名俚俗字引1-7 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/44691 浮世絵学04/外題(江戸地名俚俗字引)

________________________________________________

 

雁高

2017-08 酒井 雁高

何か御気付きの点があれば御教示ねがいたい。
酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser
浮世絵・酒井好古堂 [浮世絵学] [http://www.ukiyo-e.co.jp]
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

=浮世絵学04/外題(版本*)デジタル *影印で全頁掲載 type printed books, digital images 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/22447

71982-05-25現在(2020-01-17更新)  ✓検索 浮世絵学 ◯◯  http://www.ukiyo-e.co.jp/30598
酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)   http://www.ukiyo-e.co.jp
SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e
Sakai Kohkodou Gallery, the oldest gallery of ukiyo-e in Japan

*ただし、著作権のあるものは掲載できない。 

AD57金印「漢委奴國王」)2019酒井雁高/「委奴」の新解釈(真解明) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

浮世絵学(支那學・金印「漢委奴國王」)2019酒井雁高/「委奴(ゐど)」の真解釈  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/39091

280s陳寿(233-297)/三国志 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) *一部を紹介、宮内庁書陵部 「邪馬壹國」と刻印されている。

◯浮世絵学(支那學・文化藝術懇話会)280s陳寿(233-297)/三国志 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/38052

280s陳寿(233-297)/魏志(三國志) 656魏徴(580-643)/隋書 邪馬台国 帰結、ずばり九州(「阿蘇山」と書かれている)(古田武彦/九州王朝*)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

浮世絵学(支那學・文化藝術懇話会64b)280s陳寿(233-297)/魏志(三國志) 656魏徴(580-643)/隋書 邪馬台国 帰結、ずばり九州(阿蘇山と書かれている)(古田武彦/九州王朝*)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/37460

1586グワルチェリ(1560-1636)/日本遣欧使者記1933木下杢太郎(訳)グワルチェリ/日本遣欧使者記]、岩波書店  http://www.ukiyo-e.co.jp/42038

1590デ・サンデ/天正遣欧使節記1969泉井久之助ほか(訳)デ・サンデ天正遣欧使節記、新異国叢書5]酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/43794

1607(万暦35)王圻(1530-1615)/三才図会 酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂主人 

浮世絵学04/外題(支那學、三才図会)1607(万暦35)王圻(1530-1615)/三才図会 酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂主人 http://www.ukiyo-e.co.jp/38933

1674 *北村季吟(増註源氏物語湖月抄ほか) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

浮世絵学04/外題(源氏物語 古註釈) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)[浮世絵学**] http://www.ukiyo-e.co.jp/20307

*1674北村季吟 版本

*1890猪熊夏樹

*1927有川武彦(校訂)

*1978三谷榮一(増補)

1915(大正4)新村 出(1876-1967)/南蛮記 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

http://www.ukiyo-e.co.jp/46336

1929木下杢太郎/えすぱにあ ぽるつがる記  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

http://www.ukiyo-e.co.jp/42227

 

 

http://www.ukiyo-e.co.jp/30010 1902 菅 髑髏/狂歌梗概 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) *すが

http://www.ukiyo-e.co.jp/30578 1923 平林鳳二、大西一外/新選俳諧年表 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/30083 1926野崎左文/狂歌集目録ほか 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://school.nijl.ac.jp/kindai/CKMR/CKMR-00800.html#3

1927野崎左文/私の見た明治文壇、春陽堂

http://www.ukiyo-e.co.jp/*****    1929林 若樹/狂文狂歌集/日本名著全集19。興文社

http://www.ukiyo-e.co.jp/42227 1929木下杢太郎/えすぱにあ ぽるつがる記  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) 浮世絵学04/外題(えすぱにあ ぽるつがる記)

http://www.ukiyo-e.co.jp/42573    1931濱田青陵/天正遣欧使節記  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

http://www.ukiyo-e.co.jp/42038  1933木下杢太郎(訳)(1885-1945)/日本遣欧使者記(1586グワルチェリ)、岩波書店 1586グワルチェリ(1560-1636)

http://www.ukiyo-e.co.jp/30274 1936 菅 竹浦(ちくほ)/哥書目集成 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)*すが

http://www.ukiyo-e.co.jp/30576   1940菅 竹浦/江戸狂歌史、日新書院。酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) 大冊である。

 

http://www.ukiyo-e.co.jp/3890 1971吉田小五郎/ 丹緑本(たんろくぼん)民芸 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

*吉田小五郎先生の民藝掲載の丹緑本を纏めた

版本、絵本、活字本 下記を参照

http://www.ukiyo-e.co.jp/22447    ←(版本) woodblock printed books  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)
http://www.ukiyo-e.co.jp/28725 ←(絵本)  color woodblock picture books & reference 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)
http://www.ukiyo-e.co.jp/30598 ←(活字本) type print books *全頁を影印で掲載 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/1014    ←(書誌)   Bibliography

 

何か御気付きの点があれば御教示ください。
酒井 雁高(がんこう) 浮世絵・酒井好古堂主人 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂 浮世絵鑑定家 [浮世絵学] 検索 http://www.ukiyo-e.co.jp
SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser of ukiyo-e
文化藝術懇話会
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678
E-mail: gankow

2016-01-26現在(2020-01-07更新)[浮世絵学]  http://www.ukiyo-e.co.jp/14884

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

◯画号(雅号を含む)の五十音順に配列し、生没年(享年)を整理した。

わ行の「ゐ」「ゑ」は当時のそのままに採用した。つまり「北齋」ハ「ほくさゐ」、「爲一」ハ「ゐいつ」として検索する。

*雅号、狂名(狂歌人名)なども含む  

浮世絵学01/落款(画号)索引 signed, artist names

*春章の享年は画師冠字類考により、五十歳と確認された。いずれも俳諧師・素外の門下である。

素外(1734-1823)(90) 大坂・鰻谷、阿波座

重政(1739-1820)(82)

春章(1743-1792)(50)

春好(1743-1812)(70)

⚪狂歌師の狂名(狂歌人名)

*狂名(狂歌人名)は生没年未詳が多いが、刊年(書名)、年号(狂歌合の会合)などで、大体の活動期が判明する。

1783(天明3)もとのもく網ほか/狂文宝合記 *110の狂名などを含むが、未詳とあるものが多い。

[2000延広真治ほか/狂文宝合記の研究、汲古書院]

⚪豊國1、豊國2、豊國3

豊國(とよくに) 歌川〜    1769-1825(57)

豊國(とよくに) 二代     1777-1835(59)-  豊重の後名、没年、享年、不確定。

*しかし、三代豊國より年上である。だから、二代を継承している。豊重の活躍年代も詳細に調査

豊國(とよくに) 三代     1786-1864(79)   國貞の後名

何か御気付きの点があれば、御教示ねがいたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂
[浮世絵学]文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

2018-03-01現在(2020-01-06更新)    http://www.ukiyo-e.co.jp/19592

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

浮世絵学** []

1780s天明期、江戸狂歌が南畝を中心に俳諧、川柳を圧倒した。

賀邸、椿軒などの影響で、旗本が挙って参加した。

狂歌四天王(真顔、飯盛など)が全国的な拡がりと影響を持っていた。

天明期が絶頂期であったが、その後、陳腐な点取り狂歌になる。

狂歌関連の書誌を書き出した。

◯1786(天明6)政演+飯盛/天明新鐫(しんせん)五十人一首・吾妻曲(あづまぶり)狂歌文庫

 *鐫(せん)鑿で彫る

◯1787(天明7)政演+飯盛/天明鐫(しんせん)百人一首・古今狂歌袋 *入力中

◯1915野崎左文(1858-1935)/狂歌一夕話

◯1926野崎左文(1858-1935)/狂歌集目緑(非売)

◯1928狩野快庵/狂歌人名辞書、廣田書店 *再版あり

◯1929林若樹/狂文狂歌集/江戸文藝之部19/日本名著全集。

◯1931野崎左文(1858-1935)/狂歌の研究/岩波講座 日本文学、岩波書店

◯1936菅竹浦(菅野楯彦)/狂歌書目集成、星野書店 *すが、菅野(すがの)を支那式に気どる。左文の1926目録を増補訂正 再版あり

◯1936菅竹浦(菅野楯彦)/江戸狂歌史、星野書店 *狂歌師および浮世絵師、版元など周辺領域に及ぶ狂名、狂歌書

◯1940*菅竹浦(菅野楯彦)/江戸狂歌史、星野書店 *再版

*これら先学が、多くの狂歌書目、狂歌師(狂名)を蒐集し、整理してくれた。

 

江戸狂歌本撰集

1998江戸狂歌本撰集/撰集配列順

1998江戸狂歌本撰集/書目_編年

1998江戸狂歌本撰集/書目_五十音順

 

狂歌師

2019落款/狂歌師_総目録_9494項目

2019狂歌師/総目録_五十音_2881項目      *狂名の不統一、読み推定のものもある

2016狂歌師/総目録_五十音順

2016浮世絵学04/外題(狂歌、書目)

http://www.ukiyo-e.co.jp/866  (浮世絵師、狂歌師)_浮世絵類考/(浮世絵師、狂歌師ほか)(biography) 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

http://www.ukiyo-e.co.jp/2475 (狂歌師)_きょうかし_1809歌垣(1753-1829)/四方戯歌名尽 酒井雁高(酒井好古堂主人)2014.07.13

http://www.ukiyo-e.co.jp/10336 (狂歌師) きょうかし_狂歌師/総目録 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

http://www.ukiyo-e.co.jp/11173 (狂歌師)_1818瀬川冨三郎/江戸方角分 _酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

http://www.ukiyo-e.co.jp/19592 狂歌師、狂歌書目 comical Kyouka poets & poems 酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂

 

狂歌師/編年順

2019落款/狂歌師_編年_3114項目

 

狂歌書目

2016狂歌書目/総目録_編年     265項目

2016狂歌書目/総目録_五十音      265項目

2016浮世絵学04/外題(狂歌、書目)       264項目

浮世絵学04/外題(狂歌書目)書目 きょうかしょもく_五十音順 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学04/外題(狂歌書目)江戸文学 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

http://www.ukiyo-e.co.jp/2502   (狂歌書目)/江戸狂歌本選集 全15 細目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

http://www.ukiyo-e.co.jp/13599  (狂歌書目)書目 きょうかしょもく_五十音順 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

http://www.ukiyo-e.co.jp/17185 (狂歌書目)江戸文学 Edo Bungaku literature 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

http://www.ukiyo-e.co.jp/30083   1926野崎左文/狂歌集目録  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

 

絵入狂歌本 

1 大横の一枚絵(いちまいえ)が、浮世絵師その他の絵師によって描かれていること。通常、5-10図ほど。

2 袋綴じ(版本)でないこと。丁数がない。

*袋綴じは、単に絵本(狂歌)と称する。

 

◯狂歌の見立て、摺り替え、平秩東作、四方山人(南畝)が両國河内屋で開催した

1783(天明3)狂文宝合記(たからあわせのき) 天地人。天(主品上)、地(主品下)、人(客品)

*見立ての面白さ もとのもく網、竹杖爲軽、北尾政演、北尾政美

*これ以前、1774(安永3)宝会図説がある。四方赤良、水母散人(塙保己一)編。しかし画像は稚拙という。文屋安雄 編
田原米主 画 絵師は米主とあるが、浮世絵師ではないようだ。稚拙というのも納得できる。稀書複製会で刊行した。

附記) 政演、政美が絡んでいれば、重政、その師の谷素外なども関係しているやも知れぬ。

◯京傳は狂歌四天王とは別に、狂歌の真骨頂を体得して町人であった。

狂歌の真骨頂は、京傳の小紋新法である。

1786京傳/小紋新法  *  詳細な解説は延広真治/小紋新法紋   (江戸文学に連載してあるが、単行本になっていない)

南畝の師

*萩原宗固(1703-1784) *和歌 南畝などが學ぶ

*内山賀邸(1723-1788) 椿軒 *和漢 南畝などが學ぶ

*元木網(1724-181)  もとのもくあみ

*平秩東作(1726-1789)へづつとうさく 狂歌の長老

◯狂歌四天王 *大田南畝(1749-1823)の弟子

1 朱樂菅江(1738-1798) *山手側 川柳など雑俳

2 唐衣橘洲(1743-1802) *山手側

*大田南畝(1749-1823) 四天王の中間の年齢

3 四方真顔(1753-1829)

4 宿屋飯盛(1753-1830) *石川雅望(まさもち)

*竹杖爲軽(1756-1809) 万象亭

*山東京傳(1761-1816) 北尾政演(まさのぶ)

*北尾政美(1764-1824)

何か御気付きの点があれば、御知らせ願いたい。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂[http://www.ukiyo-e.co.jp/16738]
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

2016-11-27現在(2020-01-06更新)    http://www.ukiyo-e.co.jp/4166

酒井雁高(がんこう)学芸員 curator, professional adviser of ukiyo-e

浮世絵・酒井好古堂    http://www.ukiyo-e.co.jp/4166

原物を見る機会が、未だないが…図版を熟覧した限り、偽筆の疑念を払拭できない。*ある方から実際に原画を見てから発言すべきであるとのご忠告を受けたので、このコメントを挿入しておく。

http://www.ukiyo-e.co.jp/4400 歌麿? 中国の仙女

http://www.ukiyo-e.co.jp/4420 歌麿の肉筆 真筆は世界に数本

http://www.ukiyo-e.co.jp/4246 明治期の肉筆鑑定

http://www.ukiyo-e.co.jp/4213 偽筆 外国向け 明治期

http://www.ukiyo-e.co.jp/2011 歌麿? 女達磨? 鍾馗? 三福神角力?

http://www.ukiyo-e.co.jp/1776 無款 歌麿? 深川の雪?

2015-04-28現在 酒井雁高(酒井好古堂主人) 浮世絵鑑定家(浮世絵専門) 学芸員

酒井雁高(酒井好古堂主人)SAKAI_gankow,  curator,  professional ukiyo-e adviser

浮世絵・酒井好古堂 

酒井雁高(がんこう)学芸員 curator, professional adviser of ukiyo-e

浮世絵・酒井好古堂 [http://www.ukiyo-e.co.jp]

浮世絵鑑定家

professional adviser of ukiyo-e, sakai koukodou gallery  

2015,-03-23[ukiyo-e.co.jp]  *You might also see [japan-ukiyoe-musem.com]

(鎌田英雄館長の偽筆説の指摘)

千葉県館山市の(鎌田コレクション館)の鎌田英雄館長の御意見

1 江戸の浮世絵師は一生の大半を墨線画きの技法で、技を磨いてきたんだと、実感しました。それが、墨田区の作品のように、突然、北斎が、赤子のような没骨の架空を描く画家になるとは、到底考えられません。(雁註)鎌田氏は洋画家、自分で絵を描いているので、直感的、瞬間的にオカシイと分かるようです。

2 当時の江戸絵師が隅田川を描くとき、必ず波紋の線を大半は入れている。(原画を提示して物的証拠を挙げている)

(横山實先生の偽筆説の指摘)

・帆船は、永代橋より上流の隅田川を遡(さかのぼ)れなかった。(この隅田川両岸図巻では、帆船が上流まで遡っている)

・隅田川に浮かぶ船は、いずれも小舟か屋根が低い舟です。帆船が、両国橋の下を通って上流に向かうということはありえなかったのです

・カツオを持った魚売りが、馬を引く男とのんびり立ち話をすることはありえない。(日本経済新聞社の宮川委員の郷土愛云々は、論外。全く的を外した見解)

・隅田川対岸が描かれていない。(栄之の舟遊びの5枚続きの物的証拠を提示)

(雁註)各位は専門家を含め、五感を真摯に働かせれば、この隅田川両岸図巻が明らかな偽筆であると直感すると思います。正真正銘の偽筆。偽筆の偽物があるとすれば、これは本物の偽筆ということになります。

FAKE !   FAKE !  FAKE !

新聞、その他で、北齋の肉筆絵巻が話題になっている。

See ukiyo-e.co.jp/4367   *墨田区は公開質問状に対して、回答をしない方針との書面が届く。呆れた官僚組織。我々はTax Payerとして、質問など当然の権利を持っている事実を認識していないらしい。

しかし、真偽の二者択一を選択すると、真っ赤な偽筆で、明治期に作られた作品である。

永田君が、墨田区の専門委員として、報道陣の「偽筆ではないのか」という質問に対して、「真筆」と断言したと報道されている。これは明らかに、永田君の誤鑑定である。正真正銘の偽筆である。

永田君は、長年、北齋の研究を行ってきたが、肉筆の偽筆を真筆と誤認するようでは、全く信頼できない。以下の基本的な問い掛けにも、全く回答がない。質問、疑念に対する科学的、かつ妥当な回答が出来きないようでは、真偽の鑑定を任せる訳にはいかない。私の知る、かつての学究肌で真面目な永田君は、もういないのだろう。予定されている墨田区の北齋館の館長に就任するということと関連を疑われても仕方がない。また墨田区議から、永田君に対する諸種(偽筆、紛失)の告発がなされているのも、故無しとしない。

以下、永田君の誤鑑定について正す。永田君の「真筆」発言により、公金を支出した以上、偽筆の場合、その全責任(経済的損失を含めて)を負わなければならない。

これらの質問に対する疑念が払拭されない限り(科学的、妥当な回答)、偽筆の結果は動かない。

◯九々唇北齋席画? 隅田川両岸景色図巻? 1805(文化2)?

2016九々唇北齋/総目録.xlsx”>2016九々唇北齋/総目録 この落款は1805(文化2)の摺物にある。

落款:「九々唇北齋」 管見の範囲では14点あり、摺物のため、肉筆とは異質である。

1805烏亭焉馬(1743-1822)、1805(文化2)が北齋に依頼した?

◯席画の例、五清(-1811-1830-)/(花魁の後ろ姿)
席上で描くため、さらっとした持ち味に特色がある。
絵巻、密画、大作などは席画では描けないのである。

IMG_0032

(経過)

画狂人北齋(1760-1849)

1805「隅田川両岸景色図巻」? 28.5×633.5cm

1870s-1880s 本間耕曹氏(庄内酒田の士分、政治家)は多くの肉筆浮世絵を購入していた。

1892(明治25)上野の浮世絵展にて展覧(本間耕曹氏所蔵)

*本間耕曹氏は、プロから教えを受けて、本図巻が偽筆であることを理解した。そのプロは、恐らく私の曾祖父・酒井藤兵衛であろう。そして、林忠正に依頼し、海外の数寄者に委ねることにした。つまり、この巻物は、既に130年以上前に、偽筆の疑惑が持たれていた。さもなければ、本間氏は作品を手放さなかった。(項目10、状況証拠として、明治期の肉筆浮世絵を参照、

1902フランスの競売

2008イギリスの競売、日本の業者が落札(約1億2,000万円ほど、手数料を含む)

2015墨田区が寄付金 1億4904万円で購入?

(疑念)*学問的で、誠実、真摯な回答が必要。回答出来ない場合、偽筆の判定は動かない。

1  (落款)焉馬の依頼?「席画」?

烏亭焉馬應需

於談洲樓九々唇

北齋席画[画狂人]

*北齋が、いきなり17歳年上の焉馬に対して、このような書き方はしない。

「於談洲樓」、相生町としても「席画」の書き方も合点が行きません。

「席画は通常、書画会で、扇面、色紙、短冊などを揮毫します。

密画の巻物ですから、書画会の「席画」ではあり得ません。

2 (刊年の特定)九々唇

*刊年:1805 特定できた根拠

下記の版画、および飲中八仙・左相など、僅かな作品しかありません。

1805を特定できた根拠。「九々唇」は小さな摺物(すりもの)で、極めて少ない。

落款:九々唇北齋席画[画狂人] 1805「丑の春」(文化2) (梅の枝)小横

3 (外題)? 九々唇北齋[画狂人]/「隅田川両岸景色図巻」? 28.5×633.5cm

1801 北齋辰政「隅田川両岸一覧」あたりを明治期に転写した。

これと比べて、本図巻は余りにお粗末。

橋の橋脚、桁など、不自然さが否めない。画家は明治期の絵師。

北齋は、蘆水を参考にしていて、橋脚、桁など、精細な描写。

1781(天明1)鶴岡蘆水(-1780s-1820s-)/東都隅田川両岸一覧 乾坤二巻、木版筆彩色

これと比べると、本図巻は技量、画量が疑われる程、稚拙である。

蘆水は、ほぼ北齋と同時期に生まれたか、北齋より年上であろうか。

4 大曲馬の幟 *はっきり読めないが…

1820s文政、1850s嘉永4-6に記録がある。

1805両国大曲馬は興行されていない。

5  舟、橋の陰影

舟、橋に陰影があるが、手前の女性は全く陰影が施されていません。

これも妙です。日本画の絵師ならば、陰影は施しません。

明らかに、これらの陰影法は、明治期の描写であることは否めない。

真筆と主張する方は、他にも二、三、陰影のある作品を提示する必要がある。

提示できない場合、やはり偽筆という結論になる。

6 毛槍

橋上の毛槍、大名行列の通過に一般の人もいる? これは有り得ない。

しかも通常の三倍以上の長さの毛槍。1801 北齋辰政「隅田川両岸一覧」を参酌して、手前に毛槍一本。

オマケに、遠くに二本の毛槍を描いている。これは大名行列しか、考え難い。

7 三つ布団の上で喫煙

太夫に男が二人というのも解せない。

しかも茶の野暮天の着物の男は、白い腰紐だけで、帯も締めていない。

この人物が北齋という根拠は何か。

布団の上で喫煙することも聞いたことがない。

吉原の作法を知らぬ、田舎ものである。

8 三圍*(みめぐり)稲荷社  *「みめぐり」と読む

朱色の大きな塀? 屋根がトタン板のようで、瓦が描かれていない。

1996酒井雁高(編)/廣重_江戸風景版画大聚成を点検すれば、分かるが、朱色の大きな塀はない。小さな柵で、垣根のような感じである。これも、明治の画家のお粗末さである。

他の北齋の作品を見れば分かるように、北齋は正確に屋根の細部まで描いている。

9 北齋改名年表

北齋(1760-1849)改名一覧(1991秋田市千秋美術館、岐阜市歴史博物館ほか、2015-01-23最終稿)

画号         期間             年齢   年数

1) 春朗 SHUNROU    安永8-寛政6   1779-1794      20-35       16

2) 北齋宗理 SOURI    寛政7-寛政10.08 1795-1798     36-39        4  *1798宗理改北齋(改名)

3) 北齋辰政 TOKIMASA  寛政10.09-享和4  1798-1804     39-45        7  *1798宗理ぬし改名辰政* *北齋期にも使用

4) 北齋 HOKUSAI     寛政10-文化11  1798-1814     39-54        16  *1797画狂人北齋 1798宗理改北齋

5) 戴斗  TAITO      文化12-文政2   1815-1819  55-59         5        *1815北齋改戴斗(改名)

6) 爲一* WIITSU     文政3-天保4    1820-1833   60-74            15      *1820戴斗改爲一*(改名)*谷素外「爲一」命名

7) 卍    MANJI      天保5-嘉永2   1834-1849   75-90           16

10 1880s-1890s明治初期の肉筆浮世絵   *時(西暦)を押さえて、少し纏めてみた 2015-03-24 酒井雁高

若井兼三郎(1834-1908)  「若井おやぢ」の印

-1873-      ウイーン博覧会

-1874-      起立商工会社  日本美術の制作、販売

飯島 虚心(1841-1901)

-1893     葛飾北斎傳 2册  蓬樞閣  *小林文七(蓬樞閣)が北齋自画像と称する画像を掲載。

-1893     浮世絵師便覧  蓬樞閣

-1901      小林文七氏(旧本間耕曹所蔵)所蔵の肉筆に多くの偽筆があると指摘

本間 耕曹(1841-1905?)

-1870s-     地方の大地主、豪商、政治家として、肉筆浮世絵を購入

-1870s-1880s 外国人向けに多くの模写、偽筆が制作された

-1880s-    これ以前、肉筆浮世絵を購入したが、多くの偽筆が含まれている

酒井藤兵衛(1844-1911)   好古堂 *当時、肉筆浮世絵を鑑定できる三兵衛の一人(ほかに村金、吉金)

村田金兵衛(1852-1916)   村金

林 忠正 (1853-1906)   築地に西洋印象派の西洋美術館の設立を企画

吉田金兵衛(1860-1916)   元禄堂

小林 文七(1864-1923)  蓬樞閣

-1880s-    本間耕曹より大量の肉筆を買う

-1893     葛飾北斎傳 2册  蓬樞閣  *小林文七が北齋自画像と称する画像を掲載。

-1893     浮世絵師便覧  蓬樞閣

-1894-     浮世絵歴史展覧会品目

-1900-     北齋展

-1900s-    欧米旅行

-1920s-    肉筆浮世絵の美術館設立の企画

-1923-     関東大震災で肉筆所蔵作品の総てを焼失する

山中定次郎(1866-1936)   山中商会 著名な美術商であるが、浮世絵は後発

雁高

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator

浮世絵・酒井好古堂

酒井雁高(がんこう)学芸員 curator, professional adviser of ukiyo-e

浮世絵・酒井好古堂 [http://www.ukiyo-e.co.jp]

文化藝術懇話会 浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

肉筆浮世絵は偽筆が横行して、悪貨が良貨を駆逐している状況です。

これ以上、俑(よう)を作ってはいけません。五感力のある方(プロでもアマでも)が真偽を判定する必要があります。

五感(ごかん)つまり視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚を働かせて、直感で作品に対峙すること。

知識ではなく、直接、作品に対峙して、心眼で真偽を見抜いてください。

却って、知識の学者より、一般の方々の鋭い感覚が真偽を判別できます。

疑念、提言に対する学問的な回答が得られない場合、やはり偽筆の判定は動かない。

http://www.ukiyo-e.co.jp/4367  公開質問状

http://www.ukiyo-e.co.jp/4246 明治期の肉筆鑑定の状況

http://www.ukiyo-e.co.jp/4420 *歌麿の肉筆は世界に数本(真筆)

http://www.ukiyo-e.co.jp/4213 偽筆 外国向け 明治期

http://www.ukiyo-e.co.jp/4166 北齋? 隅田川両岸絵巻

酒井雁高(がんこう)学芸員 curator, professional adviser of ukiyo-e

浮世絵・酒井好古堂 [http://www.ukiyo-e.co.jp]

文化藝術懇話会

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

2016-11-27現在(2020-01-06更新)    http://www.ukiyo-e.co.jp/4246

酒井雁高(酒井好古堂主人)浮世絵鑑定家

原画を見ていないが…図版を熟覧するだけでも、やはり偽筆の可能性が高い。

http://www.ukiyo-e.co.jp/4400 歌麿? 中国の仙女

http://www.ukiyo-e.co.jp/4420 歌麿の肉筆 真筆は世界に数本

http://www.ukiyo-e.co.jp/4246 明治期の肉筆鑑定

http://www.ukiyo-e.co.jp/4213 偽筆 外国向け 明治期

http://www.ukiyo-e.co.jp/2011 歌麿? 女達磨? 鍾馗? 三福神角力?

http://www.ukiyo-e.co.jp/1776 無款 歌麿? 深川の雪?

2015-04-20現在 酒井雁高(酒井好古堂主人) 浮世絵鑑定家(浮世絵専門) 学芸員

酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂 

酒井雁高(がんこう)学芸員 curator, professional adviser of ukiyo-e

浮世絵・酒井好古堂 [http://www.ukiyo-e.co.jp]

 

酒井好古堂主人 SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser

酒井雁高(酒井好古堂主人)SAKAI_gankow,  curator,  

浮世絵・酒井好古堂   [HP: ukiyo-e.co.jp]

professional adviser of ukiyo-e, sakai koukodou gallery  

2015-03-28[ukiyo-e.co.jp]  *You might also see [japan-ukiyoe-musem.com]

明治初期、外国人が浮世絵(版画)を購入し始めて、慌てて日本でも蒐集する機関、個人が出始めた。しかし、肉筆浮世絵に関しては、極少数の専門家しか鑑定が出来ず、真偽も分からず、妙なものが多く売買されている状況であった。

肉筆浮世絵の専門家として、当時、三兵衛がいた。その三兵衛を中心に談話、記録などを基に再構築してみた。

◇酒井藤兵衛(1844-1911)

1934(昭和9)反町茂雄/紙魚の昔がたり *1990竹田泰次郎(談)反町/紙魚の昔がたり、洋装本で再版

◇竹田泰次郎(1886-1937)(51)談話 玩古堂

吉田金兵衛の甥。通称、吉金(よしきん)は浮世絵商の魁。三兵衛の一人(酒井、吉田、村金)

もと、銅(あかがね)の平(なら)し屋。金槌で叩いて薄く引き延ばす。

(編年順)

◯若井兼三郎(1834-1908) 「若井おやぢ」印

1873-  ウイーン博覧会

1874-  起立商工会社* 日本美術の制作、販売 *国策会社 

◯本間耕曹(1841-1905)*出羽

1870s- 地方の大地主、豪商、政治家として、肉筆浮世絵を購入

1870s-1880s 外国人向けに多くの模写、偽筆が制作された

1873 ドイツへ渡る

1880s  アメリカに留学 肉筆浮世絵が歓迎されていた。 

1880s これ以前、肉筆浮世絵を購入したが、多くの偽筆が含まれている

1887(明治20頃)吉金で、肉筆浮世絵、特に北齋を買う 

◯飯島虚心(1841-1901)

1901 小林文七氏(旧本間耕曹所蔵)所蔵の肉筆に多くの偽筆

◯酒井藤兵衛(1844-1911)好古堂

1880s-1890s  肉筆浮世絵を集める。

1901(明治34) 好古堂の酒井藤兵衛(1844-1911)、帝室博物館に梅祐軒勝信/立美人図を売る(geocities.jp/tgftn614/nikuhitsu.index.htm)

酒井藤兵衛さんも、肉筆を盛んに集められたようです。私は知りませんが、蔭で聞いているところでは、大畑さんという方がナカナカ肉筆を集められたようです。この方も震災で、焼いてしまったでしょう。九鬼さん、高嶺さん、桑原さん、服部さんも、酒井さんから集められたそうです。(1990竹田泰次郎(談)/反町/紙魚の昔がたりp574)

◯ビゲロー(1850-1926)

◯服部一三(1851-1929) 兵庫県知事、肉筆浮世絵蒐集

◯九鬼隆一(1852-1931)帝室博物館 (総長)

1878 パリ万国博覧会

1884-1885(明治17-118)この頃から、肉筆浮世絵を買う(1890sまで)

1888 帝室博物館初代館長

1893-1895(明治26-28)大谷政蔵から190点(5回分)、前田健蔵から110点(3回)

*大谷政蔵 3年間に神戸市、京都市、兵庫県八部(やたべ)郡へ度々転居(東京国立博物館絵画室列品台帳)

*前田健蔵 殆ど何も解らない。

◯村田金兵衛(1852-1916)*明治期の浮世絵商、三兵衛の一人。日本橋中通り

◯フェノロサ(1853-1908)

1879 来日

◯林 忠正(1853-1906)

1878(明治11) パリーに渡る

1900 パリ万国博覧会事務官長

1900s   築地に西洋印象派の西洋美術館の設立を企画

◯高嶺秀夫(1854-1910)(歴史部長)高等師範学校長

◯吉田金兵衛(1860-1916)*明治期の浮世絵商、三兵衛の一人。下谷御徒町、神田豊島町

1880s 夜店でベンケイさんに売る

1880s-1890s 林忠正に小林文七を紹介する

1885 歌麿/蚕養草の復刻

1894(明治27)吉金(吉田金兵衛)は平(なら)し屋を止め、御徒町、御成道、末広町へ移る。

1916 金兵衛の死後、版木の一部を好古堂へ。

 章林堂 元禄堂 末広町で堂号を換える。

1878-1879(明治11-12) 

浮世絵商(古錦絵屋)の始まり(三兵衛)

*吉金(吉田金兵衛)、村金(骨董も)、酒井藤兵衛が率先者(竹田泰次郎(談)/反町茂雄/紙魚の昔がたりp558)

1879-1880(明治12-13)

*吉田金兵衛が、横浜山下町のブリンクリー(通商、ベンケイ)の屋敷へ入ろうとすると、

*神田淡路町の酒井藤兵衛(1844-1911)さんも、草鞋ばきで売りにやって来た…

この酒井さんも浮世絵商としては実に元祖の一人でしょう。元祖というのも変ですが…

(竹田泰次郎(談)/反町茂雄/紙魚の昔がたりp558)

◯ブリンクリー, F  横浜

1879-1880s 浮世絵を買う

1901 Japan-its history, arts and literature

◯岡倉覚三(1862-1913)(美術部長) 天心

◯桑原羊次郎(1864-1937) 

◯武岡豊太(1864-1931) 神戸、実業家 肉筆浮世絵蒐集

1880s-1890s

◯小林文七(1864-1923) 浅草亀岡町の富豪の一人息子 20代

1880s 吉金が世話をして、浅草の駒形へ店を出す。田久(たきゅう)を番頭に。

-       平川(山中商会)を番頭にして、外国人へ売る。

1880s- 本間耕曹より大量の肉筆を買う

1894- 浮世絵歴史展覧会品目

1900- 北齋展

1900s-欧米旅行

1920s-肉筆浮世絵の美術館設立の企画

1923  文七氏は、大震災の前に亡くなる。

1923- 関東大震災で膨大な肉筆、錦絵など所蔵作品の総てを焼失する

◯山中定次郎(1866-1936)   山中商会 著名な美術商であるが、浮世絵は後発

1884-1885(明治17-18)

外国人が買って行くので、山中商会が買い集めて海外で捌(さば)く。

1880s-1910s吉沢商店 河浦謙一 肉筆は扱わなかった

1887(明治20頃)本間耕曹、吉金で、肉筆浮世絵、特に北齋を買う 

1889-1890(明治22-23)

復刻(再版)を拵える。

売りに出る古板(ふるいた)を買う。歌麿の「本読み」(娘が行燈で)、「針めど」(おふくろさんが、いぼじり巻きして、針の目めど、を通す)。歌麿/蚕手業草(小林永興<小林永濯の息子>に版下を作ってもらった)

(雁註)原板ではなく、再刻(復刻)。新たに彫り直す。煤(すす)を塗って汚くする。

1894-1895(明治27-28)

日清戦争前後から大正

肉筆画をいじくる者は東京でも、私の叔父(吉田金兵衛)と酒井(藤兵衛、庄吉)さんと小林さん(小林文七)の3人位しか居ないようでした(竹田泰次郎(談)/反町茂雄(編)/紙魚の昔かたり、p571)

◯小島烏水(1873-1948)浮世絵蒐集家、登山家、横浜正金銀行 好古堂の浮世絵編纂者の一人

1941小島烏水/浮世絵類考/序

◯竹田泰次郎(1886-1937)(51)玩古堂

吉田金兵衛の甥。通称、吉金(よしきん)は浮世絵商の先覚者。

もと、銅(あかがね)の平(なら)し屋。金槌で叩いて薄く引き延ばす。このためトンカチと渾名。

1930s

◯中野忠太郎(石油成金)肉筆浮世絵を大々的に買うようになる。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂

酒井雁高(がんこう)学芸員 curator, professional adviser of ukiyo-e

浮世絵・酒井好古堂 [http://www.ukiyo-e.co.jp]

[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

2016-11-10現在(2020-01-06更新)  http://www.ukiyo-e.co.jp/1776

酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂

酒井雁高(がんこう)学芸員 curator, professional adviser of ukiyo-e

浮世絵・酒井好古堂  http://www.ukiyo-e.co.jp

残念なことに、それぞれの原画を見る機会が未だないが(もっとも、幾つかは原画を見たが)、図版を熟覧する限り、偽筆の判断は変わらない。*ある方から実際に原画を見てから発言すべきであるとのご忠告を受けたので、この文章を挿入しておく。

・歌麿? 中国の仙女

・歌麿の肉筆 真筆は世界に数本

・明治期の肉筆鑑定

・偽筆 外国向け 明治期

・歌麿? 女達磨? 鍾馗? 三福神角力?

・無款 歌麿? 深川の雪?


2015-04-27現在 酒井雁高(酒井好古堂主人) 浮世絵鑑定家(浮世絵専門) 学芸員

SAKAI_gankow,  curator,  special adviser of ukiyo-e, sakai koukodou gallery

*You might also see [japan-ukiyoe-musem.com]

また昨日(2014-11-16)、日本放送協会で、「無款」作品を歌麿として、「無外題」作品を深川の雪として放映した。

税金で運営しているNHKが、このような偽筆を真筆として報道すれば、詐欺になる。

無款を特定の絵師の作品と特定すること自体、至難の業である。西欧でも日本でも、これは美術史の常識である。

客観的傍証、物的証拠がなければ、決して絵師を特定できない。これは美術史の基本である。

似ているからという理由は、全く当たらない。偽筆は、似せて描くのである。似ていなければ、偽筆の役割を果たさず、意味をなさないからである。

確たる科学的根拠もなく、歌麿? 深川の雪? と断定した人物は、責任を負わなければならない。

同様に、税金で運営している公的博物館、美術館で、偽筆を展示すれば、入館料を取っている以上、詐欺になる。

その地域の知事、市長、教育委員会なども、その責任を負うことになる。

なぜなら、税金という公的補助で運営しているからである。ある新聞社の代表も、似たようなこと(同じではないが)で責任を取って辞職している。

この無款 無外題の作品を歌麿、深川の雪として展示すること自体、詐欺となる。

これは法曹関係の専門家の意見である。

酒井雁高 (酒井好古堂主人) 鑑定家(浮世絵専門) 学芸員

SAKAI_gankow, curator *偽筆を真筆として牽強付会、更に偽筆を引用しても全く無意味である。

偽筆は、どのようにしても真筆に成り得ない。

偽筆が「悪貨は良貨を駆逐する」如く、多く出回っていることを再認識することと思う。

真筆と思って、各収蔵機関が紹介する作品も、多くは偽筆である。

◎「深川の雪」が偽筆である決定的な根拠

*歌麿/総目録(版画、版本、肉筆)を点検しても、「深川」という外題、内題は検出されない。

◎浮世絵学01/落款(歌麿)うたまろ_1978歌麿/総目録 1978浮世絵聚花03 (二代を含む)2015-06-24現在 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/2184

◎浮世絵学01/落款(哥麿 歌麿)うたまろ 2019哥麿/総目録 3,541項目 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/21466

1770s-1780s(安永、天明)深川は「七場所」が岡場所(吉原以外)の私娼窟として栄えた。

1627(寛永4)年、富岡八幡宮創建。1652(承応元)年には周辺の土地も開発され、料理茶屋の開業が許可される。それが江戸屈指の岡場所として有名となる。深川の花街は富岡八幡宮周辺にとどまらず、岡場所は「深川七場所」と呼ばれた。

仲町(永代寺南)、新地(福島橋西詰の正源寺辺り)、土橋(富岡八幡の南東辺り)、櫓下(深川富岡門前山本町)、裾継(富岡門前山本町)、石場(黒船橋南詰、清澄通りと牡丹町通りの交差点辺り)、佃町(富岡八幡前、西。住吉神社付近。別称「あひる」)にまで及んだ。中でもこの仲町は繁華を極めた。

*あひる 佃町の遊女の俗称であるが、語源は諸説あり、不明。

しかし、本図のような吉原を思わせるような巨大な妓楼は無かった。歌麿は吉原で生まれた考えられるから、純然たる青樓画家である。岡場所へ出掛けなかったに違いない。

深川の切絵図(きりえず)をみれば、一目瞭然である。

*(雁註)北を上に配置した。国会図書館ほか、デジタルで見ることが出来る。

1820s(文政)英泉などが辰巳藝妓などを描く絶頂期

1842(天保13)岡場所取締令により、壊滅 

1978浮世絵聚花03/歌麿総目録 参照 [ukiyo-e.co.jp]

2014.04.17    ukiyo-e.co.jp

◯無款、無外題を「歌麿」「深川の雪」と断定する科学的根拠が不十分である。 

實ハ無款、無外題の誤認、誤断定(偽筆、偽作)   (酒井雁高、酒井好古堂主人)

◎作品の経歴証明が明治20年代以前に遡(さかのぼ)れず、記録も全く無い。

1880s(明治20年代)、栃木県の寺で展示されたという。しかし、これ以前に全く記録がない。しかも、これだけの大作で三部作ならば、当然、寺社に奉納されていて記録があるはずである。つまり、これは明治時代、外国向けに偽作されたものであることが分かる。

————————————————————————————————————
◯歌麿の偽筆の関して、ここで世界的に著名な敦煌(Dun-Huang)文書、美術について述べてみる。

敦煌*文書は、4世紀-14世紀の長期にわたる不要不急の公文書類が莫高窟の蔵経洞に遺棄された。

*日本語では「とんこう」と発音しているが、国際的には「Dunhuan」(ドウンフアン)。

乾燥砂漠のため、奇跡的に保存された貴重な写経を含む資料である。

漢文の他、インド古代のカロシュティー文字、イラン系のソグド文字を含む、寺(仏教)、観(道教)など

通常の契約など、記録文書である。小説「敦煌」のような西夏タングート(党項)族中国北西部、今のオルドス地方・甘粛省のチベット系)からの略奪、焼却を恐れて、石窟に隠匿したという事実はない。

むしろ、権力から遠く離れた砂漠の敦煌だからこそ、そのまま当時の仏僧、道教など、

日常生活、写経を含む宗教文書が保存されたのである。

もっとも文書とは別に、岩窟の仏像美術は塑像(テンペラ)で、1000年以上も経ているとは思えないほど、

驚くほど鮮やかな色彩の石窟である。

専門の技術集団がいなければ、これだけの規模の石窟(中心は258窟)を長期間(北涼、北魏、唐)にわたり、開鑿できない。重修莫高窟仏龕碑によれば、建元二年(366)、樂僔、法良の二人が石窟を開鑿したとある。西魏の大統四、五年(538-539)の紀年銘が285窟北壁にある。

日本浮世絵博物館

Stein(1862-1946)は、1907年(On Ancient Central Asian Tracks)、Pelliot(1878-1945)は1908年、第17窟に遺棄、隠匿された文書類を買い取り、イギリス、フランスへ持ち帰った。これらは、すべて真である。敦煌は中国にあるが、敦煌学は中国の外で起こった。現在では敦煌(ドウンファン)のほか、吐魯蕃(トルファン)を含めて、敦煌学と称している。

さて、以上のように、洞中古(とうちゅうこ、岩窟内の蔵経洞に保存されたいた原史料)の文書は、すべて真である。

しかし、それ以後、世界中から多くの宝探しが押し掛け、入手した作品の95%は、殆どが偽であるという。

鑑定は専門家でないと難しいが、国内の多くの博物館、美術館、図書館の敦煌文書が偽であるとは驚きである。

真の敦煌文書は、30,000点ほど。これらの真から、偽筆製造者は、模写して、偽を造り出す。

紙などの料紙の違い、写経の形態上の疑問などが、総合的な判断で、真偽を判断する。

同様にガンダーラ仏も、1900以降、かなり偽物が大量に制作されている。

世界各地の博物館、美術館などの需要があり、偽物でも売れるので、盛んに制作された。

真が公開されると、それに似せて、偽造するのである。しかし、これらは、材質が新しく、形態などに疑義があり、偽として認定できる。

浮世絵の肉筆も、多少、似ている面がある。違いは、浮世絵の肉筆は極めて少ない(浮世絵全体の1%)ということである。

大半、99%は版画であり、肉筆は僅か1%ほど。大事なことは、この一点である。

浮世絵肉筆の偽筆は、偽筆製造者が多くの版画を参考に、年代も無視して、似せて写したからである。

著名な浮世絵師の作品の真筆は、殆どないと云っても過言ではない。

有名な絵師の肉筆、例えば、歌麿、北齋などは、殆どが偽筆であると考えて良い。

————————————————————————————————————-
昨夕(2014.04.16)、ある方から岡田美術館の浮世絵肉筆、三連作?の図録を見せて頂いた。ケバケバした派手な図版で、とても江戸市井の意気を代表する歌麿の作品ではない。寛政期(1790s)の浮世絵師の作品は、洗練された気品、重厚な格調がある。品格のある美しさで完結している。図録の作品全部は、偽筆である。まともな作品ではない。小林・浅野両氏は、一体、どうしてしまったのか。これまで永い間、教育、編集などで手堅い実績をあげてきた、ご両人、全く正気の沙汰とは思えない。日本の美術界、浮世絵界、そしてTV、新聞など報道機関は、この程度かと見下されることは間違いない。今後、作品が紹介されるに従い、海外から多くの批判、叱責を受けるものと懸念する。

————————————————————————————————————-
朝、NHK Eテレビにて、「大発見!歌麿・幻の巨大浮世絵 なぞ多き流転の物語」「蘇った江戸時代の姿」が放映されていた。画面を見て、驚いた。テレビ画面と実際の色彩は、かなり違うが、それを考慮しても、この作品は明らかに新し過ぎて(明治出来)鮮やか過ぎる。青色の雲の色も、これまで見たことがない。多少なりとも浮世絵を知っている方ならば、すぐ偽筆と分かるはずである。この作品は、明治期に制作された「偽筆」、しかも「正真正銘」の偽筆であると確信した。

他の研究者からも、笹紅(下唇に笹色の紅)が施され、文政・天保(1820s−1830s)の風俗が写されていると。また、連作といわれる作品に「葵の紋」が描かれていて、江戸期では有り得ないと。明らかな偽筆であると。誤認にせよ、このような作品を歌麿の作品であると断定した小林忠・浅野秀剛両氏は、重大な責任を負わなければならない。観光施設は別として、美術館と称する施設で、入館料を徴収して、偽筆(複製は別)を展覧することは出来ない。各報道機関も、「正真正銘の偽筆」を真筆として報道すれば、その責任の共同正犯と認定される。云うまでもなく、科学的報道は何者も恐れず、真実を伝えることである。

————————————————————————————————————-

永年、浮世絵蒐集をなさっている横山實先生(國學院大学)から、御連絡をいただいた。

興味のある方は、横山先生の下記サイトにリンクしてください。やはり偽筆(誤認)であると。

このままでは、(歌麿と)誤認では済まなくなり、報道機関を含めて、社会的に厳しい制裁を受けることも考えられる。
————————————————————————————————————-その後の調査報告を追加する。

1 歌麿総目録を確認したが、「深川…」云々というものは無かった。

小学館が総力をあげて、当時、世界中の博物館、美術館、図書館の歌麿作品を新規撮影し、整理して(小学館)に詳細な歌麿総目録を作成した。その後浮世絵聚花は全18冊を刊行した。後で、索引を追加した。殆どの巻末に主要浮世絵師の総目録を作成した。

深川は、時代の下がる(1820s−1830s)岡場所で、歌麿の頃(1780s-1790s)、まだ隠れた私娼窟程度であった。

2 笹紅(ささべに)が施されていた。

これは決定的な寄せ集め作品(偽筆)であることを証明している。笹紅は英泉(えいせん)、つまり文政ー天保(1820s-1830s)に流行った下唇の粧飾法で、光る口紅。歌麿の頃(1780s1790s)には、無かった。

3 空色の雲

鮮やか過ぎるほどの空色の雲。この色彩も全く有り得ない。映画館の宣伝用の看板のように思える。歌麿の作品では有り得ない。

4 実際に日本画を描く人の何人かが、直感的に何か違和感を覚えたという。

つまり、歌麿の洗練された描写、描線ではないと。

(歌麿を含めて、各種絵師、各種技法の寄せ集め)と考えれば、明治期に随分モダーンなことをしたものである。

落款がない、つまり無款(むかん)であるが、「歌麿が描いた」と誤認(誤鑑定)したと考えると

今後の研究材料として展示するというのならば、理解できないことはない。

しかし歌麿の作品ではない。なぜなら、落款が無い。

————————————————————————————————————-

新聞、TVなどで報道された作品は、小林忠、浅野秀剛の両氏から、ご説明の回答を戴いたが、疑念を払拭するものではなく、やはり偽筆(落款が無いので、「歌麿作品である」と誤鑑定とすべきか)と判断するのが鑑定家としての立場である。以下、私見を述べる。
(歌麿? 深川の雪? 真筆? 偽筆?)浅野氏へ(小林忠氏からも、同様のご回答)浅野氏も、記述しているように、「いずれも歌麿の落款はない。」伝承?以外に「歌麿画とする記録も今はない。」しかし、「どのような伝承」なのか、「かつて記録があったが、今はない」の意か不明である。「三幅対とするには疑問点」もあり、「三幅と記す」云々。
外題  法量 制作年代(浅野氏推定)
月 (品川の月)
花 (吉原の花)(寛政頃)

雪 (深川の雪)(享和〜文化)

制作年代が異なり、大きさが同一でない。制作の経緯も未詳。何処(江戸か栃木か)で描いたか不明。分からないことが多く、この状況で真筆と断定するのは、あまりに無謀である。乱暴に真筆へと導こうとすれば、疑念ばかりが噴出する。本来、浮世絵を科学的に研究する「浮世絵学」では、 1 落款、2 年代、 3 判型形態、4 外題、 5 版元、 6 内題、7 出典 など基本的要件を虚心坦懐に精査、吟味して結論を導くことが求められている。しかし、これら肉筆には、落款(らっかん)がない。これは基本的要件が欠如している。制作年代 偽筆作者は、歌麿また他の絵師の版画を部分的に、模写、転写し、画面を組み上げて構成する。浅野氏の推定で、「制作年代は年前後の長期間に渉っている。」
判型形態 肉筆なので判型はない。「連作なのに、大きさが全く違う」ことは極めて不自然である。
外題 これも基本的要件であるが、これほど大きな肉筆作品で「全く外題また内題が記されていないことも全く不可解である。」名数から、三連作と考えても、制作年代から考えて土台、無理である。版元 肉筆であるから、これは対象外 内題 名数(めいすう)が、月雪花と考えると、内題は各々、「月、雪、花」また「雪、月、花」か。(浅野)三幅とも一見して歌麿の様式を具えており、多少の疑問は残るものの歌麿画である云々。疑問点として、なぜ無款であるのか。時代が離れすぎているのはなぜか。構想・構図が散漫に過ぎないか、などが考えられる。(雁高)落款、外題など、浮世絵学の基本要件を欠くにも拘わらず、様式(似ている)から歌麿と断定したことは、美術史家としての慎重さを欠く。「偽筆制作者は、せせら笑っている」に違いない。偽筆ならば、どれほど大論文を書いても、全く意味がない。プロの鑑定家ならば躊躇せざるを得ない作品を新聞、などに真筆として発表して、博物館、美術館で展示することは、社会的にも問題がある。偽作者の作品様式が、(この場合、歌麿に)似ているのは云うまでもない。科学的に、各要件を慎重に、謙虚に観察すれば、多くの疑点に気付き、高い確度で、これらを偽筆と断定できるはずである。それは、楢崎宗重博士らが、かつて三日間だけ展示し(すぐ外した?)という経緯も、充分考慮されるべきである。

(追加)日本画を描いている日本画家から話を伺うことが出来た。これは絵描きの立場からの重要かつ説得力ある発言である。その画家は、この絵をTVで見た時、何か「歌麿の完成された、洗練さが無い」と思ったと。これは同業の画家としての直感であり、この直感を支持したい。なぜなら、私の鑑定結果と全く同じ偽筆を導き出している。

酒井 雁高(がんこう)
学芸員 、鑑定家 浮世絵・酒井好古堂
酒井好古堂(こうこどう)は浮世絵専門の鑑定、復刻業

酒井雁高(がんこう)学芸員 curator, professional adviser of ukiyo-e

浮世絵・酒井好古堂 [http://www.ukiyo-e.co.jp]

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

1982-04-25現在(2020-01-06更新) ✓検索 浮世絵学 ◯◯  http://www.ukiyo-e.co.jp/1014

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂   http://www.ukiyo-e.co.jp
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家

◯酒井好古堂 1870日本最古の浮世絵専門店

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

[浮世絵学**]     御案内 酒井好古堂   http://www.uiyo-e.co.jp/16738 ←ここをクリック

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂    http://www.ukiyo-e.co.jp

[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

*Uki-yo does not mean “floating” “world”.  It means “feeling of excitement” “people and society”.

So “ukiyo-e” means exactly “the pictures for feeling of excitement”, not “floating world”.

Ukiyo-e never floats but sinks under the water.

「浮世(うきよ)」は、浮いている世の意味ではなく、むしろ「浮き浮きした」という意味です。

従って歌舞音曲、吉原遊廓、江戸文学、狂歌、川柳などが生まれています。

http://ukiyo-e.co.jp/1783

________________________________

[浮世絵学・複製*] *木版、カラーシートなど、代表的な作品を御覧になれます。

*[浮世絵学・複製*]で検索すれば、御覧になれます [浮世絵学・複製]

複製* http://www.ukiyo-e.co.jp/32882

複製* http://www.ukiyo-e.co.jp/32882

原画:日本浮世絵博物館

*原画所蔵先が明記されていない復刻は、避けた方が無難です。

*原画の彫り、摺りを尤も忠実に復刻しています。

 

________________________________

[浮世絵学][総目録]*[春朗][北齋宗理][北齋戴斗][北齋][爲一][卍] 各絵師で検索できます

但し、肉筆は要注意。その掲載、出品の年月が、新しいものは偽筆である可能性が高い。何故なら、これらの作品が、全く記録(掲載図版)されていないことは有り得ない。その年月以前に記録されていないということは、その年月以降に偽筆された可能性がある。むろん図録に掲載されているからと云って、真筆とは限らない。その作品選定に浮世絵専門の鑑定家が関与しているか否かで判断できる。

_________________________________

◇浮世絵専門の博物館 *一枚絵の浮世絵が殆どで、版本、肉筆などを展示している施設は限られている。

Ukiyo-e Specialty Museums

浮世絵学00/2019浮世絵専門博物館 ukiyo-e speciality museums 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/215

_________________________________◯浮世絵学04/外題(書名)版本(絵本を含む)の全図、カラーで紹介  *図書館など、モノクロの表示なので、面白さが半減する。

↓ ここをクリック

=浮世絵学04/外題(絵本*)デジタル *影印で全頁掲載 color woodblock prints albums, picture books: digital images 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)   http://www.ukiyo-e.co.jp/28725 

_________________________________

◯版本一覧 Picture Books 

2018-05-19

=浮世絵学04/外題(版本*)デジタル *影印で全頁掲載 type printed books, digital images 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/22447

浮世絵学04/外題(書名)       http://www.ukiyo-e.co.jp/22447

1697(元禄10)清信/好色大福帳 外題(好色大福帳) http://www.ukiyo-e.co.jp/34899

1719祐信/艶女玉すだれ(非公開)    http://www.ukiyo-e.co.jp/22565

1797蕙齋(ケイサイ)/鳥獣畧画式    http://www.ukiyo-e.co.jp/22488

◎外題/北齋漫画 北齋また戴斗落款

北齋漫画(各種)、下記でご覧になれます。 デジタル 影印、全頁を掲載

http://www.ukiyo-e.co.jp/34105    北齋漫画 各種

1814-1878北齋漫画1-15編           http://www.ukiyo-e.co.jp/20858

1814北齋/北齋漫画 20859

1814北齋(ほくさゐ)/北齋漫画(一編)  http://www.ukiyo-e.co.jp/20319
1814戴斗(たいと)/北齋漫画2(二編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20452
1814戴斗(たいと)/北齋漫画3(三編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20497
1816戴斗(たいと)/北齋漫画4(四編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20584
1816戴斗(たいと)/北齋漫画5(五編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20656
1817戴斗(たいと)/北齋漫画6(六編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20768
1817戴斗(たいと)/北齋漫画7(七編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20808
1817戴斗(たいと)/北齋漫画8(八編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/27067
1817戴斗(たいと)/北齋漫画9(九編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/27109

1817戴斗(たいと)/北齋漫画10(十編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20866

——————————————————————————————

1820-1833爲一(ゐいつ)/北齋漫画11(十一編)          http://www.ukiyo-e.co.jp/20598
1834爲一(ゐいつ)/北齋漫画12(十二編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20994
1849爲一(ゐいつ)/北齋漫画13(十三編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/21037
1850-1877爲一(ゐいつ)/北齋漫画14(十四編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/21075
1878爲一(ゐいつ)/北齋漫画15(十五編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/21112

_________________________________________________

北齋漫画、下記でご覧になれます。

http://www.ukiyo-e.co.jp/31956       無版元   北齋漫画N01…N10と表記する

http://www.ukiyo-e.co.jp/21976       吉川弘文館 東壁堂 北齋漫画Y01…Y15 と表記

———————————————————————————————————————————–

1816墨僊(ぼくせん)/墨僊叢畫    http://www.ukiyo-e.co.jp/21358
1818戴斗(たいと)/傳神畫鏡     http://www.ukiyo-e.co.jp/21321

1823爲一(ゐいつ)/一筆畫譜     http://www.ukiyo-e.co.jp/22052

———————————————————————————————————————————–

1835爲一(ゐいつ)/富嶽百景1
1836爲一(ゐいつ)/富嶽百景2
1849爲一(ゐいつ)/富嶽百景3            http://www.ukiyo-e.co.jp/19978

________________________________________________________________

◯一般財団法人 日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会*

理事長 酒井 浩志(こうじ)

390-0852長野県松本市島立小柴2206-1

0263-47-4440  FAX0263-48-0208

原則として月曜日は、休館日。

*日本浮世絵学会は、博物館を母胎とした学術機関。その成果は、発行図録などで紹介されている。

◯浮世絵学に精通するために、原画の確認、図録類、また多くの先人の書籍を参照、引用する必要がある。
特に日本文学(江戸文学)、日本美術(江戸絵画)、日本文化(風俗、習慣、信仰、言語)、日本風俗、日本歴史、歌舞音曲、吉原遊廓などの基礎的知識が不可欠である。藝術(建築、彫刻、絵画、工芸)全般についても知悉して置く。

また海外の図録などにも眼を通すため、英語の知識も不可欠である。

ここに掲載した書籍は、分野別に最重要と思われるものを選んだ。

いずれの書籍、図録類も(全部でないが、ほぼ)財団法人日本浮世絵博物館に保管され、活用されている。

他にも、多くの書籍があると思う。お気づきの点は、御教示いただければ、ありがたい。

酒井雁高(酒井好古堂主人)SAKAI_gankow,

curator,  professional adviser of ukiyo-e, sakai koukodou gallery   [http://www.ukiyo-e.co.jp]

*You might also see [japan-ukiyoe-musem.com]

2014-12-24 酒井雁高

 [http://www.ukiyo-e.co.jp]

________________________________________________________________

◯浮世絵学(支那學・文化藝術懇話会)支那學・研究一覧(邪馬台国、帰結)三國志(魏志)と隋書 古田武彦 九州王朝* 帰結、ずばり九州(阿蘇山と書かれている)(古田武彦/九州王朝*)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/37595

◯1997酒井雁高/浮世絵学 Bibliography

約30,000点の論文および単行本が著者別編年一覧として表示されている。

————————————————————————————————————————————————–

◯キヨッソーネ 浮世絵図録について

浮世絵学04/2001-2002キヨッソーネ東洋美術館所蔵 浮世絵展 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

*残念なことに、肉筆作品の殆どは偽筆である。

まず、版画を研究し、さらに肉筆に取りかかる必要がある。

一枚絵の版画、版本の研究を済ませないで、肉筆を扱っても危険である。

肉筆浮世絵の鑑定家は、父・酒井藤吉などが物故しており、現在では殆どいない状況である。

________________________________________________________________

◯浮世絵学04/外題(源氏物語) 源氏物語序説

源氏物語について、学生時代から不審に思っていたことを50年ほど掛けて、やっと解明した。

御意見を御願いします。

浮世絵学04/外題(名数)_源氏物語序説 五十三帖説/尾州家河内本を底本とする 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/16158

河内本源氏物語

源光行(1163-1244)・親行/河内本(北條実時、書写、金沢文庫。現在、名古屋蓬左文庫)

二十一の善本、これらの写本で

藤原定家(1162-1241)より、一つ年下。公家から武家に権力構造が変化した。

__________________________________________  ______________________

SEIDENSTICKER:  The Tale of Genji

Waley 今日号(1889-1966)が10年ほど(1921-1935)掛けて英訳。

和歌はワカらなかったので、飛ばす。

まだ鈴虫も、そのような文化・ 慣習がなかったので、この帖を訳していない。

池辺義象、和歌の専門家、現代語訳で主格を明確にした。

everyman’s library で刊行され、世界的な評価を得た。

________________________________________________________________

1654山本春正(1610-1682)/絵入・源氏物語 60巻

_________________________________________________________________________________________________________

KATO Shuichi: A HISTORY OF JAPANESE LITERATURE  3 vols., MacMilan

______________________________________________________________________________________________________

1934EDMUNDS, W.: POINTERS AND CLUES TO THE SUBJECTS OF CHINESE AND JAPANESE ART

1934Edmunds, W:  Pointers and Clues to the Subjects of Chinese and Japanese Art

________________________________________________________________________________________________________

浮世絵学

浮世絵学**                         http://www.ukiyo-e.co.jp/16738  御案内
浮世絵学*1      http://www.ukiyo-e.co.jp/1809      *酒井好古堂
浮世絵学*2      http://www.ukiyo-e.co.jp/233  *酒井好古堂(English)
浮世絵学*3      http://www.ukiyo-e.co.jp/1783    *酒井好古堂(小島烏水)
浮世絵学*4      http://www.ukiyo-e.co.jp/226  *浮世絵学DB
浮世絵学*5      http://www.ukiyo-e.co.jp/3879      *日本浮世絵博物館
浮世絵学*6      http://www.ukiyo-e.co.jp/7780   *日本浮世絵博物館 浮世絵展覧会(国際)
浮世絵学*7      http://www.ukiyo-e.co.jp/***   *新聞報道
浮世絵学*8      http://www.ukiyo-e.co.jp/1041   *DB入力方法
浮世絵学*9      http://www.ukiyo-e.co.jp/1014   * 書誌

浮世絵類考(伝記)             http://www.ukiyo-e.co.jp/1016
浮世絵師、狂歌師(伝記) http://www.ukiyo-e.co.jp/866
落款(雅号)                http://www.ukiyo-e.co.jp/498

冨嶽三十六景                http://www.ukiyo-e.co.jp/7173

東海道五十三次               http://www.ukiyo-e.co.jp/17992

木曾街道                   http://www.ukiyo-e.co.jp/2496

浮世絵聚花
1985浮世絵聚花02  http://www.ukiyo-e.co.jp/1464  清長/総目録   846種 1,239点
1978浮世絵聚花03  http://www.ukiyo-e.co.jp/2184  歌麿/総目録   867種、2,442項目
1979浮世絵聚花04  http://www.ukiyo-e.co.jp/1456  春信/総目録   843種、全1239点
1980浮世絵聚花08    http://www.ukiyo-e.co.jp/8845  栄之/総目録
1981浮世絵聚花14   http://www.ukiyo-e.co.jp/1563  廣重/総目録   3,855項目
1981浮世絵聚花16   http://www.ukiyo-e.co.jp/2142  北齋/総目録   563項目

絵師 総目録
絵師別 総目録         http://www. ukiyo-e.co.jp/3495
分類 長崎 横浜 摺物(角版) http://www. ukiyo-e.co.jp/3495

