浮世絵学04/(外題)1923(大正12)上田秋成全集、國文名著刊行會 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/76535
ホーム > 浮世絵学04/(外題)1923(大正12)上田秋成全集、國文名著刊行會 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/76535

浮世絵学04/(外題)1923(大正12)上田秋成全集、國文名著刊行會 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)http://www.ukiyo-e.co.jp/76535

1982-04-29現在(2022-05-22更新) 

浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) 

*学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 

日本最古の浮世絵専門店

——————————————————————————————————————-

御案内

G浮世絵学00 御案内 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88214&action=edit&classic-editor

———————————————————————————————————————–

複製・復刻

R浮世絵学00/複製・復刻 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88211&action=edit&classic-editor

———————————————————————————————————————–

ALL浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

————————————————————————————————————————–

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit-comments.php

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,172項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————–

日本で最古の浮世絵専門店。幕末の開明思想家・佐久間象山(1811-1864)(しょうざん)が、酒井義好(1810-1869)*よしたか の書齋を「好古堂」と命名しました。1982、酒井藤吉(とうきち)・十九子(とくこ)、酒井貞助(ていすけ)・富美江(ふみえ)、酒井泉三郎(せんざぶろう)・美代子(みよこ)らは、好古堂蒐集品を基として、父祖の地、松本市郊外に、日本浮世絵博物館を創立しました。

 

1803葵衛(齋藤秋圃)/葵氏艶譜

父・藤吉が亡くなってから、酒井信夫・雁高(がんこう)、そして酒井邦男が継承し、世界各地で65回の浮世絵展覧会を開催して今日に至っています。皆様のご指導ご鞭撻を御願い致します。

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

 *Sakai Kohkodou Gallery  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) Japanese Traditional Woodblock Prints  

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

2022 SAKAI, gankow   酒井雁高

 

 

—————————————————————————————————————————————————–

〇1923(大正12)上田秋成全集、國文名著刊行會 *本書は1935(昭和10)版

上田秋成(1734-1809)

大坂・曽根崎で生まれる。秋成の雨月物語は、京傳、馬琴の御手本となり、受け継がれている。

(雁註)秋成、子供の時、天然痘に罹り、顔が尋常のようではなかった。

(雁註)雨月物語、これは日本の小説の中で、尤も怖い生き霊、死に霊、いわば御霊(ごりょう)について書かれたもので、後の京傳、馬琴などが御手本にしている。溝口健二監督/雨月物語、これは原作をかなり彼方此方、処理、改変している。それなりに勝れているが、小説とはまた別の意趣であろうか。

(中村幸彦)支那白話小説から材料、方法を学び採って、各編に政治史観、道徳問題、愛情論、禍福論などさまざまの問題を提起し、登場人物に性格を付与し、結論を出さず…

(高田衛)吉備國庭妹(にいせ)の里の豪家・井沢家の嫡子・正太郎は、吉備津神社の社家の生まれである妻の磯良(いそら)の純粋な愛情を裏切って、遊女の袖と播州に駆け落ちする。磯良は、それを怨んで死病の床につく。やがて、その怨念は、袖を取り殺し、ついで死霊となって正太郎を襲う。陰陽師の指図どおり、四十二日の厳重な物忌(ものいみ)に服した正太郎が、何心なく外へ出t、一声の悲鳴を残して消え失せる。残るのは夥(おびただ)しい血と軒にかかった男の髻(もとどり)だけであった。

 

 

目次などを添付しました。 *アップルサポートに電話連絡して、アップルケア、画面共有して、外付けに移動した写真を使えるように、切り替えて、外付けを使うようにした。画像、「開く」でメディアに登録する。

雁高

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator 浮世絵鑑定家

浮世絵・酒井好古堂     http://www.ukiyo-e.co.jp/ ご案内

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14

電話03-3591-4678 携帯090-8171-7668 

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php?orderby=title&order=asc&s&post_status=all&post_type=post&action=-1&m=0&cat=114&paged=1&action2=-1  浮世絵学 御案内

 



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション