浮世絵学01/落款(げっこう) 月耕(1859-1920)_校合摺+試作摺+完成品 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/85488
ホーム > 浮世絵学01/落款(げっこう) 月耕(1859-1920)_校合摺+試作摺+完成品 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/85488

浮世絵学01/落款(げっこう) 月耕(1859-1920)_校合摺+試作摺+完成品 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂) http://www.ukiyo-e.co.jp/85488

1982-04-29現在(2022-05-26更新) 

浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) 

*学芸員 *浮世絵鑑定家 📞 Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前) 

日本最古の浮世絵専門店

1803葵衛(齋藤秋圃)/葵氏艶譜


御案内

G浮世絵学00 御案内 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88214&action=edit&classic-editor

———————————————————————————————————————–

複製・復刻

R浮世絵学00/複製・復刻 酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂)

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/post.php?post=88211&action=edit&classic-editor

———————————————————————————————————————–

ALL浮世絵学 記事一覧

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

————————————————————————————————————————–

*1946、私、酒井雁高(がんこう)、(戸籍名、信夫のぶお)は、酒井藤吉、酒井十九子の次男として生まれた。生まれた時から、浮世絵に囲まれ、浮世絵博物館に組み込まれていたように思う。1966、兄・正一(しょういち)が冬山のスキー事故で死亡。いきなり、私に役目が廻ってきた。それにしても、子供が先に亡くなるとは、両親の悲しみは察して、余りある。母は、閉じこもったきり、黙ったままの父に、何も話すことが出来なかったという。

*1967、私は大学の経済学部を卒業し、すぐ文学部国文科へ学士入学。何とか、源氏物語など、各種日本文学、江戸文学も多少、学ぶことが出来、変体仮名なども読めるようになった。http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit-comments.php

*1982年以来、浮世絵博物館と一緒に過ごしてきた。博物館が女房替わりをしてくれたのかも知れない。

*それでは子供、というと、これら浮世絵学、1,172項目であろうか。一所(浮世絵学)懸命、学問としての浮世絵学を成長させてきたつもりである。今後も、御支援、御指導を賜りたい。2021-06-20酒井雁高・識

—————————————————————————————————————————–

日本で最古の浮世絵専門店。幕末の開明思想家・佐久間象山(1811-1864)(しょうざん)が、酒井義好(1810-1869)*よしたか の書齋を「好古堂」と命名しました。1982、酒井藤吉(とうきち)・十九子(とくこ)、酒井貞助(ていすけ)・富美江(ふみえ)、酒井泉三郎(せんざぶろう)・美代子(みよこ)らは、好古堂蒐集品を基として、父祖の地、松本市郊外に、日本浮世絵博物館を創立しました。

父・藤吉が亡くなってから、酒井信夫・雁高(がんこう)、そして酒井邦男が継承し、世界各地で65回の浮世絵展覧会を開催して今日に至っています。皆様のご指導ご鞭撻を御願い致します。

http://www.ukiyo-e.co.jp/wp-admin/edit.php       記事一覧

 *Sakai Kohkodou Gallery  酒井雁高(浮世絵・酒井好古堂主人) Japanese Traditional Woodblock Prints  

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

2022 SAKAI, gankow   酒井雁高

 

 
———————————————————————————————————————————————————
月耕(1859-1920)(62)*げっこう 中1(24.2x19.4) 校合摺(35.5x24.0)+試作摺+完成品(24.2x19.4)
 
これは完成摺が出来上がるまでの前段階、校合摺と試作摺が時津風というタトウに入れられている。全14点
 
1 校合摺(きょうごうずり)  基本は校合摺である。作品は中版であるが、大版で摺っている。
本日、夕刻、稲垣進一大人より、電話があり、校合摺は本来、板に貼って消費しまう。これは、特別に摺師などが保存して置いたもので、非常に、貴重であるとの連絡を受けました。
 
2 試作摺(しさくずり)   ざっと摺り上げるという感じで、全体の調子を見ている。大版で摺っている。
 
3 完成摺(かんせいすり)  微妙な色の調子、濃淡を施して、遠近、奥行きなど画面を整えている。
 
4 筆耕(ひっこう)     絵師は校合摺で輪郭線の構図を描く。色板の文様などは筆耕が補筆する。
                絵師だけでなく、筆耕の役割が、相当、重要である。 
 
月見 完成摺 試作摺の菊の多様な色彩を黄と白に統一 
他の色板も、筆耕が補筆している
 
 
船着き塲、完成摺 試作摺より、濃淡、遠近を強調している 
筆耕が、色板を補筆して日本画としての浮世絵摺を完成
 
 
植木鉢 完成摺 試作摺よりも、濃淡を強調、奥行きも演出されている 
これらは、すべて筆耕が補筆している
 
 
 
渡し(背負っている) 完成摺 日本画の微妙な色彩、濃淡を調整 
筆耕が、色板で、色調の調整を補筆している
 
 
時津風 試みのタトウ(校合摺と試作摺)
 
 
校合摺には、墨なので、印はない 色摺の文様なども施されていない
 
 
試作摺 色板で細かい文様を施している
 
 
試作摺、ざっと色を施した程度。やや奇麗過ぎる感じ
 
 
完成摺、日本画の色調に整えられている
 
 
 
 
試作摺 ほぼ、完成摺と変わらない
 
 
完成摺 色調が全体に薄く仕上げられている
 
 
 
 
菊見 試作摺
 
完成摺 陶器製の椅子、植木鉢の植物、朝顔?の陰影、濃淡が施されている
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
菊見 試作摺
 
菊見 完成摺 菊の色、白と黄に統一
 
 
恐らく月並みで冬も描いたに違いにない。この時津風では14点。四季それぞれ4点とすれば、16点か。
名数としても不自然。試みと言える。
 
 

何か御気付きの点があれば、御教示ください。

酒井 雁高(がんこう) 学芸員 curator 浮世絵鑑定家

1982-04-29現在(2021-03-03) 浮世絵学:ukiyo-e study  浮世絵鑑定(肉筆浮世絵、錦絵):judge

SAKAI_gankow, curator, professional adviser of ukiyo-e

酒井 雁高(がんこう)(浮世絵・酒井好古堂主人) *学芸員 *浮世絵鑑定家  Phone 03-3591-4678(東京・有楽町)

酒井 邦男(くにお)  酒井好古堂・副代表    *学芸員     *浮世絵鑑定家

100-0006東京都千代田区有楽町1-2-14(東京・有楽町 帝国ホテルタワー前)

日本最古の浮世絵専門店



アーカイブ

最近の投稿

最近の投稿

コレクション

新着情報・新着コレクション