———————————————————————————————————-

版本
版本 全図紹介         http://www.ukiyo-e.co.jp/22447

1719祐信/艶女玉すだれ(非公開) http://www.ukiyo-e.co.jp/22565

1759抱一/鶯邨(おうそん)画譜  http://www.ukiyo-e.co.jp/22643 

1794蕙齋(ケイサイ)/諸職画鏡                 http://www.ukiyo-e.co.jp/27664

1797蕙齋(ケイサイ)/鳥獣畧画式   http://www.ukiyo-e.co.jp/22488

1799蕙齋(ケイサイ)/人物略画式   http://www.ukiyo-e.co.jp/28069

1813蕙齋(ケイサイ)/草花略画式   http://www.ukiyo-e.co.jp/27955

———————————————————————————————————————————–

1814-1878北齋漫画1-15編                 http://www.ukiyo-e.co.jp/20858

1814北齋/北齋漫画 20859

1814北齋(ほくさゐ)/北齋漫画(一編)  http://www.ukiyo-e.co.jp/20319 

1814戴斗(たいと)/北齋漫画2(二編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20452

1814戴斗(たいと)/北齋漫画3(三編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20497

1816戴斗(たいと)/北齋漫画4(四編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20584

1816戴斗(たいと)/北齋漫画5(五編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20656

1817戴斗(たいと)/北齋漫画6(六編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20768

1817戴斗(たいと)/北齋漫画7(七編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20808

1817戴斗(たいと)/北齋漫画8(八編) http://www.ukiyo-e.co.jp/27067

1817戴斗(たいと)/北齋漫画9(九編) http://www.ukiyo-e.co.jp/27109

1817戴斗(たいと)/北齋漫画10(十編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/20866

1820-1833爲一(ゐいつ)/北齋漫画11(十一編)       http://www.ukiyo-e.co.jp/20598

1834爲一(ゐいつ)/北齋漫画12(十二編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/20994

1849爲一(ゐいつ)/北齋漫画13(十三編)       http://www.ukiyo-e.co.jp/21037

1850-1877爲一(ゐいつ)/北齋漫画14(十四編)   http://www.ukiyo-e.co.jp/21075

1878爲一(ゐいつ)/北齋漫画15(十五編)        http://www.ukiyo-e.co.jp/21112

———————————————————————————————————————————–

1816墨僊(ぼくせん)/墨僊叢畫                      http://www.ukiyo-e.co.jp/21358

1818戴斗(たいと)/傳神畫鏡                       http://www.ukiyo-e.co.jp/21321

1823爲一(ゐいつ)/一筆畫譜                     http://www.ukiyo-e.co.jp/22052

———————————————————————————————————————————–

1835爲一(ゐいつ)/富嶽百景1

1836爲一(ゐいつ)/富嶽百景2

1849爲一(ゐいつ)/富嶽百景3                          http://www.ukiyo-e.co.jp/19978

———————————————————————————————————————————–

北齋漫画

1814-1817北齋/北齋漫画            http://www.ukiyo-e.co.jp/20859

1814北齋(ほくさゐ)/北齋漫画(一編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/ 20319
1814戴斗(たいと)/北齋漫画2(二編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20452
1814戴斗(たいと)/北齋漫画3(三編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20497
1816戴斗(たいと)/北齋漫画4(四編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20584
1816戴斗(たいと)/北齋漫画5(五編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20656
1817戴斗(たいと)/北齋漫画6(六編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20768
1817戴斗(たいと)/北齋漫画7(七編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20808
1817戴斗(たいと)/北齋漫画8(八編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/27067

1819戴斗(たいと)/北齋漫画9(九編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/27109

1817戴斗(たいと)/北齋漫画10(十編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20866
1820-1833爲一(ゐいつ)/北齋漫画11(十一編)   http://www.ukiyo-e.co.jp/20598
1834爲一(ゐいつ)/北齋漫画12(十二編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/20994
1849爲一(ゐいつ)/北齋漫画13(十三編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/21037
1850-1877爲一(ゐいつ)/北齋漫画14(十四編)   http://www.ukiyo-e.co.jp/21075
1878爲一(ゐいつ)/北齋漫画15(十五編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/21112

北齋画号一覧
北齋画号(1)春朗(しゅんろう) http://www.ukiyo-e.co.jp/12185
北齋画号(2)宗理(そうり)   http://www.ukiyo-e.co.jp/12190
北齋画号(3)辰政(ときまさ)  http://www.ukiyo-e.co.jp/12193
北齋画号(4)北齋(画号)    http://www.ukiyo-e.co.jp/12195  3,377項目 重複もある
北齋画号(5)戴斗(たいと)   http://www.ukiyo-e.co.jp/12197  502項目 重複もある
北齋画号(6)爲一(ゐいつ)   http://www.ukiyo-e.co.jp/12200  3,105項目 重複もある
北齋画号(7)卍 (まんじ)   http://www.ukiyo-e.co.jp/12202


2018-01-02現在
◯酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂  [http://www.ukiyo-e.co.jp/16738]

酒井好古堂主人 SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser

ご来店を心より、お待ちしております。

Ukiyo-e, has been often mistranslated into pictures of floating world.   But “uki-uki” means never “floating” but feeling of excitement.   So “ukiyo-e” means ‘pictures for feeling of excitement’, everyday life in old Japan.

_____________________________________________________________________

◯浮世絵書誌の概要目録
1982-04-25現在(2018-10-18更新)
酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

1) 書名(浮世絵師書誌)

2) 書名(浮世絵図録)

3) 書名(版元)

4) 書名(絵本)

5) 摺物(角版ほか)

6) 書名(笑本書目)

7) European Eros (including Greece and Rome)

8) 書名(日本美術)

9) 書名(日本歴史)

10) 書名(日欧交流_ポルトガル、イスパニア)

11) 書名(日本暦日)

12) 書名(日本文学、思想史) *江戸文学

13) 書名(日本芸能、淨瑠璃、歌舞伎、劇書) *歌舞音曲

14) 書名(日本文化、風俗、習慣、言語、宗教) *日本文化

15) 書名(日本文化、吉原)(風俗、習慣、言語、宗教) *吉原遊郭

16) 書名(日本文化、文様)

17) 書名(仮名文字)

18) 書名(中国文化)

19) 地名(江戸中心)

20) 吉原(沿革ー異本と称す)(詩集)

21) 人名(浮世絵師を含む)

22) 人名(狂歌師)

23)(彫師摺師)

———————————————————————————————————

1) 書名(浮世絵師書誌)

*書誌の出典を入力して置けば、後で確認が出来る。

西暦/著者/書名。出版社

この順序で入力すれば、編年順で把握できる。

1810s-1820s観嵩月(1760s−1830)(70s)/画師冠字類考 全8(写本)

1810s-1820s菅原洞齋(1762-1821)(60)/画師姓名冠字類鈔 全13(写本)

1877尾崎冨五郎/諸國紙名録 小間紙名式表具之用具。

1906朝倉無聲/日本小説年表。金尾文淵堂

1926朝倉無聲/新修日本小説年表。春陽堂

1929山崎麓/日本小説年表・付総目録/近代日本文学大系25。国民図書

1931井上和雄/浮世繪師傳。渡邊版画店

1934漆山天童/新撰浮世繪年表、奎光書院

1936享保以後 大阪出版書籍目録、大阪図書出版業組合[1964]

1953吉田暎二/浮世繪の美、創元社

1962朝倉治彦・樋口秀雄/享保以後 江戸出版書目、未刊国文資料刊行会[1993]

1963国書総目録 全8。岩波書店

1977山崎麓/改定日本小説書目年表。ゆまに書房

1981原色浮世絵大百科事典(10)風俗絵師と現代版画家。大修館

1982原色浮世絵大百科事典(2)浮世絵師。大修館

1983日本古典文学大辭典 全6。岩波書店

1987山根有三/日本絵画史図典、福武書店

1990古典籍総合目録 全3(国書総目録続編)。岩波書店

1993国書人名辞典 全5。岩波書店

1997酒井雁高/浮世絵学 著者別書目。日本浮世絵博物館/浮世絵学会

———————————————————————————————————

2) 書名(浮世絵図録)

1901FENOLLOSA, E. N.: Catalogue of the Exhibition of Paintings of Hokusai …

1902Hayashi/Collection Hayashi Estampes Dessins Livres illustres.

1910Kurth,Julius: Sharaku

1914Aubert, Louis/Les Maitres de l’Estampes Japonaise.

1909Vignier/Inada 1  Estampes Japonaises Primitives.

1910Vignier/Inada 2  Harunobu Koriusai Shunsho

1911Vignier/Inada 3  Kiyonaga Buncho Sharaku

1912Vignier/Inada 4  Utamaro.

1913Vignier/Inada 5Yeishi Choki Hokusai

1914Vignier/Inada 6 Toyokuni Hiroshige.

1918河浦謙一/浮世絵版画全集。

1919山村豊成・町田博三/芝居錦絵集成。

1922Binyon L & Sexton JJO’brien/Japanese Colour Prints.

1924黒田源次/西洋の影響を受けたる日本画。

1924松木善右衛門/浮世絵版画精粋。

1925松方浮世絵版画集/三浦秀之助/山中商会。

1927落合直成/浮世絵歌舞伎画集

1928藤懸静也/文化文政・美人風俗浮世絵集。

1929柳宗悦/初期大津絵。

1929黒田源次/上方絵一覧 佐藤章太郎商店

1929五月庵写真研究所/古大津絵。

1930田口鏡次郎/歌舞伎画大成 寛政期。

1930田口鏡次郎/歌舞伎画大成 元禄期。

1930井上和雄(彰美会)/國芳版画集。

1931浮世絵大成 1 東方書院

1931浮世絵大成 2 東方書院

1931浮世絵大成 3 東方書院

1931浮世絵大成 4 東方書院

1931浮世絵大成 5 東方書院

1931浮世絵大成 6 東方書院

1931浮世絵大成 7 東方書院

1931浮世絵大成 8 東方書院

1931浮世絵大成 9 東方書院

1931浮世絵大成 10 東方書院

1931浮世絵大成 11 東方書院

1931浮世絵大成 12 東方書院

1932浮世絵大家集成 1 師宣・勝以

1932浮世絵大家集成 2 清信・清倍・政信

1931浮世絵大家集成 3 懐月堂・長春

1932浮世絵大家集成 4 祐信・豊信

1931浮世絵大家集成 5 春信

1931浮世絵大家集成 6 湖龍齋・清満

1931浮世絵大家集成 7 文調

1932浮世絵大家集成 8 春章

1931浮世絵大家集成 9 清長・春潮

1932浮世絵大家集成 10 歌川・北尾

1931浮世絵大家集成 11 栄之・俊満

1931浮世絵大家集成 12 歌麿

1932浮世絵大家集成 13 春好・春英

1931浮世絵大家集成 14 写楽・豊國

1932浮世絵大家集成 15 北齋

1931浮世絵大家集成 16 英山・英泉

1931浮世絵大家集成 17 國貞・國芳

1931浮世絵大家集成 18 廣重・清親

1932浮世絵大家集成 19 上方絵・大津絵・長崎絵

1932浮世絵大家集成 20 浮世絵外廓篇

1931坪内雄藏/歌舞伎画証史話

1931守随憲治/歌舞伎図説

1932旭 正秀/大津絵

1939松木喜八郎/廣重江戸風景版画集。

1939Henderson/Ledoux: The surviving works of Sharaku.

1940日本板画協会/日本初期洋風板画集

1941吉田暎二/歌麿全集

1942吉田暎二/春信全集

1942内田六郎/硝子絵。

1944楢崎宗重/北齋論。アトリエ社

1945平野千恵子/鳥居清長画集。

1955樋口 弘/幕末明治の浮世絵集成

1955日本民芸協会/大津絵/柳宗悦選集㉂

1955GUNSAULUS/AIC JAPANESE PRINTS

1960田中豊太郎/大津絵図録/三彩社

1960東京国立博物館図版目録・浮世絵版画篇 上

1962東京国立博物館図版目録・浮世絵版画篇 中

1963東京国立博物館図版目録・浮世絵版画篇 下

1962丹波恒夫/横浜浮世絵

1964渋井 清/ウキヨエ図典13/歌麿

1964Waterhouse, D.B/Harunobu and his age.

1964Gentles, Margaret/Masters of the Japanese Prints.

1965GENTLES/AIC II JAPANESE PRINTS.

1967神奈川県立博物館/近世洋風画名作展 ?

1968特別展 廣重と北齋/六十余州名所図会と百人一首姥が絵とき、岡山美術館

1969日本経済新聞社/浮世絵

1971安田剛藏/画狂人北齋、有光書房

1971明治鉄道錦絵/天坊裕彦/鈴木重三

1971神奈川県立博物館/近世写生画の系譜

1971Schmidt,S/Katalog .. Museum fur Ostasiatische kunst Berlin

1971Schamoni.W /Yoshitoshi Koln

1971奇想の画家・歌川國芳(サントリー)

1972鈴木仁一ほか/鉄火の浮世絵師 國芳展

1972吉田暎二/ブックオブブックス日本の美術23/歌麿

1972欧米収蔵浮世絵集成/在外秘宝 鈴木春信

1972欧米収蔵浮世絵集成/在外秘宝 東洲齋写楽

1972欧米収蔵浮世絵集成/在外秘宝 鳥居清長

1972欧米収蔵浮世絵集成/在外秘宝 葛飾北齋

1973欧米収蔵浮世絵集成/在外秘宝 喜多川歌麿

1973欧米収蔵浮世絵集成/在外秘宝 歌川廣重

1973Jenkins. D/The Ledoux Heritage

1973Keyes, R/The Theatrical World of Osaka Prints/Phil. Mus of Art

1974浮世絵大系 1 師宣

1973浮世絵大系 2 春信

1974浮世絵大系 3 春章

1975浮世絵大系 4 清長

1973浮世絵大系 5 歌麿

1973浮世絵大系 6 歌麿・栄之

1973浮世絵大系 7 写楽

1974浮世絵大系 8 北齋

1975浮世絵大系 9 豊國。

1974浮世絵大系 10 國芳、國貞、英泉

1974浮世絵大系 11   廣重

1974浮世絵大系 12 清親

1975浮世絵大系 13 富嶽三十六景

1975浮世絵大系 14 東海道五拾三次

1975浮世絵大系 15   木曽街道六十九次

1975浮世絵大系 16 名所江戸百景(1)

1976浮世絵大系 17 名所江戸百景(2)

1974Forrer, M/Hokusai …Serial graphics.

1974Ives, C.F/The great wave/Met. Mus. of Art.

1975太陽浮世絵シリーズ/歌麿

1975太陽浮世絵シリーズ/北齋

1975太陽浮世絵シリーズ/廣重

1975太陽浮世絵シリーズ/写楽

1975鈴木仁一/大津絵の美

1975鈴木・松平/上方浮世絵200年展/日本経済新聞社

1975木曽街道六十九次 解説/鈴木重三ほか

1975リッカー美術館/浮絵

1975Weisberg, Gabriel: Japnisme. Japanese Influence on French art 1854-1910. exh.cat.  The Cleveland Museum of Art.

1975Waterhouse,D/Images of Eighteenth Century Japan.

1976鈴木仁一/鑑賞大津絵/岩崎美術社

1976HILLIER/Japanese Prints & Drawings…Vever Collection  #1

1976HILLIER/Japanese Prints & Drawings…Vever Collection  #2

1976HILLIER/Japanese Prints & Drawings…Vever Collection  #3

1976Ursula Perucchi Petri/Die Nabis und Japan. Prestel

1977瀬木慎一/月岡芳年の全貌展/西武美術館

1977樋口 弘/初期浮世絵

1977Whitford, Frank/Japanes Prints and Western Painters.

1977Impey, Oliver/Chinoiserie. Oxford

1978瀬木慎一/月岡芳年画集。講談社

1978スプリングフィールド/歌川國芳展(リッカー美術館)

1979Lucille R. Webber/Japanese Woodblock Prints.

1979SAKAI, gankow: Ukiyo-e-gaku (ukiyo-e study).

1979歌川國芳 水滸伝展/リッカー美術館

1979端山 孝/浮世絵に見る幕末・明治文明開花

1979[2001年委員会]/浮世絵と印象派の画家たち展

1979通俗・水滸伝豪傑百八人之一人(リッカー)

1983浮世絵聚花 1/ボストン美術館1

1985浮世絵聚花 2/ボストン美術館2(清長目録)

1978浮世絵聚花 3/ボストン美術館3(歌麿目録)

1979浮世絵聚花 4/シカゴ美術館1 (春信目録)

1980浮世絵聚花 5/シカゴ美術館2

1978浮世絵聚花 6/シカゴ美術館3

1979浮世絵聚花 7/メトロポリタン美術館・ニューヨーク公立図書館

1980浮世絵聚花 8/フォッグ美術館・ネルソン美術館ほか     (榮之目録)

1981浮世絵聚花 9/ミネアポリス美術館・ポートランド美術館ほか (國政目録)

1979浮世絵聚花 10/ホノルル美術館

1979浮世絵聚花 11/大英博物館                (写楽目録)

1980浮世絵聚花 12/ギメ東洋美術館・パリ国立図書館

1981浮世絵聚花 13/ベルギー博物館、アムステルダム美術館

1981浮世絵聚花 14/ベルリン東洋美術館・リートベルグ美術館ほか(文調、廣重目録)

1980浮世絵聚花 15/東京国立博物館

1981浮世絵聚花 16/フリーア美術館              (北齋目録)

1982浮世絵聚花 17/ボストン美術館 補1(春信1)

1982浮世絵聚花 18/ボストン美術館 補2(春信2)       (参考書)

1985浮世絵聚花 作家別・索引

1980Berger, Klaus: Japonismus in der westlischen Malerei 1860-1920. Prestel-Verlag Munchen

1980Wichmann, Siegfried: Japonismus Ostasien-Europa Begennungen in der Kunst des 19. und 20. Jahrenunderts, Schuler Verlagsesellschaft Herrsching

1980Le fou de peinture Hokusai et son temps.

1980長瀬武郎コレクション葛飾北齋図録/太田記念美術館

1980Berger, K/Japonismus. Prestel

1983新庄コレクション浮世絵図録/島根県立美術館

1983松平 進/北洲と豊國 上方江戸役者絵名匠展 池田文庫

1983Verges, R/Early Ukiyoe Master, Okumura Masanobu

1984葛飾北齋展/永田生慈監修・毎日新聞社

1985日本浮世絵博物館所蔵・肉筆浮世絵撰集。学研

1985永田生慈ほか/葛飾北齋展、太田記念美術館

1985大英博物館所蔵・浮世絵名作展/上野の森美術館

1985太田記念美術館所蔵/浮世絵名品展。大和文華館

1985神戸市立博物館/眼鏡絵と東海道五十三次展

1985開館五周年記念特別展/葛飾北齋展。太田記念美術館

1985Schindle・シンドラーコレクション浮世絵名作展

1985東京国立近代美術館/洋風表現の導入 写実の系譜㈰

1985Wichimann, S/Japonisme. Park Lane

1985Segi,S/Yoshitoshi…Kodansha Int’ Ltd

1985稲垣/歌川國芳展(富士美術館)

1986酒井雁高/浮世絵川中島大合戦(小林計一郎・共著)。白文社

1986回想の江戸・東京展/東京都庭園美術館

1986Buhl/ヤン・ブールコレクション廣重と稀品

1986浮世絵名作展/フランス巡回..神奈川県立博物館20周年...

1986Weisberg, Gabriel: Art Nouveau Bing; Paris Style 1900, New York, Abram

1987明治の反骨と風刺/河鍋曉齋版画版本展/リッカー美術館

1987開館記念展・・その源流から錦絵の登場まで。町田国際版画美術館

1987六大浮世絵師名品展。リッカー美術館、ナビオ大阪

1987歌川國芳戯画展(太田記念)

1987秘蔵浮世絵大観 1 大英博物館㈵

1989秘蔵浮世絵大観 2 大英博物館㈼

1988秘蔵浮世絵大観 3 大英博物館㈽

1988秘蔵浮世絵大観 4 ヴィクトリア・アルバート博物館㈵

1989秘蔵浮世絵大観 5 ヴィクトリア・アルバート博物館㈼

1989秘蔵浮世絵大観 6 ギメ美術館㈵

1990秘蔵浮世絵大観 7 ギメ美術館㈼

1989秘蔵浮世絵大観 8  パリ国立図書館

1989秘蔵浮世絵大観 9 ベルギー王立美術館

1987秘蔵浮世絵大観 10  ジェノヴァ東洋美術館㈵

1988秘蔵浮世絵大観 11 ジェノヴァ東洋美術館㈼

1988秘蔵浮世絵大観 12 ベルリン東洋美術館

1990秘蔵浮世絵大観 13  別巻 チェター・ビーティ/ケルン/アムテルダム

1988ばれんの会/勝原良太・図録 後期歌川派

1988FORRER, M.: Hokusai, New York.

1988ピーター・モースコレクション葛飾北齋展

1988Gal. Nat. du Grand Palais/ Le Japonisem

1988稲垣進一/江戸の遊び絵

1988岡山県立美術館(浦上敏朗)・浮世絵の美

1988ベルリン国立東洋美術館所蔵浮世絵名品展

1988国立西洋美術館ジャポニズム展

1988中国古代版画集/町田市立国際版画美術館

1988高橋誠一郎コクレション・浮世絵の美200年・北海道立近代美術館

1989LANE, R.:Hokusai, Life and Work, London

1988Geyger, J.G/Die Fruhen Meister…1680-1750.

1989新藤 茂/五渡亭國貞役者画展。リッカー美術館

1989Schawaab, D. J./Osaka Prints. Johnk Murray. London

1990永田生慈/北齋美術館 全5。集英社

1990Meech, Julia; Weisberg, Gabriel: Japonisme comes to America: The Japanese Impact on the Graphic _arts 1876-1925. exh. cat. Nelson0atkings Museum of _art, New York: H.N.Abrams in association with the Jane Voorhees Zimmerli Art Museum, Rutgers, the State University Of New Jersey.

1990Verborgene Impressionen, Hidden Impressions (MAK) OsterreichischensMuseum fur angewandt Kunst, Wien

1990MEECH-PEKARIK, J +WEISBERG, G.,: Japonism comes to America: the Japanese impact on the graphic arts 1876-1925, Abram New York

1990Van Doesburg/What about Kunisada ? Den Esch

1990ロックフェラー浮世絵コレクション Rhode Island School of Design

1990歌川國芳とその一門展(太田記念)

1991神谷浩ほか/北齋(展覧会図録)、名古屋市博物館

1991FORRER, Matthi HOKUSAI, Prestel

1991稲垣・悳/國芳の狂画

1991KONDOU, Eiko: IL MONDO DI EIZAN

1992鈴木重三/國芳。平凡社

1992幕末のはみ出し浮世絵師歌川國芳/芸術新潮

1993大北齋展、東武美術館

1994CALZA, Gian Carlo: Hokusai Painting, Venice

1995葛飾北齋展、江戸東京博物館

1995酒井雁高/超豪華復元浮世絵 歌川廣重 東海道五十三次。小学館

1995悳(いさお)ほか/幕末の修羅絵師 國芳

1995中右・稲垣/江戸の劇画家國芳の世界展(大丸)

1996モース(編)、高階(訳)/北齋/百人一首うばがえとき。岩波書店 89点、掲載

1996酒井雁高/江戸・風景版画大聚成。小学館

1997入間市博物館/お茶と浮世絵。入間市博物館

1998藤澤衛彦コレクション図録-摺物を中心として、鴨川市教育委員会、太田美術館

2001ルイーズ・ヴァージン/近代の夜明けの日本、ボストン美術館

2001-2002キヨッソーネ東洋美術館/浮世絵展。兵庫県立歴史博物館ほか

2004鴨川市所蔵藤澤衛彦コレクション/摺物_江戸の風雅な年賀状。城西国際大学水田美術館

2006YONEMURA, Ann/HOKUSAI, THE FREE GALLERY OF ART…

2006フレデリック・シャーフほか/多く記録された戦争ー歴史とイメージに見る日露戦争。ボストン美術館

2007稲垣進一/東海道・木曾街道 廣重二大街道浮世絵展(図録)。*明治初年に蒐集したブロンド・コレクション。

2007肉筆浮世絵/出光コレクションのすべて。出光美術館

2017ボストン美術館/浮世絵名品展/鈴木春信、千葉市美術館ほか

2009よみがえる浮世絵-うるわしき大正新版画展。江戸東京博物館

2011水田コレクション名品選。学校法人城西大学水田美術館

2013高梨章(編)/井上和雄 出版・浮世絵関係著作集 附. 書誌。金沢文圃閣

2014岩切友里子/芳年。平凡社

2014没後150年記念 歌川国貞、太田記念美術館

2014グラン・パレ/北齋 Hokusai、国立美術館連合出版

2015齋藤コレクションから/浮世絵にみるモダン横須賀&神奈川。横須賀美術館

2015當間(とうま)隆代/武志伊八郎信由(浪の伊八)作品集。伊八会(千葉県習志野市)

2015片岡 栄/名工波の伊八、そして北齋。文芸社

2015MARKS, A: SEVEN MASTERS 20th-century Japanese woodblock prints from WELLS collection, Minneapolis Institute of Arts

2015日野原健司/ようこそ浮世絵の世界へ。東京美術

2016Uhlenbeck+Newland+de Vries: Waves of renewal. modern Japanese prints, 1900 to 1960, Hotei
2016初期浮世絵/千葉市美術館

2016勝川春章と肉筆美人画/出光美術館

2016西山純子ほか/吉田博展図録/千葉市美術館 *日本画、水彩、油絵を含む吉田博画伯のモノグラフ

2016若冲(1716-1800)/生誕300年記念。東京都美術館 *乗興舟、玄圃瑤華など拓版画がある

*なお花鳥画6種は、大正期に創作された版画で若冲のものではない。明和8年(1771)刊は出典が不明。

2016原安三郎コレクション/広重ビビッド。サントリー美術館ほか
2016マルケ/大津絵。角川ソフィア文庫 *1920楠瀬日年/大津絵 78点が掲載されている。

2016フィリップ・K・フー/利害の対立、近代日本における藝術と戦争。セントルイス美術館

2017赤木美智/菊川英山 没後150年記念(展覧会図録)。太田記念美術館

2017馬淵明子/北齋とジャポニズム。国立西洋美術館

2017T. Clark:HOKUSAI beyond the great wave, BM.  Thames & Hudson

2017北齋-富士を超えて/あべのハルカス美術館。BM展を大阪で開催

2017Henry Smith II:LOOKING CLOSELY AT COLOR IN 19THE-CENTURY NISHIKI-E, D Keen Center, Columbia Univ.

2017Henry Smith II:The Tokuno Gift, Smithonian National Museum of American History, Kenneth E. Behring Center

*(スミス)歴史的に有益な三つの虫、コチニールカイガラ虫(赤の染色)、はち(蜜だけでなく、ハチが作物の70%を受粉)、蚕(かいこ)。(雁高)古代支那は絹馬(けんば)貿易、謎であった絹を独占的に生産し、その見返りに天馬などを求めた。

2018MENEGAZZO, Rossella: KUNIYOSHI, Museo della Permanente, Milan

2018大和あすか・塚田全彦/二代歌川國輝作/士農工商之内 農/に用いられた四季罪の調査報告書。東京藝術大学大学院

2018西井正気/芳年、練馬区美術館

2018琉球 美の宝庫、サントリー美術館

2018ダークス・コレクション 浮世絵最強列伝(図録)、横浜高島屋ほか

2019新・北齋展 HOKUSAI UPDATED、島根県立美術館(永田生慈コレクション)

*この卍落款の向日葵、偽筆 NHK、森アーツに誰の鑑定か、その責任の所在を問い合わせているが、回答なし

2019河鍋暁齋展(河鍋楠見監修)、サントリー美術館

2020稲垣進一/江戸のうんちく道中 東海道五拾三次、日本郵趣出板

2020大浮世絵展、歌麿、冩樂、北齋、廣重、國芳 夢の競演、江戸東京博物館

———————————————————————————————————

3) 書名(浮世絵、版元)

1824江戸買物獨案内[1974花咲/江戸買物獨案内。渡辺書店]

1852地本草紙問屋名前帳[1962日本版画便覧(安田剛藏所蔵)]

1916井上和雄/慶長以来・書賈(しょこ)集覧。京都書林彙文堂(和綴本)

1920石井研堂/錦繪の改印の考証。伊勢辰商店

1920石井研堂/地本錦繪問屋譜。伊勢辰商店

1929石井研堂/錦繪の彫と摺。云艸堂

1936(藤井乙男・序)享保以後・大阪出版書籍目録。清文堂

1962樋口+朝倉/享保以後・江戸出版書目(割印帳)[1993朝倉+大和/江戸出版書目。臨川書店]

1982原色 浮世絵大百科事典(3)様式・彫摺・板元。大修館

1982坂本宗子/享保以後・板元別書籍目録。清文堂

1998井上隆明/改訂増補・近世書林板元總覧/日本書誌学大系76。青裳堂書店

A Compendium

2011MARKS, A.: Publishers of Japanese Woodblock Prints: _A Compendium. Hotei Publishing

*これは浮世絵の版画に刻記されている版元を形、アルファベット順に整理した現在のところ、最大最良の書物

————————————————————————————————————————————–

4) 書名(絵本)

1924Brown, Louise Norton. Block Printing & Book Illustration in Japan. London: Routledge & Sons.

1931Art Institute of Chicago. Ryerson Library. Descriptive Catalogue of the Japanese and Chinese Illustrated Books in the Ryerson Library / by Kenji Toda. Chicago: Art Institute of Chicago.

1944Strange, Edward F. Japanese Illustration: History of the Arts of Wood-cutting and Colour Printing in Japan. (The Connoisseur Series) London: George Bell and Sons.

1950仲田勝之助/絵本の研究。美術出版社

1968New York Public Library. Catalogue of Japanese Illustrated Books and Manuscripts in the Spencer Collection of the New York Public Library / by Shigeo Sorimachi. (1978reprint).

1972MITCHELL, C. H: The Illustrated books of Nanga, Maruyama, Shijo and other related school of Japan.  Los Angels

1972Victoria and Albert Museum. Japanese Illustrated Books / by Leonard G. Dawes. London: Her Majesty’s Stationery Office.

1974Hillier, Jack Ronald: The Uninhibited Brush: Japanese Art in the Shijo Style Published by Hugh M. Moss (Publishing) Ltd,

1975University of London. School of Oriental and African Studies. Library. A Descriptive Catalogue of the Pre-1868 Japanese Books, Manuscripts, and Prints in the Library of the School of Oriental and African Studies. Oxford, England: Oxford University Press.

1977Chibett, David. The History of Japanese Printing and Book Illustration. Tokyo; New York: Kodansha International.

1978New York Public Library. Catalogue of Japanese Illustrated Books and Manuscripts in the Spencer Collection of the New York Public Library / by Shigeo Sorimachi. (1968first print)

1980Smith, Lawrence, et al. Japanese Prints: 300 Years of Albums and Books (exhibition of the Jack Hillier Collection at the British Museum). London: British Museum Publications.

1979鈴木重三/絵本と浮世絵 江戸出版文化の考察。美術出版社

1983-1987漆山天童/繪本年表 全6/日本書誌学大系34。青裳堂書店

1984Yoshida, Kogorô. Tanrokubon: Rare Books of Seventeenth Century Japan. Tokyo; New York: Kodansha International.

1987Hillier, Jack Ronald. The Art of the Japanese Book. London: Published for Sotheby’s Publications by P. Wilson.

1988松平進/師宣・祐信繪本書誌/日本書誌学大系57。青裳堂

1991Ravicz Collection. The Japanese Picture Books: a Selection from the Ravicz Collection / Jack Hillier. New York: Harry N. Abrams.

1993British Library. Descriptive Catalogue of Japanese Books in the British Library Printed Before 1700 / Kenneth B. Gardner = 大英図書館蔵日本古版目録. London: The British Library.

1994Japanese Picture Books from Ravicz Collection / kikaku henshû iin Nakano Mitsutoshi … et al. Yokohama-shi: Hiraki Ukiyoe Bijutsukan.

1998相見香雨/絵本画譜年表 相見香雨集(5)/日本書誌学大系45。青裳堂

2006Roger S. Keyes: Ehon: The Artist and the Book in Japan (Hardback) Published by University of Washington Press, United States,

——————————————————————————————————————————————————————-

5) 摺物

1963藤澤衛彦/浮世絵極彩 春興一枚摺展図録。小田急百貨店
1979Bowie, Theodore, et al.: Art of the Surimono Published by Indiana University Art Museum, USA.,

1984Keyes, Roger:Surimono: Privately Published Japanese Prints in the Spencer Museum of Art Published by Kodansha, New York,

1985Keyes, Roger:The Art of Surimono: Privately Published Japanese Woodblock Prints and Books in the Chester Beatty Library, Dublin Published by Sotheby Parke Bernet Pubns, New York, New York

1987Keyes, Roger S: Surimono from the Chester Beatty Collection Published by International Exhibitions Foundation

1987Arts of Asia September-October 1987 Surimono Ukiyo-e Refined (Volume 17 Number 5) Published by Arts of Asia Publications Ltd.,

1998藤澤衛彦コレクション図録-摺物を中心として、鴨川市教育委員会、太田美術館
2004鴨川市所蔵 藤澤衛彦コレクション 摺物。城西国際大学水田美術館

———————————————————————————————————

6) 書名(笑本書目)

1692目録***[1962斯道1]

1699目録***[1962斯道2]

1715目録***[1962斯道3]

1822種彦/吉原***[1906新群書7]

1841筑波/好色本の没収**

1890s好成/好色本春画***

1906樹々若葉/うまの春**

1906大久保/浮世草子***[新群書7]

1906大久保/續吉原***

1910嬉笑醒史賣立***[林1992]

1921大槻/京紅***

1926渋井(元禄1)***/**

1926渋井/目録*** 笑本

1928渋井(元禄2)**/**

1928石川巌/軟派珍書**/***

1928尾崎封酔/会本雑考***

1930SHIBUI/A. E.***/**

1931某伯爵…[1972林***-**]

1932渋井(内史1)***/**

1933渋井(内史2)***/**

1934續浮世繪大家***/**

1954渋井/初期***

1955某氏***[林1992]

1962林/東海道艶本考***

1963林/艶本研究春章***

1963林/艶本研究続歌麿***

1964林/艶本研究歌麿***

1964林/艶本研究歌麿***

1964林/艶本研究春信***

1964林/艶本研究豊國***

1964林/艶本研究國芳***

1964林/艶本江戸文学史***

1965林/艶本研究廣重と歌麿***

1966林/艶本研究重政***

1967林/艶本研究お栄と英泉***

1968林/艶本研究師宣***

1968林/艶本研究北齋***

1968林/艶本研究國貞***

1969中野/性文学入門***

1972林/秘本***

1977山崎/改訂日本小説***

1984野間/初期浮世草子***

1991浮世絵秘蔵名品集歌まくら***

1991浮世絵秘蔵名品集浪ちどり***

1992浮世絵秘蔵名品集甲の小まつ***

1992浮世絵秘蔵名品集小町びき***

1992林/ようこそ***

1995定本浮世絵春画***

1995定本浮世絵春画名品集成**

1995枕絵下(目録)***

1995枕絵上(作品)***

1995林/幕末の修羅絵師***

1996青裳堂目録春畫***

1997定本浮世絵春画…***

1997定本浮世絵春画名品集成**

1999JUM補

1999定本浮世絵春画名品集成**

2000?太平書屋ちらし

2000白倉/…春画を読む

2006別冊太陽春画**

2007白倉/絵入春画艶本***

2009艶本複製/太平書屋**

2009立命館大学**

7) European Eros (including Greece and Rome)

1982Catherine Johns: Sex or Symbol: Erotic Images of Greece and Rome (London,)

1987Walter Kendrick: The Secret Museum: Pornography in Modern Culture (Berkeley,)

1998John R. Clarke: Looking at Lovemaking: Constructions of Sexuality in Roman Art 100 BC -AD250 (Berkeley,)

1999Bette Talvacchia: Taking Positions. On the Erotic in Renaissance Culture (Princeton,)

1999Isabel Tang: Pornography: The Secret History of Civilization (London,)

1999Dyfri Williams: The Warren Silver Cup, British Museum Magazine, Nr.35 (Autumn/Winter), pp 25-28

200S. De Caro: Up and down, in and out: the story of the erotic collection, The Art Newspaper, No. 102 (April), pp 44-45.

____________________________________________________

8) 書名(日本美術)

1904朝岡興禎/増訂・古画備考(和本)全13。

1905朝岡興禎/増訂・古画備考 全4。吉川弘文館

1927坂崎 坦/日本画論大観 上中。アルス

1934Edmunds, Will. H/Pointers and Clues to the subjects of Chinese and Japanese Art

1941美術研究所/東洋美術文献目録、柏林社書店 (1967複刊)

1942坂崎 坦/日本画の精神。東京堂

1927澤田 章/日本畫家辞典 全2。紀元社

1966武田恒夫/洛中洛外図。角川書店

1967美術研究所/東洋美術文献目録、柏林社書店 (1941初版)

1969東京国立文化財研究所美術部/日本東洋古美術文献目録(昭和11年-40年第5版)、中央公論美術出版

1970辻 惟雄+中島純司/古画備考五十音索引。思文閣

1972合本・美術研究 全48。吉川弘文館

1972源 豊宗/日本美術史年表、座右宝刊行会

1974増訂古画備考 全4。思文閣

1977日本屏風絵集成 17。講談社

1976日本美術絵画全集 全25。集英社

1981原色浮世絵大百科事典(4)画題−説話・伝説・戯曲。大修館

1983標柱・洛中洛外屏風 上杉本。岩波書店

1985狩野永納(笠井昌昭)/訳註・本朝画史。同朋社出版

1986太田博太郎ほか/原色図典 日本美術史年表、集英社

1987洛中洛外図大観 全3。小学館

1996日本絵画論大成 全12別1。ぺりかん社

1997東京国立文化財研究所美術部/日本東洋古美術文献目録(昭和11年-40年第5版)、中央公論美術出版

1997Freitag/Art Books-A Basic Bibliography of Monographs on Artists, Second Edition

2005東京文化財研究所美術部/日本東洋古美術文献目録(1966-2000)、中央公論美術出版

____________________________________________________

9) 年表(日本歴史、総覧)

1471申 叔舟(-1471-)/海東諸國記(岩波文庫)(朝鮮資料叢刊)

1850齋藤月岑/武江年表。

1964新訂増補・国史大系 全66。吉川弘文館

1926浪速叢書 全17。浪速叢書刊行会

1916江戸叢書 全12。江戸叢書刊行会

1966東京大学史料編纂所/読史備要。講談社

1966小葉田淳ほか/読史総覧。人物往来社

1973古田武彦(1926- )/失われた九州王朝(角川文庫)

1977小西四郎/日本史総覧。新人物往来社

1979国史大辭典 14索3(全17)、吉川弘文館

1982井上隆明/江戸・諸藩要覧。東洋書院

1983小西四郎/日本史総覧 全6補1。新人物往来社

____________________________________________________

10) 書名(日欧交流_ポルトガル、イスパニア)

1549-78ルイス・フロイス(1532-97)/日本史 全12 Historia do Japao(中央公論社)

Valignano, Alessandro (1539-1606) ヴァリニャーノ

1586Gualtieri, Guido (1560-1636)Relationi della venvta degli ambasciatori giaponesi  *1582

1590De Sande: De missione legatorum Iaponensium ad Romanam curiam rebque in Europe 1590

*1976デサンデ/遣欧使節記 泉井久之助(訳)新異国叢書 *マカオ、8紙

1897Nachod (1858-1933) 十七世紀日蘭

1929木下杢太郎(1885-1945)/えすぱにゃ・ぽるつがる記、岩波書店

1931濱田青陵(1881-1938)/天正遣欧使節記、岩波書店

1932岡本良知(1900-1972)、長崎開港以前欧舶来往航
1932岡本良知(1900-1972)/長崎開港以前欧舶来往考。日東書院

1933木下杢太郎(1885-1945)(訳)/日本遣欧使者記、岩波書店

*原著、1586グワルチェリ(1560-1636)/Relationi della venvta degli ambascia-tori giaponesi, Roma

1936岡本良知(1900-1972)/十六世紀・日欧交通史の研究。弘文荘
1942増訂版/岡本良知(1900-1972)/十六世紀・日欧交通史の研究。
1943外山卯三郎/南蛮船貿易史。東光出版
1962華甲記念(岡本良知) 61歳
1960sドナルド・キ−ン(1922-  )/日本人の西洋発見(中公文庫)
1966中村 拓/鎖国前に南蛮人の作れる日本地図 全3 (駒込、東洋文庫)
1974増訂、岡本良知(1900-1972)/十六世紀・日欧交通史の研究。(吉田小五郎・解説)

____________________________________________________

11) 書名(日本暦日)

1946小川清彦/付・日本書紀の暦日に就て。(1975内田正男/日本暦日原典445-1872AD  暦法編)

1973新訂増訂・三正綜覧 附・陰陽暦対照表。藝林舎

1975内田正男/日本暦日原典445-1872AD  暦法編。雄山閣

1977内田正男/日本書紀暦日原典  [-666]〜697。雄山閣

____________________________________________________

12) 書名(日本文学、思想史)

1906朝倉無聲/日本小説年表。金尾文淵堂

1910朝倉無聲/近世文藝叢書 全12。国書刊行会

1912齋藤月岑/増訂・武江年表。国書刊行会

1926朝倉無聲/新修日本小説年表。春陽堂

1926日本名著全集 全30索1。

1928徳川文芸類聚 全12。国書刊行会

1929江戸文学類従 全1。江戸文学類聚刊行会

1930洒落本大系 全12。六合館

1930日本文学大辞典 3索1。新潮社

1931日本文学講座 全15。新潮社

1936享保以後・大阪出版書籍目録(藤井乙男序)。清文堂

1936菅 竹浦(楯彦)/狂歌書目。星野書店

1942石川 淳(1899-1987)/文學大概(中公文庫)諸國畸人傳(中公文庫)

1946麻生 磯次/江戸文学と支那文学。

1956麻生 磯次/江戸小説概論。

1957-62日本古典文学大系 全100索2。

1962江戸時代・書林出版書籍目録集成 全4。井上書房

1963国書総目録 8別1。岩波書店

1964享保以後・江戸出版書目(朝倉・樋口)。未刊国文資料刊行会

1964享保以後・江戸出版書目(朝倉・樋口)。未刊国文資料刊行会

1969下村寅太郎/ルネッサンスの藝術家 精神史的研究。筑摩書房

1970三木清・林達夫・羽仁五郎・本多謙三/社会史的思想史。岩波書店

1970日本思想大系 全67。岩波書店

1972山口剛著作集 全6。中央公論社

1973水谷不倒著作集 全8。中央公論社

1975石田 雄/福沢諭吉集/近代日本思想大系2

1975-80加藤周一(1919- )/日本文学史 上下(ちくま文庫)

1977池田亀鑑/平安時代の文学と生活、至文堂

1978洒落本大成 全29。中央公論社

1982市古貞次/国文学研究書目解題。

1982三村竹清/三村竹清集 全9/日本書誌学大系23。青裳堂書店

1983林若樹集/日本書誌学大系28。青裳堂書店

1983日本古典文学大辞典 全6。岩波書店

1984狂歌鑑賞辞典。角川書店

1984林達夫・久野 収/増補・思想のドラマトウルギー/平凡社選書39。平凡社

1986岡本 勝+雲英末雄/近世文学研究事典。

1990古典籍総合目録 全3。岩波書店

1991新日本古典文学大系 100目1別5(全106冊)、岩波書店

2019岩田秀行/江戸芸文攷、若草書房

___________________________________________________________

◯1934EDMUNDS, Will: Pointers and Clues to the Subjects of Chinese and Japanese Art

これは外国人の研究者、必読の参考書である。以前は、中国、日本が混ざって書かれていたが、この新版で、別々に分けて記載されるようになった。

◯加藤周一/日本文学史序説(英文)

日本語で全集、文庫(かなり厚い)などで簡単に入手できる。これは世界数十カ国で日本文学、日本文化研究のバイブルとして翻訳されている。

◯最近の研究成果・投稿

———————————————————————————————————–

1976Seidenstiker/The Tale of Genji, 2 vols, Knopf

Original:  Lady Murasaki in 1008, 53 vols.

———————————————————————————————————–

1999山本春正/絵入・源氏物語 *蒔絵師 承応3版


1997酒井雁高/名数 源氏物語 五十三帖説

浮世絵学04/外題(名数)(五十三)帖_源氏物語、善財童子、名数五十三の一致 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/3718

浮世絵学04/外題(名数)(53)源氏物語53帖、一致 1997SAKAI_gankow: The Tale of Genji by Lady Murasaki in 1,008AD has framed in 53 vols, not 54. 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/2764

浮世絵学04/外題(名数)_源氏物語序説 五十三帖説/尾州家河内本を底本とする 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/16158

____________________________________________________

____________________________________________________

13) 書名(日本芸能、淨瑠璃、歌舞伎、劇書)

1841立川焉馬/花江都歌舞伎年代記書名(日本芸能、淨瑠璃、歌舞伎、劇書)

1850s石塚豊芥子/花江都歌舞妓年代記続篇 全33(写本)。(文化2〜安政6)

1903田村成義/続々歌舞伎年代記 乾。(安政6〜明治36)(坤は未刊)

1847齋藤月岑/聲曲類纂)

1904伊原敏郎/日本演劇史、早大出版部

1915高野辰之/歌舞音曲考説、六合館

1919丸岡 桂/古今謡曲解題。観世流改定本刊行會

1926飯塚 友一郎/歌舞伎細見

1926-28吉田暎二/年代記に據る・歌舞妓狂言外題索引1〜12/歌舞妓研究

1928日本音曲全集 全15。誠文堂

1928日本戯曲全集 (歌舞伎篇 全50)。春陽堂

1928飯塚 友一郎/歌舞伎概論。博文館

1928野々村戒三/謡曲三百五十番集/日本名著全集29

1928歌謡音曲集/日本名著全集28、興文社

1928近松名作集 全2/日本名著全集4+5、興文社

1928淨瑠璃名作集 全2/日本名著全集6+7、興文社

1928九重左近/江戸近世舞踊史、萬里閣書店

1929黒木勘藏/近世演劇考説、六合館

1929黒木勘藏/近松門左衛門/日本名著全集

1931坪内逍遥/歌舞妓画証史話、東京堂

1931小寺融吉/日本近世舞踊史、雄山閣

1931守随憲治+秋葉芳美/歌舞妓図説 全2、万葉閣

1934西角井正慶/神樂研究。壬生書店

1937守随 憲治/歌舞伎通鑑。山海堂

1937石井國之/近世日本舞踊史、京都演芸通信社

1938能勢朝次/能楽源流考/能勢朝次著作集 全10。

1938-40若月保治/古淨瑠璃の新研究 全3、新月社

1938若月保治/古淨瑠璃の新研究(慶長寛文篇)、新月社

1939横山重/古淨瑠璃正本集 全12、角川書店

1941西角井正慶/神樂歌研究

1943守随 憲治/歌舞伎序説。改造社

1943渥美清太郎/歌舞妓大全、新大衆社

1943黒木勘藏/近世日本芸能記、青磁社

1943黒木勘藏/淨瑠璃史、青磁社

1943渥美清太郎/歌舞妓大全、新大衆社

1943笹野堅/幸若舞曲集 全2、第一書房

1943黒木勘藏/近世日本芸能記、青磁社

1944若月保治/近世初期国劇の研究[松平大和守日記]、青磁社

1947守随 憲治/歌舞伎劇戯曲構造の研究。北隆館

1947高野辰之/日本演劇史1。東京堂

1951野上豊一郎/能二百四十番、能楽書林。

1955和辻哲郎/日本芸術史研究 歌舞妓と操浄瑠璃、岩波書店

1957廣末保/近松序説、未来社

1958-59横山重/説教浄瑠璃集 全2、古典文庫

1960林屋辰三郎/中世芸能史の研究

1960淨瑠璃評判記集成 全3、演劇研究会

1961+65近石泰秋/操浄瑠璃の研究 全2、風間書房

1962森武之助/淨瑠璃物語研究 資料と研究、井上書房

1963佐成謙太郎/謡曲大観 全7。明治書院

1963横山正/操浄瑠璃芝居の研究、風間書房

1963角田一郎/人形劇の成立に関する研究、旭屋書店

1964-82横山重+室木弥太郎+阪口弘之/古淨瑠璃正本集 全10、角川書店

1965廣末保/もう一つの日本美、美術出版社

1966-69室木弥太郎/金平淨瑠璃正本集 全3、角川書店

1968名作歌舞伎全集 全25。東京創元新社

1968諏訪春雄/愛と死の伝承−近世恋愛譚、角川選書

1968横山重/説教正本集 全3、角川書店

1970室木弥太郎/語り物<舞・説教・古淨瑠璃>の研究。風間書房

1970諏訪春雄/歌舞妓開花、角川書店

1972香西精/能謡新考−世阿弥に照らす。檜書店

1973廣末保/辺界の悪所、平凡社

1974加藤周一/世阿弥・禅竹/日本思想大系24。岩波書店

1974三隅治雄/さすらい人の芸能史

1974加藤康昭/日本盲人社会史研究)

1974諏訪春雄/歌舞妓史の画証的研究、飛鳥書房

1974諏訪春雄/近松世話淨瑠璃の研究、笠間書院

1974盛田嘉穂/中世賎民と雜芸能の研究、雄山閣出版

1975祐田善雄/淨瑠璃史論考、中央公論社

1975廣末保/遊行・悪場所、未来社

1976横山正/近世演劇論叢、清文堂出版

1977諏訪春雄/心中−その詩と真実/江戸シリ−ズ、毎日新聞社

1978-79横山重/書物捜索 全2、角川書店

1979松崎仁/元禄演劇研究、東京大学出版会

1980家永三郎/猿楽の思想史的考察。法政大学出版部

1981守随憲治著作集 全6。笠間書院

1981原色浮世絵大百科事典(4)画題−説話・伝説・戯曲。大修館

1982原色浮世絵大百科事典(11)歌舞伎・遊里・索引。大修館

1983藤野義雄/日本演劇書目解題。演劇出版社

1984邦楽百科辞典。音楽之友社

1984 近松の会/近世演劇研究文献目録。八木書店

1986岡本勝+雲英末雄/近世文学研究事典、櫻楓社

1986岸正尚(担当)/日本伝記伝説大事典。角川書店

1987西野春雄+羽田昶(はた ひさし)/能・狂言事典。平凡社

1988須山章信+土田 衛/歌舞伎狂言絵尽し年表。桜楓社

1988野島寿三郎/歌舞伎人名事典。日外アソシエ−ツ

1989日本音楽大事典。平凡社

1989加納マリ(担当)/日本音楽大事典、平凡社

1991鳥越文藏/元禄歌舞妓攷、八木書店

1991野島寿三郎/歌舞伎淨瑠璃・外題事典。日外アソシエ−ツ

1992松平進/近松門是門の登場/淨瑠璃の世界、世界思想社

1992阪口弘之/淨瑠璃の世界、世界思想社

1992人形舞台史研究会/人形淨瑠璃舞台史、八木書店

2003赤間 亮/図説・江戸の演劇書。八木書店

2019岩田秀行/江戸芸文攷、若草書房

14) 書名(日本文化、風俗、習慣、言語、宗教)

1642あづま物語

1660吉原鑑 *あづま物語を除き、最古の吉原本

1678色道大鏡 全3[1974野間]

1768澤田東江/吉原大全 全5

1804一九+歌麿/吉原青樓年中行事

1811石川雅望/北里十二時

1817北里見聞録 全7[1930蘇武(3巻のみ)]

1825西村藐庵/花街漫録[日本随筆大成1-5]

1828小寺玉晁/見世物雑志。三一書房

1838齋藤月岑/東都歳時記 全3。

1830喜多村筠庭(1783-1858)/嬉遊笑覧 全5(索引)。岩波書店 *信節、のぶよ

1844柳花通誌 全5[蘇武/吉原風俗資料]

1853喜田川守貞(1810-1853)/守貞謾稿 全5(索引)。岩波書店

1857BORROW, G.: THE ROMANY RYE 2 vols., London. John Murray ;

1881TYLOR, E.B: ANTHROPOLOGY, NEW YORK. D. APPLETON AND COMPANY

1885岡本昆石/古今百風・吾妻餘波、森戸錫太郎(萬字屋)

1890 FRAZER, J: The Golden Bough 2 vols, London.  Macmillan and Co.

1892-93石井良助/徳川制度[1968江戸町方の制度000]

1894関根只誠/江戸花街沿革誌 上下

1903TYLOR, E: PRIMITIVE CULTURE 2 vols, London. John Murray

1904STEIN, A: SAND-BURIED RUINS OF KHOTAN, London. Hurst and Blackett, Limited [AES]

1906大久保葩雪/花街風俗志

1909HEDIN, S: TRANS-HIMALAYA DISCOVERY AND ADVENTURES IN TIBET, LONDON.  MACMILAN

1911近世文藝叢書(10)、国書刊行会

1912STEIN, A: RUINS OF DESERT CATHAY, LONDON. MACMILLAN

1916風俗絵巻・図画刊行会叢書 全44。同刊行会

1914黒川真頼/日本風俗図絵 全12 。同刊行会

1926HEDIN, S: MY LIFE AS AN EXPLORER, NEW YORK. GARDEN CITY PUBLISHING

1926三田村鳶魚/江戸年中行事(中公文庫)

1927西原柳雨/川柳吉原志。

1927宮川曼魚/江戸賣笑史

1928朝倉無聲/見世物研究。春陽堂

1929宮武外骨/アリンス國辞彙

1929渡邊素舟/支那陶磁器史。中央出版社

1931尾崎久弥/吉原圖會

1933STEIN, A.: On Ancient Central-Asian Tracks, Macmillan. London  [Rep. Southern Material Center, Inc]

1933 HEDIN, S: RIDDLES OF THE GOBI DESERT, LONDON.  GEOREGE ROUTLEDGE & SONS, LTD.

1942松田寿男/漠北と南海。四海書房

1943渡邊素舟/平安時代国民工芸の研究。東京堂

1951渡邊素舟/東洋図案文化史の研究。冨山房

1956三田村鳶魚/吉原に就ての話。

1958BATTUTAH, Ibun: The Travels of Ibun Battutah, London. The Hakluyt Society  [Picador]

1959GASTER, Th. H.: The New Golden Bough, New York.  Criterion Books

1963香山陽坪/砂漠と草原の遺宝ー中央アジアの文化と歴史。角川選書

1966松田寿男+森 鹿三/アジア歴史地図。平凡社

1967泉 靖一/フィールド・ノート 文化人類学・思索の旅。新潮選書

1967KHALDUN, ibun; The Muquaddimah An Introduction of History. Princeton

1968日本庶民生活史料集成 全31索1。三一書房

1971日本を知る事典、社会思想社

1971渡邊素舟/東洋文様史。冨山房

1972LEACH, Maria: Standard Dicitonary of Folklore, Mythology, and Legend,Harper. San Francisco

1973日本庶民文化史料集成 全15別1。

1973日本随筆大成 全81。吉川弘文館

1975石田英一郎/文化人類学ノート。新泉社

1975東西文化交流史/松田寿男古稀…。

1976花咲一男/江戸吉原図絵

1976上條耿之介/日本の文様 その成立と展開。雄山閣

1976三田村鳶魚/未刊随筆百種 全12。中央公論社

1976三田村鳶魚全集 全28。中央公論社

1978DOUGLAS, Mary: The Illustrated Golden Bough, Macmillan, London

1979花咲一男/続江戸吉原図絵

1979日本風俗史辞典、弘文堂

1979続日本随筆大成 全12。吉川弘文館

1980梅棹忠夫/民族学の旅。講談社

1980梅棹忠夫/続民族学の旅。講談社

1981原色浮世絵大百科事典(4)画題−説話・伝説・戯曲。大修館

1981上條耿之介/日本文様事典。雄山閣

1984江戸学辞典、弘文堂

1984加藤九祚/日本文化の原像を求めて・日本のシャーマニズムとその周辺。日本放送出版協会

1985藤井知昭/日本文化の原像を求めて・日本音楽と芸能の源流。日本放送出版協会

1987松田寿男著作集。六興出版

1987梅棹忠夫ほか/文化人類学辞典、弘文堂

1992朝倉無聲/見世物研究(雑誌論文)姉妹篇。平凡社

2000上條耿之介/日本文様史 古代王権その異界の表象。雄山閣出版

2000花咲一男/大江戸ものしり図鑑、主婦と生活社

2019岩田秀行/江戸芸文攷、若草書房

15) 書名(日本文化、吉原)(風俗、習慣、言語、宗教)

1642あづま物語

1660吉原鑑 *あづま物語を除き、最古の吉原本

1678色道大鏡 全3[1974野間]

1768澤田東江/吉原大全 全5

1804一九+歌麿/吉原青樓年中行事

1811石川雅望/北里十二時

1817北里見聞録 全7[1930蘇武(3巻のみ)]

1825西村藐庵/花街漫録[日本随筆大成1-5]

1838齋藤月岑/東都歳時記 全3。

1830喜多村筠庭(信節、のぶよ)/嬉遊笑覧 全5(索引)。岩波書店

1844柳花通誌 全5[蘇武/吉原風俗資料]

1853喜田川守貞/守貞謾稿 全5(索引)。岩波書店

1892-93石井良助/徳川制度[1968江戸町方の制度000]

1894関根只誠/江戸花街沿革誌 上下

1906大久保葩雪/花街風俗志

1911近世文藝叢書(10)、国書刊行会

1916風俗絵巻・図画刊行会叢書 全44。同刊行会

1914黒川真頼/日本風俗図絵 全12 。同刊行会

1926三田村鳶魚/江戸年中行事(中公文庫)

1926阿部弘蔵/日本奴隷史506pp

1927西原柳雨/川柳吉原志。

1927宮川曼魚/江戸賣笑史

1927中山太郎/売笑三千年史698pp
1928中山太郎/日本婚姻史972pp

1928朝倉無聲/見世物研究。春陽堂

1929宮武外骨/アリンス國辞彙

1930蘇武緑郎/吉原風俗資料 全

1931尾崎久弥/吉原圖會

1956三田村鳶魚/吉原に就ての話。

1968日本庶民生活史料集成 全31索1。三一書房

1971日本を知る事典、社会思想社

1973日本庶民文化史料集成 全15別1。

1973日本随筆大成 全81。吉川弘文館

1976花咲一男/江戸吉原図絵

1976三田村鳶魚/未刊随筆百種 全12。中央公論社

1976三田村鳶魚全集 全28。中央公論社

1979花咲一男/続江戸吉原図絵

1979日本風俗史辞典、弘文堂

1979続日本随筆大成 全12。吉川弘文館 1981上條耿之介/日本文様事典。雄山閣

1984江戸学辞典、弘文堂

1992朝倉無聲/見世物研究(雑誌論文)姉妹篇。平凡社

2000花咲一男/大江戸ものしり図鑑、主婦と生活社

16) 書名(日本文化、文様)

1902縮写・集古十種 全10(8冊)。東陽堂

1910黒川真頼全集 全6。国書刊行会

1929渡邊素舟/支那陶磁器史。中央出版社

1943渡邊素舟/平安時代国民工芸の研究。東京堂

1951渡邊素舟/東洋図案文化史の研究。冨山房

1970Bunker+Chatwin+Farkas: Animal Style Art from East to West.  The Asia Society, Inc.

1971渡邊素舟/東洋文様史。冨山房

1976上條耿之介/日本の文様 その成立と展開。雄山閣

2000上條耿之介/日本文様史 古代王権その異界の表象。雄山閣出版

2013高岡一弥、生田ゆき*   /日本の型紙 ISE KATAGAMI  *三重県立美術館

http://www.ukiyo-e.co.jp/29274 (更紗図譜)Tsuuryuu’s printed cotton fabric of India & Java   1785稲葉通龍/更紗図譜  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/29723 (婆羅布久佐)old color printed cotton fabric of India, Jawa, Southeast Asia   1852/婆羅布久佐 全2 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/29580 (むかし渡更紗)old printed cotton fabric of Jawa, Southeast Asia   1916山鹿清華/むかし渡更紗 全3  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

17) 書名(仮名文字)

1972林英夫/増訂 近世古文書解読字典。柏書房

1978加瀬藤圃/古筆かな字典,三省堂

1980木村東陽/日本名筆書体字典、新人物往来社

 

18) 書名(中国文化)

1915HOBSON: Chinese Pottery and Porcelain, London. Cassel

1920sHOBSON: The George Eumorfopoulos Collection: Catalogue of the Chinese, Corean and Persian Pottery and Porcelain 6vols.

1955諸橋轍次/大漢和辞典 全13。大修館

1960簡野道明/字源。角川書店

1970説文解字詁林 全12。台湾商務、中文書

1970白川 靜/詩経ー中国古代の歌謡

1971金文編 正続。台湾大通書局

1974校正 甲骨文編。藝文印書館

1974白川 靜/説文新義 全8

1976白川 靜/中国の古代文字(一)神話から楚辞へ

1976白川 靜/中国の古代文字(二)史記から陶淵明へ

1977上田万年ほか/大字典。講談社 *異体字

1979白川 靜/中国古代の文化

1980田中慶太郎/支那文を読む為の漢字典 。研文出版(文求堂)

1980白川 靜/中国古代の民俗

1980中華大字典。中文書

1984-96白川 靜/字統、字訓、字通(漢字辞典)

1990藤堂 明保/学研漢和大辭典。学習研究社

2019三国志展、東博 *考古史料など。三国志の底本が何か明確になっていない。また長里の尺度、期間が不明確。

19) 地名    *民俗学、民族学の研究者は各地誌から詳細な事項分類をDBにしている。

1836齋藤月岑/江戸名所図会 全20。

1916江戸叢書 全12。江戸叢書刊行会

1929三村 竹清/江戸地名字集覧(えどあざなよせ)。岡書院

1966松田寿男+森 鹿三/アジア歴史地図。平凡社

1958古版江戸図集成 全9。中央公論美術出版

1973濱田 義一郎/江戸文学地名辞典。東京堂

1974江戸切絵図(近吾堂版)。東京堂

1974江戸切絵図(金鱗堂版)。東京堂

1979日本名所風俗図会 全18別2。角川書店

1994中川恵司/復元・江戸情報地図。朝日新聞社

_______________________________________________

20) 吉原 (沿革ー異本と称す)(詩集)

1918石川巌/元文版洞房語園集。從吾所好社

1991花咲一男/洞房語園集(ノート共).近世風俗研究会

2003石崎芳男/よしわら吉原ー洞房語園異本をめぐって。早稲田出版 *沿革

_______________________________________________

21) 人名   *浮世絵に限らず、広く、雅号、狂名、柳名など、人名、特に生没年を把握するために不可欠

1790s大田南畝/浮世繪類考本文[1941]

1795c大田南畝/浮世繪考証*[1988]

1800笹屋邦教/浮世繪類考始系[1932]

1800笹屋邦教/浮世繪類考始系[1941]

1802山東京傳/浮世繪類考追考[1941]

1815曳尾庵/浮世繪類考本文[1932]

1821式亭三馬/浮世繪類考補記[1941]

1833溪齋英泉/無名翁随筆[1909]

1834曲亭馬琴/近世物之本作者部類[1988]

1844齋藤月岑/増補浮世繪類考[1891]

1845木村黙老/戯作者考補遺[1935]

1849c烏有山人/京攝戯作者考[1908]

1856岩本活東子*/戯作六家撰[1889]

1856岩本活東子/戯作者小傳[1889]

1868龍田舎秋錦/新増補浮世繪類考[1889]

1904繪馬屋額輔/狂歌人物誌[1929]

1913伊原敏郎/近世日本演劇史。早稲田大学出版部

1926飯塚 友一郎/歌舞伎細見。第一書房

1926大日本人名辞書 全5。講談社

1926池田常太郎/日本書畫骨董辞典 全2。聚芳閣

1928荒木矩/大日本書畫名家大鑑 全2。同刊行会

1928狩野快庵/狂歌人名辞書。横尾文行堂

1931井上和雄/浮世絵師傳。渡辺版画店

1932島田筑波/浮世繪類考。孚水ぶんこ

1956岩波西洋人名辞典。岩波書店

1941大曲駒村/浮世繪類考。曲肱書屋

1957大人名事典(縮刷普及) 全5函6。平凡社

1973森銑三ほか/近世文芸家資料綜覧。東京堂

1976近世人名録集成 全5。勉誠社

1977大日本人名辞書 全5。講談社

1979日本人名大事典 全7。平凡社

1981岩波西洋人名辞典 増補版。岩波書店

1984漆山天童/近世人名辞典 全3/日本書誌学大系36(全3)。青裳堂書店

1986日本<架空伝承>人名事典。平凡社

1986日本伝奇伝説大事典。角川書店

1988Webster’s New Biographical Dictionary, Springfield Mass. Merriam Webster

1988野島寿三郎/歌舞伎人名事典、日外アソシエ−ツ

1991新潮日本人名辞典。新潮社

1993国書人名辞典 全5。岩波書店

1994日本奇談逸話大事典。勉誠社

2000木村義之+小出美河子/隠語大辞典。皓星社

2006古井戸秀夫/歌舞伎登場人物事典

2006服部幸雄/歌舞伎役者名跡便覧(非売品)、国立劇場芸能調査部

2012服部幸雄/歌舞伎名跡便覧(第四次修正版)、国立劇場調査記録課

_______________________________________________

22) 人名(狂歌師)

1782四方/江戸花海老[1985]

1783A安田/判取帳[1931]

1783B蜀山人判取帳[1970]

1783C木網/狂文宝合[2000]

1783D釣方/知足振[3-1951f]

1783E東作/狂哥師細見

1784京傳/手拭合[1986]

1785赤良+/俳優風[1915]

1811石川雅望/狂歌画像作者部類

1834馬琴/作者部類[1988]

1845黙老/戯作者考補遺

1904絵馬屋4/狂歌人物誌

1931野崎/狂歌狂文研究

2011石川 了/江戸狂歌壇史の研究。

野崎左文/狂哥集書目
菅髑髏/狂歌大概
菅竹浦/狂歌書目集成
菅竹浦/江戸狂歌史
狩野快庵/狂歌人名辞書
林若樹/狂文狂歌集
濱田義一郎ほか/江戸狂歌選集 全15
 

_______________________________________________

23)(彫師摺師)

1982丸山季夫/刻師名寄(『国学者雑攷』別冊

その他、絵入狂歌本*、狂歌本に絵師、彫師、筆耕などが同列で刻されている。

*絵入狂歌本は、一枚絵を胡蝶装(粘葉装)にして、5-10図ほどを描いている。浮世絵、一枚絵そのままである。

つまり袋綴じしていない。版元蔦屋重三郎の絵入狂歌本が代表的である。

袋綴狂歌本は、一枚絵ではなく、左右見開きが別の版面になり、一枚絵の絵入狂歌本と全く違う。

これは絵入狂歌本のように彫師が重要な役割をしていることを示している。

むろん、絵師が彫師を選び、依頼することにより、摺物のような味わいが出る。

北齋、歌麿などが、この絵入狂歌本の先達者である。

◯浮世絵学[半角数字][半角数字] 検索  *浮世絵学も参照

浮世絵学**    アステリスク  JUM、好古堂関連
浮世絵学*1/Your Purchases Support the oldest ukiyo-e gallery in Japan
浮世絵学*2/Sakai koukodou gallery (In front of the Imperial Hotel Tower)
浮世絵学*3/1941小島烏水/浮世絵類考(序文)
浮世絵学*4/DB記述編
浮世絵学*5/japan-ukiyoe-museum.com 日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会
浮世絵学*6/Mr.SAKAI_toukichi and his brothers had 65 world ukiyo-e exhibitions.
浮世絵学*7/No. 1 of Japan: japan-ukiyoe-museum.com
浮世絵学*8/DB編(原画また画像の文字情報を浮世絵学に沿って入力)
浮世絵学*9/浮世絵書誌編

浮世絵学も適宜、活用して欲しい  [浮世絵学] [◯◯] 参照  *総目録

*DBなど、Googleなど、ひらがな で絵師名を入力すると表示されるよう改良。むろんDBの原則、原画に刻記されている文字で検索しても従来通り、表示されます。

例:ほくさゐ  *ゐハ仮名表で表記されますが、三文字、「ほくさ」だけでも大丈夫だと思います。

例:北齋 *齋は、当時の原画に刻記されている通りに入力 「北斎」では不可。

*所要で出掛けていることもございますので、ご来店の前にご一報を戴ければ御迷惑を懸けません。

*何か御気付きの点がございましたら、御教示ねがいます。

浮世絵学00/浮世絵専門博物館
浮世絵学01/落款(浮世絵師)絵師別目録
浮世絵学01/落款(人名)(浮世絵師)(役名)ほか
浮世絵学01/落款(偽筆)
浮世絵学02/刊年(年号)
浮世絵学02/刊年(影印)(極+改)
浮世絵学03/判型形態(浮世絵と版本)(大きさ)
浮世絵学04/外題(名数)
浮世絵学04/外題(日本文学)(江戸文学)(狂歌)(川柳)
浮世絵学04/外題(吉原遊郭)
浮世絵学04/外題(歌舞音曲)
浮世絵学04/外題(日本美術)(絵巻物)(奈良絵巻、奈良絵本)
浮世絵学04/外題(絵本)
浮世絵学04/外題(笑本)
浮世絵学04/外題(文様)(紋帳)(定紋)
浮世絵学04/外題(長崎絵)
浮世絵学04/外題(横浜絵) *横濱絵
浮世絵学04/外題(硝子絵) *硝子繪
浮世絵学05/版元(板元)
浮世絵学06/内題(→外題)
浮世絵学07/出典(浮世絵書誌)(天地人)
浮世絵学07/典拠
浮世絵学07/発行図録

浮世絵学11 文化藝術懇話会
浮世絵学12 シルクロード 中央アジア 東西交渉史 西洋 東洋

◇接続URL

http://www.ukiyo-e.co.jp/16738 浮世絵学 御案内    Entrance

http://www.ukiyo-e.co.jp/22447 版本(絵本) Picture Book → http://www.ukiyo-e.co.jp/1014

http://www.ukiyo-e.co.jp/1809  浮世絵学*1/ukiyo-e oldest gallery 

http://www.ukiyo-e.co.jp/233    浮世絵学*2/ (English): SAKAI Koh.ko.do Gallery

http://www.ukiyo-e.co.jp/1783   浮世絵学*3 1941小島烏水(1873-1948)/浮世絵類考(序文)

http://www.ukiyo-e.co.jp/226    浮世絵学*4/浮世絵学(データベース)1978SAKAI gankow’s_ukiyo-e data base method 

http://www.ukiyo-e.co.jp/1014   浮世絵学*9/ 浮世絵書誌 (bibliography, reference books, illustrated catalog …) 

何か御気付きの点があれば、御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂  [http://www.ukiyo-e.co.jp]
文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

1982-04-25現在(2020-01-06更新) ✓検索 浮世絵学 ◯◯   http://www.ukiyo-e.co.jp/1041

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

浮世絵学**     →御案内 酒井好古堂 http://www.uiyo-e.co.jp/16738

この項目、浮世絵学*4 と重複する部分もある。下記を参照のこと。

DBは下記に貼付けてある。

http://www.ukiyo-e.co.jp/226

*最新のデータは ✔️検索 → 浮世絵学 ◯◯ で検索。

——————————————————————————————–

◯酒井好古堂 1870日本最古の浮世絵専門店

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂       http://www.ukiyo-e.co.jp

[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂  [http://www.ukiyo-e.co.jp]
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

[浮世絵学・複製] *木版、カラーシートなど、代表的な作品を御覧になれます。

トップページ

http://www.ukiyo-e.co.jp/16738

◯浮世絵学** 御案内  *下線のあるURL(リンク済み)はクリックして開き、そのリンク先下線をクリック、見ることが出来ます。

複製* http://www.ukiyo-e.co.jp/32882

複製* http://www.ukiyo-e.co.jp/32882

原画:日本浮世絵博物館

*原画所蔵先が明記されていない復刻は、避けた方が無難です。

*原画の彫り、摺りを尤も忠実に復刻しています。

 

——————————————————————————————————————————————

http://www.ukiyo-e.co,jp

冨嶽三十六景    http://www.ukiyo-e.co.jp/7173
木曾街道      http://www.ukiyo-e.co.jp/249
東海道五十三次   http://www.ukiyo-e.co.jp61799

2017-8-07(2018-08-14更新)

URL: www.ukiyo-e.co.jp/

浮世絵学

浮世絵学**                         http://www.ukiyo-e.co.jp/16738  御案内
浮世絵学*1      http://www.ukiyo-e.co.jp/1809      *酒井好古堂
浮世絵学*2      http://www.ukiyo-e.co.jp/233  *酒井好古堂(English)
浮世絵学*3      http://www.ukiyo-e.co.jp/1783    *酒井好古堂(小島烏水)
浮世絵学*4      http://www.ukiyo-e.co.jp/226  *浮世絵学DB
浮世絵学*5      http://www.ukiyo-e.co.jp/3879      *日本浮世絵博物館
浮世絵学*6      http://www.ukiyo-e.co.jp/7780   *日本浮世絵博物館 浮世絵展覧会(国際)
浮世絵学*7      http://www.ukiyo-e.co.jp/***   *新聞報道
浮世絵学*8      http://www.ukiyo-e.co.jp/1041   *DB入力方法
浮世絵学*9      http://www.ukiyo-e.co.jp/1014   * 書誌

浮世絵類考(伝記)             http://www.ukiyo-e.co.jp/1016
浮世絵師、狂歌師(伝記) http://www.ukiyo-e.co.jp/866
落款(雅号)                http://www.ukiyo-e.co.jp/498

冨嶽三十六景                http://www.ukiyo-e.co.jp/7173

東海道五十三次               http://www.ukiyo-e.co.jp/17992

木曾街道                   http://www.ukiyo-e.co.jp/2496

浮世絵聚花
1985浮世絵聚花02  http://www.ukiyo-e.co.jp/1464  清長/総目録   846種 1,239点
1978浮世絵聚花03  http://www.ukiyo-e.co.jp/2184  歌麿/総目録   867種、2,442項目
1979浮世絵聚花04  http://www.ukiyo-e.co.jp/1456  春信/総目録   843種、全1239点
1980浮世絵聚花08    http://www.ukiyo-e.co.jp/8845  栄之/総目録
1981浮世絵聚花14   http://www.ukiyo-e.co.jp/1563  廣重/総目録   3,855項目
1981浮世絵聚花16   http://www.ukiyo-e.co.jp/2142  北齋/総目録   563項目

絵師 総目録
絵師別 総目録         http://www. ukiyo-e.co.jp/3495
分類 長崎 横浜 摺物(角版) http://www. ukiyo-e.co.jp/3495

版本
版本 全図紹介         http://www.ukiyo-e.co.jp/22447

1697(元禄10)清信/好色大福帳 外題(好色大福帳) http://www.ukiyo-e.co.jp/34899

1719祐信/艶女玉すだれ(非公開) http://www.ukiyo-e.co.jp/22565

1759抱一/鶯邨(おうそん)画譜  http://www.ukiyo-e.co.jp/22643 

   

179蕙齋(ケイサイ)/諸職画鏡                 http://www.ukiyo-e.co.jp/27664

1797蕙齋(ケイサイ)/鳥獣畧画式   http://www.ukiyo-e.co.jp/22488

1799蕙齋(ケイサイ)/人物略画式   http://www.ukiyo-e.co.jp/28069

1813蕙齋(ケイサイ)/草花略画式   http://www.ukiyo-e.co.jp/27955

1814-1878北齋漫画1-15編                 http://www.ukiyo-e.co.jp/20858

1814北齋/北齋漫画 20859

1814北齋(ほくさゐ)/北齋漫画(一編)  http://www.ukiyo-e.co.jp/20319 

1814戴斗(たいと)/北齋漫画2(二編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20452

1814戴斗(たいと)/北齋漫画3(三編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20497

1816戴斗(たいと)/北齋漫画4(四編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20584

1816戴斗(たいと)/北齋漫画5(五編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20656

1817戴斗(たいと)/北齋漫画6(六編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20768

1817戴斗(たいと)/北齋漫画7(七編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20808

1817戴斗(たいと)/北齋漫画8(八編) http://www.ukiyo-e.co.jp/27067

1817戴斗(たいと)/北齋漫画9(九編) http://www.ukiyo-e.co.jp/27109

1817戴斗(たいと)/北齋漫画10(十編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/20866

1820-1833爲一(ゐいつ)/北齋漫画11(十一編)       http://www.ukiyo-e.co.jp/20598

1834爲一(ゐいつ)/北齋漫画12(十二編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/20994

1849爲一(ゐいつ)/北齋漫画13(十三編)       http://www.ukiyo-e.co.jp/21037

1850-1877爲一(ゐいつ)/北齋漫画14(十四編)   http://www.ukiyo-e.co.jp/21075

1878爲一(ゐいつ)/北齋漫画15(十五編)        http://www.ukiyo-e.co.jp/21112

1816墨僊(ぼくせん)/墨僊叢畫                      http://www.ukiyo-e.co.jp/21358

1818戴斗(たいと)/傳神畫鏡                       http://www.ukiyo-e.co.jp/21321

1823爲一(ゐいつ)/一筆畫譜                     http://www.ukiyo-e.co.jp/22052

1835爲一(ゐいつ)/富嶽百景1

1836爲一(ゐいつ)/富嶽百景2

1849爲一(ゐいつ)/富嶽百景3                          http://www.ukiyo-e.co.jp/19978

北齋漫画

1814-1817北齋/北齋漫画            http://www.ukiyo-e.co.jp/20859

1814北齋(ほくさゐ)/北齋漫画(一編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/ 20319
1814戴斗(たいと)/北齋漫画2(二編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20452
1814戴斗(たいと)/北齋漫画3(三編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20497
1816戴斗(たいと)/北齋漫画4(四編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20584
1816戴斗(たいと)/北齋漫画5(五編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20656
1817戴斗(たいと)/北齋漫画6(六編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20768
1817戴斗(たいと)/北齋漫画7(七編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20808
1817戴斗(たいと)/北齋漫画8(八編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/27067

1819戴斗(たいと)/北齋漫画9(九編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/27109

1817戴斗(たいと)/北齋漫画10(十編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20866
1820-1833爲一(ゐいつ)/北齋漫画11(十一編)   http://www.ukiyo-e.co.jp/20598
1834爲一(ゐいつ)/北齋漫画12(十二編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/20994
1849爲一(ゐいつ)/北齋漫画13(十三編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/21037
1850-1877爲一(ゐいつ)/北齋漫画14(十四編)   http://www.ukiyo-e.co.jp/21075
1878爲一(ゐいつ)/北齋漫画15(十五編)    http://www.ukiyo-e.co.jp/21112

北齋漫画、下記でご覧になれます。

http://www.ukiyo-e.co.jp/31956       無版元   北齋漫画N01…N10と表記する

http://www.ukiyo-e.co.jp/21976       吉川弘文館 東壁堂 北齋漫画Y01…Y15 と表記

___________________________________________________

北齋画号一覧
北齋画号(1)春朗(しゅんろう) http://www.ukiyo-e.co.jp/12185
北齋画号(2)宗理(そうり)   http://www.ukiyo-e.co.jp/12190
北齋画号(3)辰政(ときまさ)  http://www.ukiyo-e.co.jp/12193
北齋画号(4)北齋(画号)    http://www.ukiyo-e.co.jp/12195  3,377項目 重複もある
北齋画号(5)戴斗(たいと)   http://www.ukiyo-e.co.jp/12197  502項目 重複もある
北齋画号(6)爲一(ゐいつ)   http://www.ukiyo-e.co.jp/12200  3,105項目 重複もある
北齋画号(7)卍 (まんじ)   http://www.ukiyo-e.co.jp/12202

北齋画号一覧 肉筆
北齋画号(1)春朗(しゅんろう)  なし
北齋画号(2)宗理(そうり)    2018宗理(そうり)/総目録_肉筆_47項目

北齋画号(3)辰政(ときまさ)
北齋画号(4)北齋(画号)
北齋画号(5)戴斗(たいと)
北齋画号(6)爲一(ゐいつ)
北齋画号(7)卍 (まんじ)

◯吉原遊廓

吉原01 www.ukiyo-e.co.jp/462    書目
吉原02 www.ukiyo-e.co.jp/1545  年表
吉原03 www.ukiyo-e.co.jp/5784  参考書目
吉原04  www.ukiyo-e.co.jp/1536  細見
吉原05 www.ukiyo-e.co.jp/1538  吉原本
吉原06 www.ukiyo-e.co.jp/1542  語彙
吉原07 www.ukiyo-e.co.jp/1548  細見年表
吉原08  www.ukiyo-e.co.jp/15893 *吉原遊廓
吉原09  www.ukiyo-e.co.jp/3134  細見
吉原10  www.ukiyo-e.co.jp/1534  細見ほか
吉原11 www.ukiyo-e.co.jp/3131    語彙DB

◯歌舞音曲

歌舞音曲*    www.ukiyo-e.co.jp/15940             DB
歌舞音曲* www.www.ukiyo-e.co.jp/16073   出典別 DB
歌舞音曲00
歌舞音曲01
歌舞音曲02
歌舞音曲03
歌舞音曲04 外題
歌舞音曲09 www.ukiyo-e.co.jp/15940      DB 役名(役者) 

浮世絵学01/春信_2017MFA_春信(千葉市美術館)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学04/2001-2002キヨッソーネ東洋美術館所蔵 浮世絵展 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

浮世絵学04/外題(名数)_源氏物語序説 五十三帖説/尾州家河内本を底本とする 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/16158

http://www.ukiyo-e.co.jp/1783

http://www.ukiyo-e.co.jp/1014

*日本浮世絵博物館(長野県松本市島立)は、1982、酒井好古堂の代々、五代にわたる収蔵作品を母胎に設立されました。

http://www.ukiyo-e.co.jp/3879

◯一般財団法人 日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会*

理事長 酒井 浩志(こうじ)

390-0852長野県松本市島立小柴2206-1

0263-47-4440  FAX0263-48-0208

原則として月曜日は、休館日。

*日本浮世絵学会は、博物館を母胎とした学術機関。その成果は、発行図録などで紹介されている。


◯浮世絵各種のDBデータベース

www.ukiyo-e.co.jp/226

書名(典拠書目) の図版、図録、画像を浮世絵学に沿って、刻記されている文字の通り、入力し一枚でも多くの情報を活字化する。

◯文字情報があれば、検索が出来る。原画に刻記されている文字を入力する。なお[書誌]も参照のこと。

画像だけでは、全く検索が出来ない。
*原本を中心に浮世絵学のDBとして整理。
原画また図版など画像を確認して、文字入力(浮世絵学)を遂行。
浮世絵学01/落款 (浮世絵師別目録) ←ここを検索

浮世絵学10 参考書 ←ここをクリック各種図録類の一覧目録


◯浮世絵学 書誌

http://www.ukiyo-e.co.jp/1014

2016-10-28現在 酒井雁高 浮世絵・酒井好古堂     http://www.ukiyo-e.co.jp 
酒井好古堂主人 SAKAI_gankow,  curator,  professional adviser   Phone 03-3591-4678

Ukiyo-e, is often mistranslated into “pictures of floating world. ”  But “uki-uki” means never “floating” but feeling of excitement.   So “ukiyo-e” means ‘pictures for feeling of excitement’, everyday life in old Japan.  It never floats, no, sinks off in the water.
「浮世絵」は誤訳のまま、「浮いている絵」と英訳されている。浮世絵は紙で出来ているので、浮かない。むしろ、沈んでしまう。
「浮」は浮いている意ではなく、「浮き浮きする」近世の町人の語彙である。中世の重苦しい柵から抜け出た開放感を示している。従って、「浮いている絵」で は全く意味をなさない。1960年代に誤訳されて広まったものであり、日本通の学者でも「浮いている絵」と訳して平然としている。
—————————————————————————————————

浮世絵学では
1 落款 Signed with seal
2 刊年 Date
3 判型 Format & Form
4 外題 Series Title
5 版元 Publisher
6 内題 Picture Title
7 出典 Source
浮世絵のDB   http://www.ukiyo-e.co.jp
御連絡はE-mail:  gankow@gmail.com

浮世絵学*4 参照
◯浮世絵学[半角数字][半角数字] 検索

浮世絵学**    アステリスク  JUM、好古堂関連
浮世絵学*1/Your Purchases Support the oldest ukiyo-e gallery in Japan
浮世絵学*2/Sakai koukodou gallery (In front of the Imperial Hotel Tower)
浮世絵学*3/1941小島烏水/浮世絵類考(序文)
浮世絵学*4/DB記述編
浮世絵学*5/japan-ukiyoe-museum.com 日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会
浮世絵学*6/Mr.SAKAI_toukichi and his brothers had 65 world ukiyo-e exhibitions.
浮世絵学*7/No. 1 of Japan: japan-ukiyoe-museum.com
浮世絵学*8/DB編(原画また画像の文字情報を浮世絵学に沿って入力)
浮世絵学*9/浮世絵書誌編

http://www.ukiyo-e.co.jp/1014

◯浮世絵学[半角数字][半角数字] 検索
以下、浮世絵学も参照

浮世絵学00/浮世絵専門博物館
浮世絵学01/落款(浮世絵師)絵師別目録
浮世絵学01/落款(人名)(浮世絵師)(役名)ほか
浮世絵学01/落款(偽筆)
浮世絵学02/刊年(年号)
浮世絵学02/刊年(影印)(極+改)
浮世絵学03/判型形態(浮世絵と版本)(大きさ)
浮世絵学04/外題(名数)
浮世絵学04/外題(日本文学)(江戸文学)(狂歌)(川柳)
浮世絵学04/外題(吉原遊郭)
浮世絵学04/外題(歌舞音曲)
浮世絵学04/外題(日本美術)(絵巻物)(奈良絵巻、奈良絵本)
浮世絵学04/外題(絵本)
浮世絵学04/外題(笑本)
浮世絵学04/外題(文様)(紋帳)(定紋)
浮世絵学04/外題(長崎絵)
浮世絵学04/外題(横浜絵) *横濱絵
浮世絵学04/外題(硝子絵) *硝子繪
浮世絵学05/版元(板元)
浮世絵学06/内題(→外題)
浮世絵学07/出典(浮世絵書誌)(天地人)
浮世絵学07/典拠
浮世絵学07/発行図録

浮世絵学11 文化藝術懇話会
浮世絵学12 シルクロード 中央アジア 東西交渉史 西洋 東洋
浮世絵学13 中国古典文学
浮世絵学14 西洋古典文学

◯最近の浮世絵展覧会

浮世絵学01/春信_2017MFA_春信(千葉市美術館)酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

◯最近、入手した浮世絵図録

浮世絵学04/2001-2002キヨッソーネ東洋美術館所蔵 浮世絵展 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) [http://www.ukiyo-e.co.jp]

何か御気付きの点があれば、御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂   http://www.ukiyo-e.co.jp
文化藝術懇話会    浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

2018-3-01現在(2020-01-06更新)    ✓検索 浮世絵学 ◯◯  http://www.ukiyo-e.co.jp/7780

SAKAI_gankow, professional adviser of ukiyo-e

“ukiyo-e” means ‘the pictures for feeling of excitement’, so never floats but are sinking under the water.

The English phrase of ‘f’loating world’ is quite misunderstood and mistranslation.

酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人)

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator
浮世絵・酒井好古堂  http://www.ukiyo-e.co.jp

浮世絵学**     →浮世絵学 – 酒井好古堂  http://www.uiyo-e.co.jp/16738
[浮世絵学]文化藝術懇話会  浮世絵鑑定家
100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14
電話03-3591-4678 Fax03-3591-4678

トップページ

*Uki-yo does not mean “floating” “world”.    It means “feeling of excitement” “people and society”.

So “ukiyo-e” means exactly “the pictures for feeling of excitement”, not “floating world”.

Ukiyo-e never floats but sinks under the water.

浮世は、浮いている世の意味ではなく、むしろ「浮き浮きした」という意味です。

従って歌舞音曲、吉原遊廓、江戸文学、狂歌、川柳などが生まれています。

————————————————————————————————————

JUM World Ukiyo-e Exhibitions

1 Haifa (Israel) Museum of Japanese Art 1960

2 Paris (France) Muse Guimet 1961

3 New York (USA) New York Public Library 1962

4 New York (USA) Japan Club 1962

5 Los Angles (Cal., USA) May Department Store, Main Hall 1962

6 Seattle (Was., USA) Seattle World Fair Play House 1962

7 Vancouver (Canada) Vancouver Public Librar 1962

8 Dallas (Tex., USA) Dallas Public Library 1962

9 Saint Louis (Minn., USA) Sophia University Piux XII 1962

10 Palo Alto (Cal., USA) Stanford University 1963

11 San Francisco (Cal., USA) The Legion of Honors, Lincoln Park 1963

12 Seattle (Was., USA) Seattle Sea Fair City Hall 1963

13 Milwaukee (Wisc., USA) Milwaukee Public Library 1963

14 Washington (Was., USA) Howard University 1964

15 Chicago (Ill., USA) First National Federal Bank, Main Office 1964

16 New York (N.Y., USA) New York World Fair 1964

17 Paris (France) Muse de Louvre* support 1966

18 Moskva (USSR) Pushkin Museum* support 1966

19 Leningrad (USSR) Hermitage Museum* support 1966

20 Haifa (Israel) Museum of Japanese Art 1966

21 Copenhagen (Denmark) Public Library 1968

22 Frankfurt a.M. (Germany) Stadt und Universitatsebliothek 1968

23 Milano (Italy) Centro Domus 1968

24 London (GBT) Japan Culture Center 1970

25 Rotterdam (Netherland) De Bienkorf 1970

26 Amsterdam (Netherland) De Bienkorf 1970

27 Lyon (France) Sofitel 1970

28 Amsterdam (Netherland) Hotel Okura 1971

29 Taipei (China) National Museum of History 1971

30 Madrid (Spain) National Galeria Amades 1973

31 Honolulu (Hawaii., USA) Honolulu Hale (City Hall) 1976

32 Bellevue (Was., USA) Bellevue Art Museum 1977

33 San Paulo (Brasil) Museo de Arte de Sao Paulo 1978

34 Honolulu (Hawaii., USA) Honolulu Hale (City Hall) 1979

35 San Diego (Cal., USA) California First Bank 1979

36 La Jolla (Cal., USA) University of California, Central Library 1979

37 Los Angeles (Cal., USA) California First Bank 1979

38 San Francisco (Cal., USA) California First Bank 1979

39 San Francisco (Cal., USA) Japan Center 1979

40 Lima (Peru) Museu de Arte Italiano 1979

41 Quito (Equador) Galeria Sig d’20 1980

42 Guayaquil (Equador) Museu Municipal 1980

43 Charleston (W.Va., USA) Sunrise Gallery 1980

44 Huntington (W.Va., USA) Huntington Gallery 1980

45 Morgantown (W.Va., USA) Monongalia Art Center 1980

46 White Plains (N.Y., USA) Bridge Gallery 1980

47 New York (N.Y., USA) Gallery Mitsukoshi 1981

48 Paris (France) Printemps 1982

49 Honolulu (Hawai., USA) Honolulu City Hall 1985

50 San Juan (Cal., USA) Arsenal Museum 1986

51 Ljubljana (Jugoslavi) Nadrona Gallery 1986

52 Frankfurt a.M. (Germany) JAL Plaza 1988

53 Dusseldorf (Germany) Hotel Nikko JAL 1988

54 Barcelona (Spain) La Caixa 1993

55 Milano (Italia) Palazzo Reale 1999

56 Asuncion (Paraguay) National Fine Arts Museum 2006

57 La Paz (Bolivia) Universidad de San Andres 2006

58 Bogota (Columbia) Biblioteca Luis Angel Arango 2006

59 Sao Paulo (Brasil) Pinacoteca 2007

60 Beijing (China) China Millennium Monument 2007

61 Canberra (Australia) National Gallery of Australia 2011

62 Canberra (Australia) Megalo Print Studio 2011

63 Melbourne (Australia) National Gallery of Victoria 2011

64 Melbourne (Australia) Japan Foundation, head office 2011

65 Wash.DC (Wash. DC.,USA) American University 2012

66 Melbourne ( Australia) National Gallery of Victoria Melbourne, 2017

———————————————————————————————

http://ukiyo-e.co.jp/1783

JUM world Exhibitions


Mr. SAKAI_toukichi, teisuke and senzaburou had held 65 ukiyo-e exhibition around the world since 1960.

Exhibitions (around the world)

Since 1960, JUM had many ukiyo-e exhibition abroad, more than 60 times.

JUM (Japan Ukiyo-e Museum, Japan Ukiyo-e Academy) , based on the Sakai collection, was established as a comprehensive

ukiyo-e museum in Matsumoto, Nagano Prefecture in Spring 1982.

The Sakai collection extends back for five generations from Matsumoto his home town: it is

internationally known for the collection of more than a hundred thousand ukiyo-e prints, paintings,

screens, old books and modern contemporary prints. The exhibitions of the Sakai collection have

been held needless to say in Japan, Europe and also in the Middle East,in the United States, in China

and South America and have been received with enthusiasm and admiration of people worldwide, not mention experts and scholars. Through ukiyo-e (Japanese color woodblock prints) JUM is promoting international friendship and mutual understanding and world peace.

JUM world Exhibitions

2017-9-20現在

=浮世絵学*6/Mr. SAKAI_toukichi, teisuke and senzaburou (JUM) had 65 World Ukiyo-e Exhibitions since 1960 日本浮世絵博物館展覧会(世界各地)[浮世絵学・複製*] 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) http://www.ukiyo-e.co.jp/7780

◯一般財団法人 日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会*

理事長・館長 酒井 浩志(こうじ) *酒井達雅(たつまさ)の二男

*2016-9-17評議員会(大森邦彦、日比谷孟俊。私文書偽造および行使など不適切な言動を繰り返し行っています)により、これまでの理事長・酒井邦男、副理事長・旭道寛の両名は、任期満了で解任されました。

現行の一般財団法人の定款では、理事の対抗手段がありません。

評議員だけが絶大な権限を持ち、理事を解任できる仕組みになっていて、法令そのものに瑕疵(かし)があると考えています。

◯全く博物館運営の経験のない浩志君、前途多難です。新任理事が、全面的に新理事長の浩志君を支える必要があります。
しかし、新任の評議員、理事全員、全く浮世絵、そして博物館の運営、維持、管理など全く経験がありません。
理事、評議員が全く経験がないまま全員、取り替えられたこと自体、極めて異常事態でああり、大森邦彦ら評議員によって、半ば強制的に仕組まれたものであることは明白です。

◯公益性の高い松本市会議員の方などを選任して、評議員の欠員を完備し、一日も早く公益財団に移行することが喫緊の課題です。

◯邦男前理事長、前々理事長の私は永年の経験がありますので、展覧業務など何か相談があれば、いつでも相談があれば、早急に対応する所存です。展覧会は待ったなしに、日程が迫ります。

*博物館の継続、信用にも関わりますので、既定の海外、ならびに国内の浮世絵展覧会、貸出、目録作成などは、酒井邦男元理事長に委嘱して実行する必要があります。実行しない場合、全く信用を失う恐れがあります。

390-0852長野県松本市島立小柴2206-1

0263-47-4440  FAX0263-48-0208

原則として月曜日は、休館日。

*日本浮世絵学会は、博物館を母胎とした学術機関。その成果は、浮世絵学に沿って作成された、発行図録などで紹介されている。

IMG_20150814_0001

*Please contact to Mr. SAKAI_kohji, CEO of JUM.

JUM (Japan Ukiyo-e Museum) is located at suburb of Matsumoto, one minute from Naganodou

Express Matsumoto Interchange gate.

2206-1, Koshiba, Shimadachi, Matsumoto, Nagano-prefecture Postal Code 390-0852

Phone 0263-47-4440 or Fax 0263-48-0208

浮世絵学も参照

[浮世絵学・複製] *木版、カラーシートなど、代表的な作品を御覧になれます。
◯浮世絵学[半角数字][半角数字] 検索

浮世絵学**    アステリスク  JUM、好古堂関連
浮世絵学*1/Your Purchases Support the oldest ukiyo-e gallery in Japan
浮世絵学*2/Sakai koukodou gallery (In front of the Imperial Hotel Tower)
浮世絵学*3/1941小島烏水/浮世絵類考(序文)
浮世絵学*4/DB記述編
浮世絵学*5/japan-ukiyoe-museum.com 日本浮世絵博物館/日本浮世絵学会
浮世絵学*6/Mr.SAKAI_toukichi and his brothers had 65 world ukiyo-e exhibitions.
浮世絵学*7/No. 1 of Japan: japan-ukiyoe-museum.com
浮世絵学*8/DB編(原画また画像の文字情報を浮世絵学に沿って入力)
浮世絵学*9/浮世絵書誌編

◯浮世絵学[半角数字][半角数字] 検索
以下、浮世絵学も参照

*DBなど、Googleなど、ひらがな で絵師名を入力すると表示されるよう改良。むろんDBの原則、原画に刻記されている文字で検索しても従来通り、表示されます。

例:ほくさゐ  *ゐハ仮名表で表記されますが、三文字、「ほくさ」だけでも大丈夫だと思います。

例:北齋 *齋は、当時の原画に刻記されている通りに入力 「北斎」では不可。

*所要で出掛けていることもございますので、ご来店の前にご一報を戴ければ御迷惑を懸けません。

*何か御気付きの点がございましたら、御教示ねがいます。

浮世絵学00/浮世絵専門博物館
浮世絵学01/落款(浮世絵師)絵師別目録
浮世絵学01/落款(人名)(浮世絵師)(役名)ほか
浮世絵学01/落款(偽筆)
浮世絵学02/刊年(年号)
浮世絵学02/刊年(影印)(極+改)
浮世絵学03/判型形態(浮世絵と版本)(大きさ)
浮世絵学04/外題(名数)
浮世絵学04/外題(日本文学)(江戸文学)(狂歌)(川柳)
浮世絵学04/外題(吉原遊郭)
浮世絵学04/外題(歌舞音曲)
浮世絵学04/外題(日本美術)(絵巻物)(奈良絵巻、奈良絵本)
浮世絵学04/外題(絵本)
浮世絵学04/外題(笑本)
浮世絵学04/外題(文様)(紋帳)(定紋)
浮世絵学04/外題(長崎絵)
浮世絵学04/外題(横浜絵) *横濱絵
浮世絵学04/外題(硝子絵) *硝子繪
浮世絵学05/版元(板元)
浮世絵学06/内題(→外題)
浮世絵学07/出典(浮世絵書誌)(天地人)
浮世絵学07/典拠
浮世絵学07/発行図録

浮世絵学11 文化藝術懇話会
浮世絵学12 シルクロード 中央アジア 東西交渉史 西洋 東洋
浮世絵学13 中国古典文学
浮世絵学14 西洋古典文学(PMM)

浮世絵学

浮世絵学**                         http://www.ukiyo-e.co.jp/16738  御案内
浮世絵学*1      http://www.ukiyo-e.co.jp/1809      *酒井好古堂
浮世絵学*2      http://www.ukiyo-e.co.jp/233  *酒井好古堂(English)
浮世絵学*3      http://www.ukiyo-e.co.jp/1783    *酒井好古堂(小島烏水)
浮世絵学*4      http://www.ukiyo-e.co.jp/226  *浮世絵学DB
浮世絵学*5      http://www.ukiyo-e.co.jp/3879      *日本浮世絵博物館
浮世絵学*6      http://www.ukiyo-e.co.jp/7780   *日本浮世絵博物館 浮世絵展覧会(国際)
浮世絵学*7      http://www.ukiyo-e.co.jp/***   *新聞報道
浮世絵学*8      http://www.ukiyo-e.co.jp/1041   *DB入力方法
浮世絵学*9      http://www.ukiyo-e.co.jp/1014   * 書誌

浮世絵類考(伝記)             http://www.ukiyo-e.co.jp/1016
浮世絵師、狂歌師(伝記) http://www.ukiyo-e.co.jp/866
落款(雅号)                http://www.ukiyo-e.co.jp/498

冨嶽三十六景                http://www.ukiyo-e.co.jp/7173

東海道五十三次               http://www.ukiyo-e.co.jp/17992

木曾街道                   http://www.ukiyo-e.co.jp/2496

浮世絵聚花
1985浮世絵聚花02  http://www.ukiyo-e.co.jp/1464  清長/総目録   846種 1,239点
1978浮世絵聚花03  http://www.ukiyo-e.co.jp/2184  歌麿/総目録   867種、2,442項目
1979浮世絵聚花04  http://www.ukiyo-e.co.jp/1456  春信/総目録   843種、全1239点
1980浮世絵聚花08    http://www.ukiyo-e.co.jp/8845  栄之/総目録
1981浮世絵聚花14   http://www.ukiyo-e.co.jp/1563  廣重/総目録   3,855項目
1981浮世絵聚花16   http://www.ukiyo-e.co.jp/2142  北齋/総目録   563項目

絵師 総目録
絵師別 総目録         http://www. ukiyo-e.co.jp/3495
分類 長崎 横浜 摺物(角版) http://www. ukiyo-e.co.jp/3495

版本
版本 全図紹介         http://www.ukiyo-e.co.jp/22447

1719祐信/艶女玉すだれ(非公開) http://www.ukiyo-e.co.jp/22565

1759抱一/鶯邨(おうそん)画譜  http://www.ukiyo-e.co.jp/22643    

179蕙齋(ケイサイ)/諸職画鏡                 http://www.ukiyo-e.co.jp/27664

1797蕙齋(ケイサイ)/鳥獣畧画式   http://www.ukiyo-e.co.jp/22488

1799蕙齋(ケイサイ)/人物略画式   http://www.ukiyo-e.co.jp/28069

1813蕙齋(ケイサイ)/草花略画式   http://www.ukiyo-e.co.jp/27955

_________________________________________________

◎北齋漫画 E永楽屋   N版元なし T東壁堂 Y吉川弘文館

北齋漫画、各種、ご覧になれます。

http://www.ukiyo-e.co.jp/34105   北齋漫画 デジタル影印で全頁掲載 Hokusai or Taito Manga

http://www.ukiyo-e.co.jp/31956       無版元   北齋漫画N01…N10と表記する

http://www.ukiyo-e.co.jp/21976       吉川弘文館 東壁堂 北齋漫画Y01…Y15 と表記 

1814北齋(ほくさゐ)/北齋漫画(一編)  http://www.ukiyo-e.co.jp/20319 

1814戴斗(たいと)/北齋漫画2(二編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20452

1814戴斗(たいと)/北齋漫画3(三編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20497

1816戴斗(たいと)/北齋漫画4(四編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20584

1816戴斗(たいと)/北齋漫画5(五編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20656

1817戴斗(たいと)/北齋漫画6(六編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20768

1817戴斗(たいと)/北齋漫画7(七編) http://www.ukiyo-e.co.jp/20808

1817戴斗(たいと)/北齋漫画8(八編) http://www.ukiyo-e.co.jp/27067

1817戴斗(たいと)/北齋漫画9(九編) http://www.ukiyo-e.co.jp/27109

1817戴斗(たいと)/北齋漫画10(十編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/20866

1820-1833爲一(ゐいつ)/北齋漫画11(十一編)       http://www.ukiyo-e.co.jp/20598

1834爲一(ゐいつ)/北齋漫画12(十二編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/20994

1849爲一(ゐいつ)/北齋漫画13(十三編)       http://www.ukiyo-e.co.jp/21037

1850-1877爲一(ゐいつ)/北齋漫画14(十四編)   http://www.ukiyo-e.co.jp/21075

1878爲一(ゐいつ)/北齋漫画15(十五編)        http://www.ukiyo-e.co.jp/21112

___________________________________________________

1816墨僊(ぼくせん)/墨僊叢畫                      http://www.ukiyo-e.co.jp/21358

1818戴斗(たいと)/傳神畫鏡                       http://www.ukiyo-e.co.jp/21321

1823爲一(ゐいつ)/一筆畫譜                     http://www.ukiyo-e.co.jp/22052

1835爲一(ゐいつ)/富嶽百景1

1836爲一(ゐいつ)/富嶽百景2

1849爲一(ゐいつ)/富嶽百景3                          http://www.ukiyo-e.co.jp/19978

北齋漫画

1814-1817北齋/北齋漫画            http://www.ukiyo-e.co.jp/20859

1814北齋(ほくさゐ)/北齋漫画(一編)      http://www.ukiyo-e.co.jp/ 20319
1814戴斗(たいと)/北齋漫画2(二編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20452
1814戴斗(たいと)/北齋漫画3(三編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20497
1816戴斗(たいと)/北齋漫画4(四編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20584
1816戴斗(たいと)/北齋漫画5(五編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20656
1817戴斗(たいと)/北齋漫画6(六編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20768
1817戴斗(たいと)/北齋漫画7(七編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/20808
1817戴斗(たいと)/北齋漫画8(八編)     http://www.ukiyo-e.co.jp/27067

1819戴斗(たいと)/北齋漫画9(九編)      http://www